2008年06月10日

2008年上半期鑑賞作品

2008あじさい 007.jpg皆様、いよいよジメジメとした梅雨突入ですねぇ〜ふらふら

さて、ワタクシ、またまたお仕事夏の陣に突入しましたので・・
7月中旬以降まで新らしい記事は書けないと思われますのでたらーっ(汗) よろしかったら、ココを掲示板代わりにしますので、お立ち寄りの折には是非一言でもメッセージ残していって下さいな〜〜揺れるハート

<6/12追記>
映画評論家の水野晴郎さんが
10日午後、肝不全の為に亡くなりました。
「いや〜映画っていいもんですね!」の 素敵なキメ台詞!
忘れられません。。ご冥福をお祈り致します。



★今年の上半期のまとめ

かわいい上半期劇場で観た少ない新作の中で、文句なく面白かったと思えたもの、心に響いた作品、会う人ごとに「観て観て」と薦めたものは(あくまでも私の好みですあせあせ(飛び散る汗))次の6本でした。
揺れるハート 「潜水服は蝶の夢を見る」
揺れるハート 「つぐない」 
揺れるハート 「アメリカン・ギャングスター」
揺れるハート 「ラスト、コーション」
揺れるハート 「ジェシー・ジェイムスの暗殺」
揺れるハート 「モンテーニュ通りのカフェ」

かわいいその他「ホンワカ良かったな。。」とか「笑えた!」とか「ためになった、勉強になった」又は 「金返せ!」などの作品を含めた全作品リスト (感想を書いたものはタイトルとリンクしてありマス)
<劇場で観た映画>26本
「その名にちなんで」 「迷子の警察音楽隊」 「レンブラントの夜警」 「ジェシー・ジェイムスの暗殺」 「Mr.ビーンのカンヌで大迷惑」 「ナショナル・トレジャー2」 「スウィニートッド」 「ぜんぶ、フィデルのせい」 「ラスト、コーション」 「潜水服は蝶の夢を見る」 「アメリカン・ギャングスター」 「エリザベス・ゴールデンエイジ」 「モンゴル」「ノーカントリー」 「つぐない」 「ラフマニノフある愛の調べ」 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 「大いなる陰謀」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 「モンテーニュ通りのカフェ」 「最高の人生の見つけ方」 「マンデラの名もなき看守」 「ラスベガスをぶっつぶせ」「アフター・スクール」「幻影師アイゼンハイム」「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国」 

<映画祭や特集上映>9本+ショート・ムービー6本
★フランス映画祭 1本 『娘と狼』
★イタリア映画祭7本 『対角に土星』『日々と雲行き』 『カラヴァッジョ』 『ひばり農園』『湖のほとりで』 『百本の釘』『潮風に吹かれて』 
★EUフィルムデーズ2008 1本 『タパス』
★Short Short Film Festival Asia 2008 『日本人監督奨励プログラムNEO-A』 ショート・ムービー6本!
 ↑初めてショートショート・フィルムフェスティヴァルの横浜会場(最近新しく出来たBrillia SHORTSHORT THEATER)に行ってみました! 小さくてもとてもモダンで居心地良いシアターでしたよ! 河瀬直美さんはじめ、6人の若手監督のショート・ムービーはそれぞれなかなかに面白かったです手(チョキ)



鑑賞本数は近年になく少なかったですねぇ・・あせあせ(飛び散る汗)
この調子だと今年はこの数年で最も劇場に行かない年になりそうたらーっ(汗)

皆さんはいかがですか?
今年の上半期に 強く心に残った作品はありましたか?ぴかぴか(新しい)


posted by マダムS at 09:14| Comment(13) | 劇場鑑賞作品リスト2008上半期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マダム、こんにちは〜〜

「つぐない」良かったですよね♪
私は「ペネロピ」なんかも良かったです。(マカヴォイさんばかり??)

あとは「悲しみが乾くまで」「ブルーベリーナイツ」「ジェイン・オースティンの読書会」「地上5センチの恋心」「その名にちなんで」などなど・・元気をもらった映画は書ききれないぐらいたくさんありまする。

そうそう、こないだ試写会で見てきた「イースタン・プロミス」も良かったですよ〜
クローネンバーグだからかなり痛いシーンもありましたけど、ジワ〜〜と来ました。
(あ、まだレビュー書いてないや(汗))

