2005年12月19日

『KING KONG』

kong4.jpgkingkong12.jpg
2005年 アメリカ
監督・脚本・製作:ピーター・ジャクソン
出演:ナオミ・ワッツ/ジャック・ブラック/エイドリアン・ブロディ/トーマス・クレッチマン/コリン・ハンクス /アンディ・サーキス/ジェイミー・ベル

kingkong2.JPG
「Beautiful・・」

’33年の白黒版オリジナル「キングコング」を観た9歳のピーター・ジャクソン少年は、
その時に将来は絶対映画監督になる!と決めたという・・のちに「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでオスカーと財産を手にした彼は、念願だった「コング」のリメイクに私財まで投じてのめり込むのだった!!(あんなに痩せちゃって!驚) この事自体がもうほんとドラマですよね^^どうしてもカット出来ずに上映時間3時間を超え、現代の最新技術で蘇らせたコング!!そして、夢見る映画少年の思い入れがたっぷり入った今作・・1933年作のオリジナル版にかなり忠実とのことで、大いに期待して鑑賞して参りましたるんるん

いや〜実に面白かった♪
これぞ映画! 視覚を思い切り刺激する映像を体感する映画の醍醐味ですよね〜
スクリーン一杯に大暴れするのはコングだけではありません! ジェラシック・パーク顔負けな位出てくる太古の生物〜恐竜さんにワケわからん昆虫類・・これでもかっちゅう位気持ち悪いです(笑) ま〜昔と違ってシネコンは音響も素晴らしいですから〜コングの鼻息がホホにかかりそうだし、コングvsTーREXの凄まじい戦いに巻き込まれて逃げ惑う登場人物の中に私も一瞬投げ込まれたような錯覚さえ覚えて実に怖かった!!

怒っているコングは”まんま”獣。 だが、絶世の美女アン・ダロウに恋した瞬間から、実に色んな感情を噴出させる・・その表情の豊かさにはびっくりだ! 言葉などなくてもコングの心情がアンにも私たちにも伝わってくる。 その秘密はあの「LOTR」のゴラムに命を吹き込んだアンディ・サーキスが今回もコングを”演じ”、それをモーション・キャプチャーという技術でコンピューターに取り込むとあの細かい皮膚の動きまで正確に描写出来るという事らしい。 そんな素晴らしいテクニックのお陰で私たちはすっかり野獣=コングのお茶目ぶりや、すねる仕草を可愛らしく思い、愛するアンを命がけで守っているのにワカランチンの人間どもの攻撃に憤慨するのであります!パンチ

俳優さん達にも楽しみがありました♪
「戦場のピアニスト」コンビの活躍、「リトル・ダンサー」以来久しぶりのジェイミー・ベル君は少しは大人になったんだろうか!? 新・絶叫の女王=ナオミ・ワッツは? トム・ハンクスの息子コリン君初対面だ〜似てるかな?
thomas_kretschmann13.jpgkingkong6.jpg
写真左 : 映画監督役のジャック・ブラック(スクール・オブ・ロック)と船長役のトーマス・クレッチマン(戦場のピアニストのドイツの将校)
写真右 : トム・ハンクスの息子のコリン・ハンクス 最後尾はアンディー・サーキス(LOTRのゴラム役)


1976年のカラー・リメイク版(ジェシカ・ラング&ジェフ・ブリッジス)との比較も面白いかもしれません
kong76.jpg←1976年版kong33.jpg←1933年版
細かい所はもう忘れてしまったのだけど、確か76年版は文明の発達した都会に無理やり連れて来られたコングが、傲慢な人間達の見世物となって悲劇的に死んでいく文明社会への警鐘?という印象が強かったように思うが・・

本作はラスト・シーンで「美女が野獣を殺した」様の台詞があるとおり、文明に対する批判的な難しいメッセージなどはあえて強調せず、本当にオリジナル版が好きで好きでたまらない監督によるオマージュと愛情に溢れた大エンタテイメント作品ととらえていいようだ。
1933年版ビデオのトレーラー観れます
真ん中の「KING KONG」のPreviewボタンを押してみて下さい♪

