2006年04月29日

『ニュー・ワールド』

ニューワールド.jpg「天国の日々」も「シンレッド・ライン」も
TV画面でしか見た事がなく、非常に残念に思っていた。

ついに観ました大画面で・・
この監督の作り出す映像美は
やっぱり大きなスクリーンで観るべきですよね。
〜テレンス・マリック〜
(原題:THE NEW WORLD)
2005年 アメリカ
監督・脚本:テレンス・マリック
音楽:ジェームズ・ホーナー「タイタニック」「トロイ」
撮影:エマニュエル・ルベツキ「スリーピーホロウ」
出演:コリン・ファレル、クオリアンカ・キルヒャー、クリストファー・プラマー、クリスチャン・ベール、デヴィッド・シューリス

ニューワールド2.jpgnewworld2.jpg

先日観た「リバティーン」より50年ほど前の話なのね・・
などと思いつつ・・
侵略者側のイギリス男と、奪われる側のネイティブ・アメリカンの女性とのピュアなラブ・ストーリーにひと時心を奪われた。 
あのロンドンのババチさからみたら、なんと美しく!!
風にそよぐ緑の葉や草原の輝きに、
スミスはこの世のシャングリラを見たのかもしれない。

ストーリーを追うというよりは、詩の朗読を映像付で見ているような感じ。
風の音、木々のささやき、そっとささやく男と女のつぶやきに耳を傾ける。
それだけでいつの間にか私も彼らと同化していた。
そして感じる霊的なものも・・

二人のまったくタイプの異なる男の愛
貴方ならどちらを選ぶだろうか?


ラッセル・クロウ系(注)コリン・ファレルですが・・
(訳注:私生活は「問題児」でも 
演技をさせると実に繊細で天才的な演技者となるタイプ)
この作品でも良かったですよねムード
(評判イマイチだった「アレクサンダー」私好きなんですけど)
最近なんだか”怪優”ぽくなってきたクリスチャン・ベールも好きなんですがね・・こんな大きな愛に包まれてみたいです犬
本当のネイティヴの血を引くクオリアンカ・キルヒャーちゃんも花マル♪

ちょっと幕切れがあっけないですが、
ディズニーの方はどうだったんですかね?(観てないんです)
有楽町の某映画館では 映画に合わせて数種の香りを場内に流すという「アロマサービス」なるものをしているそうで、余程そこに行こうかと思いましたが、やっぱり止めてかえって良かった気がしました。 自分で映像から想像した方が良かったと思います。 ほとんど森林浴気分味わえましたから。



posted by マダムS at 16:47| Comment(16) | TrackBack(14) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪〜
ディズニーの方は、私も観ておりません。
でも、その方が良かったと思いませんか?
とにかく自然の映像と音楽と詩的な語りが、この作品を美しいものにしていたような気がします。
森林浴気分?まさしくそのとおりでしたね。
 
↓【プロデューサーズ】
こちらもとっても楽しめ、久々に笑ってきましたよ。
Posted by Doll洋 at 2006年04月29日 22:21
こんばんは。
ただ画面を観て雰囲気や音楽に身を委ねるだけで、
森林浴のような心地良さを味わった作品でした。
その一方、
特に頼まれてもいないのに、「ふたりのジョンの、どちらを選べばいいんだろう?」と、結構真面目に悩んでしまいました(笑)

