2009年06月14日

4〜6月に観た映画&ドラマ(2009) 

このブログ、だんだんマトメ記事のみになってきましたあせあせ(飛び散る汗)

4月〜6月に観た映画は・・

スラムドッグミリオネア.jpgRedクリフ2.jpgグラントリノ.jpg天使と悪魔.jpgi_come_with_the_rain.jpgレスラー.jpgターミネーター4.jpgreader.jpg

<劇場鑑賞>
最近、月に2〜3本ペースになってきました。しかも近場のシネコン鑑賞ばかり・・それでも”お気に入り監督”や、”シリーズもの”の続編など、以前からチェックしてどうしても観たかったものがほとんどだからそうハズレはなかったかな。

『レッドクリフ PartU』
 「PartT」からいよいよ本題へと盛り上がり面白かった。隣席の中国系?の中年カップルの(泣き笑い)過大リアクションも相当楽しかった。

『スラムドッグ・ミリオネア』
 面白くないわけじゃないのだけれど、今時珍しい位(昔の日活映画みたいだ)の直球感動恋愛ものに気恥ずかしい感じも・・。うーむ、時代が求めて(オスカーまでとは!)いたんだな、きっと。

『グラントリノ』
 頑固で武骨な男の贖罪のものがたり。 泣かせるぜ。

『天使と悪魔』
 前作よりは解りやすい出来かも。ヴァチカンが懐かしい〜
ラングドン教授が益々インディ・ジョーンズに!続編は?Hフォードに負けるなトムハン!

『アイカムウィズザレイン』
 これだけはちょっと生理的にキツカッタ・・。「パパイヤ」と「夏至」だけで、アジアンな湿気と独特な色づかいが良いわ〜などと勝手に思い込んでたけど、「シクロ」は違うんだって? 奥様贔屓もちょっと鼻についた、だって演技下手過ぎ。 次回監督作=村上春樹の「ノルウェイの森」が心配になってきた(楽しみにしてたのに)。

『レスラー』
 プロレスのバックステージもの。粗筋だけ読むと「ベタ?」なオーラぷんぷんなのに、ドキュメンタリーっぽいカメラワークのせいか?この監督のマジックにかかったように素晴らしい作品になっていた。 Mロークという配役を得た時点でもう成功だったのかも。男ならずとも泣ける映画。 

『ターミネーター4』
 80年代から始まったシリーズものって本当に多いよね。これも息子達と一緒に鑑賞した大事な思い出と共に思い入れが大きいシリーズ。「T」「U」と話がリンクしてるから、時折時系列を頭の中で整理しながら観ないと。自分より若い親と出会うって?何処で時間の裂け目が? ま、いいか。。

『愛を読むひと』
 原作を読んで「やりきれない話だなぁ」と思っていたけど、映画を観たらもっとやりきれない話になっていた。 現代ドイツ人が抱える苦悩みたいなものは良く描かれていると思う。戦争中に起こった事は個人では償いきれないでしょう?ケイトは頑張っていたけれど、こうしてみると美形過ぎてこの作品にはあわないなぁ・・やっぱり最初ビノシュでイメージしちゃっていたのでどうも払拭出来ないのか。。


<DVD>
『父/パードレ・パドレーネ』『SUPER8』『まなざしの長さをはかって』『リメンバー・ミー』

<TVドラマ>
プリズンブレイク.jpg 『プリズン・ブレイク〜シーズンT、U、V』
レンタルで一気に観ました!時間数にするとかなり?
「T」では、冤罪で囚われた兄を救う為にわざわざ罪をおかして刑務所入りした弟! その脱獄に至るエピソードは過去の名作の数々をしのぐほどの緊張とカタルシス!! 観客の判官贔屓心を大いにくすぐり「逃げて〜!」 面白ーーい! 「U」は脱獄してからの外界での逃亡生活。一緒に出た8人は1人1人減ったが、兄弟は首尾よく困難を脱し、ハッピーエンドと思われたその瞬間・・。「V」はなんだかちょっと様相が・・。ファイナルシーズンは復讐の話とか・・ 正義はどこに?マイケル頑張れぇ〜
単発ドラマ『刑事一代ー平塚八兵衛の昭和事件史』前・後編
tamayamaS.jpg連続ドラマ『BOSS』

