2006年09月07日

『グエムル 漢江の怪物』

ポン・ジュノ監督が、かいぶつーっ!?
以前鑑賞した作品『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』の2本がお気に入りだった事もあり、普段はクリーチャーもの苦手なのに・・頑張って観てきました〜ふらふら

グエムル3.jpg『グエムル 漢江の怪物』(原題:THE HOST)
2006年/韓国
監督/脚本:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ/ピョン・ヒボン/パク・ヘイル/ペ・ドゥナ/コ・アソン
公式サイト

原題が示すように、
怖いのは怪物よりも別の事?がテーマでしょうか。。。

パニックムービーでありながら、この監督らしいプッと噴出すシーンありでまずまずの面白さでしたが、出世して巨額の製作費が自由に使えるようになるとどうしても"いまどきの最先端技術を使ったCG”を「使ってみたくなるのね〜あ〜あ」という感想がどうしても残ってしまった。
グエムル2.jpg<Story>**************************
ソウル市を南北に分けて悠々と流れる大河=漢江(ハンガン)。ある日、在韓米軍病院のアメリカ人院長に命じられ、部下が古くなった劇薬を全部川に流してしまう。そして、数年後・・。魚が突然変異した巨大怪物が突如現われ、のどかに休日を楽しむ観光客を次々に襲う! 
河川敷で売店を営むパク家の長男カンドゥ(ソン・ガンホ)は、中学生の娘ヒョンソ(コ・アソン)を連れて逃げているうちに手が離れ、怪物にさらわれてしまう。カンドゥは家長の父親、アーチェリーの銅メダリストである妹ナムジュ(ペ・ドゥナ)、大学出のフリーターの次男らと共に、怪物が持っているウイルスに感染した疑いで病院に隔離されていたが、携帯電話に娘からの連絡が入ったことから一家で脱出! ヒョンソ救出の為に追っ手を逃れ、怪物と対決する・・
**************************
グエムル1.jpg色んなSFパニック・ムービーのごった煮みたいな作品で楽しいんだけれども、ちょっと焦点がボケちゃったかなぁ・・家族の絆を中心に突然の侵略者への恐怖を描いた「宇宙戦争」みたいなシリアス路線か、核が生んだ「ゴジラ」とか、欲に目がくらんだ人間の我侭で不幸な結末を遂げる「キング・コング」みたいなメッセージ性のある娯楽作品か、コメディに徹した「マーズ・アタック」などの方が 変な言い方かもしれませんけど安心して観られるかも・・。

でもまあ、人生とは皮肉なもの。
お祖父ちゃんいわく「子供の頃ロクな物食べさせないで、たんぱく質不足で頭が弱くなった」長男カンドゥがこれからも飄々と長生きしそうだ。

ソン・ガンホ氏は 以前ここでも言ったかもしれませんが、ご本人はとっても頭も体もスマートな俳優さんで大好きなんですが、役作りでわざと太ったりダサい風体にしてばっかりで〜ファンとしてはたまには颯爽と格好いいソン氏も見たいものです。
ペ・ドゥナ嬢は 今までの可愛い女子校生イメージから脱却しようとしているのかなー 随分大人っぽくなりましたね^^ 




posted by マダムS at 13:38| Comment(21) | TrackBack(35) | アジア映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんちわん♪
TBとコメントありがとうございました。
うんうん、わたしも焦点ボケに同感です。相変わらず時折盛り込まれるC調のりのプッ…っていうギャグはおもしろいんだけど、ちょっとポンさんにしては脚本の練りが足りないというか、盛り込んであったものが編集の時点で大量カットされたのかは分からないけれど(特に最後のほうとか)君の実力はこんなものじゃないだろーって思いました。
もしかしたらディレクターズカットとかはすごいのかも知れないですね。
Posted by M. at 2006年09月07日 15:41
マダム

こんにちわっ。
早速飛んできましたよん。
そっかー、マダム的にはイマイチ乗り切れなかったのね。
私は結構好きなんだよね〜こういうの。
焦点ボケしたのね〜私はこの映画は
怪獣パニックムービーじゃなくて、
家族ドラマだと思ったので焦点ボケはしなかったよん。
怪物は添え物って感じでね。(^.^)

