2006年05月15日

『ナイロビの蜂』

ナイロビの蜂.jpgああ・・あの『シティ・オブ・ゴッド』の監督だったんだと後から「なるほど」と思った。 映像のトーンがね、そうだし。 子供の表情を撮るのが上手いですねやっぱり。 随分前から散々公式HPを覗いては楽しみにしていたクセに、そういう基本情報が全然頭に入っておらず、アカデミー賞授賞式で大きなお腹のレイチェル・ワイズと「イングリッシュ・ペイシェント」を彷彿とさせるレイフ・ファインズの話というだけでワクワクと公開を待ち・・ソレッと初日鑑賞して参りました!
(鑑賞作品は自分の勘というか・・ほとんど動物的嗅覚で選ぶのです クンクン・・)

(原題:The Constant Gardener)
2005年 イギリス
監督 :フェルナンド・メイレレス
原作 :ジョン・ル・カレ
音楽 :アルベルト・イグレシアス
出演 :レイフ・ファインズ 、レイチェル・ワイズ 、ユベール・クンデ 、ダニー・ヒューストン 、ビル・ナイ

ナイロビ2.jpgナイロビ.jpg

タイトルの意味は「誠実でマメな園芸家」とでも言うんでしょうか・・
観終わってなるほどと思いましたねこれは。 
ガーデニングを唯一の趣味とする温厚な主人公の性格を現していますよね・・
その対極のような正義感と情熱の塊のような女性を愛してしまう・・
お互い自分に無いものを持っている相手に惹かれたのでしょう。
その二人の愛の物語であり、大企業の不正を描く社会派サスペンスにもなっています。

妻の死から始まり、回想シーンを織り交ぜながらその死の謎を解いていきます。
外交官としてアフリカに赴く彼に同行を決め、結婚する二人。
勤務地のケニアでスラムの医療施設の劣悪な環境を改善する救援活動に励む妻は、自ら望んだその環境での出産で自分の子供を失ってしまい、益々活動にのめり込む。そして、あってはならない驚くべき事が行われているのに気がつく・・あまりの熱心さで家庭を顧みないかに見える妻にちょっぴり疑念がわいたりもする夫・・

それからはもうほとんどサスペンスアクション!?
でも予告編観ればわかる程度の謎解きですが・・
派手な爆発もあり(笑)ドキドキさせる見せ場もありで、冒険小説で著名な原作者らしい話で一気にラストへと向かう後半は見事でした(半分は皮肉で言ってます)

音楽も映像も美しく、更に美しい夫婦愛!?かな?
ハシゴの2本目でスクリーンを見上げるようなかなり前の方の席に座ってしまったため、ちょっと疲れてしまってしっかりと味わう余裕が無くなってしまったのが自分的に残念でしたが、幾つか問題点はあれど・・少なくともアンジーのあの映画「すべてはムニャムニャ」よりは感情移入出来たのだった・・(ちょっと似通ったものは感じたけど)

<おとこわり>
初稿は本意を伝えていないと感じましたので、後日に多少加筆訂正しております。(誰も気がつかないとは思いますが 笑)
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)ホームページ


posted by マダムS at 20:17| Comment(21) | TrackBack(23) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラヴ・ストーリーか?アクションものか?どっちかにせい??
と思いましたが...いかが???
Posted by margot2005 at 2006年05月16日 20:55
捻margot2005さん
むふ・・両方の要素があっても一向に構わないけど、座った場所がいかんかったのよtoi et moi・・前過ぎ。
Posted by マダムS at 2006年05月17日 08:38
私は、「一粒で二度美味しい♪」という
某キャラメルのCMを思い出しました(古い?笑;)
こういう映画は大好きです(^^)
Posted by Ako at 2006年05月17日 09:15
捻Akoさん
今晩は♪ 
ぶぶ・・そんなCMありましたねぇ〜! 古!(笑)
レイフはやっぱりこういうラブ・ストーリー似合いますよね〜素敵でした♪ 二度美味しかったですよ^^