下のコメント欄で予想外に盛り上がったので(笑) 
追加で写真アップ!!  
「BOSS」の振向き片桐ピーポー君!なのだ!
 
posted by マダムS at 08:57| Comment(29) | TrackBack(0) | 鑑賞作品リスト2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マダムもアイカムウィズザレインを見ましたか。
私も生理的にきつかったですう。8月に公開予定のジョシュの映画はホラーだし。もっと違いジャンルの映画で見たいですぅ。
愛を読むひとはすでに見て、とてもよかったですよん。息子を持つマダムは感想が違うかも?
Posted by MACHI at 2009年06月22日 11:27
★MACHI さん
「愛読む」観てきました!
うーん、、やりきれない話ですよね・・
ケイトもね、ちょっと綺麗過ぎませんか? 老けメイクだけじゃ隠せない美しさがこの作品においてはちょっと邪魔に思えまして、私はちょっと不満が残ったんですよ・・。結末の解釈も違ってみえました。ビノシュでちょうど良かったかも(汗)
ジョシュってば もうちょっと出演作選んで欲しいですよねぇ〜 もう血まみれから脱出して欲しい〜(笑)
Posted by マダムS at 2009年06月22日 16:25
こんばんは〜。
「愛を読むひと」、もうご覧になったんですね。
私も原作を読んで 公開を楽しみに待っていましたが、まだ観に行けていません〜〜涙
ハンナをビノシュでイメージされていたのですね、なるほど(^^ゞ
私は映画の内容を知ってから原作を読んだので もうケイトで固まってしまいました(笑)
重いですよね、コメントのしようも無い位に。
「アイカムウィズザレイン」もビョンホンが観たい!(笑)
「レスラー」も気になっています。
そして「プリズン・・」の鑑賞、お疲れ様でした!!
もうファイナルシーズンが出ていますね。
これも観なきゃ・・、ホント忙しいわ〜。
Posted by カポ at 2009年06月22日 22:19
愛読むはニコールが妊娠して降板したので、ケイトになったんですよね。15歳の少年がとりこになる美しさに重点が置かれたのでしょうか。(笑)