これきっと完全版DVDとか出ると思うんだよね〜
そしたら買いだな〜

TBさせていただきまーす。
Posted by Chocolate at 2006年09月07日 15:56
面白かったですが、そうですね?焦点はボケていたかも?です。
スマートなソン・ガンホの作品があったときは、お知らせ下さいね?(笑)♪〜
Posted by Doll洋 at 2006年09月07日 17:52
嶺 M.さん
そうなんですよ〜 新聞評でも★5つで大絶賛されていたんで、期待し過ぎちゃったのも良くなかったかもですが・・
俳優さんもポン組というか、お気に入り俳優達が決まってきているようですし、そういった楽しみはあるんですけどね^^
でもブツブツ言いながら、面白かったのは事実です(笑)
ディレクターズカット版があるのなら見てみたいでし。
 
嶺 Chocolateさん
 >パニックムービーじゃなくて、家族ドラマ
うん、うんそうだよね^^
食事のシーンにそこにいないはずのヒョンソがひょっこり現れて、みんなでご飯食べさせてあげるシーンなんかはホロリとさせて上手いな〜と思いましたよ。
完全版ね、出来るかもね でもなんかその前に続編とか作りそうな気配ないすか?

嶺 Doll洋さん
はい、面白かったんですが、
ちょっと文句も・・笑
数年前に「JSA」の試写会で舞台挨拶に来られたガンホ氏がとってもステキだったもので・・スクリーンの中でもそんなガンホさん見たいです♪
Posted by マダムS at 2006年09月07日 21:51
マダムさま☆

こちらにもTBしちゃいますぅ☆
なぜからワタシはお気に入りだから♪
食い入るように観てしまいました。
そういえば「宇宙戦争」も「キングコング」も「マーズアタック」も観ていません。
韓国映画だから観ちゃったのかも!あの中途半端な笑いもなんだかな〜なんて思いながら好きだったり☆
でもコレが歴代1位な韓国という国にはオドロキです!
Posted by きらら at 2006年09月07日 22:26
嶺 きららさん
同じ時間に書き込みしてるみたいね(笑)
韓国映画お好きなんですね?♪お気に入りだったようで良かったですね〜
いえ、私も最後まで食い入るように観ちゃいましたよっ! なんのかんの文句言ってても楽しんでたんだと思います(爆)
ちょっとラストが納得いかなかったせいもあって、シュンとしてしまいました。
今現在、韓国でも上映中なんですね? 大ヒットなんですね〜!
Posted by マダムS at 2006年09月07日 22:41
お邪魔します。
ちょっとごった煮状態みたいになってしまったのが残念でしたね。
いろんなことを描きたかったんだという監督の思いなのでしょうが、もう少し焦点を絞ってもよかったかもしれませんでした。

ミチさんのところかから飛んできたのですが、ホウ・シャオシェンに引かれて、そっちにも書き込みさせてもらいますね。
Posted by sakurai at 2006年09月08日 11:40
マダムSさん、こんばんは!
夏休みから復帰いたしました(笑)

私もパニックムービーは苦手なのですが、
ポン・ジュノ監督作品であり、我らがガンホ氏主演ということで楽しみにして行って来ました〜

私はごった煮が好きなのかもしれません(爆)
怪物という想像物を使って伝えようとしていた監督のメッセージ、妙にリアルな部分もあったり、ありえないぐらいのローテクもあったりとシリアスになりすぎないところがよかったと思ってます。

