2006年02月16日

『クラッシュ』

crash.jpg珍しく予告編(トレーラー)が良く出来ていた!
そこから想像するものを良い意味で裏切ってくれたシーンもありの、素晴らしい作品でした!

アメリカ/ロサンゼルス・・あらゆる人種のるつぼ・・
ハイウェイで起こった一件の自動車事故が引き起こす 思いもよらない”衝突”の連鎖反応・・
昔よりは外国人が増えてきたとは言え、日本のようにほとんどが単一民族が暮らしている国と違い、他民族同士の小さな衝突(クラッシュ)が絶えない町・・不信感が大きな誤解を産み、不安がより一層人を追い詰める・・。

「ミリオンダラー・ベビー」のポール・ハギス監督が描いたものは? 
ラストに流す暖かい涙・・というキャッチフレーズは本物でした・・。

(原題:Crash)
2005年/アメリカ
第78回アカデミー主要6部門ノミネート
(作品、監督、脚本、編集、助演男優、主題歌)
監督:ポール・ハギス
出演:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジト/ウィリアム・フィットナー /ブレンダン・フレイザー
公式サイト

crashdon.jpgcrash2.jpg

豪華なキャスト陣がまず嬉しいですよね〜
群像劇なのでそれぞれの出番は少ないのに、それぞれが深く余韻を残す演技を披露してくれていて相当贅沢な作品です。 
加えて、一つ一つのシーンにまったく無駄がない!
複雑に絡み合って最後に収束する見事な脚本が素晴らしいです。

アラブ人と間違われ、小さな雑貨店をめちゃくちゃに襲撃されるペルシャ人家族。
メキシコ人!と呼ばれ 私は違うと反論する女刑事。
強い人種差別主義者である熟年警官の普段の仕事ぶりと、ある出来事とのギャップ・・
正義感あふれる若い警官が陥る不安感が引き起こす出来事。
検事の妻で一見恵まれた立場にありながら、孤独感からヒステリー症状になる女。

人種偏見からくる不信感や不安に加えて、弱い人間同士がどれもちょっとした行き違いや、気持ちのすれ違いから思いもよらぬ行動を起こしてしまう・・
しかしまた、それを立て直そうとする力も人間は持っている。
ちょっとした思いやり・・そして「愛しているよ」という言葉かけ・・
私たちの中に潜んでいるあらゆる偏見・・
そんな気持ちをちょっと変えてみようかという勇気。
最後にロスアンゼルスに降る雪が奇跡をもたらす・・
世界中がこんな「愛」に気が付けば・・と願わずにはいられない。


「こぶしをつくったままで、握手はできない」
      ゴルダ・メイア(イスラエル元首相)

「ミュンヘン」のレビューに追記として紹介しましたこの名言。
気に入ってしまったので、またまた掲載!!



posted by マダムS at 10:56| Comment(48) | TrackBack(64) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカの根強い人種差別を扱った映画でしたね。いくらお金持ちでも、アジア系の人は上流社交界には入れないと、聞いています。
根は悪い人たちではないのに、他人を傷つけてしまう。とてもいい映画でしたが、やりきれない気持ちも強かったです。外見でなく、心を知ろうとする気持ちが大事だと思いました。
Posted by MACHI at 2006年02月17日 09:16
こんにちは!
もう一度見たい!・・・という気持ちを抑えきれずに2回目を見てきてしまいました。^_^;
人は言葉を超えて分かり合えるもの…と個人的には信じておりますが、結局そこまで達するには言葉の洪水の中で、揉まれ悩み苦しみ励まし励まされ喜びに満たされていないと、無理だとも思うのです。
言語の違い、習慣の違い、血の違い、それらからのしがらみを作っているのは他ならない自分達なんですよね。この作品がなぜか温かさに溢れ涙を流せるに至るのは、自分でそのしがらみを乗り越えていく様が人の心を動かすのだと思います。
あ〜、すみません、自分のところで語るべきでした(-_-;)。レビューかきます。ちょっとあふれ出しかけてますわ・・・<(_ _)>
Posted by charlotte at 2006年02月17日 16:27
マダムSさま
こんにちわ。TB&コメントありがとうございました。本当に素敵な映画でしたねー。何度でも繰り返して見たいですよ。
>「こぶしをつくったままで、握手はできない」
この言葉、とてもいいですね!シンプルだけれども真実をついていて深みのある言葉だと思いました。この作品を見てから、「私自身も、もう少し優しくなろう」と素直に感じましたよ。本当に、いい映画ですねーーー。
Posted by 隣の評論家 at 2006年02月17日 19:31
マダム!やっと入れたというか...今頃まだ起きてる...もうとっくに寝てますわよね??
良かったですわよねこの映画。なんかもう一度ストーリーと配役をゆくりと追いながら観たくなりましたわ。
Posted by margot2005 at 2006年02月18日 01:28
&#63726; MACHIさん
いい作品でしたよね〜ほんとうに後からしみじみ思います。
偏見に満ちた残酷な言葉を聞く度にドキドキしてしまいますよね・・肌の色だけではなく、9・11後の強い影響も感じられたりして・・
まったくおっしゃるとおり、心を知ろうとする努力が必要だと感じました。

&#63726; charlotte さん
わぁ〜!すでに2回目ご覧になったとは!!
私も行こうかなぁ・・・charlotte さんの溢れるような思い♪♪ しかと受け止めましたですよっ(^^)v
相手の気持ちを理解するってとても難しい事ですよね、つくづく思います。まして、人種や宗教が違う場合益々その道のりは遠いっていうか・・2回目の感想も伺いに参りますね♪

&#63726; 隣の評論家さん
自分の生き方をちょっと振り返ってみたくなる作品って大きいですよねぇ! この作品の影響力が最初は小さな波でも段々うねりを増して、世界中に届きますように!なんて思っちゃいましたです。
「こぶし」をほどいて・・お互いにちょっと歩みよる事の大切さ・・痛感しますよね(日々反省;)