プリズンブレイクは、Tをテレビの一挙放送で見たんですが、マイケルのような善人が辛く苦しい思いをするのが耐えられず、Uは毎週の放送で見ましたが3〜4話見て、止めてしまいました。
早くお兄さんの無実が証明されて自由になって〜〜!と思いました。
映画だったら無実の証明まで、2時間苦しむだけで見ているほうも解放されますから。
Posted by MACHI at 2009年06月23日 09:13
★カポさん
ハーイ!おはようございます♪
>「愛読む」
平日昼間でもまだ公開されたばかりなので結構混んでました。夏休み突入前の2W位までは通常時間で観られるかと思いますが、今の若い人に受けるとは思えないので(苦)油断ならないかも(ーー;)
ビノシュはですね、私の勝手なイメージじゃないんですよ〜 数年前(7〜8年前だったかしら?)に原作本がベストセラーになって、最初にビノシュで映画化の話が出ていたのですが、それが紆余曲折・・脚本家も監督も、キャストも二転三転色々あってやっと昨年末(オスカー対象期限までに間に合うように)の公開になったわけです。詳しくは昨年暮れのこちらの記事↓にちょこっと触れさせてもらってます。
http://kazetomoclub.seesaa.net/article/110511372.html#more
重いテーマですよね〜本当に。
>「アイカム〜」
ビョン様ファンにはちょっと辛いシーンも!?それでも「あの表情がたまらない」なのかな?(笑)
>「レスラー」
意外にも笑えるシーンもあったり、プロレスの裏側が興味深いったらないです(笑)
>「プリズン〜」
ファイナルシーズンもレンタル予約中でっす♪(笑) また語り合いましょうね〜 ほんと忙しい(爆)
Posted by マダムS at 2009年06月23日 11:34
★MACHIさん
うーん、虜になる美しさ・・そうね、ケイトも二コールも納得いく美しさですよね 本当に。
難しいテーマで客寄せするにはビッグネームも必要ですしね(ため息)
>「プリズン〜」
おお、MACHIさんも御覧でしたか!!
確かに!映画なら2時間ですみますもんね、苦痛も!(爆)
人気が出てシーズン化すると、だんだん話も破たんしてくるのですが(爆) せめて是非シーズン2の最後までは観てやって下さいまし。その最後が辛いケド(涙)
マイケル君、なかなか素敵ですよね〜 なんでも二コールの「白いカラス」にも出ているらしいですよ 未確認ですが。。
Posted by マダムS at 2009年06月23日 11:46
プリズンブレイクのマイケルは白いカラスに確かに出演しています。アンソニー・ホプキンスの青年時代を演じています。
試写会で白いカラスを見たとき、ステキな人だなあと思いましたよん。
シーズンUのラストだけはテレビで見ましたよ。途中はネットにあるあらすじなどを読みました。(爆)
犯人を追う24と違って、善人のマイケルが追われるので見るのは辛いです。
シーズンVも、最終回だけ見ようかな。(笑)
Posted by MACHI at 2009年06月24日 10:16
季節柄、私も近所のシネコン通いになってきました。
今日も雨、午後から予約していた映画を観に行こうかどうしようか、、、まだ迷っています。
『グラン・トリノ』、良かったです。
クリント・イーストウッドの良い意味での余裕を感じだ作品でした。
これまでの彼の映画人生があってこそ、
そしてクリント・イーストウッドだからこそ成り立つ作品でしたよねん。
『プリズンブレイク』、私もシーズン2まで見てますが、
ちょっとなんだか制作サイドの苦悩を感じるのですが(笑)。
Posted by Ruiji at 2009年06月24日 11:34
★MACHI さん
にゃ、にゃにぃ〜!? 
ウェントワース・ミラー → アンソニー・ホプキンス ですかっ!?
むぅ〜〜 んでも ギャスパー・ウリエル → アンソニー・ホプキンス よりかは違和感ないかも?(笑) いえいえやっぱり無理だよ〜(泣)想像出来ませんっ(爆)
シーズンVは舞台がパナマの刑務所だかなんだかわけのわからん所で、あんな人もこんな人も次々入ってくるのでオドロキです。 マイケルも最初の頃の”善人”からだいぶヤブレカブレになってきまして・・・。それにしても最終回だけって!!(大爆)
Posted by マダムS at 2009年06月24日 18:26
★Ruiji さん
午後から晴れましたね〜
予約なさっていた映画は観に行かれましたか?
『グラン・トリノ』は良かったですね
そうそう!イーストウッド作品の集大成というか、遺言か?とも思えました。いえ、まだまだ活躍して頂きたい監督ですが。
おっ Ruiji さんも『プリズンブレイク』観ていらっしゃいましたか!!
シーズン2は確かに無理やり終わらせちゃった感はありますよね、例の脚本家組合のストの影響とかで・・。 それにしても、頑張って話を続けて行くって大変だと思われます(爆)
Posted by マダムS at 2009年06月24日 18:31
こういうまとめ記事もよいなーと思い始めました。ただ私は右から来たものは左へそのまま流さないといけないタイプなので、まとめてから書くというのはなかなか難しそうではありますが。

スルー予定の「天使と悪魔」、こちらではおそらく未公開のはずの「愛を読む人」、仏映画のくせに仏で公開予定はあるのか?と疑問の「アイカムウイズレイン」以外は観ました。

「アイカム・・・」はジョシュ君を見たいと思ってるんですが、生理的に・・・ですか・・・。うーむ・・・。「ノルウェイの森」は、松山ケンイチというのはなかなかナイスキャスティングと思ったんですが、どうでしょうかねぇ。映画にするのも難しそうな話なんですけど。