マダムSさんもガンホ氏のファンでいらっしゃったんですね〜
私も好きですが、ダメっぽいところにとても親近感を覚えます(爆)
Posted by リーチェン at 2006年09月08日 20:38
こんにちは♪
確かにごった煮でしたね〜。
そこが韓国らしいところで、好き嫌いの別れるところかもしれません。
特にあの笑いには・・・。
ソン・ガンホは見るたびに顔が大きく、身体も太くなっているような・・(汗)
「シュリ」のころとは別人みたい。
りりしい役も、おバカな役も出来て素晴らしいです!
Posted by ミチ at 2006年09月08日 22:09
ふっふっふ。
私は生ガンホ様を拝んで参りましたよぉ〜ルン♪
実物は、映画の中とはまるで違う落ち着いた大人の男でした。本物の俳優さんという感じがしました。TシャツとGパンに取り合えずジャケットを羽織っているだけなのですが、その辺のオッチャンよりも素敵でしたよぉ。
現在の私の理想の男性は、ソン・ガンホ様なのです。「一筆書きみたいな顔」だと馬鹿にされようとも大好きなのです。
Posted by 隣の評論家 at 2006年09月08日 22:22
嶺 sakurai さん
こんにちは!初めまして?ですよね?
ようこそいらっしゃいました♪嬉しいです♪
そうなんですよね〜 ポン監督は公務員がどうもキライみたいですから(笑)、いつも矛先が”お役所仕事”に行くワケで。アンド環境問題やら学歴社会への批判やら、家族愛!とどうも思いが多過ぎのところへもってきて、多額の予算が与えられてついやり過ぎちゃった!ってな気がしたんですよね〜何もクリーチャー使わなくてもとつい思っちゃいまして(汗;)
ホウ監督お好きですか!?それは嬉しい♪
書き込み大歓迎でございますぅ〜

嶺 リーチェン さん
夏休みからお帰りなさい!
そうそう、そうなんですよ〜私も「ポン監督でソン・ガンホさんだから」観に行ったようなもんで、そうでなければスルーしていたジャンルなんです(笑)
おお、リーチェンさんは気に入られたようで良かったです♪ 色々盛りだくさんで飽きさせないのはさすがだと思いましたよ!! クリーチャーものは大概途中で飽きて寝ちゃう私が最後まで起きてましたもの!(爆)
ガンホさん、いい俳優さんだと思ってますよ〜 あの個性的な持ち味が良いです♪韓国のジェフ・ブリッジスみたいになるといいなあと思ってます♪

嶺 ミチさん
TB返しとコメント有難うございます〜♪
そうですね〜とっても評価していらっしゃる方も多いので、私がひねくれ者なのかなとも思えてきました(笑)日経新聞でも絶賛してましたし。
ポン監督の笑いのツボは決して嫌いではなくて、むしろ私は好きな方で、今作も時折ぷっと笑ったり、途中何度もしみじみしたり結構楽しんで観ているんですけどね〜終ってみればなんだか不満が残ってしまって(汗;)
ガンホさん、「シュリ」ではもっとスマートでしたよね^^「殺人の追憶」ではわざと田舎の刑事っぽく太ったという話ですから、今回も役作りでしょうね〜 色んな役が出来る素晴らしい俳優さんですよね(^^)v
Posted by マダムS at 2006年09月08日 22:49
嶺 隣の評論家さん
おっ!? この映画の舞台挨拶か何かで 生ガンホ様拝んでいらしたのね!?
ステキでしたでしょう?実物!!
へっへっへ。実は私も5、6年位前だったか?「JSA」の試写会でお会いしてるのですよーー生ヨンエさんも。 なので、彼が本当はとっても知的でステキな俳優さんだとよっく存じておりまする・・(笑)
役によってあんなに顔つきまで変わるなんて素晴らしいですよね〜♪
Posted by マダムS at 2006年09月08日 22:59
TBありがとうございました!
私も、クリーチャーもの大っ嫌いなんですが、頑張って見て来ました(笑)。
あの肩透かしを食らわせるような「独特の笑い」が苦手な方、多いようですね。
社会風刺やらエンタメやら家族愛やらの「ごった煮」感に戸惑う意見も多数拝見しました。
私は、もっぱら「ダメダメ家族奮闘記」として楽しんだので、
怪物映画とは思っていません(笑)。
Posted by ゆっこ at 2006年09月10日 19:04
こんばんはー。
この作品のよさは、やっぱ、
風刺のきいたシニカルな笑いなんで、そこがダメな人には合わないよね。
一大事といえるときに「袖の下」を要求する役人とか、在韓米軍への皮肉とか、それでも、しっかりと家族愛を描きつつ、ラストは決してハッピイエンドではないのも、ポン・ジュノ監督らしい。
Posted by 更紗 at 2006年09月10日 23:04
嶺ゆっこさん
こんにちは〜♪
 >あの肩透かしを食らわせるような「独特の笑い」
それ、私キライじゃないんですけどね〜
なんだかいま一つピンとこなかったんですよ今回は。
そっか〜クリーチャーがダメで良く味わってなかったのかしら私(爆)