&#63726; margot2005 さん
うぇ〜ん・・昨日はこのブログもうだめになるんじゃないかと思いましたよ・・涙。
朝起きてつけたらウィ〜ン・・元に戻っていたのでほっとしました。ご心配おかけしましたぁ。
なんだかもう一度観たいですよねこのえいが。
Posted by マダムS at 2006年02月18日 06:22
ふぅー・・・、やっとこさ入れました!!
今回のメンテは長かったですね。
明日もあるのですか??
今の内にカキカキしておきまーーす。

でで、映画ですけれど、、
いやーーん、すっごく好きな映画です!!
ワタシももう一度観たい・・・・・
人種差別をベースにさまざまな人々が繋がり
愛と哀しみと思いやりと描いていましたね。
どのシーンも一つ一つが印象的だけれど
鍵屋さんと少女のあのシーンが一番ぐっと来ました。
予告編で勝手に想像したのと違って良かったでした。ホッ
Posted by Puff at 2006年02月18日 19:55
&#63726; Puffさん
ひゃ〜Puffさんにもご迷惑おかけしてしまったんですね〜? ごめんなさいね〜 ブログ屋さ〜んお願いしますよーっ(無料で借りてるのに文句も言えないけど・・)
いや〜ん私も凄く好きな映画になりました!!
細かい所、かなり見逃しているような気がするので、やっぱりもう一回観に行こうかと思ってますのよ・・。そうそう!予告では「てっきり」そう思いましたよね!?ほっとしました。
Posted by マダムS at 2006年02月18日 22:35
こんばんは。マダムのレビューを読んで、また「煽られて」行ってきました。(爆)
記事は、まだです。難しいです。これ。
でも、観に行ってよかったです。
Posted by あかん隊 at 2006年02月19日 01:15
メンテナンスでいろいろ大変だったみたいですね。オツカレサマデス!

今から思えば、予告編はニクイ演出でしたよね。あの女の子のマントの話が出てきたところから、この子はパパをかばって…いやあ〜と思っていたら。いい意味の裏切りをうけました。
Posted by chatelaine at 2006年02月19日 07:20
&#63726; あかん隊さん
ひゃ〜煽られて下さってありがとう!(笑)
これはやっぱり人にもおすすめしたいです!!
感想楽しみにしておりますね♪

&#63726; chatelaine さん
同じ時間に書き込みしてたみたい・・先ほどそちらにもお邪魔してきました^^今朝はまだダメかと思ったら大丈夫そうで・・ご心配ありがとう
TB&コメントもありがとう♪
まったくその話にはドキドキさせられましたね(苦笑)
最近の予告編はもう本編見なくても全部解っちゃう位多くを語りすぎの傾向があったので、これはそれを逆手にとった”ニクイ”演出でしたよね(^^;)
Posted by マダムS at 2006年02月19日 07:45
マダムSさん、お久しぶりです。この作品、久々に骨太の見応えのある群像劇でしたね。ポール・ハギスただものじゃーないですね。アカデミー賞の行方と共に彼の次の作品も楽しみです。Tb失礼します。
Posted by あん at 2006年02月19日 09:18
&#63726; あんさん
お久しぶりです♪ TB&コメントありがとう!!
そうですね〜ポール・ハギス!!
アカデミー賞が楽しみですが、脚本賞あたり行くような気がします♪
Posted by マダムS at 2006年02月19日 22:36
様々な人の様々な状況で様々な怒り・哀しみ・感動・憂い・様々な感情が盛り込まれた作品でした。
みなさんと同じようにあの女の子のシーンは、もう...でしたね。更にナニカあるのではと考えすぎてしまいましたが、あれはあれで納得。“赤い箱”ですね。(^_^)
マット・ディロン演じる警官が“あなただけは嫌!”と言われてハッとなるシーンがイイですね。人が自分の行いによって相手を傷つけていると気づくのは、こういった緊急の事態の時だけなんでしょうか?
逆に、ドン・チードル演じる警官がかわいそうでねぇ。
Posted by アンパンまん at 2006年02月19日 23:50
&#63726; アンパンまんさん
 >様々な感情が盛り込まれた作品
そのとおりでしたね〜〜
皆さんの感想を伺う度にもう一度観たいという気持ちがムクムクと湧き上がってます(笑)
赤い箱はわかってて買ったんでしょうかね?それとも偶然買ったんでした?それが確認したい・・
マット警官の最初の行為は許しがたいものですが、フクザツな感情の裏返しなんでしょかね?
ドン・チードル・・可哀相でしたほんと。
Posted by マダムS at 2006年02月20日 07:12
>こぶしをつくったままで、握手はできない
素敵な言葉ですね。
人間同士も国同士も全てにおいて当てはまりますね。
でも手を広げるだけでいいのにそれが出来ない時もありますよね・・・手を広げるだけなのに。

なんか「愛してるよ」っていいですよね。
もうそれで十分です!
こんなに何日もじわ〜んってする映画久しぶりです!
Posted by ななな at 2006年02月20日 21:50
&#63726; なななさん
TB&コメント有難う♪
そうなんです〜この言葉、「ミュンヘン」にもこれにもぴったり来ると思いませんか(^^)b私すっかり気に入ってしまいました。
でも実は簡単そうに見えて、実に難しいことなのかもしれませんよねぇ・・
「愛してる」って照れくさいけど、ちょっと言ってみようか・・という気にさせる映画でしたね。
Posted by マダムS at 2006年02月20日 23:16
全くもって素晴らしかったです!
最初は、かなり凹みましたけど・・・(^^;
中盤からはハラハラもしたし、涙も溢れさせて頂きました。(・・。
今のところ、この作品が今年一番かな☆^^

>こぶしをつくったままで握手はできない
本当に素晴らしい言葉ですね。
ただゴルダ・メイヤ元首相も、こぶしを握ったまま、振り返してしまった命を出した方でもあるだけに、人間の裏表を見事に見せてくれたこの『クラッシュ』にも通じるものがありますよね〜。
素晴らしい格言を実行するのは、やはりかなり難しいことなのでしょうか。
人種としても、家族の中でも、存在が曖昧になって苦しんでいくドン・チードルの哀しみの表情も忘れられませんね〜。

