2006年09月02日

第63回 ヴェネチア映画祭始まりましたね

ヴェネツィア映画祭.jpg今年もまた始まっているようですね、
ヴェネチア映画祭!!
期間:8月30日〜9月9日  公式サイト
7月に旅行で行ったヴェネチアですから、今年は思い入れもひとしおです♪
宿泊したのは本島なので、会場のリド島へは行けなかったのが残念なんですが。。

blackdaliaベネツィア.jpgオープニングは日本でも10月14日からの公開が決まっているブライアン・デ・パルマ監督の『ブラック・ダリア』
なんだかティーン・エージャーみたいなスカーレット・ヨハンソンと監督、ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカートの顔が見えます。
その他にも今をときめく監督や俳優さん達の作品が目白押し! 昨年の金獅子賞は「ブロークバック・マウンテン」である事からも、来年のアカデミー賞に絡む作品もまた出てくる期待が高まりますよね〜その世界初のお披露目の機会となります。 
hollywoodland.jpg←こちらは会場入りした『Hollywoodland』エイドリアン・ブロディ、ベン・アフレック、ダイアン・レイン、ボブ・ホスキンス。
初代スーパーマン俳優=ジョージ・リーブスの死の真相に迫るミステリー映画で、「〜リターンズ」でスーパーマンを懐かしんだばかりの私達にはちょっと興味ある内容ですねぇ。。

その他にも、「家の鍵」も記憶に新しいジャンニ・アメリオ監督の『La stella che non c'è 』や、ダーレン・アロノフスキー監督でヒュー・ジャックマン、レイチェル・ワイズ主演の『The Fountain』、シャルロット・ゲンズブール主演の『Nuovomondo』、スティーブン・フリアーズの『The Queen』などなど・・気になってます。
日本からもオダギリ・ジョー君の『蟲師』はじめ6本がコンペティション部門とそれ以外の部門に出品されますので注目ですねexclamation
コンペティション部門出品作 21作品

★出品作の詳細はこちらのサイト様がとても詳しく紹介して下さっているので、是非参考にされて下さいね。→「海から始まる!?」

★また、今年も授賞式(日本時間10日午後11時)の模様などがTV放送されますので、見られる環境にある方は是非!楽しもうではありませんかわーい(嬉しい顔)
放映チャンネル=MoviePlus
この記事へのコメント
始まったね〜映画祭。

ムービープラスでカンヌに続き特集するんだー。
うちは見られるので是非チェックしてみまーす。
Posted by Chocolate at 2006年09月02日 23:37
烈 Chocolate さん
ですね〜映画祭!
いよいよ日本でも映画祭の季節ですよね〜なんかワクワクしてます。
カンヌはあまりに芸術的?&個人趣味?過ぎて、おバカな私にはかなり敷居の高さを感じるんですが、ヴェネチアは案外庶民的なもの感じるので好きなんです♪
ムービープラス観ましょうね^^
Posted by マダムS at 2006年09月03日 09:38
マダム〜♪ おはようございます〜m(__)m
ヴェネチアってジョニーが出ている時くらいしかチェックしていなかったけど(笑)今年は注目度も高いようですね。
私も珍しくチェックしてましたw