トリビアるんるん
*アンディー・サーキスはロンドン動物園でゴリラの観察をしたが、それでは満足せず、ルワンダの野生のゴリラの観察にも出かけた。
*カメオ出演:ハワード・ショア(LOTRの作曲者)が NYのショウでの指揮者役。
*ナオミ・ワッツが最初の方のダイナーで被っている帽子は オリジナル版のヒロイン役のFayWrayの使った本物の帽子
*監督とナオミは撮影前にFayWrayに会っている。彼女は快く出演以来に応じていたが、惜しくもクランクイン前に亡くなった。
(Yahoo MOVIEより)




posted by マダムS at 19:59| Comment(34) | TrackBack(22) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
jesterも今日いってきます!
灯台守に浸りきってる(しつこいし)ので、どこまでPJワールドに入れるか不安ですが、とりあえず、みてきます!
Posted by jester at 2005年12月20日 07:59
>jesterさん
行ってらっしゃい!!
感想お待ちしてますよ〜 って、早く自分も書かなきゃ・・汗;
Posted by マダムS at 2005年12月20日 10:15
お久しぶりです。
もう行かれたんですか?
どんな感じなんでしょうね〜
ちょっと期待しています。

36年版のオリジナルが話題に登りますが、
76年のギラーミン監督版がなかなか話題になりませんね〜
かなりの大作だったはずなんだけど・・・

今年もそろそろ終わりですね。
マダムSさん今年の見納めは・・なんだったんだろう?(笑)
Posted by フランキン at 2005年12月20日 13:24
こちらにもおじゃまします。
トム・ハンクスの息子がおっさん化してて
驚きました。
映画は尻スケート場面が気に入りました^^
コングちゃんはかわいいけどナマコお化けが壮絶でしたね。
Posted by M. at 2005年12月20日 16:20
舞台挨拶付きプレミア試写会で見ましたよ。なんと、試写会が終わったのが10時半近くで、四時間半も椅子に座ってましたわよ。
お暇な時に、Akoさんとこの掲示板を見てくださいませ。
お気に入り俳優のひとりの、トーマス・クレッチマンが来日していたのがうれしかったです。生で見ても、仕草まもスマートで、きりっとしたハンサムでしたわ。(*^-*)
http://www.showtime.jp/cinema/final02/ で、クレッチマンのインタビューが見られます。
ジェイー君の出演時間が、思っていたより多くて、うれしかったですね。先週、ディア・ウェンディも見てきて、彼の成長がうれしかったです。
Posted by MACHI at 2005年12月20日 16:44
まだ感想なしのようですが(笑)
もう、うるうるきちゃいましたわ。
コングの男気!!
アンは何がなんでも守るってあの恐竜との戦いは振るえきましたもん。
Posted by 更紗♪ at 2005年12月20日 19:15
>フランキンさん
お久しぶりです〜〜〜!
時々そちらのサイトもロムらせて頂いてます♪
ジェシカ・ラングの76年版も 私は好きですよ^^
キング・コングがとても可愛そうで、傲慢な人間どもに腹がたったものです。
今回のもかなり見ごたえはありますので、是非劇場でご覧になって下さいね〜
奥様と一緒に綺麗な夕日を絶対見たくなりますよ(^^)b

>M.さん
コリン君、私はお初だったんですが、偶然今夜ケーブルTVで『ロズウエル』やってまして、若くて可愛い彼発見致しました!あはは〜その時のファンでいらっしゃいますか?
コング君のスケート♪ 実に胸キュンでございました。
余計なクリーチャー多すぎの感はありました(爆)

>MACHIさん
おおプレミア試写会においででしたか!!
クレッチマンさん素敵だったんですね?いいな〜生で会えて・・ジェイミー君も大人っぽくなりましたよね 良い俳優さんにこれからなって欲しいね^^ご紹介のサイト覗かせて頂きますね ありがとう♪