それと、スイマセンマダム、↑の感想の中で、『クラッシュ』の監督がサム・メンデスになっておりますので・・・老婆心ながら・・・(^^;

Posted by ラクサナ at 2006年02月22日 01:37
こんにちは。

豪華俳優陣の共演だけでなく、内容も素晴らしい映画でしたね〜。
衝突しあいながらも、お互い触れ合いたいと思ってるって素晴らしいメッセージですよねぇ。
多くの人に観て欲しい映画ですね〜。
Posted by toe at 2006年02月22日 02:00
&#63726; ラクサナさん
今年一番ですか!? いやいやまったくその通りかもしれませんね〜 オスカーノミネートに相応しい作品だと思いました。
そうそう・・ゴルダメイヤの名言・・実行する事が如何に難しいかも物語っていますよね〜〜
ドン・チードル、ここでも素晴らしかったですよね。
きゃっ!!ほんとだ!!間違ってるぅぅ〜恥。
教えてくださってありがとうございますっ!
早速直しておきました。 最近ヘヴィな映画のヘヴィな感想が続いたので頭が煮詰まっていたのかも(汗;)

&#63726; toeさん
こんにちは! 
本当に素晴らしい映画でしたね〜
多くの衝突を繰り返し、人間は学ぶ事が出来るのでしょうか? 最後は期待を抱かせる余韻を残していましたね・・おっしゃるとおり、多くの人に見てもらいたいですね(^^)/
Posted by マダムS at 2006年02月22日 09:10
マダムSさん、こんばんはぁ。
TB&コメントありがとうですぅ!ルンッ
本作は…メチャメチャよかったっす。この手の
映画って大好きな部類なので、ツボにズボズボ
入ってきたのです。ハイ
見逃すところでしたが…はははぁ

「バトン」の件は、こちらがキチンとチェックして
いなかったのがいけませんでした…
本当にスミマセンでしたm(__)m(__)m(__)m

次回のとき(あるのかなぁ?)には、事前チェク
をしっかりしてお願いしますねぇ。

ではでは、またおじゃまさせてもらいまぁ〜す♪
Posted by purple in sato at 2006年02月23日 00:15
&#63726; purple in sato さん
途中からグイグイと引き込まれて、終わった後から深い余韻を残す映画でしたよね〜〜もう一度観たいと思ってます。
いえいえ・・バトンの件は気になさらないで下さい。ただお気づきの事とは思いますが、申し訳ないのですが私の所で止めてしまうので・・回して下さっても「お役に立てないでごめんなさい状態」です。お許しを。

Posted by マダムS at 2006年02月23日 08:26
はじめまして。megと申します。どうぞよろしくお願いします。
おっしゃるように、テーマ性の高さと無駄のない脚本の良い作品でしたね。ララのシーンに心洗われました。ミリオンダラーはダメだったのですが、これはじんわりしました。
ところで、毎日2〜3本DVD鑑賞されているのですか?なんとも羨ましいですー。私は今、レンタルにもあまりないような作品を観たい病にかかっています。笑 では、また伺いますね。
Posted by meg at 2006年02月23日 17:57
こんばんは。
私も見てきましたよ〜!
見始めてから、どうなっちゃんだろう?と思ったけど、どんどん画面に引き込まれて、
見終わって、心がじーんとして、見て良かったと思える作品でした。
脚本が素晴らしいですねっ♪
有名な俳優さん達が、キャラが安くても、出演したい気持ちがわかります。
また、それぞれの持ち場をしっかり固めていましたよねぇ〜。
色々な人種がいるロスでの、人種差別などからくる、不安や無理解のクラッシュは、
単一民族の日本では考えられないですよね?
でも希望が見える終わり方にほっとしました。
Posted by 紫の上 at 2006年02月23日 21:10
&#63726; megさん 初めまして♪ようこそ!!
良い作品でしたよね本当に・・・ 「ミリオン〜」ちょっと辛かったですものね。最後にやはり希望が見えるものの方が私も好きですよ^^
いえいえ・・さすがに毎日DVD2〜3本なんて観ていたら、他の事何も出来ませんよぉ〜笑 最近目も疲れるので、あまりピッチは上がりません・・ちなみに先月は劇場+おうちで22本でした ↓http://kazetomoclub.seesaa.net/article/11695987.html
レンタルにも無いような作品ですか!?わぁ〜マニアックなんですね?今度教えて下さいね?

&#63726; 紫の上さん
そうですよね・・一人ひとりの出演時間は少ないからギャラも少ない?(笑) それでも良い作品に出たいという俳優さんの心意気が感じられますよね〜〜
外見は似たもの同士の民族が、いがみあったりする(お互いに間違われる事を嫌う)世界なんて悲しいですよね・・アジア人である日本人の中にもどこかにそういう意識が無いでもない?悲しいことです。でも本当に希望の見える終わり方で良かったよね^^
Posted by マダムS at 2006年02月23日 23:55
マダムSさん こんにちわ。
昨日はお越しいただいて有難うございました^^22本リスト拝見しましたぁーそれでも凄い!そんなにご覧になってるんですねー。私なんて、買ったものさえ観ていない状態です(汗)
全然、マニアックじゃないんですよ。マダムさんならもうご覧になってるかもしれませんが、ヴェラ・ヒティロヴァーの「ひなぎく」や、ビクトワール・ティビゾルの「ポネット」などなどレンタルにはじかれそうなのが無性に観たくなって購入を迷っています。良い作品があったら教えてくださいね♪
Posted by meg at 2006年02月24日 16:22
&#63726; megさん
お早うございます♪
『ひなぎく』
http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/ve_ks00000001.zhtml?pdid=10016575&srkbn=R
『ポネット』
http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/ve_ks00000001.zhtml?pdid=10001695&srkbn=R
両方ともツタヤさんではレンタルしているようですよ〜♪
「ポネット」は以前から気になりつつまだ未見作品です〜可愛いですよね〜女の子!!「ひなぎく」はチェコの映画なんですね?全然知りませんでしたよ〜面白いのかしらん^^
これからも情報交換しましょうね(^^)/