Posted by マダムS at 2006年05月17日 21:26
おおっ、マダムは初日ですか!!気合が入ってますね!!
ワタクシもレイフ・ファインズとフェルナンド・メイレレス監督目当てで観に行きましたデス。
レイフ、猟奇的なサスペンスも良いけれど、やはりこういった正統派紳士の役が一番似合いますねー
物腰が柔らかで誠実な人柄に惚れ惚れしちまいましたよ・・・・・ウフ♪
【ネタバレです】
ラストはあれですかね、、妻の後を追って自殺したみたいな感じですかね?
映画的には美しいけれど、やはり妻の分まで生きて欲しかったデス。。。
Posted by Puff at 2006年05月18日 16:40
こんばんは。
最近いりびたってま〜す。連日お邪魔します(^^ゞ
初日でしたか〜私はなんとなく後回しに…汗、汗
ちょっと感情移入ができなかった事もありますけど、イマひとつレイフがタイプではなくツボが外れてしまったですよぉ。
もう少し希望的解釈があっても良かったのにと思いました。
Posted by charlotte at 2006年05月19日 01:56
捻Puff さん
は〜い、初日でした♪ 
ワタクシは”アフリカ”とか”砂漠”とかに弱いんですよ〜 大画面でそれが見れるならすっ飛んで行きます! 笑
考えてみれば、レイフ様は猟奇的な殺人鬼から情熱的な横恋慕男まで様々な役こなしますよね・・今回は静かなガーデナーとは!(でもベットイン早い 爆)
最初の方のパリっとした外交官から一転よれよれTシャツまで全部似合うと思いますよー(^^)b
うむむ・・ラストはですね・・ちょっとびっくりしました。殺されるのを待っていたんですものね。
私もPuffさんの意見と同じですよ〜妻の意思をついで何か活動していって欲しかったです。

捻charlotteさん
毎日来ていただけるなんて光栄ですよ〜嬉しいです♪
訪問数も少ないブログなんで、大歓迎っ♪♪はいっコーヒーでも?笑
後回しといっても早い方ですよ!普通の人から比べれば!私達シネフィルは公開3日以内に観ないと出遅れたような気になるのですよね(爆)
で、私もやはり同感で実はいまひとつ大感動とまでいかなかったのは 最後の終わらせ方がちょっと納得いかなかったせいかなと・・正直、途中細かい所も何点か文句があったりで・・そんなんで自分からTB飛ばさずにずっと静かにしておりました(笑)
Posted by マダムS at 2006年05月19日 07:24
こんにちはー。
私も妻の意思を継いで欲しいと思いました。
ただずっーと「家=テッサ」というのをキーワードにしていたので
ラスト「妻の死んだ場所」に彼がこだわったのも納得できたりはしました。
Posted by 更紗♪ at 2006年05月19日 16:21
ご無沙汰してます。お元気ですか?

今日見てきました。
すごく感動するとか、泣けるとかっていうのは、意外なほどなかったんですけど・・・画面に釘付けの2時間でした。
ラブ・ストーリーやサスペンスの部分よりも「アフリカの現実」や「企業と政府の癒着」というくらい部分にガツンとやられてしまった感じです。

でも、音楽はとても私好み。
あのテーマ曲とアフリカっぽいパーカッションの音が今でも頭の中をクルクルと回っています。

「レッド・ドラゴン」でレイフの名前を知った私は
この映画でやっとあのタトゥ姿のレイフから解放されました。
これがいちばんの収穫かもしれません(^_^;)
Posted by junko at 2006年05月19日 18:33
こんにちわ。
久しぶりに鼻のあるレイフ(爆)を堪能してきました〜
わたくしも脚本とかにはちょっと物言いありなんですけど、見終わったあと心静かになる、って言う点ではやっぱりよかったかも。
テッサの突っ走り方にはちょっとついていけなくて、「近頃の若い嫁は・・・」などとぶつぶつ言っておりました・・・
やっと3つ目の記事を書いたので、TBさせていただきました。
Posted by jester at 2006年05月19日 19:36
捻更紗♪さん
そうね〜テッサに感情移入出来るかどうかが、評価の分かれ目になるでしょうかね・・最後の夫の行動にも・・ 私は逆に思い出すとなんだか段々納得いかなくなってきました(笑;)

捻junko さん
おお、お久しぶりです〜♪ 元気ですよありがとう!junko さんはいかがですか?
>「アフリカの現実」や「企業と政府の癒着」
弱肉強食を絵に描いたようなあさましさでしたよね。
実際あり得る話なので余計恐ろしいと思います〜
同じですよ〜音楽! PCの公式サイトでかなり前から耳タコなほど♪笑
レイフ様、あの背中のタトゥーはキョーレツでしたものね(笑)ファンだったら夢でうなされるのでは?と思いましたよ^^良かったですねー開放されて♪

