2008年09月24日

3人の青年の受難の物語。 彼らはその試練を乗り越えたか?

3本纏めてシリーズ。。爆モータースポーツ

落下.jpginto2.jpgwanted.bmp

 最近劇場鑑賞したアメリカ映画3本は、内2本は他国出身のかなり個性派監督の作品だけれど、全く異なるジャンルにおいて凄く独創的で良い仕事をしたなと思うし、評判もそれぞれ高いのでワタクシごときの書き物などWEB上で晒すのはよそうと思ったのだけど、やっぱりちょびっと記録しとこうかな・・自分のために。
但し、主人公の青年達と同じ年頃の息子を持つ親目線での鑑賞ゆえ、感情移入し過ぎで世間様とはかけ離れたそれこそ個性的独走的感想。。と言うか願い。。あせあせ(飛び散る汗)
続きを読む
posted by マダムS at 10:19| Comment(21) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

「台湾シネマ・コレクション2008」で3本

台湾シネマ.jpg 『若い才能が活躍する台湾映画
最新のベスト8作品を一挙公開!』 (公式サイトより)

(8/23〜9/26 於:六本木シネマート) 

 台湾と言うと李安(アン・リー)、故・楊徳昌(エドワード・ヤン)など欧米で映画の勉強をしてきた監督や、自国で学んだ侯 孝賢(ホウ・シャオシェン)、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)などなど・・どちらも国際的にもビッグになったお名前がすぐ浮かぶのだけれど、その後を追いつけ追い越せの若い才能は育っているの?との興味と、「割と最近旅行で訪ねた国」だという親近感から六本木まで足を運んで鑑賞しました。

 スケジュールの都合で今回鑑賞出来たのは3本
『練習曲』『DNAがアイ・ラブ・ユー』『ウエスト・ゲートNo.6 』


続きを読む
posted by マダムS at 08:01| Comment(2) | アジア映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

『赤い風船』『白い馬』 & 『ホウ・シャオシェンのレッドバルーン』

赤い風船.jpg 7月に観たんですが・・、今頃書いてますたらーっ(汗)
50年ぶりの東京でのリバイバル上映がヒットし、全国拡大公開になったそうなので、やはり書いておこうと思いまして・・。
都内近郊エリアでは、渋谷シネ・アミューズ(9/6〜19日まで)と横浜ムービル(9/13〜19)、千葉シネマイクスピアリ(9/20〜10/3)にて上映。他全国順次公開。

続きを読む
ラベル:侯孝賢
posted by マダムS at 09:49| Comment(4) | ヨーロッパクラシック(1946〜79) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

ヴェネチア映画祭2008 受賞結果出ましたね

金獅子2.jpg
金獅子賞は、ダーレン・アロノフスキー監督の“The Wrestler”(アメリカ)でした。 左のオッサンは誰?うーむ美しかった頃のファンにとってはショッキングな風体ですがあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)主演のミッキー・ロークでありますぴかぴか(新しい) この作品で「完全復活」との評判。

続きを読む 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。