2006年05月25日

吹き替え版『ダ・ヴィンチ・コード』

davinci.jpg某TV番組で「映像を楽しみたいなら吹き替え版で見るのもいいかも」なんて言ってるのを聞いたら、それもいいかもと・・

吹き替えと言っても英語の部分だけで、フランス語とシラスの(?)語はそのままで字幕が付きましたので、洋画の雰囲気を残しつつ(笑)画面に集中出来て良かったですよ。

ほとんど原作をそのまま映像化してくれたという感じでした。
しかも、思ったとおりロン・ハワードらしく感傷的に・・
(文字が光って浮き上がった時には「ビューティフル・マインド」かと思いましたよ 脚色も同じアキバ・ゴールズマンだしね)
凄く説明的ではあるけれど、あれだけの内容を2時間ちょっとに纏めるので仕方はないかも。とても解りやすく出来ていたと思いますよ(原作読んでいたからそう思えるのかな)
概ね満足でした。

今更 敢えてストーリーの紹介するまでもないので、割愛致しますね(笑)
何かと世間では騒いでいるようですが、
監督も仰っているように「スパイ・スリラー映画なのだから」、
とやかく言う方が可笑しいと思います〜フィクションなんだから・・

キャスティングですが、
原作と同じ国籍の俳優を起用したのは良かったです。
でも、オドレイ・トトゥはやっぱりちょっとイメージとは違うかなぁ・・
ずっと怖い顔なのはいいんだけど、ラストではもうちょっと涙をこぼすとかして欲しかったかも。 
イアン・マッケラン、アルフレッド・モリーナ、シラスのP・ベタニーはぴったんこ。 ジャン・レノの刑事はあまり見せ場がなくてもったいなかったですねぇ・・なんだか陰が薄かったのは脚本のせいなのかな。チェッキー・カリョあたり持ってきてもダメでしょうか?
さて、アメリカ人の教授ラングドンは・・トム・ハンクスは好きな俳優さんだけど・・ん〜汗;ハリソン・フォードがもうちょっと若かったらね〜?
んでもそれだと思い切り「インディー・ジョーンズ」になっちゃってやっぱりダメなのか(爆) ニコラス・ケイジだとやっぱり”トレジャー・ハンター”そのものって感じですし・・ 勝手に妄想は続く・・

皆さんでしたら 誰をキャスティングします?
聞いてみたいです♪

カメオ出演で・・
先日WOWOWで放送していた「ダ・ヴィンチ・コードの謎」に出演していた”関連本”を出した男女2人(最後の晩餐に隠された秘密など一生懸命説明していた)が バスの乗客でちらっと映ったの気がつきましたか? 名前を失念したんですけど・・


posted by マダムS at 19:56| Comment(28) | TrackBack(25) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
吹き替えで観たのですね。それも良かったかもですね?
やはり本の内容があまりにも厚い(熱い)ので、映画は物足りなかったですね。最近期待する大作はどうもダメですわ。
Posted by margot2005 at 2006年05月25日 22:19
今晩は☆
吹き替え版のほうが情報量が多そうな感じしますよ。
字幕だと俳優達の声が聞けるのはいいけど、文字数が決まってるし、かなりはしょってたように思いましたしね。

オドレィ・トトゥですが、私は当初、ソフィー役に候補に上がっていた女優(ジュリー・デルビー、ソフィー・マルソーなど)よりもはまっていたと思いました。
皆が皆じゃないけどユダヤ人の特徴の1つに「髪と目が黒い」ってあったと思うので、「血脈」っぽいかなと(笑)

全体的にナショナル・トレジャーのヨーロッパ版のような
娯楽大作みたいでしたね。
Posted by mei at 2006年05月25日 23:01
 margot2005さん
は〜い! 私は昨日(木曜)に見ましたが同じ日でした?
吹き替え版はこういう台詞の多い作品は楽かもしれません。
思いっきりハリウッド大作になってましたね(笑)
でも原作そのものがもう冒険小説っぽかったからね、こんなもんでしょう。

mei さん
そうなんですよ、ものすごく説明的な台詞が多かったから字幕にするのもさぞや大変であったでしょう!笑
 >ジュリー・デルビー、ソフィー・マルソー
おお!そうでしたか! うーん、やはりちょっと2人とも違いますよねー あはは。 そうか、オドレイちゃんってそうなのね? フランスの俳優さんって多いですね・・
ほんと、原作読んだときからこれは映画にしたら「インディージョーンズ」みたいだと思っていたら、その通りでしたー!
Posted by マダムS at 2006年05月26日 07:59
マダム、グドモーニング。♪

