2009年03月10日

『ダウト〜あるカトリック学校で』

daubt.jpg 原題:Doubt
監督・原作・脚本:ジョン・パトリック・シャンリィ
音楽:ハワード・ショア
出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ビオラ・デイビス
製作国:2008年アメリカ映画

それは、人の心に落とされた「疑惑」という名の一滴の毒
上手いキャッチフレーズですよねぇ〜! 先日のアカデミー賞の俳優部門に4人も(主演女優、助演男優、助演女優2人!)ノミネートされた話題の心理劇。その火花散る演技合戦に興味津々で観て参りました!
 
 1960年代。ケネディが暗殺され、時代が変わろうとしていた頃。ニューヨークのカトリック学校にも初めて黒人生徒を迎え入れ、進歩的なフリン牧師はその少年を見守りつつ、古い因習に縛られた学校教育にも新風を吹き込もうとしていた。 その矢先・・その少年への性的虐待の「疑惑」が持ち上がる。 新米のシスターが蒔いた一粒の疑惑の種が、人間不信の塊のような老練鬼シスターにより大木に大化け。 作品中の喩えにあるように、もし一度風に乗って撒き散らされてしまった羽毛(噂)を拾い集めるのは至難の業であるので、その前になんとか収めなくてはいけません。。

 『生きてこそ』『月の輝く夜に』の脚本家が戯曲として書き下ろした本の映画化だそうで、確かに舞台劇のような趣。 主な登場人物はほとんど牧師と2人のシスター、そして黒人少年とその母親のみで話は進んで行きます。 メリル・ストリープ演じるシスターの横暴ぶりは、一瞬あの「プラダを着た悪魔」の鬼編集長を髣髴させるけれども、まったく違ったタイプの「心の奥底に根深いコンプレックスを抱えた」女性を強烈に感じさせる役どころで、傲慢かと思えば突然崩れ落ちそうな弱さを表情ひとつで見せたりと、さすがの演技力には唸りました。 牧師役のホフマンも上手い! エイミー・アダムスもあのディズニーのお姫様とは全く違ったキャラクターを演じ分けたのは評判通りの有望株なのかも。

 「疑い」とは人の心の弱さから来るものだと改めて思い知らされます。 そして、その弱さは私たち皆持っているもの・・。映画を観ている途中に絶妙にその仕掛けがあったことを鑑賞後気が付きましたあせあせ(飛び散る汗) 私もグルグル疑って観ているんですよね! 人の話はどれも疑わしい・・たらーっ(汗) 真実は何処に!? 
楽しむとか、感動するとか、の類の作品ではないと思いつつ鑑賞してはいますが、サスペンス?とまではいかず・・ちょっと中途半端感は否めませんが、そこにはやはり欧米作品に多い強い宗教観が流れているのでしょう。 まあ、とにかく4人の演技を味わうだけでも必見かもしれません〜 そして罪深き人間に・・アーメンたらーっ(汗)
posted by マダムS at 22:46| Comment(2) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボンソワ、マダム。
観てきましたよ「ダウト」。映画化して登場人物が増えた分、直接的な緊迫感が薄れた面はあるんだろうな(舞台は観てないので)と思いますが、これはこれでスリリングでした。特にメリル・ストリープが時に取り乱すシーンが凄いですね。理由がよくわかんないので(笑)。そもそも、この映画、はっきりした事実がほとんどわからないんですよね。目が見えなくなっているという老シスターも、最後のあたりで、ひょいひょいと人形を飾るシーンを見ると、「?」と思いましたし。多分、まだ色々と隠さないといけない時代背景があるんだろうなと感じました。そして、そういうことを表現するには映画という形が舞台より似合っているんでしょうね。余談ですが、1対1の緊迫感という意味では、ジャック・ドワイヨン監督の「女の復讐」がマイベストです。イザベル・ユペールvsベアトリス・ダル(怖い)。うーん、フランス版「ダウト」では、ユペールが主役でもいいかも。
Posted by けんけん125 at 2009年03月17日 00:55
★けんけん125さん
ボンジュ〜ル! けんけんさん♪
ご覧になったのですね^^ 
わはは。。メリルの取り乱し・・怖かったですよね^^ そうそう・・他人には人の心の中はわかりません〜理由のわからない涙っつぅのは特に(笑)

 >老シスターも、最後のあたりで、ひょいひょいと人形を飾るシーン
ええっ 気が付きませんでしたよ!そのシーン!ひょえ〜まだまだ仕掛けが沢山あったのかも!! すっかり騙されてるのは私達かもしれませんね〜 なるほどあの時代だからの背景もまだまだあったのかなぁ〜 映像だと色々な手法で表現可能かもしれませんね、なんだかもう一度検証のために見たくなりました。
「女の復讐」ですね?メモメモ・・。うーんベアトリス・ダルと聞いただけで怖い・・(爆) レンタル探してみます。 
Posted by マダムS at 2009年03月17日 07:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。