2005年12月22日

『愛より強い旅』

exils.jpg
(原題:EXILS)
2004年 フランス
2005年カンヌ国際映画祭 最優秀監督賞受賞作品
監督・脚本:トニー・ガトリフ
出演:ロマン・デュリス/ルブナ・アザバル
exile.JPG

EXILS(エグザイルズ)とは、流れ者、放浪者のような意味。
ガトリフ監督自らのルーツでもある"流浪の民=ロマ(ジプシー)"を永遠のテーマにした作品群の一つとなる。

先日DVDで鑑賞した「ガッジョ・ディーロ」では、ルーマニアのロマ民族に出会い、魂の音楽と真実の愛に気づき成長していく都会の青年の物語を瑞々しく描き・・
「ベンゴ」ではスペインのアンダルシア地方に暮らすロマ族の対立する家族同士の血の抗争をフラメンコの原点を観るような激しいダンスと音楽で表現。
一転して 「僕のスウィング」 では 子供を主人公に暖かさの中にも差別に対する悲しみをさりげなく取り入れつつ、マヌーシュ・スウィングと言われる音楽の名ギタリスト(チャボロ・シュミット)を迎え、全編“マヌーシュ・スウィング”がフィーチャーされている音楽映画である。 前置き長いよ・・

で、『愛より強い旅』です(笑)

ロマン君にとっては『ルパン』よりも『真夜中のピアニスト』よりも前の作品になります。

公式サイト

あらすじ
ある日、突然意を決したようにザノ(ロマン・デュリス)は恋人ナイマに 自分達の祖先の母国であるアルジェリアに旅立つ提案をする。 フランスからスペインを徒歩で越え、船でアフリカ大陸へ渡る7000キロの旅・・・自分のバイオリンをレンガの壁に塗りこめ、今までの音楽活動を捨てる覚悟で・・。
喧嘩しては仲直りの青春貧乏旅行は数々の出会いをもたらし、いよいよアルジェリアが近づいてくるのだが・・

モロッコからアルジェリア入りした二人。
祖父の家を見つけ出し、残されていた両親の写真と対面し涙するザノだったが、言葉も通じず、イスラムの風習にナイマが反発したことから、次第に落ち着きを失っていく二人。。心配したザノはある提案をする。

かんそう
これはまた音楽溢れる作品だった。
フラメンコ、ライ、スーフィー音楽(詳しくはこちら)など 二人が辿った道筋のそれぞれに根付いた土着の音楽が我々の五臓六腑を刺激する・・
アルジェリアという国が辿った悲しい歴史を背景に、二人の自分探しの旅に否が応でも巻き込まれてしまった感だ。
映画の冒頭、二人が住んでいるパリ郊外の公団住宅は 移民達が決して裕福ではない事を映し出しているし、うつろで退廃的な二人の佇まいからもこれからどうするの?と老婆心での心配がよぎるわけだが、終盤のトランスが終わった後のナイマの憑き物が取れて別人のようにすっきりとした顔が この旅が意味のあるものだったと物語っているようだった。

それにしても きちゃないロマン君・・
ピアニストとルパンで洗練された彼を見ちゃってからだと、ちょっとびっくり(汗)
今度は「スパニッシュ・アパートメント」の続編「ロシアン・ドールス」に期待しよう・・

posted by マダムS at 23:04| Comment(24) | TrackBack(17) | フランス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
作成中に失礼おば...上のスエーデン映画、予告観ましたわ。もう観に行ったのね...ロマン君も...。
Posted by margot2005 at 2005年12月23日 00:10
げげっ、レディースデイに見に行きましたが、もしかして接近遭遇だったかも?
Posted by MACHI at 2005年12月23日 08:37
>margot2005 さん
は〜い、ロマン君にはまってますんで。
スウェーデン映画はちょうどまん前の劇場だったので、えいっとばかりハシゴしました(笑)

>MACHIさん
げげっ、私も水曜の2回目上映でしたが!? MACHI様は?
席は前から5〜6列目の真ん中へんだったかなあ・・
Posted by マダムS at 2005年12月23日 11:25
1回目の上映を見ました。アップルスパークリングをもらいました。(先着100名とか)
上映後トイレに行ったんですけど、ロビーとかで、すれ違ったかも?(笑)