Posted by 悠雅 at 2006年04月29日 22:30
こんばんは〜!
マダムSさんも気に入られましたか!
森林浴に飢えてるんでしょうか…私達って。笑
GWは山にハイキングでも…なんて言ってる場合ではなく今週は新作目白押し。でも私は例によって家族サービスもしなくちゃなんで。ちょっとジレンマ。(^^ゞ
ところで、私は堕落男にいつも惚れちゃって後で後悔するタイプです。(-_-;)
でもコリンはちょっと濃すぎかと。汗
ファースならいいけど、ファレルはね〜
あ、でもアレキサンダーは支持派です。
かといって、結婚するならやっぱりベールですよっ。←マジモード 爆
Posted by charlotte at 2006年04月29日 23:53
どうもです〜マダム!
映像詩人テレンス・マリックの世界観を、私も堪能させて頂きました。
終盤に描かれるポカホンタスを取り巻くメロドラマ仕様が、とっても親近感を感じて、前回の「シン・レッド・ライン」よりも観易いタッチだったように感じます。実在のポカホンタスの秘話ともいえるべき歴史的考察も見応えがあって・・・
ネタバレになりますが、意外にも短命であった彼女。
聡明で自然児であった彼女を、やはり彼女にとってのニュー・ワールドが知らないうちにストレスを与えていたんだろうか・・・っと思うと切なくなりますが・・・。
でもやっぱり見所は、詩的な映像の世界だと改めて思いました。あと何年後に又テレンス・ワールドにめぐり会えるのかと思うと、今回も貴重な映像体験だったと溜息の出る思いで劇場を後にしました。^^
Posted by ラクサナ at 2006年04月29日 23:54
こんばんは。
自然の映像の素晴らしさ。まさに大きなスクリーンで見る作品ですよねっ!
ほんと森林浴のような心地よさを、私も味わいました。
非常に視覚的ながら、目を閉じて、心で感じるような作品だとも思いました。
私はもちろん、旦那にするなら、クリスチャン・ベールを選びます!
こんなに大きな愛で包み込む男性って、めったにおりませんです・・・。
でも、恋人にだったら、熱い、熱い心を持ったコリン・ファレルかしら。
う〜ん、選べない〜!?贅沢よねっ。笑。
Posted by 紫の上 at 2006年04月30日 00:01
>ほとんど森林浴気分味わえましたから。
地元のワーナー・マイカルで観たので森林浴気分はありませんでした。
マダム!やはりテレンス・マジックでしょうね!?
映像と音楽は素晴らしかったですぅ!
コリンの次回作サルマ・ハエックとの共演「ask the dust」に期待したいです!

Posted by margot2005 at 2006年04月30日 00:09
本当に森林浴した気分でした。
あんまりにも気持ちよくて何度も睡魔が襲ってきて大変でしたが(実はVフォー・ヴェンデッタとハシゴだったんです〜)それでもクリスチャン・ベールだ出てきた辺りからはすっかり目が覚めて、「あら、良い映画じゃん!」って遅い〜!(爆)
私としてはポカホンタスを演じたクオリアンカちゃんが微妙で、見ようによっちゃあブサイクやなとか、ドレスが似合ってないぞ!とか雑念がチラホラ。
でも、この映画のコリンは結構好きですよ。
クリスチャン・ベールも素敵でした。
Posted by みはまま(nike) at 2006年04月30日 08:45
今日は〜。この映画のコリンからは、ゴシップでよく伝えられているような事件(?)からは程遠い感じがしましたよねー。確かにカテゴリーに分けるとしたら、ラッセル・クロウ系種族に間違いないでしょう(笑)
作品そのものはスクリーンからマイナスイオンが出ていると思うぐらい、自然の風景が素晴らしかったです。
でも少々長さは感じましたね。

>みはままさん、私もクオリアンカちゃん、微妙な感じがしましたよ。とくに上唇が。ポカホンタスにははまっていましたし、15歳ですから今後が楽しみですけどね☆
Posted by mei at 2006年04月30日 14:39
掠Doll洋さん
そうなんです 私もディズニーの方観てない方が余計な先入観念無しで観れて良かったかな?と思っているんです♪ 色んなメッセージもあったように思えますが、それより何より映像にすっかり魅了されました。

掠悠雅 さん
ただただ雰囲気に酔いしれる作品もあっていいですよね^^
二人のジョン・・選べるような立場になりたいな〜と私は真剣に考えてしまいました(爆)

掠charlotte さん
そうかもしれませんねー!だって私たち映画の観すぎでかなり”オタク”化してますもの、森林浴に飢えてるかも(爆) この映画を観てすっかり癒されてしまいましたね〜(だからこれも「おたく」)
”近づくと火傷するよ”ってな男に弱いんですね?charlotte さん(笑)あっはっは、ファレルじゃなくてファースですね? で、やっぱりベールで♪

掠ラクサナ さん
そうですね〜言われてみれば、すべてに免疫のない彼女ですから・・可哀想でしたね。
ほんとですね、次は何年後にまたお目にかかれるのでしょう!監督作品!楽しみでありまーす!

