2005年12月13日

『アンナとロッテ』

アンナとロッテ3.jpgアンナとロッテ4.jpg
(原題/英題:De Tweeling/Twin sisters)
2002年/オランダ・ルクセンブルグ
監督:ベン・ソムボハールト
出演:エレン・フォーヘル/テクラ・ルーテン/フドゥルン・オクラス


確か今年の初め頃に劇場公開していた時には忙しかったし、
あの有名な児童文学の『ふたりのロッテ』(ケストナー)の映画化だったら、内容も知ってるし、以前にドラマか何かで観たし・・と思ってスルーしていたのを、WOWOWの番組案内で解説を読んだら、どうも違うらしい???訝りながら観始めたらもうびっくり・・全然違った。
93年に発表され、世界中でベストセラーとなったオランダの作家=テッサ・デ ローの原作の映画化。2004年アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。

あらすじ
両親の死で別々の家に引き取られた双子の姉妹・・
姉アンナはドイツの貧しい農家に働き手として、病弱な妹ロッテはオランダの裕福な家庭の養子として対極的な育ち方をする・・引き裂かれた姉妹はお互いに手紙を書くが、双方の家庭の思惑が絡み・・それは届くことはなかった・・(あれ?橋田○○○サンの「ハルとナツ」に似てませんか?ふらふら)成長し、再会を果たし、誤解も解けたように思えた二人だったが、戦争の影が忍び寄る頃、ロッテはユダヤ人青年と恋に落ち、アンナが恋した相手はナチス親衛隊の将校だった!!
アンナ.jpg
右斜め上このチラシ(DVDのパッケージも)を観て勘違いする人多いと思います〜あの”ふたごのロッテちゃん”だと!!(しつこい)私だけか・・

映画は運命の皮肉によって、またもや別れ離れになった二人が、数十年後にすっかり歳とってから再会する所から始まります。 育った環境によって考え方や性格形成まで異なってしまった姉妹・・。この二人の場合は更に”戦争”で見事にその後の人生まで翻弄されてしまうのです。 「私の夫はナチに殺されたのよ」とアンナを責めるロッテ・・。 アンナは語り始めます、伝わらなかった思いを。 これで長く深い溝は埋められるでしょうか? 二人の仲良し姉妹の関係はラストで静かに幕を閉じることになります。

双子の姉妹の波乱万丈の人生。なかなか見ごたえがありました。
ドイツ語圏の国の製作でナチスによる悲劇に触れた作品という事も価値のある事かも。
それぞれの女優さんも熱演でよかったんですが、唯一つ難点を言えば、双子と言うにはあまり似てないのがちょっと残念かなぁ・・
 


posted by マダムS at 12:47| Comment(15) | TrackBack(4) | その他のヨーロッパ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
WOWOWで観賞されましたか。私は、公開当時になんだか気になって有楽町のスバル座まで観に行きましたよ。
二人が引き裂かれて「ロッテ!」「アンナ!」とお互いが叫びあうところなんて見ていて辛かったですね。
異なった環境・暮らしを過ごしたことで、二人の間に出来た溝はとてつもなく深いんですよね。
成人してからの再会も、かたやナチス将校の屋敷のメイド、かたやユダヤ人の恋人を持つお嬢さんという形で、喜んでいたのも束の間でしたし、とても重く切なかったのを覚えてます。

「ハルとナツ」がこの作品に似てるというのは、手紙の件や妹が病気がちだったこと、それに歳をとってからの再開ということとかね。(^_^;
Posted by アンパンまん at 2005年12月13日 23:53
マダム!ご覧になったのですね。放送あるのは知っていたのでDVDにとりあえず落として...家事しながらだったので...ドイツ語で喋ってましたっけ?字幕読めないのでチンプンカンプン...後でゆっくりと観ようと思ってましたの。西洋版金さん、銀さんかな?なんちゃって思ってましたが...時間のある時にゆっくりと観ますね。
Posted by margot2005 at 2005年12月14日 00:26
マダム〜♪ こんにちは〜♪
これは評判を聞いていたのでレンタルになった時に速攻で観たのですが、思った以上に重いし、見所もありましたよね。
マダムのおっしゃるように双子のロッテちゃんのような子供の話だと私も思ってました。
それと、私も2卵性なのかもしれないけど、もうちょっと似ていたほうが説得力あるような気がしましたねw