嶺更紗さん
こんにちは〜♪
>風刺のきいたシニカルな笑い
ポン監督の持ち味ですよね〜大好きなんですよそれ。
んでも今回はそれがお金をかけて作った分、埋もれちゃったような気がしてしまうのです。 彼には体制に対する反骨精神のようなもの持ち続けて欲しい作家なので、怪物なんて使って欲しくなかったというファンとしての思いかもしれませんー
それはキモいクリーチャーが嫌いな私の偏見でしょうかね(笑)
Posted by マダムS at 2006年09月11日 07:58
ぼん。
女子的には怪獣ものってビミョウでしたが、宇宙戦争よりも楽しめたかな。怪物っていうのも直接とらえず、比ゆ的なものと思えばいいんでしょうが、やっぱりウルトラマン系を思い出しちゃうんですよね・・・。
Posted by かえる at 2006年09月14日 12:26
嶺 かえるさん
は〜い、アンニョンハセヨ!
かえるさんがご覧になるのもちょっと意外な作品のよな気がしますけど、やっぱりポン監督だからって事ですよね〜? 
そうなんですけどね〜>比喩的 
でも印象がキョーレツだものーーなんかドロっと出てくる奴はもうそれだけで嫌ですぅ〜大汗;
Posted by マダムS at 2006年09月14日 20:39
マダム、こんにちは♪
「○○映画」というカテゴリーに入れられない不思議な映画でした。
韓国映画からはかなり足が遠のいていたのですがボン・ジュノ監督&ソン・ガンホ主演というのにつられて観てしまいました。
う〜〜ん、悪くはなかったです。
「カンヌで絶賛」は「??」と思いますが。
お父さん、さよならーのシーンのお父さんの泣き笑いの表情はすごかった!
カンドゥ、数はキチンと数えましょうよ・・・。
Posted by sabunori at 2006年09月18日 10:44
嶺 sabunori さん
こんにちは♪
私と同じ理由で劇場に足を運んだ組ですねっ!?
う〜〜ん、そう、悪くはなかったですよね確かに。でも・・カンヌで絶賛は?ですよねぇ・・(苦笑) せっかくのポン監督の持ち味が全部あのヌルヌルにやられちゃったような気がするんです〜って、やられちゃったのは私か(爆)
ガンホさんはさすがに上手いですね、色んな表情! 彼が出てるだけで観てみようという気にさせる役者さんですよ。
Posted by マダムS at 2006年09月18日 17:41
こんにちわ。
これ!ごらんになられていたんですね(笑)
それにしてもユルい映画だったなー
という印象です。確かに焦点がぼや
けちゃった感じ、しますよねー。
でもまぁこれはこれでいいかな、という
感じでしょうか。
TBさせていただきますねー。
Posted by minori at 2007年06月27日 14:23
★minoriさん
こんにちは。
お久しぶりですね^^ そう!これ観てるんです(笑)
監督の過去作品が好きだったのだもので、楽しみに出かけたんですが・・(^^;)
そちらにも伺いますね♪
Posted by マダムS at 2007年06月27日 20:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『グエムル 漢江(ハンガン)の怪物』
Excerpt:  ソウル中心部を流れる漢江に突如現れた“怪物”が川を訪れていた行楽客を次から次へと襲い人々を恐怖に陥れる。パニック状態の中逃げ出そうとしたところ、川べりで売店を営むパク一家の長男の娘ヒョンソは怪物..
Weblog: flicks review blog II
Tracked: 2006-09-07 15:42