ちなみに「BOSS」、なんとかこっちで観ています。かなりファンかも。キャラがそれぞれよいですね〜。

Posted by nouilles-sautees at 2009年06月24日 22:49
★nouilles-sauteesさん
なんだかすっかりサボリ癖がついちゃって・・(^^;)いけません。。
>「愛読む」
え〜!未公開ですか!? 何か特別な事情があるんでしょうか・・日本ではオスカー受賞関係は取りあえず上映するって感じかなぁ〜宣伝には色々苦労しているようですが。。あ、ケイトは日本ではやっぱり沈没映画で有名ですからねーその線で。
>「アイカム」
私もジョシュ狙いだったんですが、どうも精彩なかったですよ〜それよかショーン・ユーが結構なボリュームで登場してたので嬉しかったデス。
>「ノルウェイ」
うんうん、松山君はギリギリ学生っぽい青臭さが残ってますもんね、まあいいです。 私は勝手に柳楽優弥君を考えてました。年齢的にも丁度良いかなと・・。菊池凛子が来るとは!うーむ? こういった作品には「アイカム」もそうなんですけど、無名俳優の方がいいような・・。
>「BOSS」
きゃっ そちらでもリアルタイムで観れるのですか!?ファンでいらしたとは嬉しいでっす♪ 
日本ではいよいよ今日最終回! そうそう!キャラがたってて面白いですよね〜
ちなみにワタクシ竹野内&玉山ファンです。
Posted by マダムS at 2009年06月25日 09:05
5月連休後から6月にかけて、ハプニング続きだったので、私もやっぱり近場のシネコンで鑑賞していました。
「アイカム〜」は見ていないけど、後はマダムと被っています。
あ、「愛読む」はまだ未見だけど、オスカー絡みと言うことと、レイフ・ファインズが出ているので見ようと思っています。
でも「やりきれない〜」お話でしたか?
ちょっと気持ちが萎えてきたけど・・・。

横レス失礼します。
私も「BOSS」面白く見ています。ほんと今日が最終回。
今からワクワク・ドキドキ。
あのBOSS役の天海さん、颯爽としていて、女性として憧れてしまうけど、私も竹野内&玉山ファンです。
そうそう、玉山君と言えば邦画「ハゲタカ」を見たのだけど、カリスマ性があって、とても魅力的で、ますますファンになりました。
題名は悪いけど、世界的な金融危機の現在にとてもタイムリーな作品でした。それに骨太の人間ドラマで、とても見応えありましたよっ!!
Posted by 紫の上 at 2009年06月25日 10:09
私も「刑事一代ー平塚八兵衛〜〜」を見ました。
渡辺謙さん、いつものイメージとは違う役どころでしたが、熱演でしたねっ!
実物とは背丈が20cmほど違うらしいですが、違和感なし。

あの時代に起こった「帝銀事件」はちょっと記憶薄だけど、「吉展ちゃん」事件は良く覚えています。犯人役の萩原聖人も凄い演技で、彼の演技力を見直したました。
平塚刑事、あの「三億円事件」にも関わっていたのですねぇ〜。初めて知りましが・・・。
そうそう、刑事の実物の夫人の着物姿に原田美枝子がそっくりだったと、あの当時、関わった産経新聞のOBが話したそうですよっ。
我が家は産経新聞を購読しているので、後日談として、読みました。

テレビドラマらしからぬ、見応え十分でしたねっ!!
Posted by 追加 at 2009年06月25日 10:27
きゃぁ〜、またまた失敗(^^;
↑のコメント者は追加でなく、私、紫の上です。
もっとも平塚八兵衛さんに興味を持ち、知っているのは私ぐらいかも・・・ですから、マダムでしたら、察しがつくかもですが・・・。笑。
Posted by 紫の上 at 2009年06月25日 10:33
すみません、しつこく。

>「愛読む」
昨日メトロのポスター見ました。私もこれがこちらでスルーされるはずもなかろうに・・・と思ってたんですが、7月公開だそうです。観に行きます。

>「BOSS」
完璧リアルタイムというわけではないんですが、楽しみに鑑賞しています♪

竹野内豊、かっこいいんだけどなんか微妙という時期がかなり続いた気がするんですが、いい感じに一皮むけましたねぇ。

玉山さん♪
これでファンになっちゃいました。あの哀愁ただよった目付き、泣きそうな顔、もうめちゃめちゃよいです!!!何回もその部分だけ見直してます。上で紫の上さんがおっしゃってる「ハゲタカ」、非常に気になります。今、ああいう雰囲気を漂わせることができる数少ない俳優さんですよね。まだお若いでしょうに。