ナチス親衛隊将校の夫マルティン役のローマン・クニッツカが良かったと思いません?
そういえば忘れてました。最近何かに出てないか探してみよう〜(笑)
Posted by REX at 2005年12月14日 10:30
TB&コメントありがとうございました^^ゞ
双子の絆の強さによって より悲劇性を感じますね。
この平和な日本で生きている我が家の双子ちゃんはつくづく幸せだなぁ。。と感じます。

それにしてもラストが切なかったです〜
あの二人は あちらの世界で子供の頃のような仲良しのアンナとロッテに戻れたのかしら・・などと考えてしまいました。

WOWOWも良い作品を放送しますね。
メジャー系ばかりだと思って居たのでチェックを怠っていました。^^;
Posted by カポ at 2005年12月14日 11:48
>アンパンまんさん
おお〜!ご覧になっていらっしゃいましたか!!
「アンナ〜」「ロッテ〜」で
「ハル〜」「ナツ〜」を思わず思い出してしまったですわ・・汗;
両方とも子役ちゃんたちも大熱演でしたよね〜
本当に思いがけずにいい作品にめぐり合えました。

>margot2005 さん
たぶん、たぶんですが、ドイツ語とオランダ語ではないかと思います〜
最近耳慣れた英語や仏語、伊語とは違い、まったくヒアリング不可能な言語なので字幕だけが頼りですわ(^^;)
金さん&銀さんですかぁ〜!? なるほどぉ〜(爆)
家事を済ませて夕暮れ時の落ち着いた時間に是非ご覧下さいませ♪ 

>REXさん
ひゃっ! 夫役の俳優さんですか? 
薄幸なアンナを初めて優しく包み込んでくれた存在でしたよね(TT) 安心して頼れる男性として恋に落ちた唯一の男性が、時代の波でナチへ・・というのがなんとも切ない展開でした。 追跡調査!お願いしま〜す!(笑)

>カポさん
わわ・・カポさんは双子ちゃんのママだったのですねっ!?
それでは尚更、このような状態にもしなったら?と切ない思いが大きかったでしょう・・(TT)
切ないラストでしたよね〜〜
せっかく、二人の絆を取り戻したと感じた時に・・
そういえば、こういった単館系の作品・・
WOWでも最近放送してくれるようになって嬉しい♪ 「イブラヒムおじさん〜」も観ましたよん(^^)v
Posted by at 2005年12月14日 13:07
ひゃっ ↑ 上のレスは
管理人 マダムSからのレスで〜す♪♪
Posted by マダムS at 2005年12月14日 13:12
映画館で見ました。
戦争による悲劇ですね。
戦後の二人の違いも辛かったです。
Posted by MACHI at 2005年12月15日 08:55
>MACHIさん
劇場でご覧になったのね〜〜!
仲良し姉妹が周りの状況で人生を翻弄される様は見ていて辛かったですね
これも一つの反戦映画ですよね
Posted by マダムS at 2005年12月15日 10:32
見ましたよ〜〜見ましたよ〜〜。
すごく、いい映画でしたよね・・私も「二人のロッテ」のイメージで見始めていたので・・だんだん悲惨な運命へと飲み込まれていく二人にただ・・ただ・・切なくなるばかり、でも結局二人は求めあっていたのね。印象的だったシーンはどちらかの命が危険になると水中で助け合う所かな??あれは双子の脅威かもしれないな〜でも何故水の中だったんだろう??あ〜〜それから・・双子でも一卵性と二卵性があるから・・きっと二卵性なんだと私は思って見ていました^^
Posted by ずも母 at 2005年12月18日 08:56
>ずも母さん
お〜ずもさまもご覧になってましたか!!
水中シーンは幻想的でしたよね〜
双子ちゃんって神秘的ですね
ご近所の男の双子ちゃんがすごくそっくりだったんで、”似てない”のが気になっちゃったんですけど、二卵性だったのかもね(笑)
Posted by マダムS at 2005年12月18日 10:53
こんにちは〜やっと見れましたわ
実家からWOWOW持って帰ってきてよかった(笑)

