2006年08月09日

『ゆれる』

ゆれる4.jpg泣けた、とても・・
この兄弟関係に自分たちを重ねて共感し、
目頭を熱くした観客は多いと思う。。

レディース・デイだったからか、
それとも口コミで評判が広がったからなのか?
公開してもう一ヶ月近く経つのに
満席立ち見が出ていました!
ストーリーは”火サス風”?だのに(失礼;)
「蛇イチゴ」の西川監督の演出が冴え渡っていたと思う。

ゆれる3.jpg『ゆれる』
2006年 日本
(2006年カンヌ国際映画祭監督週間正式出品)
監督/原案/脚本:西川美和「蛇イチゴ」
企画:是枝裕和「誰も知らない」
出演:オダギリジョー/香川照之/伊武雅刀/新井浩文/真木よう子/木村祐一
公式サイト

親の後を継ぎ、田舎でガソリン・スタンドを営む地味で堅実な大人しい兄と、
都会でカメラマンとして華々しく活躍し、女性にもモテモテの弟。
ビジュアル的にも他の面でも”持てる者”と”持たざる者”の違いは明らかだったが、
母親の一周忌に帰省した弟と普段から折り合いの悪い父親が激しい罵り合いをするのを、なんとかとりなす兄は、この街では”出来た人間”であり、腰が低く敵を作らぬ温和な男として通っている。

しかし、ある事件をきっかけに兄弟間の確執が噴出する。
それは、本人達も今までまったく意識しない内に積み重なったもの。 
法廷で、面会室で・・
何度か兄弟同士の行き詰る対決シーンがある。
そして、お互いの”揺れる”心が ある時は相手を助け、ある時は相手をドン底に突き落とす。
 
思えば、この映画がB級サスペンスに落ちずに上質の人間ドラマに仕上がったのは、芸達者な役者さんの素晴らしい演技もあるけれど、まだ30そこそこの監督が女性らしい感性で捉えた細かい描写が 台詞で説明しなくてもちゃんといちいち”語って”いて、観客を納得させる力があることでしょうか。 才能ある監督ですよね。

たとえば、宴席で人の粗相でこぼした酒を背中を丸くしてぬぐうお兄ちゃんのズボンの裾を汚す酒の雫。逮捕され、一人残され一回り小さくなってしまったような老いた父が、慣れない手つきで洗濯機から出す洗濯物がぐちゃぐちゃに絡まっている様などで、今まで家の商売の切り盛りから主婦役まで全部請け負っていたお兄ちゃんの大変さがわかるようになっている。

フィルムに残った幼き日の思い出に、弟は涙する・・
無邪気に助け合い、仲睦まじくじゃれあう二人・・
あの頃にはもう戻れないのだろうか?
ラスト、
弟の呼ぶ声に気がついた兄は あのバスに乗ると思いますか?
実家とは違う方向へ行くバスに。
皆さんはどう思われたでしょうか。

posted by マダムS at 22:43| Comment(20) | TrackBack(20) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
作成中ということですが、早々にTBさせていただきました。事件の(事故の?)真相はともかく、オトコ兄弟の微妙な関係を丁寧に表現していて、見ているこちら側が揺れにゆれました。記事を拝見してから又コメントさせていただきます。
Posted by Cartouche at 2006年08月10日 09:51
 Cartoucheさん  
ひっ! 未完成の記事にTB有難うございます!(笑)
昨日は2本観て、両方重い作品だったので、すっかり消耗してしまい・・未完のまま就寝〜でした。 完成致しましたら、Cartoucheさんのレビューも読ませて伺いにお邪魔致しますね!!
Posted by マダムS at 2006年08月10日 22:15
こんにちは!
ゆれてきましたでしょうか〜?
久々に邦画でうなりました。ってあまり見てないけど。笑
そうですね、細かい描写で逐一語ってました。
一見そういった事は当たり前すぎて気にもとめない点だと思いますけど。こういう細かい所からゆらいでくる人物の心理に映像から圧倒され、自分も揺るがせられてしまう感じでした。
子供の頃のようには…もう戻れない気もしますねえ。血は水より濃いですし。う〜、監督すごすぎ・・・


Posted by charlotte at 2006年08月11日 13:32
マダム♪

すごい映画だったよね〜
久々に心を射抜かれたというかなんというか。
オダジョーも良かったけど、香川さん本当に素晴らしかった。
田舎娘がちょっと欲張った為に、帰省した弟のちょっとした意地悪心が、
いや、3人揃った時点ですでに揺れ始めてたのかな・・・