グエムル 漢江の怪物
Excerpt: カンヌでも上映された「グエムル」 そして現在韓国で「王の男」を抜く勢いの「グエムル」 この映画は制作段階からかなり楽しみにしていた作品。 とりわけエイリアン物が好きなわけでもパニック・ムービーが 好..
Weblog: Chocolate Blog
Tracked: 2006-09-07 15:57

「グエムル 漢江の怪物」
Excerpt: 公式サイト シネマイクスピアリ、公開4回目初回です。 シアター6(204席)、50分前に到着であります。 入場者数は20数人程度、韓流映画のオバサマたちは興味ないようで。笑
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-09-07 21:02

「グエムル 漢江の怪物」観てきました♪
Excerpt: ☆「グエムル 漢江の怪物」 監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ 、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、ピョン・ヒボン、コ・アソン ソウルの中心を南北に分けて流れる雄大な河、漢江。 休日ともなると、家族..
Weblog: りんたろうの☆きときと日記☆
Tracked: 2006-09-07 21:25

「グエムル」
Excerpt: 先週、韓国映画の「グエムル」をみにいきました。最初、くえむる・・・ぐえむる・・?って思ってたんですがなーんってことないグエムルって「怪物」の韓国語読みだったんですね。ま、ストーリーはいたってシンプル。..
Weblog: ☆☆現役女子大生☆ネットショップ開店奮闘記☆☆
Tracked: 2006-09-07 21:29

映画〜グエムル-漢江の怪物-
Excerpt:   「グエムル-漢江の怪物-」公式サイト「マイアミ・バイス」と迷ったあげく、こちらを選択。でもきっと大正解だったと思います♪ソウルを流れる大河の漢江(ハンガン)に、謎の怪物“グエムル”が現れ、次々と人..
Weblog: きららのきらきら生活
Tracked: 2006-09-07 22:05

「グエムル 漢江の怪物」 頭イテ〜〜〜(笑)
Excerpt: まず言っておきたいこと。てれすどん2号が梅田三番街シネマで映画観終わった後、頭がイタイ。久しぶりに大学の体育の授業、バスケで走り回ったからかな(笑)、それともこの映画のせい!?(笑)とにかく、この映画..
Weblog: 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 
Tracked: 2006-09-07 22:49

グエムル-漢江の怪物/THE HOST
Excerpt: ヨン様出演モノや"韓流"にはついていってないけど、 韓国映画は意外とけっこう観てるのです♪♪ この作品、カンヌ映画祭では熱狂、韓国で大ヒットを記録したという。その前評判と、 世間での高評価ほどではな..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-09-08 00:14

グエムル 漢江の怪物
Excerpt: ソウルの街中を流れる大河〜漢江(ハンガン)。ハンガンと聞くと、80年代の韓国の驚異の経済成長、『ハンガンの奇跡』がすぐに思い浮かぶのは・・・年だ。おまけに橋の崩落というショッキングな事件もしっかと覚え..
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2006-09-08 11:41

グエムル -漢江の怪物-
Excerpt: 社会派の怪獣映画。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-09-08 17:00

『グエムル−漢江の怪物−』(06韓国)
Excerpt: 見せ方が本当にウマイ!座布団10枚ものの、迫力とグッと来る部分を併せ持つフィクション大作には、ポン・ジュノ監督らしさが光ります!
Weblog: Happy Together
Tracked: 2006-09-08 20:33

映画「グエムル-漢江の怪物-」
Excerpt: 映画館にて「グエムル-漢江の怪物-」 ソウルを流れる漢江(ハンガン)に突如出現した怪物(グエムル)を巡るパニック映画。 この映画のジャンルはなんだろう? SFでもありホラーでもありコメディの味付け..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-09-08 22:04

グエムル 漢江の怪物
Excerpt: 「グエムル 漢江の怪物」 THE HOST/製作:2006年、韓国 120分 監
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-09-08 22:16

