2006年05月12日

『ヨコハマメリー』

ヨコハマメリー.JPG横浜の住人なら知らない人はいない位
有名な女性が かつて伊勢佐木町にいた・・

’68年の”伊勢佐木町ブルース”の大ヒットにより 全国に知られることになったこの町で、”メリーさん”と親しみを込めた愛称で呼ばれ、都市伝説となった一人の老女・・
白塗りの厚化粧に真っ白なふりふりドレスがトレードマークだった。 公式サイト

私が伊勢佐木町の”森永Love”(カフェですが今はもうありません)で
メリーさんに出くわしたのは もう15年以上前だったと思う・・
当然その異様ないでたちに”衝撃”を受けたのだけれど、町の人々はもう慣れっこになっていたのか? 誰もジロジロ見たりしないのが不思議だった。後から聞いてみればハマの人間なら知らない人はいないほどの有名人だとの事。その後ふっといなくなり、郷里に帰ったらしいとは聞いてはいたが・・

その”メリーさん”が映画になったのだ。
彼女を知る人達が語る”メリーさん”と、その足跡を辿ることで、戦後の混乱期を逞しく生き抜き、ハマの裏町を支えてきた人達を描くドキュメンタリー。
ラストの”衝撃”に暖かい涙を流す・・・

証言の核になるのはシャンソン歌手の永登元次郎さんと、
横浜ローザ」という一人芝居でメリーさんを演じる女優=五大路子さん
そしてかつての伊勢佐木町の町を知る沢山の人々です。

いつからあのような厚化粧になったのか?
何も持たない女性達の生きる手段は身を売る事しかなかった時代・・
あれは彼女にとっての仮面だったのではないだろうか?
自らゲイ・ボーイとしてアウトサイダーの道を生きてきた元次郎さんが、メリーさんに色々援助をしてきた話などは胸を打つものがあった。癌で余命いくばくも無いことを知った彼が、故郷へ帰ったメリーさんを訪ね、入所した老人ホームで歌を聞かせるシーンには、会場からすすり泣く声が聞こえた。そして、本名に戻り素顔に戻ったメリーさんを映し出すラスト・シーンにはなんとも言えずただただ「良かったね」と言いたくなった。

その後、その元次郎さんもメリーさんも
映画の完成後、ご逝去された 
合掌
posted by マダムS at 07:35| Comment(9) | TrackBack(9) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この作品の前進、「LIFE」は元次郎さんをクローズアップしたものということから、彼の生き方も一つの軸となっていましたね。
私は彼が歌う顔と町の風景が交わるシーンで涙してしまいました。‘歌は心’なんていわれますが、初めてその意味がわかりましたよ〜。(←遅すぎ^_^;)
メリーさんは戦争の落し物。そのメリーさんがいなくなって、また、人々の心から戦争の記憶が遠くなっていくのですね。
Posted by なでしこ at 2006年05月12日 10:22
こんにちわっ。

ハマっ子の私は子供の頃メリーさんを
見かけては「怖い・・・」ってビビッてたんだけど、
そっか、メリーさん色々あったんだねぇ。
うちの上司もその昔メリーさんに声をかけられたことがあるって。
どうして娼婦になったのかな?メリーさん

私も時間があったらこの映画見たいわー。
Posted by chocolate at 2006年05月12日 10:26
なでしこさん
かなりの時間割いてましたね・・元次郎さんに。
7年前から撮り始めたって聞いたので、前身のフィルムってのもあるんですね?まだパンフ読んでないのよ(汗;) 
>戦争の落し物
まさにその通りでしょうね・・切ないですよね
施しは受けないっていうポリシーみたいのは感心しました。 強力なおすすめのお陰で見て来れて良かったです〜 まだまだ平日の昼まで長蛇の列でしたよ〜

chocolate さん
こんばんはっ 笑
おお、chocolate さんは子供の頃からメリーさん御なじみでしたのね? メリーさんに声を掛けられた男性は光栄な事なんだって映画の中の証言で言ってましたよ^^上司の方もおめがねにかなった素敵な男性ってことで自慢出来るかも(汗;)
他に生きていく手段が無かったんでしょうね〜
chocolate さんは「濱マイク」のシリーズはご覧になってましたっけ?そこにも登場するんですよね もちろん本人じゃないけど。