あー、ここで玉山さんのことを話すことができてほんと、よかったです!
Posted by nouilles-sautees at 2009年06月25日 23:29
★紫の上さん
いつもボリュームあるコメント有難うございまっす♪(^^)
体調の方はもう大丈夫ですか? 大事になさって下さいね!!
お互いなかなか都会のミニシアター通いは出来なくなってきましたね(笑) まあTVでも色々楽しめますし。。
>「愛読む」 原作もですが、前半と後半とまったく様相が変わってくるので グイグイ引き込まれてしまいます。 相変わらず日本の変な宣伝の仕方には参りますが・・。
>「BOSS」
最終回も笑わせてくれましたね! 「24」ばりのドキドキ感から一気にずっこけるずっこける〜続編を匂わせるようなラストシーンまで、海外ドラマ意識しちゃってもう〜 「ハゲタカ」はNHKの土曜ドラマの時にチラチラ見ていたんですけど、映画版は玉山君だったんですね〜やっぱり見れば良かったかなぁ〜 彼は若いけどなかなかカリスマ性ありますよね〜DVD待ちしますわ。
>「刑事一代」
実話ベースに弱いもんで・・ついつい2夜連続観てしまいました。昭和後期に起きた事件はひとつひとつ、私達には忘れがたいですよね。 三億円事件はいまだ未解決なのだもの、八兵衛さんのせいじゃないですよね。 謙さん、あのズーズー弁で大熱演でしたよねぇ!説得力大でした。 そうですか!奥様は原田美枝子さんそっくりでしたか!妻の鏡のような方でしたよねぇ〜(感心)萩原聖人も頑張ってました。
Posted by マダムS at 2009年06月25日 23:45
★紫の上さん
追伸です(笑)
あの小泉君は産経新聞の記者だったのですね?そうでしたか〜
そうそう! BOSSに戻りますが、ほんと、天海さんが男前でめちゃめちゃカッコ良いですよね〜(爆) 理想の上司アンケートでNO.1に輝かれたとかで!! あんな上司だったら付いていきますどこまでも(笑)
 
Posted by マダムS at 2009年06月25日 23:56
★nouilles-sautees さん
むふふ♪再訪問有難うゴザイマス♪
そうでしたか!「愛読む」これから公開だったのですねん? 御覧になったら是非感想お聞かせ下さいませ〜
そうそう!竹野内君、いい具合に一皮むけてイイ感じですよね♪ 最近ちょっと出てなかったですが、ちょっと前にあの「人間の証明」のTVドラマ版リメイクでの刑事役がすんごく良かったんですよぉ〜 立ち姿が綺麗で好きです。
で、で、玉山君ですが! そーですかそーですか! やきそばさんも目をつけられていましたか!!(笑) 彼はドラマ「プリズナー」で出会ったんですが、そうそう!若いけどなんか哀愁ありますよね〜最近の若い子が持ってないような雰囲気が確かにあります。むふふ。。私もここでこんなに盛り上がれるとは!嬉しいです♪
Posted by マダムS at 2009年06月26日 00:06
おひさしぶりです、マダム。
最近観た作品では「レスラー」が、マダムとかぶってました!実はミッキー・ロークのファンというわけではなく、監督のダレン・アレノフスキーが好きだったんです。「π」、好きなんです。

「π」や「レクイエム・フォー・ドリームス」などとは、全く違うテーマだし、しかもミッキーということで興味津津、不安半分でしたが、最初のミッキーの背中のシーンから、エンディングのスプリングスティーンまで、完全にやられました。浪花節で泣けるんですけど、やっぱり違う何かがありました。