フリアーズの新作やユペール主演作なんかが早く観たいです〜。
ムービープラスの事、教えて下さってありがとうございます。
私もチェックします〜♪
Posted by ゆーこ。 at 2006年09月04日 09:48
烈 ゆーこさん
は〜い、おはようございま〜す♪
今年はジョニーの姿が無くて寂しいですねぇ(TT)
でも超豪華なラインナップなので、飛んで行って全部みた〜いでっす!!
フリアーズはヘレンミレンが女王ってことで、ダイアナ妃の非業の死の真相?ちょっとイギリス皇室の内情なども興味ありますよねぇ! サスペンスタッチだと面白いと思うんだけど。
ユペールのは あらすじ見る限りではいかにもフランス映画っぽいですね〜^^ゆーこさん好みかも(笑)
授賞式、見ましょうね〜
特集上映される「父帰る」も観なくちゃと思っております!!
Posted by マダムS at 2006年09月04日 11:01
ひゃひゃひゃ〜出遅れた!(焦;)
コメント有難うございました。
ジョシュ&スカちゃんはデ・パルマの『ブラック・ダリア』なんですね〜!
(ホントにこの二人って・・? ^^;)
アーロン・エッカートとの共演も楽しみ♪
『Hollywoodland』のベンの胸板も、心なしかスーパーマンに見えないこともない!?
(笑;)
私もムービー・プラスでの授賞式観させてもらいます!(嬉)
2003年の受賞作品、ロシアの『父帰る』も放送あるんですね!
これは残念ながら劇場で観られずにDVD鑑賞でしたが、かなり深く記憶に残る秀作でした。
Posted by ラクサナ at 2006年09月04日 16:09
烈 ラクサナさん
こんばんにゃ〜♪
ひゃひゃ♪ 今回は毎日公式サイト覗くのが楽しみでございますよ!
そうなんですよ〜ラク様に教えて頂いた「ハリウッドランド」が出品されてましたんで驚いてお知らせにあがった次第です。
これは絶対日本でも公開されるでしょうな。 ベンちゃんも体鍛えて臨んだんでしょうかしらん・・ワイヤー吊りも経験ずみだし今回はそんなシーンもあるんでしょうかね?
「父帰る」は秀作でしたか! 私も今度こそ見逃さないようにしたいと思います。
Posted by マダムS at 2006年09月04日 19:16
マダムSさま、こんばんは。

イタリア旅行、良かったですねーうらやましいですー。
それにしても、映画お詳しいです。コメントの皆様も。参考にさせていただきますね。よろしく、お願いします。
Posted by 雪華 at 2006年09月04日 22:19
烈 雪華さん
こんにちは♪
イタリア、良かったですよ^^
お暇な折に旅行記も覗いて見て下さいね♪
http://amorematte.exblog.jp/i10
いえいえ、まだまだ映画ファンとしてはヒヨッコの段階ですよ〜私などは。
詳しい方はもっと他に沢山いらっしゃいますよ(^^;)
ここでは楽しく皆さんとおしゃべりする事を目的としてますので、遠慮なくいつでも寄ってみて下さいね♪
Posted by マダムS at 2006年09月05日 08:35
マダム〜TBありがとうございました!
こちらからも愛のTB返し〜(^o^)丿

何年か前にヴェネチアを訪れたときには冬でしてね(^_^;)。正直心底寒かったです…。もう一度気候のよい時期に行ってみとうございますねえ。
リド島もなかなかいいとこみたいですね。今はセレブが多数駆けつけ、さぞかし華やかになっているでしょうね。
デ・パルマ監督の復活に期待したいですよ。ここ数作の低迷振りは、往年のファンには悲しいものがありましたから…。
Posted by 豆酢 at 2006年09月05日 16:26
烈 豆酢さん
こんばんは〜♪ こちらこそお返し有難うございます(^^)v
おお、豆酢さんは冬のヴェネチアでしたか! 緯度でいうと日本の稚内と同じ位ですよね? うう・・寒いでしょうね。次回は是非この映画祭に合わせて行ってみたいですよね^^って一般人は上陸させて貰えないかしらん(汗;)
「ブラック・ダリア」早く観たいですねん♪
Posted by マダムS at 2006年09月05日 20:08
こんばんは〜。
うちはCSないので残念ですが、マダムのレポート楽しみにしております(笑)。
ヴェネチアに行かれたのですね。いいなあ〜。
今日は葉月里緒奈の記事を読みましたが、彼女はやめたかと思うと復活してますね(笑)
フリアーズの新作は観てみたいなーと思います。最近、ヘレン・ミレンの作品を観たばかりなので(オリヴィエ・マルティネス絡みで笑)。
Posted by わかば at 2006年09月05日 23:33
烈 わかばさん
こんにちは〜♪
そうですかー CSやBSは映画ファンには観始めたら止められないという麻薬のようなモンですから、無い方がいいかもしれませ〜ん(笑)
な、なんですって〜? は、葉月里緒奈?
ああ今日はまだニュース見てませんでしたわ、これからちょっと覗いてきますね
おっと、マル君のですか?感想聞かせて下さいね(^^)b
Posted by マダムS at 2006年09月06日 07:58
こんにちは♪〜
映画祭が始まったようですね?
本島の宿泊先が満室という事で急遽我々グループ(25名)だけがこのリド島・ウェスティン泊でした。真夏と映画祭の時だけ賑わう島で、普段は会場も厚い扉が閉まっており、説明されてもあれが??という感じでしたよ!でも、今は???ここの画像と写真を見ながら想像力を膨らませております(笑)♪〜
【トランスアメリカ】観て来ましたよ。
なかなか面白かったです。
ハフマンの演技最高でしたね。
Posted by Doll洋 at 2006年09月06日 17:38
☆マダムSさん、こんばんは!