映画「グエムル -漢江の怪物-」
Excerpt: 2006年46本目の劇場鑑賞です。公開当日劇場で観ました。「ほえる犬は噛まない」「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督作品。謎の巨大生物に娘をさらわれた一家が、政府の理解を得られぬまま独力で怪物に立ち向かう..
Weblog: しょうちゃんの映画ブログ
Tracked: 2006-09-09 01:45

グエムル 漢江の怪物 包容力
Excerpt:  ←クリックするとグエムルと再会w これからバイ貝をみたら この映画を思い出すこと100%w ゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ネタバレばればれ 観たひとだけ゚・:,。゚・:,。★゚..
Weblog: ・・・の続き
Tracked: 2006-09-10 06:53

グエムル ??漢江の怪物?? 見てきました
Excerpt:  見たい映画が4本あるのですが、その中でも一番早く終わってしまいそうな映画グエムル 漢江(ハンガン)の怪物を見に行く事にしました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-09-10 17:36

悲惨と希望と〜グムエル 漢江の怪物
Excerpt:  この映画のポイントは、怪物に果敢に(無謀に?)立ち向かうのがエリートや超人的なヒーローではなく、社会の底辺にいる「落ちこぼれ」一家であることだが、この面々が揃いも揃って、とにかく情けない。特に、怪物..
Weblog: まったりインドア系
Tracked: 2006-09-10 17:54

グエムル−漢江の怪物−
Excerpt: コメント無きTBは削除させて頂きます。 OST/グエムル(漢江の怪物)(送料無料) ★★★★ 更紗評/ペ・ドゥナ、ソン・ガンホ見たさに見ましたが 怪物ものというより家族愛ですなー ソン・ガンホ..
Weblog: cinema village
Tracked: 2006-09-10 22:56

【劇場鑑賞91】グエムル −漢江(ハンガン)の怪物−(THE HOST 原題:怪物)
Excerpt: 「お父さん、助けて!」 正体不明の怪物がソウルのど真ん中に出現! 娘をさらわれた家族は、 怪物を倒すことが出来るのか? 怪物にヒョンソをさらわれた家族の命をかけた死闘が始まる! ..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-09-10 23:01

『グエムル 漢江の怪物 』   怪物映画を超えた‘怪物’。ポン・ジュノ監督最新作!
Excerpt: 出演■ソン・ガンホ、ペ・ドゥナ、パク・へイル、ピョン・ヒボン、コ・アソン、キム・レハ  他・・・・ 監督■ポン・ジュノ <ストーリー>  ソウル中央を流れる雄大な河、漢江(ハン..
Weblog: enjoy! MOVIE☆LIFE
Tracked: 2006-09-11 02:36

グエムル 漢江の怪物
Excerpt: カンヌで絶賛され、韓国では『王の男』が4ヶ月かかった観客動員数を、わずか1ヶ月で塗り替えたという、文字通りモンスタームービーだ。 しかも、ただの怪獣映画ではない。 アクション、SFスリ..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2006-09-11 14:44

『グエムル-漢江の怪物』
Excerpt: 最大の問題はグエムルなのか、グムエルなのかわからなくなってしまうこと。それは私だけ? 韓国で一番大きな川、穏やかな漢江(ハンガン)に、巨大怪物が現れた。"グエムル - 漢江の怪物-"というタイト..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-09-14 12:17

グエムル-漢江の怪物
Excerpt: 何故か酷評が多いらしい『グエムル-漢江の怪物』観てきました。 確かにモンスターやパニックムービーを観に行こうと思って足を運んだ人には ちょっと肩すかしかも?でも視点を変えて家族をテーマにしたヒュー..
Weblog: 獏のいる庭園
Tracked: 2006-09-14 17:24

「グエムル 漢江の怪物」 小市民VS怪獣!
Excerpt: 公開前から話題になっていた「グエムル 漢江の怪物」を観てきました。 初日初回の有
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2006-09-14 23:06

