2008年12月01日

アカデミー賞を狙える演技とは?

コダックシアター 今年も残り僅か一ヶ月となりましたね。
ちょっと気の早い話かもしれませんが、海の向こうアメリカではチラホラとアカデミー賞の話題も出てきたようです。

開催日は例年通り2月最終日曜日=2月22日夜。
日本では23日月曜日の午前中にTV生中継となるでしょう。


私が時々チェックしている映画情報サイトバラエティ・ジャパンで、興味深い記事が幾つかあったのでココに貼っておきますねぴかぴか(新しい)

★09年出だしはオスカー候補がめじろ押し

★俳優必見!アカデミー賞狙える演技のコツ

★超先取りアカデミー賞監督賞予想
★オスカー主演男優賞部門は”OB同窓会”状態?

★ミンゲラ&ポラックの遺作がオスカー戦線に名乗り
朗読者本 最後の記事は私が個人的に凄く楽しみにしていたベストセラー本『朗読者』の映画化で「The Reader」(邦題「愛をよむひと」)についての話題。 ジュリエット・ビノシュで映画化の話が出たのは忘れる位遥か昔だったはずだけど、その後どうなっちゃったの?と思ってたらやっと決まった女優が交代(ニコール・キッドマンが妊娠の為降板しケイト・ウィンスレッドに交代した)したり、製作会社のトップだったミンゲラ、ポラックが急逝したり、プロデューサーが公開時期でもめたりと、色々波乱万丈を乗り越え・・ようやく年内公開の運びとなったようで↓
★S・ダルドリー監督“The Reader”で巻き返しなるか
共演はレイフ・ファインズ、ブルーノ・ガンツ、レナ・オリンなど名優揃い。 20歳以上も年上の女性に、愛を交わす事と引き換えに本を朗読する15歳の少年のキャスティングが非常に楽しみだったわけですが、予告編を見つけましたので確認してみて下さい! 主演とも言えるこの役にはドイツの若手スター/David Kross(なんとなく面影が故ヒース・レジャーに似ているような・・もうやだ〜(悲しい顔)
★『The Reader』トレーラーはコチラ

そのヒース・レジャーが「ダークナイト」で候補に挙がるかどうかなど含めて今年のオスカー戦線も大変楽しみになってきましたぴかぴか(新しい)
ラベル:アカデミー賞
この記事へのコメント
トロピックサンダーに、どういう演技や役がオスカーを取るかという話も出てきましたよ。(笑)

ドイツ映画祭でみた「クラバート」の主役のダフィット・クロスが、The Readerで、こんな大きな役とは知りませんでした。
Posted by MACHI at 2008年12月02日 10:01
★MACHI さん
わぉ!そうなんですか!?>トロピックサンダー
益々見なければ・・
リンクした記事内容とは同じ部分もあったでしょうか?(笑)

で、ダフィット・クロス(←ドイツ読み?)は  MACHI さん既にチェック済みでしたかー!「クラバート」の予告編も見ましたが、ダークファンタジー?で面白そうだけど一般公開はしないのかなぁ〜
なかなか演技派とみました。楽しみです。
Posted by マダムS at 2008年12月02日 15:57
こんばんは(^^)
そうそう、マダムは既読だったのですよね。私は某チェーン古書店で105円だったので(失礼)>朗読者。でも素晴らしい小説でした。
それにしても、製作者が亡くなり、主演女優は大もめ、色々大変でしたがよい作品になっていればよいですね。
相手役(少年時代)の子は18歳になるのを待っての撮影だったそうなので(ラブシーンのため?)そのカレを観るのが楽しみだったり(笑)。
レイフ・ファインズは(嫌いではないですが)なんかこういう役が多いような。。。。
Posted by わかば at 2009年01月17日 20:43
★わかばさん
おお!古本で買えて良かったですよねん♪
私もこの記事書いた後、必死に「捨ててないはず」と押入れ本棚ひっくり返して探しました(爆) 素晴らしい小説ですよね。
どのように映像化されるか、楽しみです。
どの時点で回想シーンに移るのか、楽しみです。
 >18歳になるのを待っての撮影
犯罪になっちゃうんでしょーか(笑)
トレーラー見た限りではちゃんと15歳の頃と大学生の頃とでは違うように見えるんだけど、少し時間を置いて撮影したんでしょうかねぇ〜 その辺も気になります。
Posted by マダムS at 2009年01月18日 09:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。