掠紫の上 さん
 >非常に視覚的ながら、目を閉じて、心で感じるような作品
まったくその通りでしたねーー!
大きな劇場で観れて幸せでした♪
いや〜ほんと、恋人ならいいですよねスミスでも。
でも夫ならベール・・皆さん意見は一致してますね(笑)

掠margot2005 さん
むふふ・・たまたま観た環境と同伴者に恵まれずに作品に浸れず、評価が下がってしまうことって多々ありますですよ私も。是非もう一回リベンジされては?
ああ・・でも他に観たい新作目白押しで無理ですかいな?(笑)

掠みはまま(nike) さん
あらまーあまりの気持ち良さに眠くなってしまったの!?うふふ。。2本目だと目も頭も疲れてますもんね(笑)
クオリアンカちゃん、微妙でしたか? 私はなんだかオリビア・ハッセーの若い頃に似てるな〜などと思いながら観てましたですぅ〜♪

掠mei さん
あっはっは。そうなんですね〜 コリン君も女性には相当手が早いようなんで、心配なんですが、一たび仕事となると役になりきってプロのお仕事をしてくれるので、大したヤツだと思います。
そうそう・・スクリーンからマイナスイオン出てましたよ絶対。
Posted by マダムS at 2006年04月30日 22:43
こんばんわー、マダムSさま。
先ほどはコメント&TBありがとうござい
ましたー。
んん!私はどう考えてもクリスチャンですね(苦笑)
もうこりゃ、間違いなく紳士な彼です!
コリンくんの私生活を思うとどうしても
信用できないのは私だけでしょうかね(笑)
演技は繊細でいいんだけどなぁ、ついつい
思っちゃう(笑)

確かに森林浴(笑)都会の方たちには
ヒーリングになるかも!
Posted by minori at 2006年04月30日 23:02
>ラッセル・クロウ系(注)コリン・ファレル

コリンが好きなわたしは、一緒にしてほしくありませーん。
やんちゃだけど、問題児とは思っておりませんの。
内面は繊細で、温かい心の持ち主と思っております。暴力はふるわないし。

夫にするならフロウみたいな男性が理想的ですが、スミスみたいな男性をほおっておけないわたしであります。(笑)

この作品は、クオリアンカ・キルヒャーが主役でしたね。わたしは美人とは思わなかったけど、演技はとてもよかったと思います。
Posted by MACHI at 2006年05月01日 09:15
掠minori さん
今晩は〜
うふふ、やっぱり夫にするなら紳士的なロルフですよね〜 この点は皆さん意義ないようで・・(爆)
コリン君の偉いところは 映画の中では役に完全になりきっている所ですよねさすがプロです。
はい〜すっかり森林浴で癒されてしまいましたの。

掠MACHI さん
おっと、問題児なんて言っちゃってごめんなさいね〜
私も好きだからこそ心配でつい(ほんとか?)
ラッセルの方が暴れん坊ですよね〜(それでも好きなんだけど 汗;)二人共ほうっておけない私であります!(笑)
後半はポカホンタスの視点で描かれていましたね^^
美人じゃないけれどやはりチャーミングだと思いましたよ〜〜
Posted by マダムS at 2006年05月01日 21:08
マダム!お久し振りです。
私も「ニューワールド」見てきましたわよ。
スカさんの書かれてる映画こちらでは、一向に
見れないので、話題に乗れなかったのですが、
「ニューワールド」は大丈夫!

映像と音楽と、画面にかぶさるあの語りが好きなんですよ。「シンレッドライン」のときもそうでしたね。
わたしもあの女の子、オリビア・ハッシーに似てると思いましたよ。
Posted by キウイ at 2006年05月02日 02:08
掠キウイさん
わぁ! お久しぶりですぅ♪♪(嬉)お元気でしたかぁ〜?
そうですねぇ・・観た映画を全部書ききれないので、どうしても良くも悪くも「印象に残った作品」のみ記事にしてるかもです(汗)
家で見て良かったのも書きたいんですけどね〜〜なかなか・・
で、やっとコメント頂けて嬉しいです(笑)
  >映像と音楽と、画面にかぶさるあの語り
そうそう、これがいいですよね^^「シンレッド〜」で一般の戦争映画とはかなり違うなとビックリしましたが、その時あの「天国の日々」の監督と知り、なるほどと思いましたもの。 
ですよね!? オリビア似♪
Posted by マダムS at 2006年05月02日 11:03
こむばんは
遅うなりましたがコメントTBありがとうございました。
近頃また森林浴に飢えてきたのでまた浸りにでかけたいなーと
思うこの頃。
でも2度見するのは他に出かけたいものがありすぎてなかなか…。
できたら思いっきり音響とかいい劇場で画面により吸い込まれる
ようにして見たいですねー。
Posted by M. at 2006年05月04日 01:16
掠 M.さん
こんにちは〜〜♪ 
いや〜まったく森林浴!いいですよねぇ〜!
そうですね、音響設備が整ったデカイ画面での鑑賞おすすめ作品ですよね ゆったり浸れるような。
2度目は多分行けないですね〜私も 同じくであります!! 今日も明日も有楽町〜♪
Posted by マダムS at 2006年05月04日 08:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ニュー・ワールド
Excerpt: 運命の邂逅は、美しく壮大な抒情詩になる
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2006-04-29 22:21