ヴェネチア映画祭、昨年がどうだったかはチェックに至っていないのですが、今年はこの映画祭で初御披露目となる映画がコンペ部門に揃ったようですね。これは、主催者側にとってはリスクはあるものの、マスコミ、批評家を中心とする観客に取っては最高にスリリングでしょうね。

>会場のリド島へは行けなかったのが残念なんですが。。

僕も一映画ファンとして、リド島、ヴェネチアの街はもとより、イタリアには訪ねて見たい場所が少なからずありますねぇ…。

しかし、今回のコンペに出揃った作品も多彩ですよね…、日本のアニメーション映画があれば、ハリウッド大家(―僕としてはデ・パルマを指しています^^)の作品があり、老巨匠たるアラン・レネの新作があれば、果ては、ストローブ=ユイレの新作まであって、この多様なラインナップは一言で言いくるめられないなぁ…。

>『Hollywoodland』

これは、あちこちでチラチラ見聞きする限りですと、とても心惹かれる内容を扱った映画ですね。

僕は、今回のラインアップ中ですと、この、『Hollywoodland』、『ブラック・ダリア』はもとより、スティーヴン・フリアーズの新作“The Queen”、ジョニー・トーの“Exiled”などに、特に心惹かれています。

金獅子賞の栄冠はいずれの作品に輝くことか、興味津々です!
Posted by ダーリン/Oh-Well at 2006年09月07日 00:10
烈Doll洋さん
こんにちは〜♪
おおぅ〜!そうでしたそうでした!Doll洋さまは リド島にお泊りでしたよねっ! 羨まし過ぎです!! 
そうですか、普段は静かな島なんですね?
オフ・シーズンに”ホテル・デ・バン”に泊まってみたいです一度は(笑)
今年は話題作が多いので受賞結果も楽しみですね^^
「トランス〜」ご覧になりましたか!後で感想伺いに参りますね(^^)v

烈ダーリン/Oh-Wellさん
こんにちは♪
トラックバックとコメントも有難うございます!
おっしゃるとおり、今年はとっても豪華なラインナップで、受賞の行方も気になりますよねぇ! 人気監督とスターを揃えたハリウッド陣に、イタリア、フランスなどの巨匠が揃ったヨーロッパチーム、アジアの才能も光りそうですし!!
『Hollywoodland』はちょうど「スーパーマン・リターンズ」を観たばかりで、TVのスーパーマンを懐かしく思い出していたところなので、余計に気になります。
ジョニー・トーは、お名前だけは十分存じ上げているのですが、残念ながら作品を観た事がないんですよぉ〜 何かお勧めありますか?
受賞結果、楽しみですね♪
Posted by マダムS at 2006年09月07日 08:28
☆マダムSさん、こんばんは!