Posted by マダムS at 2006年02月25日 07:58
ぼんじゅー。
すばらしいアンサンブルでしたね。
見ごたえ満点。温かな感動に包まれました。
群像劇ってば、大好きですー。
私が映画館通いを加速させるきっかけになったのは、カエル降る「マグノリア」だったりします。
かえるは降らなくとも、雪と天使の舞うLAの空にジーン。

「ひなぎく」は大好きですー。
フランス映画祭「恋は足手まとい」GETできず・・
Posted by かえる at 2006年02月26日 10:06
&#63726; かえるさん
ぼんじゅ〜♪ サバビアン?
いや〜ほんと、見事な群像劇でしたよね(^^)v
ひゃは・・カエル君のラストシーンには参りましたが私もあの『マグノリア』大好きです♪ J.ムーアもF.C.ホフマンもあれから出世しましたよねぇ(感慨)
LAに雪ってのが奇跡を思わせつつロマンティックでしたよねぇ〜お気に入り作品入り果たしました。
お?さすがかえるさん!「ひなぎく」ご存知でしたか?探してみようかなぁレンタル屋。
ごめん「恋は足手まとい」GETしました♪
Posted by マダムS at 2006年02月26日 10:19
「こぶしをつくったままで、握手はできない」
素晴らしい言葉ですね。ミュンヘンで首相が言っていたのですか。聞き逃して。か、忘れてました。この映画はひとつひとつ宝石のようなエピソードが細いくさりでつながれて最後大きな感動を与えてくれました。大好き!!
Posted by Cartouche at 2006年02月26日 14:21
&#63726; Cartouche さん
こちらにもTB&コメントありがとう♪
本当に宝石のような映画でしたね〜たぶん今年のマイベスト10に入ると思います!!
「こぶし〜」の言葉ですが、ミュンヘンのテロ事件当時のイスラエルの元首相=ゴルダ・メイア氏の沢山ある名言の一つだそうで、
「世界の名言・癒しの言葉・ジョーク」というサイトで見つけたものです↓
http://becom-net.com/wise/goruda.meia.shtml
映画の中で言ったのではないんですよ〜ごめんなさいね紛らわしい書き方をしてしまいました。
懲りずにまたお付き合い下さいませね(^^)v
Posted by マダムS at 2006年02月26日 19:09
こんばんは! TBとコメントをありがとうございました。あまりに衝撃的だったので、一時落ち込みました。とても良くできた脚本と展開の巧みさに感心しました。でも、辛かった…。
Posted by あかん隊 at 2006年02月27日 23:17
&#63726; あかん隊さん
辛かったですよね・・私もちょっとショックでした。
最近のアメリカの映画やTVドラマなどでの「人種差別などまったくないわよ〜」的な描かれ方はあれは建前だったんか!!!というショックです(笑;)
Posted by マダムS at 2006年02月28日 07:59
こんにちは!
いくつもあるエピソードが絡み合ってラストにうまく収束していく脚本、そしてそれを演じたキャスト達がみな素晴らしかったです(^^♪
時間が取れれば、私ももう1度観たいなーと思っています。
それと、ドン・チードルは『ER\』で、難病を抱えた研修医役を演じていました。
彼は苦悩している表情が、似合います(苦笑)
Posted by honu at 2006年03月01日 06:48
&#63726; honuさん
コメントありがとうございます♪
脚本、演出、キャストとどれも素晴らしかったですよねぇ・・
そうでしたか〜 ドン・チードルが「ER」に出ていたなんてちっとも知りませんでした。
その時も苦悩してたわけですね?(笑)
私はニコラス・ケイジの「天使のくれた時間」での天使役が印象に残っているかしら^^
これからもまたどうぞよろしく♪
Posted by マダムS at 2006年03月01日 20:40
また今頃みました。オスカーにあわせてタイムリーでした。
編集賞・脚本賞はおおー納得納得とうなずいておりましたが
まさか作品賞までもとは! うれしいびっくりでした。
Posted by M. at 2006年03月06日 18:55
&#63726; M.さん
いや、ほんとびっくりしました!
でも、自分が観て良かったと思える作品が受賞するのは、嬉しいですね♪
記事も書きましたのでどうぞよろしく・・
Posted by マダムS at 2006年03月06日 20:09
マダムSさん、こんばんは!
本当にいい意味で、トレーラー裏切ってくれましたよね。
実はあのシーンを見たから、見に行くのをためらっていたのですが、受賞翌日レディースデー、大入り満員ながら見に行ってよかったです。

荒削りな部分はありますが、言いたいことはわかったような気がします。ちょっと映画では手荒でしたが、いい意味でのクラッシュは必要ですね。
Posted by リーチェン at 2006年03月08日 20:14
&#63726; リーチェンさん
お早うございます! トラコメありがとう♪
予告編でのあのシーンで辛過ぎると思われたのですね?
皆さん同じ気持ちですよね〜
私も昨日また2回目観に行ったんですが、地元の映画館は夕方の回で大入り満員で立ち見もありました。
確かに手荒な表現もありましたが、人間って痛い思いしないと解らないってことありますものね。 2度とも同じシーンで涙してしまいました。
Posted by マダムS at 2006年03月09日 09:59
こんばんは♪
Sさん二度ご覧になったんですね
私も時間があればもう一度みたいものです。
まあDVD買いで!!