マリサ・トメイも、とっても素敵でした。なにより、プロレスラーのみなさまが、すごく魅力的に描かれていて、プロレスの本質が少しわかったような気持になりました。

アレノフスキーには、ソダーバークのように、ハリウッドにあって、ハリウッドに飲み込まれない監督に育ってほしいですね。
Posted by けんけん125 at 2009年06月27日 23:58
★けんけん125さん
おひさしぶりでゴザイマス♪
お元気でいらっしゃいましたか?
おお!「レスラー」御覧になりましたか^^
「レクイエム〜」は観れてないのですが、「π」は随分前に観た事思い出しましたよ。面白かったですよねぇ。。 あと、「ファウンテン」。。 いつも哲学的なテーマを持った作品が多い監督が「えっプロレス!?」って感じでしたけど、面白かったですよねぇ〜 この監督作品でなければ完全にスルーしていたはずなんですが、やっぱり観て良かったです。
そうそう! 浪花節なんですよね(笑)でも泣ける・・。無理やり催涙させるよな音楽流さないのがいいですよね〜。
マリサ・トメイもまったく良かった!! プロレスの裏側も非常におもろかったですよね^^ショウ(見世物)なんだろうなとは思ってましたけど、あそこまで手順が決まってるとは!対戦相手と戦いに使うグッズ買いに行ったりとか、仕込んだカミソリの刃の使われ方とか笑いました。
 >アレノフスキーには、ソダーバークのように
同感です!ハリウッドも近年変わりつつあるようですから期待致しましょう♪
Posted by マダムS at 2009年06月28日 09:12
「愛を読むひと」を見てきました。
マダムがおっしゃるとおり、やりきれないお話でした。
>戦争中に起こった事は個人では償いきれないでしょう?
私もそう思いました。彼女はあの秘密故に職業が制限されてしまい、看守についたのだと思うけど、それで、裁かれては、やりきれないですよね?ただ彼女は職務に忠実だったのだと思うし。
スケープゴートにされた感じ。

ケイト、頑張っていて、生真面目なドイツ女性を演じていたけど、レイフにしても、ケイトにしてもやっぱりイギリス人に見えてしまって・・・。
せっかく、監督がドイツロケにこだわったのだから、ドイツ人俳優に演じてもらい、ドイツ語が良かったと思いましたが、世界展開するには、英語なのかしらねぇ〜?

あ、「ワルキューレ」のトム君は違和感なし。笑。
Posted by 紫の上 at 2009年06月29日 23:36
またまた追記。

私も同じく玉山君を認知したのは「プリズナー」でした。
で、その後にNHKの「天地人」に上杉謙信の養子として、当代一の美男子役でしたが、あの「プリズナー」の時のちょっと野生的な彼と時代劇の美男子では全然つながらずに、「なんてハンサムな人だろう」と思っていました。
で「ハゲタカ」を見て、やっと分かった次第です。う〜ん、役者さんて、役によってすっかり変わりますよね?
まったく、騙されたというか?私がトロイというか、でも、これもまた楽し・・・です。
WOWOW独自のドラマ、結構面白いのをやりますね?
最近では「空飛ぶタイヤ」でした。
車のリコール隠しを題材にしていたけど、面白かったです。マダムはご覧になりましたか?
Posted by 紫の上 at 2009年06月29日 23:46
★紫の上さん
おお!「愛読む」御覧になりましたね!!
 >スケープゴートにされた感じ
正にその通りでしたね! ハンナは正直で実直。その上にあのコンプレックスを抱えていたから、仲間だったはずの他の女性の看守たちに攻撃の的にされてしまったんですね そのあたりを含めて、原作には教会での火災の場面などもうちょっと生生しく書かれていたのですが、お読みになっていらっしゃいますか?もしまだのようでしたら原作本回しますが・・。
それから、そうそう!私もこの作品に関してはやっぱりなーんとなく英語でイギリス俳優というのに違和感感じてしまいました。せっかく10代の俳優はドイツ人だったのにね。。うーむ、難しい問題ですね、言語をどうするか。。
Posted by マダムS at 2009年06月30日 13:51
★紫の上さん 追記です(笑)
>玉山くん! 上に写真入れておきました(笑)
おお〜「プリズナー」も御覧になっていらっしゃいました!?むふふ。あれは途中で止められない面白さがありましたよね〜 
大河ドラマも観てますとも! 時代劇も似合ってましたねー!でもあっという間にいなくなってしまって残念!今は小栗旬くんの石田三成が目の保養〜(爆)
「空飛ぶタイヤ」も観てましたとも! あれは実話が元になっているから尚更夢中で観てしまいましたよっ! あの仲村トオルの社長は立派でしたねっ!

