2008年09月28日

ポール・ニューマン 逝く

paul.jpg 俳優のポール・ニューマン氏が亡くなられたのですね。

★関連記事(バラエティ・ジャパン)

★フィルモグラフィー


 私がスクリーンで拝顔した最後の作品はトム・ハンクス主演の『ロード・トゥ・パーディション』 ('02)でした。 
 paul_newman4.jpg さすがにお歳を召したなとは思いましたが、不肖の息子(ダニエル・クレイグ!)に頭を悩ますギャングのボス役で、その厚みのある演技力は衰えてはいず、予言した通りその年のアカデミー賞助演男優賞に見事にノミネートされたものです。 
 ブルー・グレーの瞳、ちょっと捲れた様な上唇がなんともセクシー・・その昔、70年代のアメリカン・ニューシネマ時代の出演作何本かは映画館で鑑賞しましたが、実はその頃はあまりその魅力に気がついてなかったのですよ・・しかし晩年の出演作『ノーバディーズ・フール』('94)の老いてもチャーミングな”永遠の不良少年”があまりにもカッコ良く素敵で(映画そのものもハート・ウォーミングで泣けた)急にその頃からファンになって以後、過去作品を逆に辿るような感じで鑑賞したりしました。 
 監督・主演作の『緑の大地』('72)などは映画そのものもとっても好き。

 ご冥福をお祈りいたします。

 
この記事へのコメント
こんにちは。
私がこの方を意識した頃は、既にドレッシングを売り出して大成功していたりして、作品的にも「陽」のイメージを持っていたのですが、つい最近「熱いトタン屋根の猫」を観てびっくり。
「陰」な青年のギラギラした色気。
こんな魅力のあった人なんだ…とイメージが変わってしまいました(テネシー・ウイリアムズの世界にぴったり!)
上記作品どれも未見です。
ご冥福をお祈りしつつ、何か観たいなと思います。
Posted by わかば at 2008年09月28日 16:44
★わかばさん
こんにちは〜
そうそう、私は確かお顔がラベルにプリントされたパスタ・ソース買ったことありますが・・そうね、どちらかというと「陽」のイメージが大きいですよね。 
実は「焼けた〜」は未見なのです〜 同期のJディーンやMブランドと「陰」路線を争ってたんでしょうかねぇ。。
きっと追悼特集で何かやりそうですから(ちょっと不謹慎な発言かもですが)、是非観てみたいと思います。
Posted by マダムS at 2008年09月28日 21:47
マダムSさん、こんばんわ。アラ、ホントに同じタイトル。私が数時間あとですが、ふしぎな偶然ですね。さてマダムは晩年の彼がお好きだそうで、ひょっとするとファザコンの傾向がおあり?私は「熱いトタン屋根の猫」を20代に見て、原作の戯曲(翻訳と英文と)を買って研究するくらいに熱中しました。マダムはゲイ趣味は解されないんですか、それは残念至極。
Posted by Bianca at 2008年09月30日 00:00
★Bianca さん
いらっしゃいませようこそ!
タイトルは実は数時間後に「逝く」を付け足してからその後、あちこち記事書いてる方を探していたらBianca さんを見つけて嬉しくなってコメさせて頂きました。
あっ!ファザコン傾向は見抜かれましたか!(笑)
Bianca 様に比べたら私の鑑賞数などまったくもって敵いませんので「トタン」を観てなかったのは、テーマを知って避けていたのではなく、単に漏れていたというだけなんです。 今回のことで何処かで放送されたら是非観てみたいと思ってます。
Posted by マダムS at 2008年09月30日 08:16
近年は真っ赤なトマトソースのビンについているポール・ニューマンの顔が一番印象に残ってましたが・・・。