それにしても、一人一人出演時間が少ないけれど、
みんないい演技でそれぞれのキャラを
しっかりと見せてくれた気がします。
その上でそれぞれの問題を浮き彫りにしてくれて
人と人はそれぞれどこかで繋がっている
あの刑事と黒人妻のエピソードは、特に感じさせられました。
悪い事は出来ないって事よね。
そして、若い刑事の出来事だけは切なかったですわ。
Posted by 更紗♪ at 2006年03月10日 21:29
&#63726; 更紗♪さん
おはようございま〜す! 
そうなの〜2回も観てしまいました・・1回目で見落としていたところとか確認出来ましたし、同じところで涙があふれたり心震えたりでこの作品の良さも再認識しました。
アンド授賞式をもう一度見直して・・さらに感激と・・ヒマですね私(笑)
R・フィリップはやはり切なかったですね・・人間の弱さは誰しも持ってますから。
トラコメありがとう!そちらも伺いますね^^
Posted by マダムS at 2006年03月11日 08:44
いつもTB&コメントありがとうゴザイマス♪
本当にポール・ハギスの脚本には関心します。
ロジカルで繊細で奥が深い脚本を書くその頭脳に脱帽です。
「ミュンヘン」「ホテル・ルワンダ」「クラッシュ」と民族問題を扱った作品を立て続けに観てるので、民族問題には少し敏感になりました。
映画から学ぶことも多いと改めて感じる今日この頃です。


Posted by エミ at 2006年03月12日 02:26
&#63726; エミさん
こちらこそいつもTBありがとう♪
ポールはTVドラマの脚本でもすでにその才能は周知されたいたんだそうですね〜 自身の経験などからインスピレーションを得てこの話を書きはじめたそうですが、台詞ひとつとってもその人間に対する洞察力の深さに感心します。
 >映画から学ぶことも多い
ワタクシは最近 す・べ・て映画からです(笑)
Posted by マダムS at 2006年03月12日 08:44
「こぶしを作ったままで握手はできない」、素晴らしい言葉をありがとうございます。一度では把握しきれない映画です。もう一度みてきます。
 肌の色や、性別や職業の違いや、宗教の違いがあっても、それでも共に生きていく方法は、やっぱり違いを認めて握手していくことですね。
Posted by ビンゴ at 2006年03月29日 18:57
&#63726; ビンゴさん
TB&コメント有難うございます♪
私も2回観に行きましたが、一回目で気づかなかった細かい点などわかって良かったと思っています。是非終わらないうちにもう一回ご覧になってみて下さいね^^
 >違いを認めて握手
本当にその通りだと気づかせてくれる作品でしたね^^
Posted by マダムS at 2006年03月29日 19:41
TBさせていただきました。「こぶしを・・・」は名言ですね、メモしとこうと思いました。
単なる人種差別映画ではない、もっと人間の本質とか根底に流れてるものを感じた作品です。
Posted by カオリ at 2006年04月21日 23:56
&#63726; カオリさん
トラコメ有難うございます♪
偉人が残した名言がぴったりくる場面に出くわすと嬉しくなりますよね^^この言葉もきっとまったく違ったシチュエーションで考えられたとは思いますが、妙にこの作品にもあっているなと思えて・・笑
おっしゃるとおり、色んな事を考えさせられる作品でしたね。
Posted by マダムS at 2006年04月22日 07:27
こんにちは、jamsession123goです。
遅ればせながら、jamsession123goもようやく観ました。
良くも悪くもアメリカ社会の問題点をえぐり出して、さらし者にしてる点で、アメリカン・ビューティを観終わったときと幾分にた感じがしました。
この手の映画は、結構、日本から観て、わかりづらいところもありますが、じんと心に迫ってくる名作ですね。
Posted by jamsession123go at 2006年05月27日 14:37
&#63726;jamsession123go さん
こんにちは〜♪
おお、どこか劇場でご覧になったのでしょうか?
最初は随分小規模な扱いだったこの作品が、アカデミー賞をとったとたんににわかに脚光を浴び、全国拡大公開になったこと・・ついこの間のようですが・・いまだ上映が続いているんですね〜
アメリカの映画を見るといつも不思議な気がするんですよね〜 色々問題も起こす国だけれどもそれをちゃんと己で批判する勇気も持ち合わせているんだなーと。 「アメビュー」も辛辣でしたよね・・
DVDになったらもう一度観たいです。
古い記事にトラコメ感謝です!♪
Posted by マダムS at 2006年05月27日 16:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

クラッシュ
Excerpt: 第78回 アカデミー賞   作品賞  監督賞(ポール・ハギス)  助演男優賞(マット・ディロン)  脚本賞(ボビー・モレスコ、ポール・ハギス)  編集賞(ヒューズ・ウィンボーン)  主題歌賞(“In ..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2006-02-17 02:05

クラッシュ
Excerpt: 冬のクリスマスが近づいたロサンゼルス。ロス市警の黒人刑事グラハムと同僚で恋人のリアは交通事故に巻き込まれます。グラハムは、その事故現場の脇で発見された若者の死体の捜査現場を目にします。そこから、時は3..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-02-17 09:08

2006年の春は、まずドン・チードルを知ることから始まる。
Excerpt:  『オーシャンズ11』や『オーシャンズ12』にも、そういえば出てたかなといった程度の印象だった、ドン・チードル。ブラッド・ピットに、ジョージ・クルーニーに、それからそれから……という豪華キャスト陣の中..
Weblog: 海から始まる!?
Tracked: 2006-02-17 09:58

クラッシュ
Excerpt: 連鎖する衝突。そこから繋がっていく人の運命。 ロサンゼルスは孤独な街。人種によって居住区が分かれているこの街で、偶然の事故が人種を絡ませる。そして差別偏見を浮き彫りにさせる。 監督はミリオンダラーベ..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2006-02-17 16:17

クラッシュ
Excerpt: 「クラッシュ」CRASH / 製作:2005年、アメリカ 112分 PG-12指
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-02-17 19:16

「クラッシュ」
Excerpt: 「Crash」2004 USA/ドイツ 時はクリスマス・シーズン、人種のるつぼアメリカ、LAを舞台に二日間の出来事を描いた群像ドラマ。隠れ??ブレンダン、ファンなので、この映画は楽しみにしていた。ま..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2006-02-18 01:25