>更紗♪さん
感想 やっと書きましたぁ〜!ふぅ(笑)
そう!男気ね!!感動ものですよね〜
最後だって最後だって・・うるうるうる・・そちらに感想伺いに参りますわ♪
Posted by マダムS at 2005年12月21日 00:16
私はこの映画が今年最後の映画館での鑑賞映画となりますが、いや〜最後にふさわしい素晴らしい映画で大満足でした〜!
さすがはピーター・ジャクソン、期待は裏切りませんでしたね〜。
もう〜コングったら、可愛い〜(*^_^*)
スケートシーンなんか、もうギュ〜ってしてあげたいほどでしたわ。
なのに、なのに・・・(T_T)
隣で見ていた人も中盤からずっと泣きっぱなしだったみたいですが、私も化粧が剥げ落ちるぐらい泣かせてもらいました
Posted by みはまま(nike) at 2005年12月21日 05:51
>みはままさん
おお・・これが見納め作品ですか?
本当に〆にふさわしい大作でしたね〜♪
スケートシーンは幸せな恋人同士そのものでしたものね〜
もうすっかり私たちの心もとらえてますよねコング!!
感想伺いに参りますねっ!
Posted by マダムS at 2005年12月21日 09:08
そうか!あの船長はエイドリアンとまたからんだんですね。
ジェイミー・ベルはチョイ役っぽいですが可愛かった。でも私としてはハンクスがきれいな肌で似てて、よかったなあ。
とにかく、満足のいく年末最後のさくひんでしたよね!!
Posted by foo at 2005年12月21日 09:47
>fooさん
そうそう! またもやクレッチマン氏に助けられるエイドリアンの図にはムフフでした。
ジェイミー君は結構出番が多かったわね 成長を楽しみにしている叔母さんの気分ですぅ〜♪
コリン君、やっぱり顔の輪郭など似てますよね〜〜お父さんに(^^)b
Posted by マダムS at 2005年12月21日 23:00
TBありがとうございました。
久しぶりに76年版を観たいと思っているのですが、なかなか入手できません。
33年版は簡単に入手できるのですが。
是非見比べてみたいですね。
Posted by jamsession123go at 2005年12月22日 06:58
>jamsession123goさん
是非見比べてみて感想をお聞かせ下さい♪
そう言う私もだいぶ細かい所は忘れているので、実は昨日”76年版”レンタルして参りました!これから鑑賞します(^^)v
Posted by マダムS at 2005年12月22日 08:33
こんにちはぁ♪
「キング・コング」
今週末に観に行く予定ですー
きっと混雑しているでしょうねーー
オリジナルは以前観たのですが、、
ワタシの観たのはモノクロだったので
じゃあ、1933年度版ですね。
うふふ、、オリジナルとの比較も楽しみでっす。