色々この映画については考えてしまいますー。
最後・・・私はバスに乗ったと思うけど、どうだろうね〜
Posted by Chocolate at 2006年08月12日 09:07
こんにちは、jamsession123goです。
うらやましいですね。
jamsession123goの住む町ではまだ公開にはりません。
待ち遠しいです。
Posted by jamsession123go at 2006年08月12日 12:19
charlotte さん
ゆれましたゆれました! (笑)
台詞でいちいち説明が多かったら「B級サスペンス」に落ちちゃったと思うのね。映像で納得させるのが一流の映像作家だと思いますです。
邦画でもこういう若くて優秀な監督さんが増えるといいですよねーー

Chocolateさん
うんうん、凄かったねー
観た人同士で絶対語り合いたくなる映画でしたね♪
役者さんみんな良かったと思うし。
そうね、3人揃ったところでもう揺れてたね。
最後は駆け寄って抱き合ったりしたら”ハリウッド風”になっちゃうもんねー 笑

 jamsession123goさん
お住まいの地域ではこれからですか?
東京で評判が良いので、多分これから拡大公開されるような気もするんですが・・
早くご覧になれるといいですね〜
感想お待ちしておりまーす!!!
Posted by マダムS at 2006年08月12日 21:20
こんばんは。
この物語を火サス風に演出したバージョンも観てみたくなりましたー。
観ている時は事件の真相はどうでもよく心理のゆれに釘付けでしたが、10日経った今は真相が気になっています。(笑)
マダムは稔は助けようとした・落としたのどっちだと思いましたか?こっそり教えてください。私はそこでもゆれていますがー
Posted by かえる at 2006年08月13日 22:55
かえるさん
あっはっは、そうね〜”火サス”バージョンでも”時効警察”風でも観てみたいですわ(爆)
ひっ 真相。。?
私も登場人物たちと一緒に揺れ動いて観ていたので、深く考えもせずにあの最後の説明をそのまま信じましたが。。ち、違うの??汗;
Posted by マダムS at 2006年08月14日 10:59
マダムSさん、こんにちわ〜
反応が少々遅くなってゴメンなさい。
素晴らしかったですね、この作品。ジワジワと心に浸透していき、公開1ヶ月経った今でも色々と考えを巡らせてしまいます。
ラスト。バスには乗ったと思います。それでも、タップリと時間をかけてでも、兄弟の絆を取り戻してくれると信じています。
ところで、9日の何時の回ですか?アミューズCQN?私はですね、この日は有給を取って15:00〜の『神の左手 悪魔の右手』を観に行ってたので、またしてもすれ違っている可能性はありませんかねぇー?
Posted by 隣の評論家 at 2006年08月14日 11:58
 隣の評論家さん
いいえ、いいえ、そんな事気になさらないで下さいね〜 皆さん忙しいんですから、時間の空いた時にすればいいことですよー(^^)v
やはり、「バスに乗った」が圧倒的ですね〜
すぐに元通りの関係には戻れないでしょうから、仰るとおりゆっくり時間をかけるしかないですよね〜 
あ、隣の評論家さんは渋谷でしたか! ワタクシ今回は「ローズ〜」も観たかったので、新宿武蔵野館で2本でしたー! なんだか衝撃作二本立て!って感じでしたわ(笑) お互い同じようなテリトリーで動いてますよね(笑)
Posted by マダムS at 2006年08月14日 19:56
ほんと細かい描写が素晴らしかったです。こぼしたお酒の水、渓流の水、他にも”水”が印象的なシーンがいくつかありました。ラストはですね。う〜ん。乗りましたが、そう時間がかからずして仲直り。かな?兄、弟の兄弟のバランスは微妙なものですね。
Posted by Cartouche at 2006年08月19日 23:54
Cartouche さん
改めてコメント有難うございます♪
”水”そうでしたね〜 お兄ちゃんが初めて感情を高ぶらせてお客さんに歯向かった時、ホースの水が主を失って踊ってましたね〜
少し距離をおいてお互いに自分を見つめなおしてから・・また歩みよること・・必要かもしれませんね〜。
Posted by マダムS at 2006年08月20日 10:20
こんばんはー
ラスト気になりますよね。
あのバスが通り過ぎたら、そこに兄の姿があったのか?
凄く気になって気になって
香川照之の微笑みはどちらもとれる上手いもので、観客の多くが「頭かかえこんだ」と思います。
兄は帰宅したと考えたいけれど、バスに乗った気がするんです。
あの証言で壊れたものは、少しずつ時間をかけないと戻らないのかも…
Posted by 更紗 at 2006年09月10日 23:35
更紗さん
は〜い、そうですよね〜
皆さんやはりお兄ちゃんは乗ってしまったと。
私もそんな気がします。
ゆっくり時間をかけて自分を再生して欲しいよね〜
観客同士で語り合える作品っていいよね。
Posted by マダムS at 2006年09月11日 08:13
マダム、おはようございます。
サクサク鑑賞されていますねぇ〜
寒くなると「おうちで鑑賞」がイイ感じになります。
インフルエンザの季節に人込みに行くのは躊躇してしまったりね。
ところでこの作品、本当に素晴らしかったです!!
ラストはいろいろと思いが込み上げて来て胸がいっぱいになりました。
あの笑顔は昔のお兄ちゃんの笑顔だと思います。
西川監督、素晴らしい!!
Posted by カポ at 2006年11月10日 08:32
 カポさん
寒くなったら「おうち」ですよね〜♪
そうそう、これから流行り風邪なども心配ですし>人ごみ
もしかしてこれ、もうDVDになったのかしら?早いわぁ〜
お兄ちゃんの笑顔! カポさんは昔の兄弟関係に戻ったと思われたのね?
感想伺いにそちらに参りますわ♪(^^)v
Posted by マダムS at 2006年11月10日 09:57
こんにちは、jamsession123goです。
やっとこちらでも公開されたので観てきました。
あのバスに乗ったんでしょうか。
jamsession123goもいろいろ考えてみましたが、最後のシーンは、二人の関係が修復されたことを表すシーンとみたので、バスに乗っても乗らなくても二人の気持ちには変わりがないのではないだろうか、と思っています。
Posted by jamsession123go at 2006年11月23日 21:54
jamsession123go さん
こんにちは。
ご覧になれて良かったです♪
そうですね、私もバスの件は次第にどちらでも良くなりました。それは観る人におまかせしますという所でしょうか・・
二人の関係の修復の第一歩、と考えて良さそうですよね(^^)
Posted by マダムS at 2006年11月24日 08:37
こんばんは。
今ごろになって、この映画を観ました。
これは、まさに「ゆれる」映画ですね! いろんなものがゆれているなぁ、と思いながら観ていました。
すでに、指摘されておられますが、近頃(というか昔から)いちいちセリフで説明する映画が少なくないなかで、無駄なセリフが一つもなく、映像できちんと描写している点に、監督の才気を感じます。
ラストは見事ですね。あの終わり方はうまい。
>私もバスの件は次第にどちらでも良くなりました。
……僭越ながら、その「境地」こそが、映画「ゆれる」にふさわしいものだと思います(笑)。
Posted by syunpo at 2007年02月06日 22:41
syunpo さん
こんにちは♪
トラコメ有難うございます!
西川監督、これから楽しみな監督ですよね。
DVDでご覧になったのでしょうか?それともヨコハマ映画祭かしら〜?
そちらに伺いますね^^
Posted by マダムS at 2007年02月07日 10:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

