2008年11月01日

『アメリ』と モンマルトルの映画館

スタジオ28S.jpg  前回に引き続き、パリで見つけた映画館の話題です。
もっともココ ”スタジオ28”最初から狙って行った場所。見つけた時は思わず「あっ」と声を上げてしまいました。モンマルトルの坂道にひっそりとある古い石造りの建物の中に入った可愛らしい映画館。 そう!あのアメリが「真っ暗になった時に観客の表情を見るのが好き」と言った映画館です。 建物はジャン・コクトーのデザイン。入り口の庇がちょっと波打っているのがお洒落ですよねぇ〜!

「アメリ」の最初の上映は、ジュネ監督が撮影でお世話になったルピック通りの人々を招いてここで行われたとか。 私が写真を撮った日もちょうど上映が終わったんでしょうか、ジモティらしきお年寄りが数人出てきました。地元の人々がいかにも生活の中で映画を楽しむためにあるような映画館のような気がしてなんだかホッコリ・・しばし佇んでしまいました。 (写真はクリックすると大きく見えます)

アメリDVD.jpg  映画『アメリ』がフランスで大ブレイクし日本でもヒットしたのが2001年だから、もうかれこれ8年前。 
アメリカフェ2S.jpg 当時鑑賞した私は元々天邪鬼なゆえに「ブームになるほどの物でつか?」などと息巻いたりしたもんですが(笑;)、その後自宅で再鑑賞してみればそれほど悪くはないし、むしろコミュニケーション不全の登場人物達に改めて感情移入したりして、同じアパートに同居する老人が毎年1枚づつ贋作するというルノワールの「舟遊びの昼食」の絵の中で、アメリが自己投影する”つまらなそうにコップの水を飲む少女”にやっぱり自分を重ねたりで(もういい加減少女じゃないだろうにパンチ)、結構嵌っていったのでした。(写真はクリックすると大きく見えます)

サクレクール正面2.jpg  で、今回の旅行ですから・・(笑)「今更?」と言われそうですけどやっぱり私もついやってしまいましたよ”アメリ・ツアー”(爆)。八百屋さんは行けませんでしたが、上記の映画館とアメリの働いていたカフェ・デ・ドゥ・ムーランを眺め・・アベス駅片思いのニノにアルバムを届ける為に呼び出したサクレ・クール寺院をしっかと訪問したのでした。
 地下鉄アベス駅エントランス→
アメリが利用する駅です揺れるハート
(写真はクリックすると大きく見えます)

 モンマルトルはもちろん他の理由(画家モディリアーニ、ピカソなどの面影を探し、ユトリロの描いた小道も探したい)もあっての訪問でしたが、それはまた別記事で。。
posted by マダムS at 10:59| Comment(14) | フランス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お帰りなさい(^0^)/、マダム!
ダメだ、私、すっかり『アメリ』を忘れておりおりまする・・・。あんなに夢中になったのに。
でもマダムの写真を見て、またアメリちゃんを見たくなりました♪
Posted by なでしこ at 2008年11月01日 14:45
★なでしこさん
はーい ただいまぁ〜♪
行って来ましたよー!
『アメリ』は「絵本型のフォトブック+DVD」を持ってますので、ご覧になるようでしたらレンタル致しますよん♪ わはは旅行前に思わず買ってしまったのよ(^^)v
Posted by マダムS at 2008年11月01日 19:11
たびたびお邪魔します(^^)
マダムはこっそり?アメリ派?になっていらしたのですね〜。
私もへそ曲がりでアメリラブではないものの、やはりモンマルトルといえばアメリが思い浮かびます。
とはいえ、私は石畳と坂と腰痛と格闘していたのでなんとなくモンマルトルは辛かった記憶が(苦笑)
でもどこを向いても絵になる風景にうっとりしました。
個人的にはサクレクールの前から望遠鏡(っていうの?コイン入れるやつです)見たときに「アメリだ!」と思いました(^^)
Posted by わかば at 2008年11月02日 22:02
★わかばさん
てへへ・・いい歳して〜なんて言われそうですけどね、やっぱり見てみたくて。
他にモンマルトルを舞台にした映画も探したんですが、トリュフォーとか・・。下記事の「男と女」も実はアンヌの住まいがモンマルトルで、画面にチラっと”スタジオ28”のポスターが写るんですよね・・そんな細かい事ばっかり追いかけてるワタクシです(笑)