PS:ところで、メールをしたいのです。
blogに載せてないようなので
ワタシのサイトからメールを送って貰えないでしょうか?
よろしくお願い致します〜♪ペコリ
Posted by Puff at 2005年12月22日 18:13
>Puffさん
は〜い!是非ご覧になって感想聞かせて下さいね〜ん♪
おお・・オリジナル版ご覧になったのですね!? なんだかコングがまんがちっくだったでしょう? 私も76年版を先ほど再見しました。細かい所の違いなど確認・・こちらはお色気むんむんのジェシカ・ラングと若い!ジェフ・ブリッジスコンビ、ちょいとHなコングでした(笑)
メールの件、了解しました〜♪
Posted by マダムS at 2005年12月22日 22:10
こんにちは!
キャスティングには結構面白いつながりがあったようですよね?!
コリン・ハンクス、父さんに結構似てると思いました!ジェイミー・ベル君も成長しました…が、アダム・クーパー似ではなかった(笑)
これぞ、映画の醍醐味。今、キングコング…っていうのも分かる気がします。
Posted by charlotte at 2005年12月22日 23:24
> charlotte さん
あはは・・確かにアダム・クーパーにはなりませんでしたねジェイミー君!!
そうですね、今、キングコング! 時代時代にあった描かれ方をするのも面白いと思いました。そうそう・・76年版・・コング君、かなりエロいです!一生懸命脱がそうとしてました(笑)
Posted by マダムS at 2005年12月23日 12:28
コメントありがとうございました!
監督の思い入れが凝縮した映画でしたね。
これ以上望む必要もないほどのCG技術だけじゃなく
役者の演技もしっかりしてましたね。
面白かったです!
Posted by Yin Yan at 2005年12月24日 14:47
>Yin Yan さん
ご訪問有難うございます♪
現代最高峰の技術を使って蘇ったコング!
見ごたえありましたよねぇ〜
CGにお金を掛け、役者にもちゃんとお金掛けられるだけの力を持ったPJにお礼を言わなくてはね^^
Posted by マダムS at 2005年12月24日 20:23
私もPJ版愛の為の愛によるコング堪能させて貰いました!^^
ナオミ・ワッツにアソコまでさせて、心も美しく繋がったコング君に涙うるうるでした。確かにオリジナル版に思い入れの強いPJ監督の気持ちが伝わる作品になってましたね。私は、NYでの、あの夕陽(だったんだ・・・自分のブログでは朝陽って書いちまいましただ・・・朝焼けでは雨になっちゃうか・・笑;)のシーンと、アイススケートのシーンがお気に入りウルウル・・・でございました。
オリジナルのコング&フェイ・レイもまた観たくなりました〜!
’76年版の、あれまジェフ・ブリッジスだったんね、セクシー・ラングさん版も懐かしいですよね!ジョン・ローンも出てたそうで・・・(^^;
Posted by ラクサナ at 2005年12月27日 12:56
>ラクサナさん
ご覧になりましたねっ!
ありゃりゃ・・朝陽?夕陽?私も自信が無くなってきました(汗;)
アイススケートは微笑ましかったですよねん♪
そうそう・・76年版 今回改めて再見してあらまジェフ!状態でした(笑)ええっ!?ジョン・ローンも出てたの??ひゃ〜気がつきませんでしたーしまった!
Posted by マダムS at 2005年12月27日 22:18
こんばんわー。
私もきょうようやく見てまいりました。
ゴリラに感情移入しちゃって
大変でした(苦笑)なんだか
かわいかったですよねぇ。
トリビア、思わずへぇと言ってしまった
帽子のお話。面白かったです!
TBさせていただきますね!
Posted by minori at 2005年12月30日 22:12
マダムSさん、こんばんはぁ。
TB&コメントありがとうございました。
「コング」楽しみましたです…ブログのは欲求でしてぇヘヘ(^^;
クオリティ等々全く持って圧巻!
また、コングの表情が愛らしくって…かなりジ〜ンとさせられました。
それからトリビアにびっくり!?凄いっす!!
では、また来年もヨロシクお願いしますですm(__)m
ゆっくり休養して下さい。
また素敵なブログに逢えるのを楽しみにしております☆
では、良いお年を〜♪
P・S
「愛より強い旅」のサントラはこの休み中に買うことに決めました。
楽しみぃ〜♪
Posted by purple in sato at 2005年12月31日 01:53
>minoriさん
TB&コメントありがとう♪
あんな可愛いコング君には 思い切り感情移入してしまいますよね^^もうちょっと小型なら飼ってもいいくらい(笑)
トリビア読んで下さってありがとう♪
そちらにも伺いますね^^