ラストシーンがとても印象的ですね。
まだ娘を持てたロッテの方が幸せだった気が・・・
私にはロッテがそこまでアンナを憎む理由がね、共感できなくって
ドイツ人であった彼女にどうしようがあったと言うのか?と…

>双子と言うにはあまり似てないのがちょっと残念かなぁ・・
これは同感です。特に年配になってから・・・
まあ、生きた境遇の違いを考えれると、これくらいの違いが必要だったのかも
Posted by 更紗♪ at 2006年01月10日 17:04
>更紗♪さん
また放送してましたねっ♪ご覧になりましたかー♪
時代の波に翻弄される姉妹・・見ていて実に切なかったですよね〜〜 ナチの当事者の国での話っていうのが今まで私は観た事が無かったように思うので、とても感銘を受けました。戦後60年たってようやくこういう映画も作れるようになったかと。
そうね〜境遇の違いは思いの外 容貌をも変えるかしら?
Posted by マダムS at 2006年01月10日 21:34
あらら、コメント入れたつもりが入ってなかったわ(^_^.)
今日、WOWOWでやっと見れました。
公開当時は確かハネムーン中で、見逃したんですよねー。

双子って通じるものがある。って聞くけど、そういうシーンは全然なかったですね。
相手の危機を知るっていうか・・・
あえてあるとしたらラストシーンでロッテがアンナの元へ戻ったトコくらいかな?
しかし、切ない話でしたね(>_<)
Posted by 更紗♪ at 2006年01月10日 21:42
>更紗さん
最近ココ重くて、書いたものがなかなか反映されない時があるんですよね〜ご迷惑おかけしてます! 時間を置いて何度かリロードすると反映される事もあります。
一回目と二回目のコメントも貴重なので(笑)残して置きますよ〜ん♪
Posted by マダムS at 2006年01月11日 08:59
by marc jacobs marc jacobs リュック http://www.sunfaiqc.com/
Posted by marc jacobs リュック at 2013年08月10日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アンナとロッテ
Excerpt: 本国オランダでは「この10年間で最も優れたオランダ映画10作品」の1本に選ばれ、2003年ゴールデン・カルフ賞最優秀作品賞を受賞、またオランダのみならずヨーロッパで大ヒットを記録し、2004年アカデミ..
Weblog: be-in 別館
Tracked: 2005-12-14 10:01

アンナとロッテ
Excerpt: 1926年、ドイツのケルン。幼い双子の姉妹アンナとロッテは、両親の死により それぞれアンナはドイツの貧しい農家へ、ロッテはオランダの裕福な家に引き取られる。離れていてもお互いを思い合う二人はそれ..
Weblog: deux et deux
Tracked: 2005-12-14 11:39

アンナとロッテ
Excerpt: 1960年代からのヨーロッパに広がる戦火とともに、双子でありながらも両親の死によって、ドイツとオランダの別々の所に引き裂かれ、対極的な人生を歩んだ姉妹の感動物語。折りしもヨー??
Weblog: impression
Tracked: 2005-12-18 00:46

アンナとロッテ
Excerpt: コメント無きTBは削除させて頂きます。 アンナとロッテエレン・フォーヘル テッサ・デ・ロー ベン・ソムボハールト ポニーキャニオン 2005-05-18売り上げランキング : 28,612おすすめ..
Weblog: cinema village
Tracked: 2006-01-10 17:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。