確かにあの丘の案外急勾配な坂道や石畳は腰に来ますよね!私も足腰かなりやられましたが・・本当に何処向いても絵になる風景って・・ざらには無いと思います。

テルトル広場は行かれました? アトリエ洗濯船跡は行けなかったんですが、ユトリロの描いた小路やサクレ・クール、ムーラン・ド・ラ・ギャレットも上手く写真撮れたので大満足です。
Posted by マダムS at 2008年11月03日 11:13
前の記事にもコメントしたんですが、もしかしたら名前がnouilles-sauteesになってないかもしれません・・・。

「アメリ」はすでにパリで鑑賞したので(何年いるんだ?って感じですよね・・・)、さすがにあらためてアメリゆかりの場所には行ってないのですが、こういうお話を聞くとやっぱり行ってみたくなりますねぇ。
Posted by nouilles-sautees at 2008年11月03日 20:25
★nouilles-sautees さん
大丈夫です
ちゃんとお名前表示されています。
時々このブログったら、コメント書いて送信しても一瞬消えたように見えることがあるのですが、ちゃんと記録はされるようなのでご安心下さいね〜なんだか不具合多くて・・スミマセン!(ーー;)
「アメリ」はそちらでブームの時にご覧になったのですね?
なんかね、この”スタジオ28”って映画館!
外側の入り口だけしか見てないんですけど、凄く気に入っちゃって。。 ヤキソバさん!是非ココで映画観てきて下さいな〜 どんなだったかお聞きしたいですわ♪
Posted by マダムS at 2008年11月03日 21:28
お帰りなさい〜〜。
私も天の邪鬼で「アメリ」は大分経ってのレンタル鑑賞でしたが、やっぱり見たら、話題作だという事を確認しました。
でも、今は大分記憶の彼方に〜〜〜。
マダムの写真を拝見すると、またまた見たい気分になって来ましたが・・・。

こうして、映画のロケ地などに立たれると感無量になるしょうねぇ〜♪
で、で、え、あの「男と女」にも「スタジオ28」が出てきたのですか?
やっぱり、フランス映画、繋がっている〜〜。
この映画館もカフェも何気にお洒落ですよねっ!!
あ、あ、私も行きたい〜〜〜!
Posted by 紫の上 at 2008年11月04日 23:38
★紫の上さん
こんにちは〜 は〜い、ただいまです〜
コメント有難うございます^^

「アメリ」はね、そうなんですよ〜日本でも鳴り物入りで公開されたフランス発信の若い女性向け映画?って印象だったのですけどね・・何回か見てるうちに愛おしくなる作品ですね。その後ジュネ監督の他の作品もみましたし。
ご覧になるようでしたら、DVD持っていますのでいつでもお貸し致しますよん♪
「男と女」も もしまたご覧になる機会がありましたら、ヒロインのアパルトマンのシーンをすんごく注意深く見てみて下さい チラーっとポスターが写るので、おそらく近くかな?と思われ・・(笑)

”映画のロケ地めぐり”
出来れば自由旅行でしたいですけどね(^^;)相変わらずの心もとない語学力なので・・こんな風にちょびちょびと・・これからも行きたいんですが。
Posted by マダムS at 2008年11月05日 08:58
マダムSさん、こんばんわ!