>purple in sato さん
 >圧巻
まったくそうでしたね〜
トリビアも読んで下さってありがとう
休みと言いつつ習慣でパソコン開けちゃって(笑)
「愛より強い旅」バッチリ予習ですね!(^^)v
Posted by マダムS at 2005年12月31日 07:45
こんばんは〜。年が明けて、ようやく観にいってきました。
もう、新年早々、目が真っ赤になるほどでしたよ。コングが切ないやら愛おしいやら…。ぎゅーっとハグしてあげたくなりますねぇ。(サイズ的に無理だけど)
オリジナル版も観てみようかと思っています。
Posted by chatelaine at 2006年01月07日 04:04
>chatelaineさん
おはようございま〜す♪
TB&コメントありがとう〜!
お正月を飾るにふさわしい大作だと思います^^
ハグハグしてあげたくなりましたよ私も(笑)
どなたかが、あんなおサルさんなら飼いたいっておっしゃってましたっけ・・サイズ的に無理だけど(爆)
Posted by マダムS at 2006年01月07日 08:41
今年の初鑑賞に相応しい作品でした。
3時間は長く感じなかったです。
前般はアドベンチャー作品。
後半はキング・コングとアンとのラブストーリーのような感じがしました。
まさに美女と野獣。
でもコングが表情豊かで、可愛かったですねっ♪
そうそう、私は映画監督役のジャック・ブラックが
オーソン・ウェルズに似ていると思いましたが・・・。
では、今年も色々なお話にお付き合いくださいませ。
Posted by 紫の上 at 2006年01月08日 23:24
あれ、さっき書き込みをして、送信したけど、送れなかったみたいなので、再度書きますねーー。
初鑑賞に相応しい作品でした。
初めの一時間ぐらいは、登場人物の描写が丁寧だったので、深く理解出来ました。
その後は怒濤の見せ場が続くので、最後まで息を飲む暇もないくらいでしたねぇ〜。
二人?で見る夕日?は本当にbeautifulでした!
ラストの別れは本当に辛くて、涙が溢れてしまって・・・。
前般はアドベンチャー作品。
後半はキング・コングとアンのラブストーリーみたいに感じましたが・・・。
そうそう、ジャック・ブラックがオーソン・ウェルズに似ているように思えました。
Posted by 紫の上 at 2006年01月09日 00:04
もう、すみません。
初ミスです。どちらかを消去してくださいませ。お手数をおかけします。m(_ _)m
Posted by 紫の上 at 2006年01月09日 00:08
******************
>紫の上さん
混んでいる時間帯だと書き込みがすぐに反映されない事があるんですよね〜ごめんなさいね 私も他所でしょっちゅうやっちゃってますので、ご心配無くね 全然構いませんよ^^一つ消させて頂こうかと思いましたが、どちらも素敵な感想なので両方残しておきますよん♪うふふ。
そうですね〜まさに「美女と野獣」でしたね^^人物描写もとても丁寧で監督の思い入れが感じられる作品でした。オーソン・ウエルズはご指摘のとおり、まさに彼をモデルにしたとどこかに書いてありましたよ^^
Posted by マダムS at 2006年01月09日 08:19
こんにちは!
私も先日TVで放送された『キングコング』を録画したので、また本作とは違うキングとアンに会ってみたいと思っています(^^♪
Posted by honu at 2006年01月14日 12:38
>honuさん
録画されたものはもうご覧になりましたか? オリジナルも是非♪ 笑
Posted by マダムS at 2006年01月14日 20:22
オリジナル版鑑賞しました。
もう感動しました!
PJ監督が本当にオリジナルを復刻するがごとく大事に大事にリメイク版を作ったのがよく判りました。
オリジナル、本当にSFX、怪獣映画の原点、名作と呼ばれるのも今更ながらに納得!ストップモーションで作られたコング、その作り物らしいマヌケさと相反して滅茶恐い!フェイ・レイがただただ恐がって悲鳴を上げるのもよく判る。(笑)フェイ・レイのドレスを薄皮のようにはがすコング、自分の指で彼女の芳しい匂いを確かめる様なども、本当に娯楽色豊か。髑髏島での恐竜たちも何から何まで単一体で出てくる豪華さ。私改めて思いました・・・髑髏島って、宇宙人が地球に作った動物園だと・・。(^^;
いや本当に面白かったです〜♪
これはオリジナルを超えるものはありませんね。PJ監督作は、その辺りは充分承知の素晴らしいリメイク、そしてオマージュだったと、オリジナルを再見してこそわかる気がしました。(^_^)