吹き替えで良かったですよね〜。
オドレィには私もイマイチな感じがしました。
でも大好きなロンドンの街並みが出てきたので
それだけで満足だったかな〜(^^)

ニュートンの墓参りしますよ、墓参り。(笑)
Posted by chocolate at 2006年05月26日 08:53
マダム、おはようございます♪
TB&コメントありがとうございます。
ラングドンは勝手にもうちょっと学者っぽくて線の細い感じ、ロバート・ダウニーJr.あたりぽい感じに脳内変換して原作を読んでました。だからトム・ハンクスじゃ線が太すぎと感じました。
Posted by jester at 2006年05月26日 11:59
マダムさま
同時に、吹き替え版があったので???
悩んだのですが・・・ (納得

インディージョーンズばり、二匹目のドジョウをつかむべくっ!
トムハンクス『ラングドン』のシリーズ化が決定したようですねぃ。 

トラバざます。 ^^
Posted by かわいいコックさん at 2006年05月26日 13:27
こんにちわー。
そっか、吹替えのほうがじっくり見れたかも
しれませんね。

ラングドン、私の中では
ヒュー・ジャックマンにやってもらいたかった
ですよー。『天使と悪魔』ではわりと
アクションも必要なのでトムさんだとちょっと
ドタっとしてる感じがして…。
ちょっと残念です…。
インディジョーンズなハリソンさんも
若かったらこれ、OKでしたよ、私の中で。

というわけでTBおくりますー。
Posted by minori at 2006年05月26日 13:55
とても楽しみにして観に行ったのですが、残念ながら退屈な2時間半になってしまいました。期待が大きかったのかな〜。
やっぱり若かったらハリソンさんなんですかね〜。
Posted by exp#21 at 2006年05月26日 14:49
こんにちは!
おお、吹き替えかぁ〜。思いつかなかった〜(^^ゞ
いや〜、なんでこんなに騒いでいるんだか、原作知らないので余計ハテナです。笑
でも、それなりに面白かったな〜って思ってますよ。でも深いところは理解不足なんで原作を買って読んでみたくなる…これってまさに製作サイドの策略にまんまと引っかかった?爆
Posted by charlotte at 2006年05月26日 15:34
またまたきたー
スミマセン
ほんと世界同時公開とかいってたのによく吹替版まで
手が回ったなーと感心しますよね、日本の配給会社。
おかげさんで興行収入はアメリカのぞくと世界中で
歴代トップなんですって。すごいですよねー
Posted by M. at 2006年05月26日 16:04
chocolate さん
ロンドンまた行くんですよねー? いいな〜♪
ニュートンの墓参り行ったらよろしく伝えて下さい(笑) ラングドンとソフィーの最後のパスワードを解くヒントを与えてくれたんですもんね^^

jesterさん
ロバート・ダウニーJr.ですかー!
最近お見かけしないんですが、お元気でしょうか?
私が出演作観てないだけかな・・
いい俳優さんですもんね〜なるほどちょっと神経質な
感じが出せていいかしら^^

かわいいコックさん
トラコメ有難うゴザイマス♪ 
吹き替えも良かったですよ^^
おおーラングドンのシリーズ化決まっているんですかっ!? また本屋に走らなければ・・2匹目もいるといいですねぇ〜 喜ぶのは本屋だけかな?笑

 minoriさん
おお〜 ヒュー・ジャックマンですかー!?
そういう話も出てたのかな? ちょっといいかもしれませんねぇ うんうん・・でも彼、オーストラリアの俳優さんでしたっけ・・でもまあいいですよねっ
ソフィーとちょっといい感じになるにはやはり男の色気も必要だと思うから♪

exp#21 さん
こんにちは コメント有難うございます!
あまりお気に召しませんでしたか? 
期待し過ぎるのも良し悪しですよね・・
ハリソンさん 最近すっかり年取ってしまったので残念ですよねー 彼のようなタイプの若い俳優が欲しいです♪

charlotteさん
私も吹き替えがあるだなんて、TVで聞くまで知りませんでしたよー! 観に行くほんの2、3日前ですもんそれ聞いたの。調べたんですが、声優さんも誰だかわからないんですぅ〜 上手だったのでプロの方と思いますが・・
まさに製作サイドのこれでもかのプレゼンにやられちゃった感じですねーー 笑  