捻jester さん
今晩は♪
でしたねーレイフ、久々の凄くまともな役でした!笑
それでもとびきり個性の強いテッサという女性に結果的には振り回される形・・なんて言ったらいけないのかしら・・汗; 息子の嫁だったら敬遠するかも?笑
TB有難うございます。 レビューの続編読ませていただきます!
Posted by マダムS at 2006年05月19日 22:47
今晩はー☆
いや〜、皆さんおっしゃておりますが、レイフが久々に英国紳士のやさ男ぶりがよかったですねー。
テッサがああいう結果になったのは情熱的過ぎて、敵を作ってしまったからかなと思いましたが、あの妊婦ヌードも体当たりでよかったと思います。
私はこういう社会派の映画は好きなので全体的にとてもよかったです(^^)
Posted by mei at 2006年05月20日 00:09
捻meiさん
お早うございまーすー☆
ですねー ちょっとサイコな役が続きましたからねレイフ・・外交官素敵でした!
うんうん・・テッサね・・お友達にしたくないタイプです(笑) レイチェルの演技は良かったですね^^妊婦の役はきっとタイムリーだったでしょうが、撮影時はまだあんなには大きくなかったはずよね? アカデミー賞の時はかなり目立ってましたけど・・。
社会派ドラマは知的好奇心を刺激してくれるので私も大好きですよ♪ 
Posted by マダムS at 2006年05月20日 07:33
>The Constant Gardener
ジャスティンの事でもあり、テッサでもあるのかなぁと私は感じました。テッサはアフリカにとってのママ、彼女の愛があの乾いた大地を潤す。ただ現実には庭の植木を枯らしちゃうみたいだから(笑)完璧な女性でもなかったとは思うのだけど。
Posted by るるる@fab at 2006年05月20日 13:24
私も見てきました。
皆さん、見るのがはや〜い!

レイフは久々に温厚なイギリス紳士の役で、素敵でしたねぇ〜!ちょっと「イングリッシュ・ペイシェント」と被るような・・・。まぁ〜、彼のファンになったのはその作品だったもので・・・。
レイチェルはノーメークぼくって、アフリカの救済に力を注ぐ行動派らしくて、でもとっても綺麗だし、以前の作品よりもずーと印象に残る役として、アカデミー賞も納得ですねっ。

アフリカの自然の壮大な景色の映像が大きなスクリーンで見れてとっても良かったです!!
Posted by 紫の上 at 2006年05月20日 18:27
捻るるる@fabさん
おお〜読みが深くていらっしゃいますねーー!
なるほど、テッサもアフリカのママになったんですね〜♪ 植物にもお水あげて欲しかったけど(笑)
ジャスティンはその完璧じゃないところが好きになったんでしょうか・・

捻紫の上 さん
ご覧になりましたかー! 
私も散々予告編で煽られていたので、久々の初日鑑賞でしたよ♪
そうね、これはやっぱり大きなスクリーンで観た方がいい映画ですよね^^私も「イングリッシュ〜」と被りましたけど、あちらはもっと粘着質な感じだったかな・・横恋慕でしたから(笑) レイチェルはノーメイクですよね?頑張ってましたね^^
Posted by マダムS at 2006年05月20日 20:37
オスカーがらみの作品を、公開初日にハシゴで見に行ってはいけません。(笑) わたしは、公開2日目の朝一に行きました。レントも公開2日目の朝一でそこそこ入ってましたが、ミュージカルだから今一人気ないのかなあと思ったら、終了後外へ出ると、次の人達がずら〜〜〜っと並んでました。
レイフは品のある英国紳士がよく似合いますよねえ。これは、はまり役ですね。たまには、楽しくてハッピーな映画に出て欲しいですけど。
Posted by MACHI at 2006年05月21日 09:50
マダムSさん、こんにちわ。
>子供の表情を撮るのが上手いですねやっぱり。
あー、そうですね。「シティ・オブ・ゴッド」を彷彿とさせたのは、この部分だったかもしれません。
それにしても、何キロもの道のりを歩いて来る少年や飛行機から自分の意志で降りる子供。とても忘れ難いシーンでした。
Posted by 隣の評論家 at 2006年05月21日 17:55
捻MACHIさん
ひ〜すいません(笑)初日はまずいですよね〜
で、これを教訓に「ダヴィンチ・コード」はまだ我慢してますだよ(^^;) 朝一はねらい目だと思います。
そうですねレイフ・・たまにはコメディーでも挑戦して欲しいなーー ビーン氏などに演技指導受けるなんてどうでしょう(殴)