Posted by マダムS at 2006年05月12日 23:36
ずいぶん前にこの映画の紹介をどこかの、テレビで見た記憶があります。まだ上映していたのですね。ぜんぜん知らなかったのだけど、あのテレビを見て妙に気になる人だったんですが・・・どこかで見れるチャンスがあればな〜〜
知っていたら、先日横浜にいたので見てくれば良かったわ
Posted by ずも母 at 2006年05月14日 20:42
ずも母さん
横浜の住民としては やっぱり見なくてはと思い、頑張って見てきましたぁ〜
新宿とあとは関内駅の近くの小さな映画館のみでしたので、超激混みで、実は行った日にその日の3回目上映まで完売と言われ入れず、改めて別の日にリベンジ鑑賞だったんですよっ!!泣
あまりの反響で(めざましTVで紹介なんかするから余計)ロングランしそうですが、やっぱり限られた時間と場所のみになると思います。
Posted by マダムS at 2006年05月15日 08:17
メリーさんの写真を見てから気になって見に行きました。    
Posted by at 2006年11月11日 23:50
メリーさんの逞しさ、誇り高さ。周りの人びとの優しさと厳しさ、心打たれました。
Posted by at 2006年11月12日 00:05
見に行きました遂に。あんなに真剣に画面と向き合ったのは久ぶりでした。メリーさんに一度会って見たかった!
Posted by at 2006年11月12日 00:17
 atさん?名無しさん?
こんにちは。
良い映画に巡りあわれたようで、良かったですね。
素顔のメリーさんがとても穏やかな表情だったのが印象的でしたね。
Posted by マダムS at 2006年11月12日 09:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【映画】「ヨコハマメリー」評
Excerpt: 久々の映画ネタ。そして、更に、久々のドキュメンタリー映画でもある。今回、観に行ったのは「ヨコハマメリー」だ。最近は殆ど行く機会がなくなってしまったので、2,3年は通過はしても足を踏み入れていないが、ヨ..
Weblog: われおもふこと
Tracked: 2006-05-20 16:12

ヨコハマメリー(2005/日本/監督:中村高寛)
Excerpt: 【テアトル新宿】すでにこの映画を観ていた友人に「客は年配の人が多いよ」と聞いてはいたが…。劇場に着いてびっくり。現在はモーニングショーのみの上映だが、受付にはずらりと人が並び、スタッフが「もうすぐ立ち..
Weblog: のら猫の日記
Tracked: 2006-05-21 00:43

ヨコハマメリー
Excerpt: 多くの人から「メリーさん」と呼ばれていた一人の女性。かなり高齢でしたが、その人の仕事は娼婦。その人の目を引く姿は、一度見た者の印象に強く残り、彼女を巡る都市伝説が多く生まれました。 メリーさんは..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-05-21 15:11

ヨコハマメリー
Excerpt: ずっと観たいと思っていた映画。 それは・・・『ヨコハマメリー』 先日、観てきました。 地元のとある街を拠点として・・・ どうらんのようなお化粧で、真っ白く塗って、ほっそりしたお身体なのに、..
Weblog: 日々これこれ・・・☆ささやかでも毎日がHappy♪でありますように・・・☆
Tracked: 2006-06-04 14:54

ヨコハマメリー
Excerpt: テアトル梅田 映画には「ドキュメンタリー」というジャンルがある。このジャンルの大変さは、撮り終えてから構成、台本を書くことである。順番がテレコにされると、構成は気がおかしくなるほど、考えあぐねばなら..
Weblog: 映画評論家人生
Tracked: 2006-06-07 12:53

映画「ヨコハマメリー」
Excerpt: かつて、青江三奈が唄ったあの歌・・、♪あなた知ってる 港ヨコハマ 街の並木に 潮風吹けば 花散る夜を 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯りがともる 恋と情けの ドゥドゥビ ドゥビドゥビドゥビドゥバー 灯..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-07-02 20:47

ヨコハマメリー
Excerpt:  謎多き女性、「ハマのメリーさん」の不在を中心とする、戦後の人と街との歴史の物語。  肌におしろいをはたき、白い衣装を身につけた女性。かつてはその容姿と魅惑的な物腰から進駐軍の将校相手の「パンパ..
Weblog: パレード
Tracked: 2006-07-11 10:36

【劇場鑑賞76】ヨコハマメリー
Excerpt: かつて、一人の娼婦がいた 彼女の名前は“ハマのメリー” 街から消えた伝説の女 五年の歳月をかけて作り上げた 傑作ドキュメンタリー 横浜の都市伝説“メリーさん”に迫..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-08-02 19:58

ヨコハマメリーを知ってるか
Excerpt: 横浜に生まれ育っていたらメリーさんを 覚えているだろうか{/face_setsunai/} ヨコハマメリーその人である。 伊勢佐木や馬車道を白塗りの化粧で歩き、 その姿から死神を連想するものもいたよう..
Weblog: のんびりまったりおばばな毎日
Tracked: 2008-04-24 14:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。