2008年11月22日

最近おうちで観た ”フランスが舞台の映画” 編

秋らしい晴天が続いて、ついフラフラとお出かけはしているんですが、新作を観に映画館へは行ってません。。とは言え、10月の旅行が決まってから、その前後にフランスが舞台となっている映画を家でかなり観まして(中には繰り返し何度も観てるのも)忘れないうちにメモしておこうかと。。

マルセルの夏2.jpg 1990年作のフランス映画『プロヴァンス物語〜マルセルの夏』とその続編『〜マルセルのお城』は、この映画の主人公マルセル自身であるマルセル・パニョルの子供時代の回想録="La gloire de mon pere"「父のお手柄」と "Le chateau de ma mere"「母のお屋敷」の一部をイヴ・ロベール監督が映画化したもの。 夏休みを過ごした山間の別荘での幸福な時間、少年期の男の子が経験する様々な出来事と成長の過程を瑞々しいタッチで描いた秀作です。
 
続きを読む
posted by マダムS at 10:21| Comment(6) | フランス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

『レッドクリフ Part 1』

レッド.jpg Le Menu du jour   (本日のメニュー)
★前菜
日本語による前説(特注品)
★メイン
ジョン・ウー産赤身牛肉グリエ(レア) ハトの飛翔添え
中国産クラシック武侠映画 VFX風味
★デザート
「Part 2 予告編」

食の秋! 是非大きなスクリーンでご賞味下さいませ・・なぁ〜んてね!

続きを読む
posted by マダムS at 15:29| Comment(15) | アジア映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

『印象派 若き日のモネと巨匠たち』 DVDで

印象派.jpg  イギリスBBC制作の実話ドラマ。
 当時の手紙や記録、取材などに基づき、モネ、マネ、ドガ、セザンヌ、ルノワールら、19世紀末のフランスで新しい画風を模索し続けた画家達の友情と確執、ロマンス、また美術界との論争を忠実に再現。 当時と同じ手法で描かれた名画の数々が登場し、その誕生の背景と瞬間が明らかになります! また、プロヴァンス、ノルマンディ、ジヴェルニーの庭などで撮影された印象派絵画そのものの映像美も必見。 演じた俳優さんもそれぞれ似ているんじゃないでしょうか。

   続きを読む
posted by マダムS at 18:41| Comment(18) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

『ブーリン家の姉妹』

ブーリン.jpg原題:「The Other Boleyn Girl」
2007年アメリカ・イギリス合作
監督:ジャスティン・チャドウィック
原作 : フィリッパ・グレゴリー
出演 : ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、ジム・スタージェス、エディ・レッドメイン、アナ・トレント  公式サイト

 ケイト・ブランシェット主演の大作『エリザベス』の前日談とも言うべきお話ですよね。その後のゴールデン・エイジを築きあげた女王エリザベスT世を生んだその母=アン・ブーリンとその妹メアリーの数奇な運命と、姉妹の人生を大きく翻弄した父や叔父などのブーリン家一族&当時のイングランド王=ヘンリー8世とのドロドロの愛憎物語。 
続きを読む
posted by マダムS at 11:19| Comment(10) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

『宮廷画家ゴヤは見た』 と 『裸のマハ』('99)

goya.jpg原題:「Goya's ghosts」2006年アメリカ
監督 :ミロス・フォアマン
出演 :ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド  
公式サイト
 
 ”画家もの”好きでコレは外せません。
公開終了ギリギリで駆け込み鑑賞してきました。 

続きを読む
posted by マダムS at 09:50| Comment(6) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

『アメリ』と モンマルトルの映画館

スタジオ28S.jpg  前回に引き続き、パリで見つけた映画館の話題です。
もっともココ ”スタジオ28”最初から狙って行った場所。見つけた時は思わず「あっ」と声を上げてしまいました。モンマルトルの坂道にひっそりとある古い石造りの建物の中に入った可愛らしい映画館。 そう!あのアメリが「真っ暗になった時に観客の表情を見るのが好き」と言った映画館です。 建物はジャン・コクトーのデザイン。入り口の庇がちょっと波打っているのがお洒落ですよねぇ〜!

続きを読む
posted by マダムS at 10:59| Comment(14) | フランス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。