マダム今年はお忙しそうですけど、映画のお話たくさん聞かせてくださいね♪

Posted by jester at 2008年06月11日 07:33
ドモドモ〜〜〜ン♪

おおおー、もう半年経ったんですねぇ、、
(ホントに今気が付きました。エヘヘ)
皆さんのところで上半期の鑑賞リストが出ると、折り返し地点に来たんだなあと何時も思いまふ。
わたしはまだ鑑賞記録をまとめて無いのですが、印象的なのは「パリ、恋人たちの2日間」「幻影師アイゼンハイム」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「愛おしき隣人」「モンテーニュ通りのカフェ」・・・(公開順、以下省略)などなど。
わたしももっと映画を観たいのですが、なかなか行けずじまいで・・・
マダムはお仕事再開されたのですね!
お互い頑張らずに頑張りませうね〜〜〜!
(・・・と、わたしは無理な運動をして早速壊れましたが。テヘへ)
Posted by Puff at 2008年06月11日 15:18
★jesterさん
こんにちは〜
こうして数えてみたら、今年は本当に劇場に足を運んでないです(^^;)(^^;)
地元上映が無い作品はやはりなかなか観れなくて( ̄ロ ̄lll)
うう「ペネロピ」も「読書会」「地上5センチ」も観そこないましたー。
毎年のことなんですが、単館系作品がもっと観れてたら私の「ベスト10」の内容もきっと全然違うと思うんですよね〜〜

おおー! ヴィゴ様ファンのjesterさん!!
「イースタンプロミス」試写会行かれたのですね!?良かったですね〜〜 
随分前から楽しみにされてましたものネ(^^)
感想アップお待ちしてますね♪


★Puffさん
いやいや〜上半期のまとめをするにはまだ本当は早いですがっ!!
今月もうあまり行けないと思うので、早めに書いてみました〜

いえいえ、Puffさんは私よりはるかに沢山映画をご覧になってますよぉ〜
デルピーのも「アイゼンハイム」も面白そうですよねぇ!
「愛おしき」も気になりつつ・・地元でやってくれないかなぁ〜ぶつぶつ。。

>お互い頑張らずに頑張りませうね〜〜〜!
たはは ほんと、そう致しませう〜〜♪
足の方、お大事にね!!
 
Posted by マダムS at 2008年06月11日 20:01
マダム〜^^;まだ半月ありますよ〜と思ったら、そうかお仕事忙しくなる前の前倒し記事だったのですね。
それにしてももう半年??とこちらの記事を拝見して愕然としました。
ちなみに私も新作鑑賞数は少なく、マダムのベスト6中観ているのは「つぐない」のみ…(^^;
ちなみに、地上5センチは行こうと思ったら終わってたんです(涙)早いですよね、作品の回転も。
ショートフィルムシアターも気になってました〜。シネフィルイマジカでよくショートフィルムをやってるんですが、なかなか面白いものが多いんですよね。ハムの人、頑張ってますね(笑)
Posted by わかば at 2008年06月11日 22:01
★わかばさん
うふふ そうなんです〜
>前倒し
それにしても、もうすぐ今年も折り返し地点ってことですね〜光陰矢の如し・・

わかばさんは 今年はクラシック街道走っていらっしゃるものね! どんな事でも”極める”というのは素晴しいと思いますー! 
教えて頂く事も多くて、いつもお世話になっておりまーす♪
うーん、邦画人気とユーロ高のWパンチで洋画の買い付けが停滞気味の上に、せっかく掛けても、お客が入らないと早々の打ち切りでは悪循環に陥って、今後のEU系作品の冷え込みが心配ですねえ。。

ショートフィルム、面白いですよね〜♪
ハムの人、頑張ってますね〜(笑)
今回10周年という事で有名監督作品なども連ねててなかなか豪華ラインナップですよ〜今週一杯で終わりですが。。(^^;)
Posted by マダムS at 2008年06月12日 07:58
うわぁ〜、ジタバタしていたら、もう6月折り返し地点なのですねぇ〜。早〜い!

マダムは前半期をまとめられましたか。
私はまだまだですので、マダムのを参考にさせてもらいます。
私は「エデット・ピアフ」今年の再演でみたのですが、すごく感動してしまって!!
遅れています。(^^;
でも、アカデミー賞前に見れて良かったですが・・・。
後何故か「ヒトラーの贋札」も良かったし・・。

お仕事再開されたのですねぇ〜。
お体に気を付けられながら、肩の力を抜きながら、ゆるゆると頑張ってくださいませ。
Posted by 紫の上 at 2008年06月14日 01:07
★紫の上さん
ほんとに 時間が経つのが早〜〜い!! 
参りますよね(^^;)

