2008年12月22日

『ブロークン・イングリッシュ』

久々にメルヴィル・プポー揺れるハート
ブロークン3.jpg
アメリカ=日本=フランス合作
監督・脚本/ゾエ・カサヴェテス
出演/パーカー・ポージー、メルヴィル・プポー、ジーナ・ローランズ 他

ブロークン2 (あらすじ)30代シングルのノラ。NYにあるホテルのVIP担当として、それなりのキャリアは積んでいる。学生時代は恋もわりとしてきた。でも今は男運のなさに落ち込み不安症の薬を飲む日々。これではいけないと気分転換に出かけた同僚のホームパーティ。しかしノラのタイプの男性は皆無な上、全く楽しめない。もう帰ろうと思った時にフランス人男性ジュリアンが登場。魅力的な彼に惹かれつつも、すっかり男性不信のノラは心を開けない・・(関連サイト様より)
公式サイト

 父はインディペンデント映画の巨匠ジョン・カサヴェテス、母はこの映画にも出演の名女優ジーナ・ローランズexclamationという折り紙つきのDNA所有の女性監督ゾエ・カサヴェテス。 第2のソフィア・コッポラと呼ばれる所以はそこにあるらしいけど、実際境遇の似た二人は長年の友人らしい。
この作品もハリウッド的な派手さとはやはりどこか違う地味だが、なかなか心に沁みる恋愛映画だった。

「今の女性は大変ね、チャンスや選択肢は増えたけど・・多すぎて選べないの」 
若い女性向きの映画?と思いつつお気に入り俳優出演という理由で劇場に足を運んだ私だが、序盤、ヒロインの母親の言うこのセリフで思いがけず一気にツボにハマった。。 これはニューヨークのキャリア・ウーマンだけの話ではない・・ちょっと前までのすべての現代人に言えることではないか?「多すぎて選べない」と言うのは。 世界的金融恐慌に陥ってしまった今現在はまた違ってくるかもだけど、それはここでは言うまい。

 出会った時は いかにもナンパなステレオタイプのフランス男性に見えたジュリアン(プポー)が、意外にもまったく飾らない自分(酔っ払ってノーメイクよれよれ醜態あせあせ(飛び散る汗)&不安症でパニックな状態あせあせ(飛び散る汗)を晒しても)を愛してくれたことが彼女に勇気を取り戻してくれるというお話。  

 主演女優のパーカー・ポージーは、何処かで見た顔?と思い出せないでいたが、サンドラ・ブロックに口の動かし方とか表情が似ている事にたった今気がついた。サンドラの方はハリウッド大作に出演する機会に恵まれてすっかりメジャーな女優になったが、ほんのちょっとだけ年下のパーカーは「良質な低予算映画に数多く出演してきていて、90年代には米タイム誌から“インディペンデント映画界の女王”と名付けられた(関連サイト様より)」との事。 正に対照的な女優人生を送っているのがこの映画のヒロインと重なるかも?なんて思った。 この人の演技が絶妙で、意中の男性の前で妙に自分を飾り作られた表情の時のヒロインと、どうでもいい時の表情との落差が激しく出てて可笑しいのだ。
でもいいんだよ。メジャーじゃなくてもいい仕事してます!この女優さん! ファンになりましたぞ揺れるハート
 
 プポーは別にプポーじゃなくちゃ!と言うほどの役柄じゃなくて・・男性はあくまでも脇役な話なのでしょうがないけれど、まあこんなもんかな?たらーっ(汗)
 
posted by マダムS at 11:47| Comment(7) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マダムSさ〜〜ん!

ごらんになりましたか?
良かった!良かった!
私も見てきました。都内に用事があったので、そのついで・・・と言っちゃなんですが、笑。
メルヴィル・プポーの普通の人を見たくて。
前に見た「ぼくを葬る」の彼があまりにも痛々しかったので・・・。

で、で、久しぶりのラブロマンス映画だったのだけど、マダムの言われるように、派手さはないけど、なかなか心に染み恋愛映画で、私も良かったと思いましたよっ!!
この女優さん、私は初めてだったけど、表情の落差を表現するのが、本当にウマいと思いました。
絶世の美女ではないけど、そこがこの役柄に合って、でもとてもチャーミングでしたねっ。
私もファンになりましたとも・・・。