うふふ。。TVドラマの話に付き合って下さってありがとうございました!! 楽しかったですぅ〜♪
Posted by マダムS at 2009年06月30日 14:03
玉山ピーポー、かわい〜!!!!
ありがとうございます!!!

ああ・・・やっぱりいいですね、玉山様。

私が「BOSS」でキャーッとなったのは、高校生との対決のエピソードで、「おばさん」呼ばわりされたボスをカバーすべく、花形が「シワさいこーっ」と手を挙げたときに、ひっそりと一緒に手を挙げていた玉山様。なんともおちゃめで素敵でした♪

すんません、完全ミーハーの世界ですわ。

今、ようやく第8話を見ることができました♪
Posted by nouilles-sautees at 2009年06月30日 22:15
>マダムSさん
「愛読む」原作はまだ読んでいません〜。
うわぁ〜、お貸し頂けますか?嬉しいです♪
是非・・・。原作と映画のラストが違うと聞いたので、どちらが納得するか?など検証したいです。
あ、あの10代の俳優さんはすぐにドイツ人だと思えました。やっぱり違うのですよ。お国柄が出てしまいます。あのサッカーのWCを見るとよく分かりますよね?人種の違いが・・・。(良い意味で)いやはや、まだ拘っています(^^;

玉山君、陰のある役が上手いですが、ご紹介の写真のようなお姿もなかなか似合ってグーですねっ!
で、で、やっぱり「天地人」も「空飛ぶタイヤ」もご覧になっていましたか。
うふふ、小栗旬君の石田三成ですか。彼、なかなか個性的ですよね?美形だし。私も目の保養しています。あ、後、真田幸村役の彼にも・・・。
最近、日本の若い俳優さん、魅力的な人達が結構多いですね?
いやぁ〜、私もTVドラマのお話が思わず出来て、嬉しかったです♪
そうそう、最後に「BOSS」の最終回の視聴率は20%超していて、「天地人」を越えて4番目でした。頑張っていましたね。次回もありそうですよね?

>nouilles-sauteesさん
是非、機会があったら、「ハゲタカ」ご覧になってみて下さいねぇ〜。
Posted by 紫の上 at 2009年07月01日 20:11
★nouilles-sautees さん
写真観て下さってありがとうゴザイマス♪
むふふぅ〜♪ わたくしも完全ミーハーの世界ですぅ〜 8話あたりでしたか・・9話かな?巨大パフェ食べてる玉山様も可愛かったです(^^)
わたくし、放送始まって暫くは観ていなくって・・途中から(山田孝之の出たあたりから)の視聴者でございます。途中抜かしたりもしてますが。。
うひょひょ、ヤキソバさんは全話制覇の勢いでしょうか!? 
毎回のゲスト出演者(犯人役)も魅力的ですよねん〜 11話と最終話は2話連続ソリマチ編ですので、お見逃しなく(笑)
Posted by マダムS at 2009年07月02日 20:59
★紫の上さん
ハイ! 原作本の件、了解しました♪ しばし、お待ち下さいませ! 愛の物語としての結末は本と同じなんですが、映画の方がもうちょっと救いを残したって感じでしょうか。。少年〜青年役の子はゲルマン民族にしては顔つきはムーミンみたいで(爆)優しい感じですけどね。。やっぱりレイフがどうしてもイギリス人ですね^^
サッカーはそうですか?お国柄出ますやっぱり?
最近ちょっと離れてまして・・(^^;)
「天地人」の真田役は日本人離れしたお顔の子ですねぇ〜ハンサムですが、ちょっと私の好みではないかな(笑) 「BOSS」視聴率良かったみたいで、続編も出来そうですね 楽しみです。
こちらこそお話出来て楽しかったでーす!
今度はドラマの記事も書こうかな(爆)
Posted by マダムS at 2009年07月02日 21:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121454315

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。