シルバーグレーのニューマンも魅力たっぷりでしたけれど、若かりし頃もほんと素敵ですよねぇ。今、あらためて昔の写真を見て、ほーっとなりました。

マダムSさん、パリにも寄られるんでしたら是非お目にかかりたいところなんですが・・・。お忙しくフランスを周られるようですし、ツアーでしたらなかなか自由もないですよね。私もちょうどその頃郊外に一週間ほど通わなくてはいけなくて、その頃の予定ははっきりしないのですが、もしご無理がなければお声を掛けていただけるとうれしいです。
Posted by nouilles-sautees at 2008年10月03日 21:24
★nouilles-sautees さん
 >トマトソース
ですよね! お顔がプリントされた瓶入りのもの、私も一度買ったことあるんですよ〜「へぇ〜こんなこともなさってるのか」と驚いたもんです。
で、そうなんです! 自分が若い頃はそうは思えなかったんですけどね(^^;)正に今頃ですが・・
若かりし頃の彼の魅力にほーっとなってます(笑) 
旅の件、色々アドヴァイス有難うございます!
後ほどメールさせて頂きますね^^
Posted by マダムS at 2008年10月04日 07:38
運動会で忙しくしていて、ちょっとご無沙汰していました。
やっと落着いたので、また復帰です。
ポール・ニューマンの「スティング」をTV放映していたのを録画しておいて、見ました。
7部門アカデミー賞を受賞したとかですが、
細かいところは忘れていたのですが、再度鑑賞して、今でも面白いと思いました。
もうニューマンは中年になって居るみたいですが、ホント、永遠の不良少年といった魅力がありますねっ♪
また、改めて彼のブルー・グレーの瞳をしみじみと見ました。素敵ですねっ!
死後シュワルツェネッガーが「究極のクール・ガイ」とコメントしたそうですが、激しく頷けるような気がしました。
Posted by 紫の上 at 2008年10月05日 14:32
↓の「3人の青年の受難の物語」の所に
今日の昼間から書き込みをしているのだけど、ERRORが出てしまって、出来ませんでした。
今、再度挑戦したけど、駄目でした。泣。
Posted by 紫の上 at 2008年10月05日 19:16
★紫の上さん
運動会の季節でまたまた写真のお仕事でご活躍でしたのね!? お疲れ様でした!

うあ〜ごめんなさいね!
書き込み出来ませんか? んもう〜このブログ本当に不具合が多くて困るんですよぉー!せっかく書いて下さったのに申し訳ないです(涙) お手元に原稿残して下さってると有難いのですが・・ お一人その後書き込みくださっているので、今日は大丈夫かもしれませんので、お手数ですが挑戦してみて頂けますか?スミマセン!

「スティング」
私も久々に見返しましたが、今なお色あせず面白い作品ですよねぇ! Rレッドフォードもまだまだ若くて、ニューマンから「若造」呼ばわりですもんね^^この時すでに40代だと思います。
今後 追悼特集などあったら観てない作品も是非みてみたいですねー。
Posted by マダムS at 2008年10月06日 10:40
マダム〜、こんにちはw
すっかりご無沙汰致しました。
8月からブログを休み、つい先日秋の陽気に誘われて復活したばかりです。
また休み休み、ぼちぼちやっていこうかなぁ・・と思っていますが 果たしていつまで続くことやら(苦笑)

ポール・ニューマンも逝ってしまいましたね。涙
今年は、私が映画に目覚めた少女の頃、幼い心をときめかせた俳優さんがたくさん去って行きました。
ポールはもちろん、リチャード・ウィドマークにチャールトン・ヘストン、ハリウッドが最も華やいで居た頃の名優たちが居なくなってしまい、本当に淋しいですね。
ポール・ニューマンと言えば 私の中では「ハスラー」と「熱いトタン屋根の猫」です。
「熱いトタン・・」のタイトルの意味、最近になって分りました(自爆)
リズの気持ちなのよね、そしてポールの気持ちも。
こんな映画、今のハリウッドには無いですよね。
返す返すも残念です!

プチご報告・・、キムたんの「赤と黒」、ついにDVDを購入しました。
ついでにキムたん、アコルシ共演の「野良犬たちの掟」まで(笑)
間もなく観終わるので いつでもレンタルOKです〜〜♪
Posted by カポ at 2008年10月15日 14:50
★カポさん
わぉ〜 お久しぶりです!
時たま「カポさん復活まだかしら〜?」なんて覗いてたんですよん〜 またお話出来て嬉しいですわ(^^)

ここのところ、日本でも癌で亡くなる俳優さんが相次いで・・寂しい限りです。
リチャード・ウィドマーク! 亡くなったのですか?お名前の響きが懐かしい・・そうですね、ハリウッドの黄金期を支えたスター俳優さんたちが本当に星になって・・
私、恥ずかしいんですけど実は「熱い〜」はまだ観ていないのですよ〜(^^;)名作だとの認識は昔からあるんですが、なかなか巡り会えなくて。そうですか、タイトルの意味は私達のような熟女になるとわかるんでしょうか(笑) 今度こそ本当に見なければいけませんね!

おっ 「赤と黒」DVDついにご購入ですねっ! やはり映像は綺麗でしょうか?
「野良犬たちの掟」は昨年のイタリア映画祭で鑑賞しましたが、また見たいわ〜 レンタルお願い出来ますか?
Posted by マダムS at 2008年10月15日 21:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。