グエムルー漢江(ハンガン)の怪物
Excerpt: 「殺人の追憶」は大好きな作品。 そのボン・ジュノ監督最新作というコトで久々に韓国映画を観た。 韓国映画らしく家族の絆の描き方が激しく力強い。 だけどどこかクスリと笑ってしまうようなおかし..
Weblog: 龍眼日記 Longan Diary
Tracked: 2006-09-18 10:39

★「グエムル -漢江の怪物-」
Excerpt: 久しぶりの韓国映画。 ・・・といっても異色の怪物モノ。 韓国では大ヒットしたらしいけど、怪獣王国ニッポンではどうかなっ?
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-09-19 04:58

本当は1匹だけではないんじゃないのか? 『グエムル 漢江の怪物』
Excerpt:  この映画、事前のマスコミ人気が凄かったんですよ。30分前にマスコミ試写に行っても、既に満員で入れなかったという人が続出したんです。それが何度も何度も続いて、記事のデッドラインに間に合わなかったという..
Weblog: 海から始まる!?
Tracked: 2006-09-20 19:35

川は綺麗に!「グエムル〜漢江の怪物」
Excerpt: エンターテインメント韓国怪獣物語。コリアンムービー「グエムル〜漢江の怪物」、劇場で鑑賞。 韓国映画、初めて劇場で観たかも。 うほー。めちゃおもろいぃ〜〜。ドキドキワクワク大満足! 怪獣映画な..
Weblog: 絵描人デイズ
Tracked: 2006-09-21 19:35

映画寸評:グエムル
Excerpt: 平日レイトショーを観るテクニックを身に付け、 映画「グエムル」を観てきました。 ちなみに、「グエムル」ですが、「THE HOST」という英語のタイトルもあります。 これは、「ウィルスのホスト」と..
Weblog: 太郎日記’79J
Tracked: 2006-09-27 01:08

『グエムル 漢江の怪物 』   怪物映画を超えた‘怪物’。ポン・ジュノ監督最新作!
Excerpt: 出演■ソン・ガンホ、ペ・ドゥナ、パク・へイル、ピョン・ヒボン、コ・アソン、キム・レハ  他・・・・ 監督■ポン・ジュノ <ストーリー>  ソウル中央を流れる雄大な河、漢江(ハン..
Weblog: enjoy! MOVIE☆LIFE
Tracked: 2006-09-27 15:55

グエムル 漢江の怪物
Excerpt: 私好みのB級映画の臭いがプンプンしますねー。 韓流は好きではないのですが 「箪笥 」以来、韓国B級映画に一目置いている私です。 韓国では大ヒットした映画だとか。 しかし、脚本ゼミの友人が ..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-03-13 01:11

グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-
Excerpt: 2006年9月6日お台場で観てきました。 久々にお台場で映画観た! 専門学校のときの特別講義以来かも?w 嗚呼、ソン・ガンホ上手く描けないよう…orz 「グエムル -漢江の怪物..
Weblog: きょうのできごと…。
Tracked: 2007-05-23 01:05

『グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-』’06・韓
Excerpt: あらすじソウルを流れる大河の漢江(ハンガン)に謎の怪物“グエムル”が現れ、次々と人を襲う。河川敷で売店を営むパク家の長男カンドゥ(ソン・ガンホ)の中学生の娘、ヒョンソ(コ・アソン)も怪物にさらわれてし..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2007-05-27 23:24

『THE HOST』グムエル-漢江の怪物-
Excerpt: 友人レインがどーしても見たい、と言い出し、慌てて映画館に 行ったこの映画。 邦題めちゃめちゃ怪しいですね。B級のニオイがプンプンって 感じじゃないですか(笑) ちなみにどこからこのグエムルって言葉はや..
Weblog: キマグレなヒトリゴト
Tracked: 2007-06-27 14:28

グエムル 漢江の怪物【韓国映画】
Excerpt: グエムル 漢江の怪物(2006年) 見ました。 原題:怪物 괴물 邦題:グエムル 漢江の怪物 英題:The Host <超概略のあらすじ> 漢江..
Weblog: Kio -朔北- De nuevo
Tracked: 2007-12-31 13:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。