そうなんです〜小遣い稼ぎの季節労働者・・定着しつつあります(笑)
そんなんでブログの方は放置状態になる前に慌てて纏めてみました!
お、アカデミー賞授賞式の前にピアフはご覧になれたのですね!?良かったですね〜〜やっぱり鑑賞した作品のは思い入れが違いますからねー。監督さんや女優さんの喜ぶ姿に思わず貰い泣きしちゃったりして・・授賞式が倍楽しめますよね^^
そうそう、外国語映画賞受賞の「〜贋札」は私は結局観そびれてしまって悔しい思いをしました! もうちょっとでDVDになるようなので、そうしたら観てみますね♪
Posted by マダムS at 2008年06月14日 08:10
マダム、こんばんは。
今年の上半期は、ミニシアター派の私としても、なかなか満足のいく作品が揃っていたと思います。

マダムのおすすめにプラスして、

「かつて、ノルマンディーで」
 ドキュメンタリーなのに、どうしてこんな
 に心に沁みるのでしょう。

「今夜、列車は走る」
 アルゼチンのケン・ローチって感じです
 が、鉄道ものは、なぜか、ぐっときます。

「ランジェ公爵夫人」
 片足を切断したギョーム・ドパルデューの
 凄味に魅せられました。

「愛おしき隣人」
 北欧の映画って、結構シュールなものが多
 いですよね。ラストはなかなか不気味。

「パリ、恋人たちの2日間」
 こいつはめっけもん!ジュリー・デルピー
 炸裂。実の両親の怪演ぶりもお洒落。 

「コロッサル・ユース」
 ポルトガルのペドロ・コスタ監督、大好き
 なんです。カラーなのに白黒みたいな独特
 の画面。今回もリスボンの貧民街を舞台に
 した仮面劇みたいな作品。昔、シネヴィヴ
 ァンで観たフィリップ・ガレル特集を思い
 出しました・・・。

といったところです。下半期も、ミニシアターの健闘を祈る!
Posted by けんけん125 at 2008年06月17日 01:51
★けんけん125さん
おお〜〜 さすがですね! 
そうですか〜今年上半期はミニシアター系作品の良作が揃いましたか!? ご紹介有難うございます!!!

「今夜、列車は走る」と「コロッサル・ユース」はノーチェックでした!! ケン・ローチは好きですので、アルゼンチンのその監督のも興味あります〜♪ 調べてみますね!
うーむ、ペドロ・コスタ監督もフィリップ・ガレル監督も実はまだ未踏の地でして(^^;) まだまだワタクシ勉強が足りませんね〜〜(^^;)(^^;)

あとの4作品は観たいなとチェックしていたのに見逃してしまった作品です。
ギョームは数年前のフランス映画祭で、「天使の肌」をひっさげて団長として来日したヴァンサン・ペレーズの舞台挨拶と共に鑑賞した思い出の作品で、ギョームを初めてスクリーンで観まして、「な〜んていい俳優なんでしょ!」「やはり血は争えないわね」と思ってたんですが、その後の事故のニュースを聞いて驚いちゃって・・元気に復帰されていて良かったなぁと思っていました。この「公爵夫人」も本当に観たかったんですよー(TT)
デルピーのは 隣町で昨日最後の鑑賞チャンスだったんですが、迷って別のを観ちゃいました(笑) でもDVD化されたら必ず観ますよ♪

下半期も お互いに良い映画に巡りあえるといいですね!!
Posted by マダムS at 2008年06月19日 22:31
おお・お早いですね。本数が少ないとおっしゃいますが、充実の作品ばかりですね。
ここに入ってないものですと『アウェイ・フロム・ハー君を想う』が良かったです。
Posted by Cartouche at 2008年06月21日 10:52
★ Cartouche さん
うふふ。夏のアルバイトへ突入前の前倒し企画でゴザイマス♪
しばらく都心のミニシアターは行けないと思いまして・・
そうですか〜やはり『アウェイ・フロム・ハー君を想う』は良かったですか!? これも銀座か渋谷ですよねー うーん!頑張って行こうかなぁ・・
Posted by マダムS at 2008年06月21日 13:24
劇場鑑賞本数が私と同じぐらいだ〜♪
私も24本だったよ。
で、ベスト「ラスト・コーション」は同じです。
あの作品は良かったよね〜〜
後半戦も色々映画見ていきまっしょう!

お仕事、忙しいですか?
私も忙しいです。また色々お話聞いて下さいね。
Posted by choco at 2008年07月04日 14:18
★chocoさん
おお!そうでしたか!
家では結構観てるんですけどね、劇場へ出掛ける回数が減りまして・・(^^;)
「ラスト・コーション」は なかなかインパクトありましたよねぇ。 観てもすぐ忘れちゃう作品が多い中、これはかなり印象深く心に残る作品でした。
下半期にも良い作品に巡りあいたいものですね〜♪
仕事ね、私は短期だけどchocoさんはこれからだものね〜頑張ってね!!また色々語り合いましょう〜♪
Posted by マダムS at 2008年07月04日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。