捻隣の評論家さん
今晩は〜♪ そちらにも伺おうと思ったんですが、ワタクシの感想あんまり褒めてないんで遠慮しておりましたーー(汗) 
そういえば、子供達もみんな歩いてましたよね、
「たとえ一人でも助けるのか」という問答も私には答えを出す事が出来なくって・・印象に残るシーンでした。
Posted by マダムS at 2006年05月21日 22:42
マダム、グドモーニング。

見てきましたよー。
わたしコレ超気に入りました。
色々考えちゃった。

それにこのテッサとジャスティンの愛の形が良かったわー。

原作買おうかな〜って思ってます。
Posted by Chocolate at 2006年05月22日 07:55
捻 Chocolateさん
グドイブニング〜♪
おお、気に入りましたか〜?良かったね^^
ラブ・ストーリーだけでなく、なかなか大きなテーマも扱っていましたよね。
二人の愛の形に憧れる気持ちもわかりますよーおおー私もそんな時代があったかも・・今ではすっかりイジワルでひねくれ者ですが・・笑
原作はどうなんでしょう 映画と同じ展開なんでしょうかね? 最後はどうだったか読んだら教えてね(^^)v
Posted by マダムS at 2006年05月22日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「ナイロビの蜂」
Excerpt: 「The Constant Gardener」2005 ドイツ/UK オスカー助演女優賞(2005)/レイチェル・ワイズ 監督はブラジル出身のフェルナンド・メイレレス。主演の英国外交官ジャステ..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2006-05-16 20:54

映画「ナイロビの蜂」
Excerpt: 原題:The Constant Gardener アフリカ・ナイロビで、3人に一人が死ぬという結核のための新薬の人体実験が・・人命を軽々しく扱う巨悪に立ち向かい、不正を暴こうとするが・・。 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-05-18 01:00

映画〜ナイロビの蜂
Excerpt:    「ナイロビの蜂」公式サイト本年度アカデミー賞 助演女優賞(レイチェル・ワイズ) 受賞作品ナイロビでイギリス外交官として平和に働くジャスティン。しかし、ある日、弁護士でもある彼の美しい妻テッサが殺..
Weblog: きららのきらきら生活
Tracked: 2006-05-18 09:48

ナイロビの蜂
Excerpt: 渇いた大地から届く,深い愛のラブストーリー。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-05-18 10:06

「ナイロビの蜂」
Excerpt: 公式サイト シネマイクスピアリ、公開4日目初回です。 シアター4(361席)、30分前に着いて1番!! でも、少なかったですよん・・・・・10数人でした。
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-05-18 16:30

ナイロビの蜂
Excerpt: 第28回アカデミー賞 助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 脚色賞、作曲賞、編集賞ノミネート 第63回ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 作品賞・ドラマ部門、監督賞ノミネート ..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2006-05-19 02:00

ナイロビの蜂
Excerpt: ナイロビの蜂〈上〉ジョン ル・カレ John Le Carr´e 加賀山 卓朗 集英社 2003-12by G-Tools , 2006/05/17 更紗評/考えるね。人の命の重さに違いがあるの..
Weblog: cinema village
Tracked: 2006-05-19 16:55

ナイロビの蜂 その3(ネタばれあります)
Excerpt: ところでまたまた邦題に文句ですが・・・ 『ナイロビの蜂』はないだろうとおもうのですよね。 原作の翻訳がこの題なので、本を売る関係とかなんとかで、この題になったのでしょうけれど・・・・ The Con..
Weblog: JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD
Tracked: 2006-05-19 19:32

『ナイロビの蜂』(05イギリス)
Excerpt: 活動家であった妻の事故死をきっかけに、妻が自分に隠してまで暴こうとしていた事実を探し出そうとする男・・・ 社会的なテーマを扱う一方で、妻の本当の姿を見つける旅は壮絶かつ美しくもありました。想像以上に骨..
Weblog: Happy Together
Tracked: 2006-05-20 11:52