ポール・ハギス監督 『クラッシュ / CRASH』 ☆今年10本目☆
Excerpt: 『クラッシュ』公式サイト:http://www.crash-movie.jp/原題:CRASH製作:2004年アメリカ監督:ポール・ハギス出演:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2006-02-18 08:10

「クラッシュ」
Excerpt: 公式サイト AMC、公開5日目初回です。 レディース・デイということで、この手の映画としては人が入ってました。 で、上映5分間位、幕が完全に引かれていなくスクリーンの両端に少し??
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-02-18 19:49

14 クラッシュ
Excerpt: アカデミーの前にはほんとは、作品賞はみておきたいです。なかなか日本ではそれができずに残念。 なので、これはがんばってみなくちゃと、行ってきました。ほぼ満席。すごいです。 「ミリオンダラーベイビ..
Weblog: 毎週水曜日にMOVIE!
Tracked: 2006-02-19 00:46

『クラッシュ』レビュー/天使の街で
Excerpt: 今年のアカデミー作品賞にノミネートされている『クラッシュ』を観てきた。 クラッシュ、というと、スキーをやっていた頃の、毎日のように頭から転んでいた散々な記憶がよみがえってきて、苦笑いなしにはいら..
Weblog: 西欧かぶれのエンタメ日記
Tracked: 2006-02-19 07:10

クラッシュ
Excerpt: これは今を生きる私達の物語です。 ロサンゼルスのハイウエイ {/cars_red/} 深夜に起こった事故現場から、偶然黒人青年の死体が発見される。 この事故が発端となって様々な人々の人生が交錯する..
Weblog: あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ
Tracked: 2006-02-19 09:15

クラッシュ
Excerpt: 今日、人生が終わってもいい。 ただ、この作品だけはもう一度観たい
Weblog: エンタメ!ブレイク?
Tracked: 2006-02-19 13:10

クラッシュ
Excerpt: またまた重い、けど・・・ たくさんのエピソードは全てが繋がっている。 ほとんどが悲しみの連鎖でした。 誰もが主人公で本当に日常的な日々。 黒人、アジア人、ペルシャ人などと色んな人種がいる。そして今で..
Weblog: 映画を観たよ
Tracked: 2006-02-19 14:07

クラッシュ・・・・・評価額1800円
Excerpt: 観ている間、自分が映画の登場人物であるかの様な、不思議な感覚で物語に感情移入していた。 この映画は、アメリカの移民社会に暮らしたことのある人間には、まさしく人生に縮図のよ
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-02-20 23:46

FUN the Academy Special … 『クラッシュ』
Excerpt: 『FUN the Sunnyday(番外編)』
Weblog: FUN×5 ??五つの楽(fun)を探して??
Tracked: 2006-02-23 00:02

クラッシュ CRASH
Excerpt:   人はぶつかり合う。 人は人を傷つける。 それでも人は人を愛してゆく・・・ ★★★★★★☆ 愛が擦れ違い、哀しみが砕け散る、さらに激しい衝突が繰り返されていく・・・。
Weblog: 箱庭綴り
Tracked: 2006-02-23 17:58

クラッシュ 評価額・960円
Excerpt: ●クラッシュを鑑賞。 クリスマス間近のLAのハイウェイで交通事故に巻き込まれた刑
Weblog: Blog・キネマ文化論
Tracked: 2006-02-24 14:58

『クラッシュ』 CRASH
Excerpt: 交通事故は天使のいたずらによって起きているのかも。 テーマに沿って見事に紡がれた群像劇にいくつもの感銘を受ける。 クリスマス間近のロサンゼルス、ハイウェイで交通事故が起きて・・・。群像劇が大好..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-02-26 09:55

*クラッシュ*
Excerpt: {{{    ***STORY***              2005年   アメリカ 冬、クリスマス間近のロサンゼルス。深夜のハイウェイでLAPDの黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と同僚でスペ..
Weblog: Cartouche
Tracked: 2006-02-26 14:17

映画館「クラッシュ」
Excerpt: いろんな方のレビューで拝見させていただいていて、観たい観たいとおもっていた作品です。地元のシネコンには、公開されていなかったのですが先週末についに公開されました! 人種差別が軸となって、いろんな..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-02-27 17:52

クラッシュ
Excerpt: 『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本を書いたポール・ハギスが製作・脚本・初監督を務めた、混沌とした人種の坩堝であるLAを舞台にした人種問題を提起する人間ドラマでありサスペンスでもある群像劇。 群像劇..
Weblog: Welcome aboard!
Tracked: 2006-02-27 21:09

crash(20020218)
Excerpt: 衝撃的な映画だった。高評価されるのが、よくわかる。人間の心理と行動、内面と外面、
Weblog: cococo
Tracked: 2006-02-27 23:16

クラッシュ / CRASH
Excerpt: "サンドラブロック主演"ではありません。 クローネンバーグのでもありません☆ 豪華キャストたちが織り成す、人間ドラマ{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 「ミリオンダラー・ベイ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-02-28 10:14

クラッシュ(2004/アメリカ/監督:ポール・ハギス)
Excerpt: 【新宿武蔵野館】クリスマスを間近に控えたロサンジェルス。黒人刑事グラハム(ドン・チードル)とその同僚でヒスパニックの恋人リア(ジェニファー・エスポジート)。銃砲店で不当な差別に憤慨するペルシャ人の雑貨..
Weblog: のら猫の日記
Tracked: 2006-02-28 23:36

クラッシュ
Excerpt: 映画『クラッシュ』を観てきました。 前知識として、舞台がロスであること、マット・ディロン演じる刑事が人種差別主義者であることなどが頭にあったのですが、実際観てみて、人種差??
Weblog: ERi’s room
Tracked: 2006-03-01 21:06