いきなりロマン君の大胆ヌードで、びっくりしました。(爆)
どういうルートかわからなかったので、帰宅後、世界地図を見ました。各地の生活様式なども、興味深く見ました。
バイオリンの写真で涙。ラストのすがすがしい主人公の表情が良かったです。これからがんばれよ〜〜。
Posted by MACHI at 2005年12月23日 14:39
ふっふっふ。ご覧になりましたね!
走っていない真正面オール・ヌード。
汚いキャラもまたハマりまするぅ。
映画を観てから、サントラの魅力が倍増しました。
よれ〜よれ〜♪
Posted by かえる at 2005年12月23日 15:24
>MACHIさん
あらま、それでは私がちょうどアップルスパークリングを抱え込んでウロウロしていた横をすれ違ったかもしれませんね(笑)
パンフを買ったんですが、中に二人の旅の地図が書いてありましたよ^^
ヌードはかえるさんからの情報で知っていたので驚かなかったわ〜ん(爆)

>かえるさん
ふっふっふ。観ました(笑)
走っていない真正面・・・
サントラも買い!かな〜これは・・ちょっとトランスが苦手ですが・・よれ〜よれ〜♪ってヨレヨレになりそうでした(爆)
Posted by マダムS at 2005年12月23日 20:44
マダムSさん、コメントのみで失礼します。
トニー・ガトリフ監督の最新作ご覧になったんですねぇ…羨ましい。
ガトリフ監督の作品は大好きで、これ凄く気になってる映画の一つ(歓びは歌に…もですが)なのです!サントラがメチャイイ感じで先日購入するか店頭で暫し固まってしまいましたぁハハ。
ロマン・デュリスも最近に要チェックメン☆
遅蒔きながらですが、来月には「真夜中の〜」鑑賞しますよぅ!
本作は2月になるようです…待ち遠しすぎるぅぅぅ。
Posted by purple in sato at 2005年12月26日 23:41
>purple in satoさん
こちらにもコメント有難う♪
はい!東京では渋谷で1館のみの上映ですが、頑張って観に行ってきましたの。
田舎に住んでいるので大変です(笑)
サントラも気になってます 買おうかなぁ
ロマン君特集記事と 今年最後にガトリフ特集も書こうとは思ってますが・・書けるかな(汗)
2作共 ご覧になったら是非感想聞かせて下さいね^^
Posted by マダムS at 2005年12月27日 11:22
こんにちはぁ♪
TB、コメントをありがとうございました!
こちらに来ようと思っていたのですが
先に来て頂いて恐縮です。エヘ

ワタクシ、ロードムービーって好きなので
この映画も凄く良かったです!!
途中雨に降られたりいろんなハプニングがあって
なかなかハードな旅でしたねー
ロマンくん、地で行っているのか(ん!?)凄く自然な演技で
本当にプライベートに旅をしているようでした。
最初のクルリ・・・は何度も言いますが(←しつこいですね。笑)
目が点になりましたですよ!!!
いろんな意味で、観て良かったでした〜〜〜♪ウフッ
Posted by Puff at 2005年12月28日 14:54
>Puffさ〜ん
単館系を同時期に観れるお友達は貴重なので〜嬉しいですよ♪ すぐお邪魔しちゃいます(^^)v
ロード・ムービー好きです私も。
ガトリフ監督作品はまさに民族の暮らしそのものが長い歴史上ロード・ムービーのようなものですものねぇ・・説得力あります(汗;) 
衝撃的な最初のシーンは(何度でもどうぞ 笑)必要性があったのか??ま、いいか〜爆
Posted by マダムS at 2005年12月28日 23:39
こちらにも失礼します〜。
私も先日みてまいりました♪こんなに音楽あふれる映画だとは思ってもみず、いい意味で衝撃的でした。
渋谷のあの映画館、この映画にぴったりな感じの照明で、あやうくこちらもトランスするところでしたよ…。
Posted by chatelaine at 2006年01月22日 03:21
>chatelaineさん
ご覧になりましたか!♪
実は私はこの後「歓びを歌にのせて」ハシゴしたので、一日あらゆる音楽を聴いたような気がしました(笑)
渋谷のあの映画館!なんだか芝居小屋のような・・確かに妖しげな雰囲気ですよねえ!!爆 劇場出て町の喧騒に揉まれてなんだかほんと自分を見失いそうでした(笑)
Posted by マダムS at 2006年01月22日 11:03
こんにちは!
TB(しかも2つも♪)とコメント、ありがとうございました!
コメントを何度も書き直させてしまったようで、
ご面倒をおかけしまして、申し訳ありませんでした!
最近、アダルト関連ブログからの書き込みが多くて困っていたので、
「この人の書き込みは禁止!」にできるシステムではないため、
よく書き込みされるコメントを「禁止ワード」にしてブロックしていたんです。
その「何か」が引っかかったようで、
慌てて「禁止ワード」設定を変えました。
せっかく遊びにいらしてくださったのに、
ホントご迷惑をおかけしました!スミマセン!!