*ゆれる*
Excerpt: {{{    ***STORY***             2006年   日本 東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛。母の一周忌に久々に帰郷した彼は、そこで父と共にガソリンスタンドを..
Weblog: Cartouche
Tracked: 2006-08-10 09:46

『ゆれる』
Excerpt: ゆれた・・・西川美和というその名前を確実に認識したのは、私がお願いした「夢の映画バトン」 の記事で、-ソウウツおかげでFLASHBACK現象-の現象さんが"S臭が香る監督・西川美和を相手に感情を激しく..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-08-10 11:46

ゆれる
Excerpt: 東京で写真家として名を上げている弟の猛(オダギリジョー) 地元で家業のガソリンスタンドを継ぐ兄の稔(香川照之) そして二人の幼なじみの智恵子(真木よう子) この三人をめぐるサスペンス。ただのサスペン..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2006-08-11 13:33

ゆれる
Excerpt: 週末は大変混雑している様なので、平日見に行ってきました。 学生さんが夏休みなせいか、平日でも8割ぐらいの客入り。 この作品は大当たりですね。 「ゆれる」 地方に残った兄の稔と田舎を離れた弟の猛。 ..
Weblog: Chocolate Blog
Tracked: 2006-08-12 08:55

ゆれる
Excerpt: 「ゆれる」製作:2006年、日本 119分 監督:西川美和 出演:オダギリジョー
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-08-14 11:43