本年度アカデミー作品賞・監督賞他6部門ノミネート『クラッシュ』
Excerpt: 今回は、映画三昧ブログ開設1周年記念! というわけで最近、1週間以上も更新できなかったこともあり、 この1年間の反省と自戒をこめて『クラッシュ』について書こう。 コレ、今回のアカデミー作品賞..
Weblog: Dead Movie Society★映画三昧★
Tracked: 2006-03-02 15:29

「オリバー・ツイスト」「クラッシュ」・・・善と悪はつながっている
Excerpt: 「オリバー・ツイスト」「アサルト13 要塞警察」「クラッシュ」と三本立て続けに映画を観て、善と悪の複雑な関係について、大いに考えさせられました。 「オリバー・ツイスト」は、言わずと知れたチャール..
Weblog: Make Your Peace
Tracked: 2006-03-02 18:36

『クラッシュ』’05・米
Excerpt: あらすじクリスマスを間近に控えたロサンゼルス。黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と同僚のヒスパニックの恋人リア(ジェニファー・エスポジート)。ペルシャ人の雑貨店経営者ファハド(ショーン・トーブ)と娘の..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2006-03-02 20:55

クラッシュ
Excerpt: 人種のるつぼ、ロサンゼルス。 刑事、警察官、自動車強盗、地方検事とその妻、TVディレクター、鍵屋とその娘、病院の受付嬢、雑貨屋の主人…。 様々な階層の、様々な人種の彼らは、??
Weblog: impression
Tracked: 2006-03-04 01:48

人種問題がぶつかり合う群像劇◆『クラッシュ』
Excerpt: 2月27日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 冬、クリスマスも間近のロサンゼルス。深夜、ロス市警の黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と、同僚でスペイン系の恋人のリア(ジェニファー・エスポジト)は、..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2006-03-04 08:50

クラッシュ(ネタバレあり)
Excerpt: 今年のアカデミー賞に作品賞・監督賞・助演男優賞・脚本賞等にノミネートされている「クラッシュ」。 前にもチョコッと書きましたが、監督さんは去年アカデミー賞をとった「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本を手..
Weblog: エミの気紛れ日記
Tracked: 2006-03-05 04:22

日本アカデミー賞の話題
Excerpt: 日本アカデミー賞の話題
Weblog: 最近の話題
Tracked: 2006-03-05 12:53

Crash(クラッシュ)
Excerpt: Crashを見て来た。 Reviewはこちら。 もうオスカーまでに見る機会もないと思ったがVillageの映画館でやっているのを見つけて、行ってみたのだ。 夫は評判の映画なので期待が..
Weblog: 街猫 in NYC=街猫日記 Part 2
Tracked: 2006-03-06 02:20

『クラッシュ』
Excerpt: ロサンゼルスの2日間の中で起こる様々な「衝突」を切り取り描いたアンサンブル劇。  ロスというのは、わたしは行ったことないけれど、車がないと何にもできないところだと知人の
Weblog: flicks review blog II
Tracked: 2006-03-06 19:09

クラッシュ
Excerpt: 先週見に行った「クラッシュ 」が アカデミー賞の作品賞に選ばれました        Crash [Original Motion Picture Soundtrack] ..
Weblog: そこで馬が走るかぎり
Tracked: 2006-03-06 19:18

やっぱり『CRASH』良かったです!
Excerpt: 『クラッシュ』観ました。予想を裏切りませんでした。やっぱり良かったです。傑作というよりも秀作という感じでしょうか。ハッキリ言ってドカーンとくるような盛り上がりは有りません。
Weblog: 35歳から英語勉強して良いかな?
Tracked: 2006-03-06 21:48

クラッシュ
Excerpt: 『バタフライ・エフェクト』に続きなんて素晴らしい脚本なんだろうかと感心させられた映画でした。心の痛い部分をわしづかみにされたような痛みもあり、ほっとするような感動のシーンもあり、日常的な出来事でありな..
Weblog: Alice in Wonderland
Tracked: 2006-03-07 15:15

「クラッシュ」(05アメリカ)
Excerpt: 今年のアカデミー作品賞を受賞したのは、ロサンゼルスを舞台に、現代に生きるさまざまな人種や立場の人間が、クラッシュ(ぶつかりあい)によって自分の持つさまざまな感情に向き合う群像劇。
Weblog: Happy Together
Tracked: 2006-03-08 17:39

クラッシュ
Excerpt: ★第78回アカデミー賞★ 「作品賞」「脚本賞」「編集賞」受賞(3/6追記) 公式サイトはコチラ→ 【公開時コピー】 それは、あなたも流したことのあるあたたかい涙。 怒..
Weblog: *アンチハリウッド的* 映画論
Tracked: 2006-03-09 14:01

クラッシュ
Excerpt: ぶつかり合う 人間たち
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2006-03-09 19:49

クラッシュ/crash
Excerpt: 映画館で、出演:ドン・チードル/サンドラ・ブロック/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジト/ウィリアム・フィットナー/ブレンダン・フレイザー/テレンス・ハワード/クリス・“ルダクリス”・ブリッジス..
Weblog: Rohi-ta_site.com
Tracked: 2006-03-10 16:52

クラッシュ
Excerpt: コメント無きTBは削除させて頂きます。 05米 監督/ポール・ハギス 出演/ドン・チードル マット・ディロン ブレンダン・フレイザー あ6すじ/ロサンゼルス。ハイウェイで起こった一件の自動車事故..
Weblog: cinema village
Tracked: 2006-03-10 21:11

【劇場映画】 クラッシュ
Excerpt: ≪ストーリー≫ ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2006-03-11 20:55

「クラッシュ」
Excerpt: ロサンゼルス、24時――。ハイウェイで起こった一件の交通事故が、思いもよらない"衝突"の連鎖反応を生み出し、様々な人の運命を狂わせていく・・・(公式サイトより)。「アメリカ」??
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-03-24 20:52

「クラッシュ」人はぶつかり合いながらも、すれ違う
Excerpt: 「クラッシュ」★★★★ サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン出演 ポール・ハギス監督、2005年アメリカ こんなにも人でいっぱいの街の中 絶えず人と人はぶつかり合う。 ..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-03-28 19:27