ロマン大好き!なので、またお邪魔させていただきます!
ではまた〜♪
Posted by 伽羅 at 2006年03月12日 13:46
>伽羅さん
今晩は〜♪ いらっしゃいませ!
アダルト系ブログからのコンタクトには悩まされますよねほんとに・・多分そうかなと思ってましたので気になさらないで下さいませね^^かえって面倒お掛けしてしまったようでこちらこそごめんなさい!
ロマン君、これからも応援していきましょうね♪
「ロシアン・ドールズ」楽しみですよね^^
Posted by マダムS at 2006年03月12日 21:55
マダムSさま、こんばんわー。
ようやく、よーやく見てきましたー。
最初のあれにはびっくり!しましたが、
全体通して興味深い作品でした。
それにしてもホント、ロマン、濃いですよねぇ。
濃いことはずっと知ってたけど今回は
いつもより打ちのめされた感じです(苦笑)
あれだけ毛があればあったかそうですよね、
とどうでもいいことを思ってみたり。

私も今から世界地図、見てみます。
Posted by minori at 2006年03月13日 21:23
>minoriさん
ぼんそわ〜♪
めちゃ濃いロマン君、観ちゃったんですね!?笑
おお・・なんだかエロイ・・
地図見てみましたか〜? アルジェリアってアフリカだったのね〜なんてワタクシ バカなこと今更調べてしまいましたよ。 で、ホリ○○ンは百科辞典が愛読書らしいですが、世界地図を愛読書にしようと思っております(うそ)
旅行に行きたくなる映画ですよね^^
Posted by マダムS at 2006年03月13日 22:57
はじめまして、その土地の文化に触れることができるいい映画でしたね。音楽とのマッチングが最高でした。よろしければ、わたしのブログにも遊びにいらしてください。
Posted by まっちゃん at 2006年04月02日 11:21
>まっちゃんさん
初めまして♪ ようこそ!
そうですね、映画は自分の国の劇場にいながら世界中の文化や歴史に出会える貴重な芸術ですよね。だから止められませんね♪
そちらにも伺いますね^^
Posted by マダムS at 2006年04月02日 20:17
どうも〜マダム!
ブログ再開お待ちしておりました。
早速TB&コメント有難うございます!
この作品、やっと観ることができましたが・・・
私の場合、デュリス君は『ルパン』や『・・ピアニスト』が未見なんで、未だキチャないネグセの彼しか馴染みがなく、違和感ありませんでしたーー!(笑;)
ガトリフ監督作らしい、民族的な音楽と思いに溢れるロードムービーでしたね♪
やっぱり好きだな〜こういうのって!^^
「ここは地の果てアルジェリア〜♪」なんて、(古っ!^^;)
本当に若き旅に同行した思いです。