「 ゆ れ る 」
Excerpt: 東京でカメラマンとして活躍する弟。実家に残り、家業と父親の世話に明け暮れる兄。対照的な兄弟、だが二人は互いを尊敬していた、あの事件が起こるまでは…。(「BOOK」データベースより) 『蛇イチゴ』の監..
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-08-22 12:43

私が棄てた男 映画『ゆれる』
Excerpt:  真木よう子さん彼女が演じる川端智恵子は、内に欲望や願望を秘めながらも、日頃は感情の露出を抑えて、慎ましく生きようとしている、または、そうあろうとしているように見える女性。現状から抜け出したい、今より..
Weblog: 海から始まる!?
Tracked: 2006-09-03 01:45

兄が内に秘めるモノ。弟が内に秘めるモノ。『ゆれる』
Excerpt: 山梨の実家にあるガソリンスタンドを継いだ兄と、東京に出てカメラマンとして成功した弟の、ある事件をめぐる物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2006-09-03 10:20

ゆれる
Excerpt: 公開されてから見に行きたいと思いつつ、やっと見に行けた「ゆれる」。 なかなか感じた事を言葉にするのが難しい。稔と猛の2人(この映画では兄弟)の心の動きが様々な角度から
Weblog: Schicksal
Tracked: 2006-09-03 22:50

ゆれる
Excerpt: ゆれる西川 美和 ポプラ社 2006-06売り上げランキング : 41604おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 更紗評/オダギリジョーすっかり主役はれる俳優になったなー..
Weblog: cinema village
Tracked: 2006-09-10 23:11

ゆれる
Excerpt: 写真家として成功した猛は 母の一周忌のために故郷に戻った。 そこで待ち受けていたのは 母親の葬式にも戻らず東京で気侭に一人暮らしをする猛に対する父親の激しい罵倒の言葉。 それを取り成してくれる..
Weblog: deux et deux
Tracked: 2006-11-10 08:45

『ゆれる』
Excerpt: あの橋を渡るまで、兄弟でした。     ■監督・原案・脚本 西川美和■キャスト オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、蟹江敬三、 木村祐一、田口トモロヲ、..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-11-14 21:38

映画のご紹介(213) ゆれる
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(213) ゆれる-二人の役者の演技の力強さがみえた。 オダギリジョーといえば、ちょっと変わった映画に出..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-11-23 22:07

ゆれる
Excerpt: 出演 オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀 ほか 母の一周期で帰省する。 猛(オダ
Weblog: いろいろと
Tracked: 2006-12-13 23:05

ゆれる
Excerpt: 散々観よう観ようと思いつつ後回しにしてしまった作品です。気が付いたら終わっていました。仕事休んでも横浜映画祭行こうかとも考えたのですが、やってくれて良かったです。 もちろん、オダギリジョーなんかでは..
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2007-01-17 00:04

映画『ゆれる』
Excerpt:  迂闊にも封切公開時に見逃してしまった西川美和監督の『ゆれる』を遅ればせながら観る。年度末の各媒体のベストテンでいずれも上位に名乗りをあげているのを見て、「2007朝日ベストテン映画祭」(中之島・リサ..
Weblog: コラムニスト宣言
Tracked: 2007-02-06 22:42

映画レビュー#41「ゆれる」
Excerpt: 基本情報 「ゆれる」(2006、日本) 監督:西川美和(蛇イチゴ) 脚本:西川美和 制作:熊谷喜一 企画:是枝裕和 出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、真木よう子、新井浩文、蟹江敬三、木村祐一..
Weblog: Production Rif-Raf
Tracked: 2007-03-06 00:47

DVD “ゆれる”
Excerpt: ゆれる/オダギリジョー ¥3,120 Amazon.co.jp   2人の兄弟。   弟は、東京でフリーカメラマンをしている。   兄は、田舎で実家のガソリンスタンドを継い..
Weblog: 小さな心の旅
Tracked: 2007-03-13 12:02

≪ゆれる≫(DVDレンタル@2008/01/01)
Excerpt: 元旦の昼は<バーミヤン> で食事した後にすぐ隣にあるレンタル店へ 今年一本目の映画に何を観ようかと悩んだ結果… ゆれる まぁ、暗めで正月っぽくはな..
Weblog: ミーガと映画と… -Have a good movie-
Tracked: 2008-01-15 16:30

映画「ゆれる」
Excerpt: 監督:西川美和(ググったら カワイイ人で驚いたですよ賞 受賞) 出演:オダギリジョー(◎)香川照之(絶品!) 真木よう子  出演:木村祐一(とてもいいエッセンス)伊武雅刀    東京で写真..
Weblog: おそらく見聞録
Tracked: 2009-09-13 00:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。