The New World(2005,U.S.)at PREVIEW
Excerpt: Colin Farrellは好きではないが、James Hornerの音楽は気になるぞ…ってことで観てきました。 ニュー・ワールド 1607年、新たな楽園を求めてイギリスの港を旅立った船が、長い航海..
Weblog: The Final Frontier
Tracked: 2006-04-29 23:23

ニュー・ワールド
Excerpt: 抒情詩的な映像美と音楽にしびれた作品。 作品に惚れる…という事が少ない私ですが、惚れました{/hearts_pink/} 言葉が通じない二人が心を通わせていく様の繊細な表現と、それを取り巻く自然を映..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2006-04-29 23:46

ニュー・ワールド
Excerpt: シン・レッド・ライン』から7年、完璧なまでの映像の詩人、テレンス・マリック監督の最新作は、アメリカで最も有名な建国の伝説“ポカホンタス”の物語を描く『ニュー・ワールド』獵&amp..
Weblog: Welcome aboard!
Tracked: 2006-04-29 23:54

「ニュー・ワールド」
Excerpt: 「The New World」2005 USA 17世紀の初め、アメリカ大陸を舞台に、英国人の冒険家ジョン・スミスとネイティヴ・アメリカンのプリンセス、ポカホンタスの恋物語。 主演のジョン・スミス..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2006-04-29 23:55

ニュー・ワールド
Excerpt: 17世紀初頭、“新大陸”アメリカ。ネイティブ・アメリカンの王の娘、ポカホンタス(クオリアンカ・キルヒャー)は遠いイギリスからやって来たジョン・スミス(コリン・ファレル)と出逢う。次第にひかれあう2人。..
Weblog: ALL MY LIFE
Tracked: 2006-04-30 08:39

『ニューワールド』 映像の美しさとハの字眉毛。
Excerpt: ライトなんかを使わずに自然光を取り入れた作品 なんだそうで、確かに優しいリアルな光だったような 気がします(言われたからそう思う?)。 水だとか木々の間から差し込む光だとか、 だんだん暗くなっていく空..
Weblog: キマグレなヒトリゴト
Tracked: 2006-04-30 21:42

映画「ニュー・ワールド」テレンス・マリック/監督
Excerpt:  映画「ニュー・ワールド」テレンス・マリック/監督観てきました。  テレンス・マリック/監督は「シン・レッド・ライン」「天国の日々」を撮った監督で、未公開作品(ビデオ、DVDでは出ているようです)「..
Weblog: スチャラカランナーの日々
Tracked: 2006-05-01 08:19

磯城島(しきしま)の
Excerpt: 磯城島の 大和の国に 人さはに 満ちてあれども 藤波の 思ひもとほり 若草の 思ひ付きにし 君が目に 恋ひや明かさむ 長きこの夜を 「万葉集・巻十三」
Weblog: 日々是桜
Tracked: 2006-05-01 09:29

『ニュー・ワールド』
Excerpt:  新大陸にやってきた男スミスとネイティヴ・アメリカンの酋長の娘ポカホンタスの恋物語、といったコピーはその通りではあるのだけれど、それぞれのみた夢と運めの叙事詩といった感??
Weblog: flicks review blog II
Tracked: 2006-05-04 01:33

劇場『ニュー・ワールド』
Excerpt: 監督+脚本:テレンス・マリック 出演:コリン・ファレル、クリスチャン・ベール、クオリアンカ・キルヒャー、クリストファー・プラマー他 クリスチャン・ベール見たさに、むしゃくしゃして映画館に行った。本編が..
Weblog: 映画ダイエット
Tracked: 2006-05-05 09:24

ニュー・ワールド
Excerpt:  素晴しい映像、そして抑制された音楽と、きわめて繊細かつ緻密に創りあげられた映像詩です。  あれほどまでに完成度の高かった『シン・レッド・ラ
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-05-16 06:00

映画「ニュー・ワールド」
Excerpt: 原題:The New World 時代は1607年、アメリカ・ヴァージニア、インド航路を開くべく帆船が新大陸に流れ着き、その地で彼らは新世界を築こうと入植するのだが・・・。 ネイテ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-05-17 01:04


Excerpt: コリン・ファレルコリン・ファレル(Colin Farrell本名:Colin James Farrell)は1976年5月31日 生まれのアメリカ映画を中心に活躍するアイルランド人俳優。アイルランド共..
Weblog: 映画俳優(米)
Tracked: 2007-11-23 19:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。