Posted by ラクサナ at 2006年04月21日 21:41
>ラクサナさん
は〜い!またどうぞよろしくお付き合い下さいませ♪
ひゃひゃ♪ これはロマン君出演作でも一、二を争うきちゃなさだったと思います(爆) 是非是非に髭剃り後のツルツルお顔のルパン氏も観てやって下さいませ!! 
えーと、ピアニストのロマン君は5月26日にDVD発売ですねー♪こちらも是非に!!
カスバの女〜?
http://www5a.biglobe.ne.jp/~ada-kazu/new_page_88.htm
Posted by マダムS at 2006年04月21日 22:46
うひゃひゃひゃひゃ〜カスバの女♪
有難うございます。
(エト邦枝さんって誰なんでしょ?^^;)
昔々、子供の頃から耳にしたこの曲は、
何だかヤケクソなド演歌って感じでしたが・・
まぁ〜なんてワールドワイドな歌詞なんでしょ!?
赤い風車ってことは、パリのムーランルージュの踊り子が、流れ流れてアルジェリアまで行っちゃったってことなんですね・・「明日はチェニスか、モロッコか・・外人部隊の白い服」うげっ!
私もちょいと調べてみたら、随分北アフリカを舞台とした映画から発想されたものだとか・・・
http://www.duarbo.jp/versoj/v-sengokayou/kasubanoonna.htm
思わぬところで、又興味深かったです!^^
Posted by ラクサナ at 2006年04月23日 00:44
>ラクサナさん烈 
うひゃひゃひゃひゃ〜♪♪
これまた興味深い情報!!!有難うゴザイマス!!
ほんとにな〜んて”ワールドワイドな歌詞”と思ったら、そういう経緯があったんですねぇ!
ディートリッヒの『モロッコ』
ギャバンの『望郷』
などは昔昔、TVの深夜映画で見たきりですが、もう一度観てみたくなりましたわ!! 色んな知識がついた今ならもうちょっと深く味わえそうです。
この歌を主題歌にした映画「深夜の女」も気になって調べてみましたが、ちょっと検索にひっかかってきませんねぇ・・そのかわり、私達がなんとなく耳に残っていたワケが解明。エト邦枝??知らん・・と思ったら、あの咽青江三奈さん咽が歌っておられたんですね〜〜〜〜 それでなんとなく覚えていたんですよ私達鍊
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/-/VICL-41186.html
きゃは〜ロマン君の「愛より強い旅」のお陰で、私達もひと時 古き良き名画と名歌の旅に出られましたね秊撚
Posted by マダムS at 2006年04月23日 07:13
マダム♪^^
なるほど、青江三奈さんが歌ってたんですね〜!
歌詞に似合いそうな声ですよね。
あと記憶では、あの関口ひろしさんの奥さん(名前が出てこない・・)辺りも、歌っていたような気が・・
「深夜の女」、うぐぐ・・・昭和30年の作品だとか・・アソコのサイトで引っかからないとお手上げですよね。まさか成人映画だったりするのでしょうか・・(汗)
私も「望郷」や「モロッコ」観たくなりましたわ!
まさか「愛より強い旅」から、ソコへ行くとは思いませんでしたが・・・映画って凄いですね!(^。^)b

Posted by ラクサナ at 2006年04月24日 00:29
>ラクサナさん
ああ・・西田佐知子さんですかぁ? アカシア〜の雨がやむ時〜〜♪ そうね歌いそうですわね^^
うぐぐ・・成人映画かな・・きゃ・・
ほんとですね〜いや〜お付き合いありがとう御座いました!!
Posted by マダムS at 2006年04月24日 08:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10946840

この記事へのトラックバック

EXILS 『愛より強い旅』
Excerpt: 愛より強い旅 エキゾチックな音楽とその世界に圧倒されて魅せられる。 大地に弾ける生命のエネルギーがまぶしい。 素晴らしい音楽映画を作り続けるトニー・ガトリフ監督の最新作。注目のロマン・デュリ..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2005-12-23 15:20

「愛より強い旅」
Excerpt: 公式サイト シネ・アミューズ、公開2週目初回です。 3割程度かな、知的な年配の女性の方多しでした。 パリ、アンダルシア、モロッコ、アルジェリアを舞台に未来に向かう..
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2005-12-28 14:45

愛より強い旅
Excerpt: 映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトの愛より強い旅情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さ..
Weblog: □film-navi〔フィルムナビ〕
Tracked: 2005-12-30 10:27

「愛より強い旅」のトランス
Excerpt: 「愛より強い旅」はトニー・ガトリフ監督が97年につくった「ガッジョ・ディーロ」と
Weblog: Days of Books, Films
Tracked: 2006-01-05 19:48

『愛より強い旅』すべてに身を委ねてみるがいい。
Excerpt: (c)PRINCES FILMS ツインの和多さんのブログにまたまた便乗です。 (思い返すと書いていない作品がいっぱいあることに気付く…) 『愛より強い旅』…。タイトルを聞いた時は 愛..
Weblog: シネマのしたため
Tracked: 2006-01-06 19:52