M. さん
うぉ〜 世界歴代トップで・す・かー?
日本っていい市場ですよねーこれだもの・・
ってしっかり私も乗っかってるんですが・・笑
いえいえ、何回でもいらして下さいませね〜♪遠慮なさらないで〜うふふ。執事にお茶を入れさせますので・・なんちって♪
Posted by マダムS at 2006年05月26日 18:18
マダムSさん、こんにちわ。
TB&コメントありがとうございます。
吹き替え版でご覧になったのですねぇ。そうか、その方がわかり易いのかもしれないですねー。
ポール・ベタニー、強烈でしたね。いや〜、とにかくシラスが気になって・気になって。原作では、もう少し描写が多いと期待しております。(多いんですよね?)
Posted by 隣の評論家 at 2006年05月26日 22:35
私はソフィー役はソフィー・マルソーがよいと思っていたのですが、映画を観て、オドレイも悪くないなと思いました。
ラングドンもトム・ハンクスは違うだろーって思ったけれど、意外によかったし。
けれど、けれど、ベタニーのあの演技にはかないませんね。
ジャン・レノは近頃どの映画を見ても同じように見えるんですけど・・・気のせい?
Posted by nouilles-sautees at 2006年05月26日 22:37
 隣の評論家 さん
はい、そうなんです♪
あの分厚い原作の内容を2時間ちょっとの中で説明するとしたら、かなりの”台詞量”だと予想されたので、吹き替えで正解でした!
ベタニーの演技はブラボーでしたねぇ!
ファンの方々にとっては登場シーンをもっと増やして欲しいと願うのは当然と思いますが、全体のバランスからいったらちょうど良かったかもしれません。
映画だけの方にはあの”導師”との繋がりがイマイチ?だったのでは?と思いますが・・?

nouilles-sautees さん
ソフィーですか? いつまでも若いですよね!!オドロキですが♪ 以前の「ルーヴルの怪人」のイメージがあって違和感は無いかもしれませんよね^^
オドレイだったらまた彼女しか出せない女の子らしさがもっと出るのかと思っていたので、ロン監督の演出のせいなのかなぁ〜ちょっと固すぎたような気がしたんですよぉ〜
はい〜!ベタニーには文句の付け所が無いですねっ!
ジャン・レノは歳とって丸くなり過ぎで”ちょい悪”な感じが落ちちゃったんですよね。。つまらないです(笑)
Posted by マダムS at 2006年05月27日 06:36
はじめまして☆

吹替版での鑑賞!とてもいいアイデアです☆
他の映画とかでも吹替えのほうが字幕よりわかりやすくなっていますもんね。
原作を読んでいればなおさら!

いつもは字幕を読みつつつたない英語力をたよりに他お補ったりしているのですが、今回はその余裕がなかったかも。。。

でもでもなかなか良くできている映画だと思います。
ジャンレノだけもうちょっと違う人が良かったなぁ。
どちらかといえばコレ警部のほうが私の中のファーシュイメージでした(体型が。。。笑)
Posted by きらら at 2006年05月27日 10:31
こんにちわ、またまた来させて頂きました♪
(そしてちゃっかりTBもさせて頂いています)
吹き替えもアリかもしれないですね。
最近どうも声優さんを起用せず、芸能人を起用して興ざめする吹き替えが多いので吹き替えを観る意識が薄れてました。
トム・ハンクス・・・正直ビミョーだなと思って観てました。
原作に
「ツイードを着たハリソン・フォード」
って書いてあったから私の中でラングドン=ハリソン・フォードだったのにトム・ハンクス!!
しかもそのヅラのような髪型は何?!みたいな(笑)
ポール・ベタニーはビューティフル・マインドに続いて「幽霊役」でしたね。
ロン・ハワード作品の中で「幽霊役」はポール・ベタニーに決定です。

内容は予備知識がないとちょっとキビシイですよ。
特になじみのない日本人には。
バラ・ユリ・聖杯・テンプル騎士団って言われても・・・ってカンジですもんね。
一緒に観に行ったツレはユリがフランス王家の紋章であることすら知らず内容理解にはだいぶ苦しんだようです。