で、肝心のプポーですが、いつものなら女性が"刺身のつま”的存在だけど、彼は今回はそんな存在で、ちょっともったいなかったけど(もっと見たかった),
でも、フランス男性の個性を感じさせる、やっぱりステキな感じだったと思ったのですが・・・。

で、で、マダムがパリで撮ってきた地下鉄の入り口のあのステキなアールヌーヴォーの絵模様が結構大きく写りましたよね?
思わず私は嬉しい悲鳴を上げてしまったデス!!!
あ、あれだ!あれだ!
この作品は地下鉄を経験したマダムの映画ですよっ!
パリの風景も観光客目線でしたね?
もっとパリのシーンが多かったらと思いましたが・・・。
Posted by 紫の上 at 2008年12月22日 17:27
>別にプポーじゃなくちゃ!と言うほどの役柄じゃなくて・

いえいえ、見た目も性格もいい男性から、本気で好きと言われるのは、女性の夢ですからぁ。(笑)
マダムが生でご覧になった場所が、たくさん登場したのでは。^^
Posted by MACHI at 2008年12月22日 20:40
★紫の上さん
おおぅ〜 ご覧になりましたか!
正直 私も東京でしか上映がなかったら出かけたかどうか・・ちょうど地元の御用達映画館にかかってくれたので良かったデス♪
プポーは「ぼくを葬る」の壮絶な演技がいつまでも忘れられませんよねぇ(涙) 以降、主役での出演作は無かったと思いますが・・日本公開では・・なんとなくいつもチョイ出で、寂しかったですから、今回のはまあまあのボリュームの出演時間で嬉しかったですわね。 
うんうん、素敵でしたよ〜 最初プレイボーイ風でしたけど、結構「根はいいヤツじゃん!」でしたね^^
うふふ。 最近パリの街がTVに写るだけで、1人ほくそ笑む私です(^^*) 
そうなんですよ、あの地下鉄の駅、何処だろう〜?なんて思って見てました♪
もっとあちこち映らないかな〜なんて思いましたけど、そこがインディペンデント作品らしいところでしょうかね〜 観光名所はなるべく控えめ風だったと思います。


★MACHI さん
ふふふ。。
確かに・・あんな風に真剣に「好き♪」と言われて嬉しくないわけないですよねー♪ しかもハンサムで性格も良く、趣味も仕事も良さげだし・・ ヒロインは気が付いて良かったですよねぇ〜(笑)
最近、ヨーロッパが舞台の映画は登場人物よりもバックの風景に目が行くわたくしです・・(汗)
Posted by マダムS at 2008年12月22日 22:51
ちょっと前に見たので詳細忘れてしまいましたが、意外によかった映画でした。

居所もわからない彼をパリの中で探し回るという、クラッシックな感じのシーンもなかなか面白かったし。

確かにプポーじゃなくても・・・って役だったかもですが、プポー好きにはたまらん役じゃないかな?なんて思ったりもしました。
Posted by nouilles-sautees at 2008年12月23日 00:27
★nouilles-sautees さん
おお ご覧になっていらっしゃいましたか!
そうなんですよね〜 観てみたら意外と良かったかなと。
広いパリで人探しなんて!絶対無理に思えるけど、こんな感じで再会ってのもありそうで・・ベタな「すれ違いドラマ」にしないところがこの監督のセンスの良さかもしれませんね〜♪
いや〜そう言われてみれば!プポーを魅力的な男に撮ってくれて感謝ですわね♪
Posted by マダムS at 2008年12月23日 17:38
そうそう。これなかなか良かったです。
あんなイケメンだと警戒してしまう気持ちってとってもよくわかりますよね。
フランス人男性とアメリカ人女性という組み合わせは『ビフォア・サンセット』の逆ですね。
Posted by Cartouche at 2009年01月13日 21:04
★Cartouche さん
こちらにもコメント嬉しいです〜♪
ですよね^^ 意外と良かったですよね。
『ビフォア・サンセット』は『〜サンライズ』と共に大好きな映画です。 こちらはフランス女性とアメリカ男性でそうそう逆でした。 やはりフランス人は愛には率直ですよね(笑)
Posted by マダムS at 2009年01月13日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。