Posted by ラクサナ at 2006年01月16日 17:53
>ラクサナさん
きゃ!ご覧になりましたか〜♪ 感想ありがとう御座います!!
PJ版のオリジナルへの思いが良くわかりますよね〜〜
 >髑髏島って、宇宙人が地球に作った動物園
うひゃ、なるほどそうかもしれませんね^^「ジュラシック・パーク」も大いに影響受けているんかな?笑
それからその・・コングのアンに対する性的興味の”表現”は76年版と共に印象に残りますよね(笑) 色々比較するのも面白い(^^*)今から観ると幼稚に見えるSFXも当時にしたら驚くべき映像のマジックだったんだろうな〜と感慨すら覚えますよね〜 年末年始は何故か私はすっかり”コング”ブームでした。
Posted by マダムS at 2006年01月16日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画館「キング・コング」(2005年)
Excerpt: とても楽しみにしていた作品。今回は、33年のオリジナル版と76年のリメイク版の予習もきっちりしてから観てきました。 「キング・コング」(1933年) 「キング・コング」(1976年) 過去の..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-12-19 21:10

『キング・コング』
Excerpt:  PJの『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ以来の新作は本人が幼い時に見て映画作りの道に進むきっかけとなった『キング・コング』のリメイク、というかオマージュ。基本的にはオ
Weblog: flicks review blog II
Tracked: 2005-12-20 16:17

キング・コング
Excerpt: コメント無きTBは削除させて頂きます。 キング・コングができるまで 製作日記ピーター・ジャクソン ナオミ・ワッツ エイドリアン・ブロディ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2005-12-14..
Weblog: cinema village
Tracked: 2005-12-20 19:14

キング・コング
Excerpt: 1930年代、野心的で無謀な映画監督(ジャック・ブラック)は、史上最大の冒険映画を世に送り出すため最も危険な航海に出る決意をする。疑うことを知らない誠実な脚本家のジャック・ドリスコル(エイドリアン・ブ..
Weblog: ALL MY LIFE
Tracked: 2005-12-21 05:43

KING KONG
Excerpt: 「好きこそものの上手なれ」・・・・まさに実践する監督、ピーター・ジャクソン。 えらいです。がんばりました。 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで手に入れたお金をつぎ込む→自分の原点の映画をこれで..
Weblog: 毎週水曜日にMOVIE!
Tracked: 2005-12-21 09:47

映画のご紹介(76) キング・コング
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(76) キング・コング キング・コングは 資本主義の犠牲になった 「ナチュラルさ」の象徴だ。 ..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2005-12-22 07:11

キング・コング
Excerpt: 孤独なコングの前に突如現れた女神、彼はすべてをかけて彼女を守りきった。 オリジナルのキング・コングは見たことがないのですが、こんな純愛ストーリーだとは思わなかったのでいい意味で裏切られて感動をもらい..
Weblog: Alice in Wonderland
Tracked: 2005-12-22 15:45

King Kong
Excerpt: ロード・オブ・ザ・リング三部作のピーター・ジャクソン監督による超大作。期待以上に面白い映画だった。現在最高のCG技術で描かれる映..
Weblog: 俺の話を聴け〜!
Tracked: 2005-12-22 18:50

キングコング
Excerpt: 映画は監督のもの・・・コングはピーター・ジャクソン監督そのものに感じた。容姿が似ているとかではなく、自分をここに閉じこめた感じ。 1933年版のリメイク作品。ピーター・ジャクソン(以降PJ)監督が..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2005-12-22 23:14