 やっと、あなたのブログを訪問することが出来ました。ずいぶん映画に詳しいのですね。私は、TVのBS番組で映画を見る程度で、俳優の名前はなかなか覚えられません。同じフランス旅行でも、見る視点が違いますね。時々お邪魔させてください。
Posted by じゅん at 2008年11月12日 23:52
★じゅんさん
わぁ〜 ぼんそわ〜 じゅんさん!
いらっしゃいませようこそ!! 無事に飛んでこられて良かった!嬉しいです♪
ツアーで直接お目にかかった方に「マダム云々」と語るのはこっパズカシイですが・・これをご縁にどうぞよろしくお願い致します。
映画はそんなに詳しいわけではありませんが、幼い頃からのもの好きが高じてこんな事してます(笑)
旅行も目的によって様々な色を帯びて来ますよね〜それぞれの視点からの旅行記は面白いと思います。
じゅんさんのブログもまたちょくちょく覗かせて頂きますね。素敵なお写真が楽しみです。
Posted by マダムS at 2008年11月13日 17:42
マダム!お帰りなさい^^
楽しい旅行だったようですね〜〜〜
次はどちらの方かしら(笑)

モンマントル、素敵だったでしょ!
ああもう何年前になるかしら?娘とモンマントルの
ちっちゃなホテルで4日間過ごしましたよ!
歩きつかれて、やっと見つけた「アメリ」の「レストラン」ここだ!といって食べた食事のおいしかった事!
映画の人気覚めやらぬ頃だったので、レストランの
お兄ちゃんが「日本人が多いよ」って、
と言っても、娘とお兄ちゃんの会話を横でニコニコと聞いてただけなんですが・・・
私の行ったのは、8月だったので、いつまでも日が暮れず、6時ごろかと思ってたら夜の10時過ぎでした。
マダムのようにあちこち行ってないので、あああれも見損なった、あそこにも行ってない!って後悔ばかりです。
Posted by キウイ at 2008年11月15日 01:16
★キウイさん
ただいま〜 無事迷子にもならず帰って参りました(笑)
次は・・・(笑)

おお〜 そうですか! キウイさんもお嬢様とモンマルトルへ!? しかもそこだけで4泊なさったとは!羨ましい〜 あの丘自体そんなに広くはないし、見所も一杯ですから、くまなく歩かれたのでしょうね〜 
「アメリ」のカフェは私も中でゆっくり食事でもしたかったんですが・・外から見るだけになってしまいました。美味しかったのですね?良い思い出になりましたね^^ギャルソンと会話がちゃんと出来るお嬢様!さすがですね!!
今はさすがに映画の効果も薄れてきたのか?あたりに観光客風情は私達だけでしたけど、地元らしき人達で盛況でした。 普通の暮らしの中に根付いているものっていいですよね〜
Posted by マダムS at 2008年11月15日 09:13
(アメり)を見て久しぶりに面白い映画に出会いました。同時に”アメり”を描いてみたいと思い写真を見ながら描きたいのでこの映画のパンフレットを探しています。ジュラール・フィリップの映画(モンマルトルの灯)の場所に行かれたのですね。子供の頃から絵を描くのが好きなので私の憧れの場所です。
Posted by raindaymorning at 2009年10月31日 16:15
★raindaymorningさん
こんにちは ようこそ! お返事遅れてすみません!
絵を描くのがお好きなのですね?
『アメリ』独特の緑と赤の色使いが絵心を刺激されるのでしょうか^^可愛いですよね〜 パンフレットは見つかりましたか? 「映画パンフレット」「アメリ」で検索すると通販でも幾つかお店が出てきますよね。
私のお薦めはフォトブックバージョンのDVDです。 幾つかのシーンの写真を集めた可愛いCDサイズの絵本型です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA-%E6%9C%9F%E9%96%93%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3-DVD-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3-%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8D/dp/B000I8ODWU/ref=cm_cmu_pg_t
フランスに旅行してからもう一年経つなんて、早いものだなぁと思っていたところです。 名前が似ていて良く間違えそうですが、ジュラール・フィリップの映画の舞台になった街は「モンパルナス」と言って、セーヌの左岸になります。 残念ながら昨年はそこへは行けなかったのですよ〜 私も憧れの場所です。
Posted by マダムS at 2009年11月03日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。