2008年11月04日

『宮廷画家ゴヤは見た』 と 『裸のマハ』('99)

goya.jpg原題:「Goya's ghosts」2006年アメリカ
監督 :ミロス・フォアマン
出演 :ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド  
公式サイト
 
 ”画家もの”好きでコレは外せません。
公開終了ギリギリで駆け込み鑑賞してきました。 

 ゴヤのタイトルロールはスウェーデン出身のステラン氏で、「見た」の通り、ずっとこの時代(18世紀末)の激動のスペイン史の渦中で宮廷画家としてあたりを傍観(一生懸命自分の出来る事はしようとしてはいるけど)。 むしろアクの強い神父役でアカデミー助演男優賞受賞のハビエルの存在感が残りまくる作品となってました。もちろんゴヤ作品も画面一杯に多数登場し、美術館で芸術鑑賞したあとのような満足感もあり。 なーんと、乱心したナタリー・ポートマンには脱帽でございました。彼女の捨て身の演技にも何か賞をあげたいなぁ〜 

マハ.jpg 『裸のマハ』 1999年スペイン・フランス合作
監督・脚本:ビガス・ルナ、 出演:ペネロペ・クルス、アイタナ=サンチェス=ギヨン、ホルヘ・ペルゴリア、ステファニア・サンドレッリ

 ついでにこちらも”ゴヤ”ものと言う事でDVD鑑賞。 ペネロペの人気にあやかった作品なのかと思いきや、あの有名な「裸のマハ」のモデルは誰か?のミステリー仕立てになっており、まあまあの見ごたえ。 こちらはスペイン映画だけどゴヤの描かれ方がなんとなく上記の「宮廷〜」と同じような割と穏やかな良い人風でして、いかにも芸術家風のエキセントリックさは無く、それはやはり自国での彼の人気の高さがそうさせるのかな?となんとなく疑問でした。
posted by マダムS at 09:50| Comment(6) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
監督も、はじめはバルデムをゴヤにと思ったらしいですが、その後ストーリーができてから、神父役の方をバルデムにということだったらしいですね。さすがにうまいですよね。
スペインといえば、これよりあとの時代の「アラトリステ」も来月公開予定ですよね。
ナタリーの兄役の一人が、そちらにもキャストに名を連ねてますし、エドゥアルド・ノリエガも出るのが嬉しいですね。もちろん、主役のヴィゴもたのしみですけど。
Posted by MACHI at 2008年11月04日 17:20
★ MACHI さん
バルデムがゴヤを演じてたらまた全然違った作品になりそうですねぇ・・どちらが良いとも言えませんが。

>「アラトリステ」
おおお これですね!?
http://www.alatriste.jp/
ほほー ヴィゴとノリエガご出演ですかっ 
ヴィゴもこの間はロシアン・マフィアに成りきってたと思ったら今度はスペイン人なりきりだなんて、凄すぎます。いい俳優さんですよねぇ〜
今日は「ブーリン」弟のジム君見てきましたよ!
後ほど感想書きたいと思います。
Posted by マダムS at 2008年11月04日 21:08
こちらにも〜☆

ステランさま、
そうなのよね、ステランさまはゴヤなのに
何故か神父のバルデムさんが一番印象に残ってる・・・笑
ここ最近アクの強い個性的な役が続いてますね〜
ホント、彼は傍観しているゴヤよりも絶対神父の方が合ってますね。ふふふ

そうそう、一連のゴヤの作品やボスの「快楽の園」も出て来ましたね!
スペインの異端審問の残酷さなど、
いろんな意味で興味深い映画でした。
Posted by Puff at 2008年11月05日 23:47
★Puffさん
ふふ。。Puffさんもご覧になってましたか!
そうなの〜 バルデムの濃ーーいお顔が脳裏にこびり付いちゃって・・(^^;)
あの神父は実在なんでしょうかね?まさかね?

異端審問は凄まじかったですねー
何度も立場が逆転するのも凄かったですー
ヨーロッパの歴史はフクザツですよね・・

おおー Puffさん音楽にもお詳しいけど、絵画にも詳しいのね〜 「快楽の園」!勉強させて頂きます! いろんな意味で興味深い映画でしたね^^
Posted by マダムS at 2008年11月06日 22:01
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
FWXe19rB
Posted by hikaku at 2009年06月23日 03:11
★hikaku さま
時間を置いて何度か訪問させて頂きましたが、当ブログとは内容の趣旨が異なると思われますので申し訳ありませんがお断りさせて頂きますね。
Posted by マダムS at 2009年07月16日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。