キング・コング
Excerpt: いや??。泣いちゃった (^^;) 自分でもビックリなんだけどさぁ。 3回ぐらい泣いちゃって、ラストは号泣・・・。 ダメなんだよねぇ。動物モノ・・? <STORY> 大恐慌時代のアメリカ・NY。 資金..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2005-12-25 02:15

キングコング
Excerpt: 来年2月に閉館が決まってしまった名鉄東宝にて鑑賞。 鑑賞前の予告が始まって2分、ぎゃ~地震が!!!震度4。 ここは下の階にバスのターミナルがある為、いつも揺れてる感覚アリで、 本当に地震だったのか..
Weblog: Welcome aboard!
Tracked: 2005-12-27 12:40

■〔映画鑑賞メモVol.7〕『キング・コング』(2005/ピーター・ジャクソン)
Excerpt: うーん、はや、Xマス・ウィークですねぇ... 幸い、今年のクリスマスはイヴの日を真ん中にしての三連休! お互いに良きクリスマス、三連休にしたいものです!! こんばんは、ダーリン/..
Weblog: 太陽がくれた季節
Tracked: 2005-12-28 01:27

「キング・コング」完全無欠の娯楽大作
Excerpt: 「キング・コング」★★★★ ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック主演 ピーター・ジャクソン監督 海図にも無い 髑髏(ドクロ)島での 映画の撮影。 1930年代の クラシカルな雰囲気..
Weblog: soramove
Tracked: 2005-12-28 09:39

『キング・コング』観賞して来ました!
Excerpt:  2005年12月20日 『キング・コング』観賞レビュー! King Kong 12.17[土]全国超拡大ロードショー 究極のアドベンチャー巨篇 『キング・コング』の襲撃..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2005-12-28 23:28

FUN×3 1/2
Excerpt: 「言葉では伝わらぬ想いを胸に…」
Weblog: FUN×5 ??五つの楽(fun)を探して??
Tracked: 2005-12-30 02:35

『キングコング』 ゴリラにすっかり感情移入。
Excerpt: 今まで『キングコング』と言えば、 「ゲーム」(それはドンキー・コングか?)「エンパイアステートビルに 上るキングコング」というイメージしかありませんでした。 なので実質見るのは初めてなのですが…ゴリラ..
Weblog: キマグレなヒトリゴト
Tracked: 2005-12-30 22:12

『キング・コング』
Excerpt: ピージャクの熱意あふれる見ごたえ満点の大スペクタクル。 これこそ、映画館で楽しむエンタメだよね。 そして、アクション・アドベンチャー・パート以外のドラマも好き。 1930年代、不況のアメリカ..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2005-12-31 02:49

映画のご紹介(79) キング・コング(1933年)
Excerpt: キング・コング ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(79) キング・コング(1933年) 70年前のキング・コングも 金髪美女好きだった。 年が明けて時..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-01-02 21:24

『キング・コング』レビュー/人間のエゴ、野獣の恋
Excerpt: 今年の劇場映画鑑賞の1本目として、『キング・コング』を観にいった。悲恋モノだと聞いていたから、もしかするとと思っていたが、やっぱり初泣き。隣の人もグスングスンいってるものだから、同じタイミングで鼻すす..
Weblog: 西欧かぶれのエンタメ日記
Tracked: 2006-01-07 03:59

映画のご紹介(81) キング・コング(1976年)
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(81) キング・コング(1976年) 性懲りもなく、またまた キング・コングです。 今度は、1976年..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-01-08 17:12

ピーター・ジャクソン『キング・コング / KING KONG』☆今年1本目☆
Excerpt: 『キング・コング』(今年1作目) 公式サイト:http://www.kk-movie.jp/top.html原題:KING KONG製作:2005年アメリカ監督:ピーター・ジャクソン出演:ナオミ..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2006-01-08 20:19

キング・コング
Excerpt: 愚かな人間たちよ 摩天楼に響く彼の声を聞け 
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2006-01-27 01:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。