「ナイロビの蜂」
Excerpt: 「ナイロビの蜂」を観ました。 イギリス外務省一等書記官・ジャスティンは、黒人医師・アーノルドと共にロキへ旅立つ妻・テッサを見送ったばかりだった。しかし友人でもある高等弁務官事務所所長・サンデ..
Weblog: るるる的雑記帳
Tracked: 2006-05-20 13:37

ナイロビの蜂−(映画:今年65本目)−
Excerpt: 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン、ビル・ナイ 公式サイト 評価:77..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2006-05-21 01:39

ナイロビの蜂
Excerpt: 「ナイロビの蜂」 The Constant Gardener/製作:2005年、
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-05-21 17:52

ナイロビの蜂
Excerpt: 「ナイロビの蜂」予想以上に素晴らしい出来に感激です。 原題は「The Constant Gardener」"誠実な庭師"とかそんな意味。 「シティ・オブ・ゴッド」を見てとても衝撃を受..
Weblog: Chocolate Blog
Tracked: 2006-05-22 07:52

ナイロビの蜂
Excerpt: ★本日の金言豆★ イヴェット・ピアパオリ:女性活動家で慈善事業家。19歳で国際難民救済協会の職につき、1999年に60歳で交通事故死するまでの間、アフリカの貧民の為に精力的に活動し??
Weblog: 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等
Tracked: 2006-05-22 14:09

ナイロビの蜂 (米国盤DVD)
Excerpt: 原題: The Constant Gardener (2005) 2006年5月13日 日本初公開 公式サイト: http://www.nairobi.jp/ ゴウ先生総合ランキング: ..
Weblog: 映画と本と音楽にあふれた英語塾
Tracked: 2006-05-22 16:50

ナイロビの蜂
Excerpt: 地の果てで、やっと君に帰る。 John Le Carre The Constant Gardener きっかけは、妻の死。 たどり着いたのは、妻の愛。 世界..
Weblog: そこで馬が走るかぎり
Tracked: 2006-05-22 19:56

ナイロビの蜂 / The Constant Gardener
Excerpt: 「地の果てで、やっと君に帰る」 監督:フェルナンド・メイレレス 原作: ジョン・ル・カレ 脚本:ジェフリー・ケイン 音楽:アルベルト・イグレシアス 出演:レイフ・ファインズ 、レイチ..
Weblog: きょうのあしあと
Tracked: 2006-05-23 00:38

ナイロビの蜂
Excerpt:  この作品を、妻の死にまつわる疑惑を調査する社会派サスペンスとみるか、亡き妻との思いを綴る恋愛映画とみるか、見解は分れるでしょう。  自分は
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-05-25 06:19

情熱に救いを見出す「ナイロビの蜂」
Excerpt:  予告編を見た段階では、ラブロマンスなのか、サスペンスなのか、あいまいな感じで、観ようか止めようか迷っていた「ナイロビの蜂」(フェルナンド・メイレレス監督)。会社の後輩に「よかったですよ」と勧められ、..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2006-05-26 01:15

「ナイロビの蜂」 2006-28
Excerpt: 「ナイロビの蜂」を観てきました〜♪ 英国の在ナイロビ一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、北部の街キロへ向かう妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を空港で見送る。2日後また会えるはずだった..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2006-05-26 06:35

「ナイロビの蜂」を見てきました。
Excerpt:  アフリカにおける製薬会社の汚職を命を省みず暴いていく感動作と思ってナイロビの蜂を見てきました。間違ってはいなかったけど、でも、この映画のテーマってラブストーリーだったのね。そんな風には全然思って見に..
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-05-31 19:30

ナイロビの蜂
Excerpt: さて、やっとバンコクから帰って映画観よう!ってことで・・・ 兼ねてより観たかった『ナイロビの蜂』を観にスタコラさっと・・・!(笑) この作品、レイチェル・ワイズがオスカーの助演女優賞を獲ったことでも話..
Weblog: Welcome aboard!
Tracked: 2006-06-01 13:45

ナイロビの蜂
Excerpt: ナイロビの蜂レイフ・ファインズ (2006/11/10)日活この商品の詳細を見る [監督] フェルナンド・メイレレス [出演] レイフ・ファインズ,レイチェル・ワイズ,ダニー・ヒューストン,ユベ..
Weblog: Myシネマ情報局
Tracked: 2006-09-15 21:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。