授賞式、日本時間の未明に行われるようですね。

今年の「金獅子賞」がどの作品にもたらされるかなどは、この映画祭で初御披露目の映画ばかりな訳ですから、今回は特に予測がつきませんね。だからこそ、“Holywoodland”や“The Queen”が取ろうが、また、ジョニー・トーの新作、ツァイ・ミンリャンの新作が取ろうが、ストローブ=ユイレの新作が取ろうが、何であれ、スリリングに受け止められそうです^^

ともかく、起床した頃には、ウェブ上などで受賞結果が分かるのかな?

>ジョニー・トーは、お名前だけは十分存じ上げているのですが、
>残念ながら作品を観た事がないんですよぉ〜 何かお勧めありますか?

僕もホンの3本くらいしか見ていなくて殆ど大したことを語れないのですが、

すばり^^「最高」と僕なりに言えるものが、『ザ・ミッション 非情の掟』という1999年にトー監督が撮った映画。僕に取っては香港暗黒映画、ハードボイルド・アクションの逸品と云ったものです。
(―ただ、あるいは、余りに男心に来る作品に過ぎるかとも思え、或る程度香港映画のスターに好意を寄せていないと、一般の女性映画ファンには響かないものがあるかなとは思えもします…)

ちょろっと、本作にも触れた直近のエントリーがありますので後ほどTBさせてくださいませ。

それではまた〜♪^^
Posted by ダーリン/Oh-Well at 2006年09月10日 00:25
烈 ダーリン/Oh-Well さん
わぁ〜すいません! 度々ご足労下さいまして有難うございます!
にゃにゃんと〜 本当にスリリングな結果となりましたね!
今、公式ページを確認して速報記事をアップしたところです。
ジョニー・トー監督については そちらに伺いますね〜
Posted by マダムS at 2006年09月10日 09:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ジュテーム・シネマ・フェスティバル
Excerpt: 第63回ベネチア国際映画祭が始まりましたね。 昨年の金獅子賞が『ブロークバック・マウンテン』で出品された作品がアカデミー賞やカンヌでも評判だったため今年の注目度は例年の比ではないそう。 ど..
Weblog: be-in
Tracked: 2006-09-04 12:00

第63回ヴェネチア映画祭スタート
Excerpt: 日本でも馴染みの深い3大国際映画祭のひとつ、ヴェネチア映画祭が8月30日から9月9日の期間をもって開催されます。 実は個人的には、他のカンヌやベルリンよりも、ヴェネチアで上映されるラインナップの..
Weblog: Director's Chair
Tracked: 2006-09-05 16:21

ヴェネチア国際映画祭2006ラインナップ
Excerpt: コンペ部門のラインナップ、日本語(Allcinema) 本家ヴェネチア映画祭のサイト  どうでもいいけど、ヴェネチアのサイト、見にくいですね。カンヌの方が絶対見やすい。いいんですけど。  今..
Weblog: working title -annex-
Tracked: 2006-09-05 23:26

■〔映画雑談Vol.23〕今秋公開の新作映画あれこれ鑑賞前メモ―その1(前篇)
Excerpt: 1.『プラダを着た悪魔(2006/デヴィッド・フランケル)』≪→こちら≫ 2.『ブラック・ダリア(2006/ブライアン・デ・パルマ)』≪→こちら≫ 3.『LOFT ロフト(2006/黒沢清)』..
Weblog: 太陽がくれた季節
Tracked: 2006-09-06 23:52

■〔映画雑談Vol.24〕「2006年・第63回ヴェネチア国際映画祭」関連メモ―その2 & mo...
Excerpt: 〔??〕ついに、『メトロポリス』(1927/フリッツ・ラング)のDVD発売!!! 〔??〕「2006年・第63回ヴェネチア国際映画祭」関連メモ―その2(※授賞式放映予定、デヴィッド・リンチ監督関連、..
Weblog: 太陽がくれた季節
Tracked: 2006-09-10 00:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。