まあ、原作のダイジェスト版としては相当いい出来だと思うし、無難に纏めたなって思いますね。






Posted by エミ at 2006年05月27日 15:56
きららさん
初めまして〜ようこそ♪ TBとコメント有難うございます!
そうなんですよ、いつもは絶対字幕版信奉者なんですが、今回に限り原作読んでこれは大変だぞと思ったもんですから(^^;)んーそうそう、ジャン・レノ影薄かったですよね?トミー・リー・ジョーンズ位のあくの強さが欲しかったかも。
またいらして下さいね^^お待ちしてま〜す
そちらにも伺います!

エミさん
いらっしゃい!おっと、TBも頂いてましたか?
ごめんなさいね〜最近調子悪くてちゃんとお返し出来てないかもしれないです。
そうなんです〜今回誰が声をあててるのかな?と調べようとしたんですが、パンフにも載っていないし不明なんですが・・たぶんプロの声優さんだと思われます。上手でしたもの(笑)やっぱりイメージは”ハリソン”が近いですよね〜でももうお歳ですし、他のシリーズもの沢山出てますからねぇ・・
ベタニーはさすがの存在感で文句なし! 裸もすっかり慣れっこですね(笑)
やはり色々言われるけれど、あの原作を2時間の映画にしたらこんな感じしかないでしょう〜と思います。
Posted by マダムS at 2006年05月27日 16:33
Sさーーーん。沖縄ですかーいいな〜
お天気よいといいですねー。

さて、吹き替えで鑑賞かぁ、そういう手もありましたね。
画像に集中できると違う見方もできたかも・・・
原作は途中までしか読んでなかったんですけど
テレビの特番などを見ていたので、結構すんなりと物語に入れました。
日本人には宗教話しされるとキツイですもんね。

映像としてダ・ヴィンチの絵画の謎とか
アナグラムの解説とは見れて分かりやすかったし、楽しんだクチです。
Posted by 更紗♪ at 2006年05月27日 20:19
こんばんは、マダム。
TBをありがとうございました。
こちらからもお返しさせていただきますね。

あれだけの原作を映画にするのだから、どんな事になるかとちょっと心配していたのですが、かなり無難にまとめてありましたよね。もう少し、原作に出てくる芸術作品を楽しみたかったというのはありますが(笑)
そして、ラングドンのキャスト、迷いますよねー。
ハリソン・フォードだと、私の中ではアクションが強すぎて(笑)。あんまり、「教授」ってイメージじゃないかも(笑)
むむむ、難しいですねぇ。

Posted by azuki-m at 2006年05月27日 22:56
おう、マダムは吹き替え版でしたか・・・。
その方が良かったかな?
私は字幕版で、本も未読だし・・でした。
見る前にテレビの2時間の特別番組を見ていたので、
少しは理解できると思ったんだけど、
でもスピーディーな展開だったので、見落としがあったりして、もう一度見ないとすっきりとしないところもあります(^^;

俳優さんたちはその国の人たちが出ていて、まぁ〜良かったのでは?
それにしても豪華な出演者たちでした。
キリスト教を題材にしたフィクションと言うことは、見始めると分かりますよねっ。
Posted by 紫の上 at 2006年05月28日 18:39
原作未読でしたが楽しめました!
字幕だったんで字幕を読むのに忙しくて細かい内容までは完全に把握できてないのが残念ですが、それでも娯楽映画として面白かったし見ごたえは充分ありました。
いつもは騙されっぱなしの私でさえ読めてしまう簡単なトリックで(笑)ちょっと嬉しくなってしまったのですが、やはり原作の方がもっと凝った展開になってるんでしょうね。
それと一部で不評だったトム・ハンクスの髪型ですが、私は気にならなかったです。(爆)
Posted by みはまま at 2006年05月29日 17:18
更紗♪ さん
原作未読で字幕版だとキツイかもしれませんよね〜
特番もサービスだと思えば実に有り難く・・(笑)
原作読んで吹き替えで観て、ワタクシなんぞはちょうど良かったです(爆)文字から想像したものを映像で確認するというか・・クリプテックスなんて考えてたものとかなり近かったので嬉しかったりして。。
そちらにも伺いますね♪

azuki-m さん
そうなんですよね〜色々言われていますが、私はそんなに悪いとは思わないんですよ。。無宗教だから気になる事が何もないせいかもしれませんが・・汗;
ラングドンは選考が難しいですよね(笑) 大学教授らしく見えないといけませんし・・インディー・ジョーンズも一応考古学の教授ではあるんですけどね(笑)