愛より強い旅 (仏)
Excerpt: 【みどころ】13歳のときに祖国アルジェリアからフランスに渡ったというガトリフの、自身のルーツを辿る自伝的要素を含んだ作品。パリに暮らす青年が、自身のルーツであるアルジェリアを目指して旅に出る。テクノミ..
Weblog: 映画で旅する
Tracked: 2006-01-07 15:11

Un Dimanche au Cinema
Excerpt: フィガロジャポン主催の「シネマの休日」に行って来ました。 まだ日本で公開されていない映画3本中、2本観ました{/hiyo_en2/}(まもなく公開です) 『ある子供 L'Enfant』 (2005/..
Weblog: Mon plaisir ☆
Tracked: 2006-01-08 20:40

愛より強い旅
Excerpt: 本日は愛より強い旅を見に行きました。あまり音楽には詳しくないし、ガドリフ作品初の私には少し上級者向けの難しい映画になりました。ガドリフ監督の独特の世界観に慣れるために他の作品も見てみたいな。 パ..
Weblog: Alice in Wonderland
Tracked: 2006-01-13 12:48

『愛より強い旅』レビュー/ことばと宗教を越えて
Excerpt: たまに起こる衝動だけど、なんだか無性にフランス語が聞きたい、と思うことがあって、そういうときはフランス映画を観にいくことにしている。ストーリーはどうでもよくて、単に、耳の保養。 というわけで、今..
Weblog: 西欧かぶれのエンタメ日記
Tracked: 2006-01-22 03:16

映画/愛より強い旅
Excerpt: 映画「愛より強い旅」 トニーガトリフ監督
Weblog: サバペ
Tracked: 2006-01-29 00:04

愛より強い旅 (原題:『EXILS』)
Excerpt: 少年時代に祖国からフランスへ渡った、 トニー・ガトりフ監督(『僕のスイング』他)の 自伝的要素を投影させた、青春ロードムービー!! STORY:パリでの生活にどこか違和感を感じ続けていた ..
Weblog: 映画とはずがたり
Tracked: 2006-03-11 00:44

『愛より強い旅』 やっぱり足乗せるんだ
Excerpt: ソウルフルなロードムーヴィ。 旅に音楽、放浪(EXILES)することで何かを見つけようとする その思いがひしひしと伝わってきた作品。 冒頭での背中の皮膚。それが背中だってのは すぐわかったけど思った..
Weblog: キマグレなヒトリゴト
Tracked: 2006-03-13 21:51

『愛より強い旅』(☆☆☆☆☆)
Excerpt: 『僕のスウィング』でお馴染みの、トニー・ガトリフ監督の新作を観に行ってきました。 『愛より強い旅』 フランスからスペイン、モロッコ、そしてナイジェリアへと旅する ロード・ムービーです。こんな旅..
Weblog: ど風呂グ
Tracked: 2006-03-26 22:28

愛より強い旅
Excerpt: 愛より強い旅公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価  ☆☆☆ パリ
Weblog: シネマ de ぽん!
Tracked: 2006-04-02 11:21

愛より強い旅
Excerpt:  昨年来からの自分にとっての今年の最大の注目作は、ナルニアでもダ・ヴィンチでもありませんでした。ひそかに私淑する名匠トニー・ガトリフのカンヌ
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-04-16 09:52

愛より強い旅
Excerpt: ジプシー音楽の力強さ、物悲しさをテーマに作品を撮り続けているトニー・ガトリフ監督の、 カンヌ国際映画祭監督賞受賞作品。 ガトリフ監督自身がアルジェリア出身とうことで、監督自身の思いも深く投影されて..
Weblog: Welcome aboard!
Tracked: 2006-04-21 21:42

『愛より強い旅』'04・仏
Excerpt: あらすじパリでの生活にどこか違和感を感じ続けていたザノは恋人ナイマを連れ、未知の故郷アルジェリアへと旅に出る。少しのお金と旅行鞄、好きな音楽だけを携えて歩きはじめる二人・・・。感想パリのバカップルアル..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2009-06-18 22:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。