「クラッシュ」
Excerpt:  「クラッシュ」を見た。  もし、私が、ロスに生まれ、アフリカ系アメリカ人で、 テレビのプロデューサーをしている夫と、恵まれた暮らしをしていて、 ある日突然、言われないのない容疑をかけられ、..
Weblog: don't worry!な毎日
Tracked: 2006-03-29 18:53

『クラッシュ』
Excerpt: 「この世から犯罪をなくす方法は二つ。ひとつは、この世から人間をなくすこと。もうひとつは、刑法などの法律をなくし、『犯罪』という概念をなくすこと」 と同じように、 「この世から差別をなくす方法は二つ..
Weblog: ストーリーの潤い(うるおい)
Tracked: 2006-04-02 03:31

クラッシュ
Excerpt: 『クラッシュ』 (‘04/アメリカ) 監督: ポール・ハギス 傑作『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本を手がけたポール・ハギスが脚本に加えて、自ら初めてメガホンを取った作品。..
Weblog: 映画まみれ
Tracked: 2006-04-03 17:03

クラッシュ
Excerpt: 本年度アカデミー賞作品賞、オリジナル脚本賞、編集賞を受賞。映画の日見た映画。2本目。 「触れ合いだよ。街中を歩けば、人と体が触れたり、ぶつかったりする。でもロスじゃ、触れ合いは皆無。人々は金属やガラ..
Weblog: [踊]Dance!Dance!Dance!
Tracked: 2006-04-08 23:35

????????祉??????????????激?ャ?????絎活??????????????
Excerpt:
Weblog: Badlands????????祉?紙???????脂?恰ソ???????ャ?若?
Tracked: 2006-04-15 20:05

クラッシュ(05・米)
Excerpt: 「交通事故に気をつけよう」とか「人種差別をやめよう」と言う映画ではない。 交通事故や犯罪が多発するロサンゼルス。人種のるつぼ。 そこで生きていくには、刑事も、検事も、TVディレ..
Weblog: no movie no life
Tracked: 2006-04-21 23:54

クラッシュ
Excerpt: オスカー作品賞を受賞した人間ドラマ。 アメリカの暗部を抉り出す ★「クラッシュ」 2005年アメリカ 112分 監督:ポール・ハギス 出演:サンドラ・ブロック    ドン・チードル    マット・..
Weblog: cinema capsule
Tracked: 2006-05-01 02:17

映画のご紹介(135) クラッシュ
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(135) クラッシュ-ぶつかりあって、 ぼくたちは、 わかりあっていく。 ..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-05-27 14:38

クラッシュ DVD
Excerpt: 第78回アカデミー賞、作品賞、監督賞、助演男優賞、脚本賞、編集賞、歌曲賞の 6部門にノミネートされ、作品賞、脚本賞、編集賞で見事3部門を受賞した「クラッシュ」。 ロサンゼルスのハイウェイで起きた交通事..
Weblog: 噂の情報屋
Tracked: 2006-06-10 18:27

Crash クラッシュ
Excerpt: 公式サイト STORY ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。 日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。..
Weblog: Polka dot movie
Tracked: 2006-06-27 00:36

クラッシュ (Crash)
Excerpt: 監督 ポール・ハギス 主演 ドン・チードル 2004年 アメリカ映画 112分 ドラマ 採点★★★ 「差別は恐怖からくる」とマリリン・マンソンが言っていた。その恐怖は、無理解から来るもの。理解出来な..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2006-07-16 12:41

ひと
Excerpt: 映画クラッシュを観ました。 すてきな映画でした。 ひとは困難な社会を作っています。 困難なら困難なほどに、 天使の気持ちの美しさがひかります。 一度も笑わなかった不良のアンソニー。 ラストで微笑..
Weblog: きらきらひかる
Tracked: 2006-08-08 22:15

【洋画】クラッシュ
Excerpt: A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A (演技5/演出4/脚本5/撮影4/音響4/音楽4/..
Weblog: ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
Tracked: 2006-11-06 14:23

クラッシュ
Excerpt: 本命と言われた作品を差し置いて アカデミー作品賞を取ったこの作品。 DVDで鑑賞。 クリスマス間近の&lt;天使の街&gt;ロサンゼルス。 人種差別が渦巻くこの街で起きた1件の自動車事故..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-11-12 22:47

TAKE 39「クラッシュ」(2004年)
Excerpt: 第39回目は「クラッシュ」(2004年)です。 この作品はまず説明からさせてください。 この映画は「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めた ポール..
Weblog: 映画回顧録〜揺さぶられる心〜
Tracked: 2007-01-24 14:26

映画『クラッシュ』
Excerpt: 原題:Crash 前回の第78回アカデミー賞で作品賞に輝いた作品、ありとあらゆる人種が登場、目を背けたくなるような人種差別が痛々しいが基本的には暖かみがある・・ クリスマス前のロサ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-03-02 01:11

クラッシュ
Excerpt: 去年のアカデミー賞で、本命だったブロークバック・マウンテンを 押しのけて作品賞を受賞した、現在のアメリカを描いた映画。 実はブロークバック・マウンテンと2本続けて観ました。 映画の根幹はやっぱり..
Weblog: bibouroku
Tracked: 2007-07-08 13:30

クラッシュ
Excerpt: 「クラッシュ」 感想 どれほど他人を理解できているのだろうか? 他人を理解できないという恐怖 恐怖からくる自己防衛 自己防衛のため...
Weblog: むーびーふぁんたすてぃっく
Tracked: 2009-10-28 14:06

「クラッシュ」(2004)
Excerpt: クリント・イーストウッド監督作品「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を執筆したポール・ハギスが同じく脚本や初監督を務めたサスペンス風のヒューマンドラマ「クラッシュ」(2004年、米、112分)。この映画..
Weblog: シネマ・ワンダーランド
Tracked: 2009-12-23 14:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。