紫の上さん
そうね〜特番ではダヴィンチ絵画の謎にせまったものが多く、人物相関図が少々ややこしいこの映画のストーリー展開の理解には役には立たないかも・・笑
宗教をもたないワタクシなどには違和感ない作品でも、関係者にとってはトンデモな話なんでしょうね〜って事は少しわかります・・

みはままさん
字幕だとどんな風かも気になります(爆)
原作は私はかなり娯楽大作をイメージしながら読んじゃったので(キャスト発表されてからだから余計に)違和感なく楽しめたんですよね〜この映画。
一部じゃないかもトム・ハン髪型!笑 
教授って多いけどなあんな感じ・・爆
Posted by マダムS at 2006年05月31日 13:40
マダム、やっと観て感想もアップアップして(^^;きました。
吹替えにしようか、私も迷ったのですけど、下巻読んですぐ!ってな鑑賞でしたので字幕で何とか!(笑;)
概ね私も、ダヴィコーの映像の世界を楽しんでまいりました。^^
何て言うか、はしょったトコは別としても、原作の方がハリウッドっぽい味付けだった気がして、映画の方が本当に重厚で感傷的でしたね。
私的に、ロン監督が原作読んで、最初ラングドン役をビル・バクストンでイメージしたってのを何処かで見て、キャスティングどうでも良し!って気になってしまいました。(笑;)
そういえば、TBの方、一気にさせて頂きました〜!(^o^)v
Posted by ラクサナ at 2006年06月01日 13:58
ラクサナさん
どうもですぅ〜 おっ今回はTB上手く行きましたでしょうかっ!?良かったぁ〜またこれからも懲りずに送って下さいませ(謝)
映画のほうは、そうなんですよねー原作読んでる時から思い切りハリウッドのアクション大作イメージしてましたんで(笑)出来上がってみればかえって大人しい感じだったかもしれないですね 私はもっとガンダルフ爺より若いイメージでしたしあの役は・・
ひゃ・・ビル・バクストンですかぁ?あはは・・それもまたいいかも!頼りなさげで汗かきながら一生懸命謎解きしそうですもの!あっはっは。
Posted by マダムS at 2006年06月02日 11:53
ドモドモー♪
先ほどは、TB、コメントをありがとうございました。

ワタクシ、原作未読派ですけど、キャスティングに異議有りでした。エヘヘ
ファーシュ警部は、原作者はジャン・レノを想定しながら書いた、と何処かで読んだのですが、確かにチェッキー・カリョも良いですねー!!
この人、大作にひょいひょいと出ていて良い味出してますものね。ウフフ
あと、関係ないですけど、ラングドンって変わった名前だなーと思ってみたり(・・・お菓子の名前みたいです。笑)
トム・ハンクスの微妙な長さの髪が気になりましが、原作でもそうだったのでせうか・・・・・?
Posted by Puff at 2006年06月04日 12:39
Puffさん
おっと、ダン・ブラウン氏はファーシュ警部をジャン・レノと最初からイメージして書いたの? そうなんだーなんだかもっとクセのありそうな感じだったので、私はちょっと違和感あったんですけどね〜
ラングドン教授はですね(ん?お菓子?)、一応40代って設定ですので原作では・・トムハン50歳なのでギリギリセーフですかねー髪については黒髪って以外は特に特徴は書いてないんですけど・・まあ大学教授ってちょっと長めのあんな髪型のイメージ強いですからね〜意識したんじゃないでしょうか(笑)
Posted by マダムS at 2006年06月04日 21:41
こんばんは☆
先日は私のブログにコメントありがとうございます♪
う〜ん、おっしゃるとおり、オドレイ・トトゥのチャーミングさは、この映画では発揮できなくって残念だけど、頭脳明晰で仕事のできる女の役も、けっこう似合っているなぁ〜と思いましたよ。
また遊びにまいりますね〜♪
Posted by Mon plaisir ☆ at 2006年06月06日 23:47
Mon plaisir ☆さん
いえいえ、こちらこそ! TBのお返しもしようと思ったんですが、出来なかったものでコメントだけ残してきました。
そうですか^^トトゥのこんな役も似合っていると思われましたか〜 「ロシアン・ドールズ」ではすっかり逞しいオバサンになっていたので(笑)これから役の幅を広げて益々活躍していって欲しい女優さんですよね♪
Posted by マダムS at 2006年06月07日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「ダ・ヴィンチ・コード」
Excerpt: 「The Da Vinci Code」2006 USA 監督と脚本は「ビューティフル・マインド/2001」のロン・ハワードとアキヴァ・ゴールドマン。原作はダン・ブラウン。主演のロバート・ラングドンに..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2006-05-25 22:17

ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt: 初日に鑑賞してきました。900ページに及ぶ原作を2時間半にまとめてあるのだから、本を読んだ者としては 「かなーり、はしょってますな」という感想です。大筋は原作通りですし??
Weblog: Prime time CINEMA
Tracked: 2006-05-25 22:50

ダ・ヴィンチ・コード 吹替え版で♪
Excerpt: 「ダ・ヴィンチ・コード」を見る! 友達と「映像に集中して見たいね」って話になり 吹替え版で見ることに。 きちんとした声優さんを使ってるし、 吹替えは英語の部分のみでフランス語他のところ..
Weblog: Chocolate Blog
Tracked: 2006-05-26 08:51

ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt: 爆発のない「ナショナル・トレジャー」(笑
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-05-26 10:12

ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt: ?? かわいいコックさんのシネマ・レビュー ?? 監督:ロン・ハワード 2006/アメリカ映画 *******************************************..
Weblog: かわいいコックさんの TALK TO
Tracked: 2006-05-26 13:18

『ダ・ヴィンチ・コード』 歴史に隠された謎の行方。
Excerpt: 本を読んだのは遠い昔。すでに「犯人誰だったっけ?」という 情けないレベル。それでも見ているうちに思い出すし、 足りなかった映像という部分を補ってもらうことができた。 カンヌで酷評された作・。確かに長か..
Weblog: キマグレなヒトリゴト
Tracked: 2006-05-26 13:54

CINEMA●STARR「ダ・ヴィンチ・コード」
Excerpt: 監督 ロン・ハワード 出演 トム・ハンクス、ジャン・レノ、オドレイ・トトゥ、他  ルーブル美術館の館長が、ダイイングメッセージを残し殺された。だがその死の裏には深い秘密が隠されていた。..
Weblog: しっかりエンターテイメント!
Tracked: 2006-05-26 14:51

ダ・ヴィンチコード
Excerpt: 私は例によって無謀にも原作を読まずしてこの作品に挑んだ。 原作に忠実であるらしいとのことなんで、ある意味それなりに話を知らなくても理解は出来るようになっているとは思った。 しかし予想通り内容は濃く、..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2006-05-26 15:26

『ダ・ヴィンチ・コード』
Excerpt: キリストの聖杯にまつわるいわずとしれたベストセラー小説の映画化。 映画化の話が伝わってきた時にちょうど原作を読んでいたのもあり注目していたので早々の鑑賞となりました。
Weblog: flicks review blog II
Tracked: 2006-05-26 16:17

『ダ・ヴィンチ・コード』2006・5・21に観ました
Excerpt: 『ダ・ヴィンチ・コード』 公式HPはこちら ●あらすじ ルーヴル美術館での館長殺人事件を発端に、フランス警察ファーシュ警部(ジャン・レノ)はハーバード大学教授ロバート・ラングドン(トム・ハ..
Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
Tracked: 2006-05-26 20:33

ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt: 「ダ・ヴィンチ・コード」 THE DA VINCI CODE/製作:2006年、
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-05-26 22:31

「ダ・ヴィンチ・コード」
Excerpt: カンヌ映画祭のプレス用試写では散々な言われようだった「ダ・ヴィンチ・コード」ですが、私は原作も読んでいたし、せっかくなので映画の方も観に行きました。 予告編を見た限りでは、こういうストーリーって..
Weblog: on va au cinema?
Tracked: 2006-05-26 22:40

[Movie] 壮大なる消費財の輪、ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt: 映画もう観ているのに、レビューを書く気もおきなかったので助かります。 「ダ・ヴィンチ・コード」にブーイングの嵐 ボクはこの世界的消費財の輪に既に70バーツ(210円)支払ってしまいましたが、皆さんは..
Weblog: タイで想う日々の日記
Tracked: 2006-05-26 23:19

ダ・ヴィンチ・コード/THE DA VINCI CODE
Excerpt: 甘かった。。。。 これほど原作を読んでから観れば良かった〜。と思った事もそうない。 いつも原作を読まずに、なるべく前知識ナシで観るワタシですが、、、、 読んだ人は皆面白いというし、 原作読まずに観る..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-05-27 09:05

映画〜ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt:  「ダ・ヴィンチ・コード」公式サイト   公開前どころか、映画化になる前から話題になっていたこの映画、やっと観てきました。     これって原作本のダイジェスト..
Weblog: きららのきらきら生活
Tracked: 2006-05-27 10:25

ダヴィンチ・コード(ネタバレあり)
Excerpt: 本日観てまいりました「ダヴィンチ・コード」!! 感想を一言で言うと 「予備知識なく見れるように一般大衆化された割に原作にそこそこ忠実で良くまとまってる」 かな。(↑全然一言で言ってないですね..
Weblog: エミの気紛れ日記
Tracked: 2006-05-27 16:31

ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt: コメント無きTBは削除させて頂きます。 映画「ダ・ヴィンチ・コード」オリジナル・サウンドトラックサントラ ユニバーサルクラシック 2006-05-17売り上げランキング : Amazonで詳しく見..
Weblog: cinema village
Tracked: 2006-05-27 20:15

「ダ・ヴィンチ・コード」
Excerpt: 監督:ロン・ハワード 脚本:アキヴァ・ゴールズマン 出演:トム・ハンクス 、オドレイ・トトゥ 、イアン・マッケラン 、アルフレッド・モリナ 、ジャン・レノ  いって参りました、..
Weblog: インサイド
Tracked: 2006-05-27 22:57

ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt: トップにシラスの画像を持ってくるのも、珍しい!? ってことも無いか・・・(^^;ヾ はい~『ダ・ヴィンチ・コード』観てまいりました! 原作は、およそ6ヶ月かけて読破! と言っても、読むのにかけた日..
Weblog: Welcome aboard!
Tracked: 2006-06-01 13:41

映画『ダ・ヴィンチ・コード』観に行きました!
Excerpt: 映画ダ・ヴィンチ・コード オフィシャル・ムービー・ブック角川メディアハウスこのアイテムの詳細を見る ついに、私も『ダ・ヴィンチ・コード』観に行きました!!! 公開後、世間の評判は、「小説の方がよかった..
Weblog: Mon plaisir ☆
Tracked: 2006-06-04 01:54

「ダ・ヴィンチ・コード」
Excerpt: 公式サイト シネマイクスピアリ、公開8日目初回です。 シアター5(361席)、20分前に着きましたが、休日なので結構入ってました。 土曜日なので初回は9:45分、休日にこんなに早く来た??
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-06-04 12:29

『ダ・ヴィンチ・コード』
Excerpt: ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。 ■監督 ロン・ハワード■脚本 アキヴァ・ゴールズマン■原作 ダン・ブラウン(「ダ・ヴィンチ・コード」)■キャスト トム・ハンクス、オドレイ・トト..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-06-04 23:03

ダヴィンチ・コード (Il Codice Da Vinci)
Excerpt: 私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点) 原作を読んだ後に観ると、謎解きの楽しみは失われますが、夜のルーヴルやパリそしてロンドンを舞台にした映画はよいなぁ。またパリに行きたくなりました。 ..
Weblog: amore spacey
Tracked: 2006-06-09 00:33

ダ・ビンチ・コード 06年105本目
Excerpt: ダ・ビンチ・コード これって、話題の映画?ですよね。 トム・ハンクス 主演、ロン・ハワード 監督。原作はダン・ブラウン のベストセラー、、、ぁ、原作はおもしろいのね?たぶん、、、 てなわけなさそう、..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-06-10 11:52

ダ・ヴィンチ・コード
Excerpt: http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/ あまり本を読まない私が珍しく読んだ本が原作となり、映画化された1本。 主人公にジョー..
Weblog: CinemA*s Cafe
Tracked: 2006-08-06 10:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。