2006年09月25日

『フラガール』

前半は笑いっぱなし・・
後半は泣かされっぱなし・・
フラガール3.jpg『フラガール』2006年 日本
(祝!アカデミー賞外国語映画賞日本代表選出)
監督/脚本:李相日「69sixtynine」
音楽:ジェイク・シマブクロ
出演:松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代(南海キャンディーズ・しずちゃん)/池津祥子 /徳永えり/三宅弘城/寺島進/志賀勝/高橋克実/岸部一徳/富司純子
公式サイト
フラガール.jpg<Story>********************************
昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もなくなっていた。そんなまちを救うため、この北国に"楽園ハワイ"を作り上げるという起死回生の一大プロジェクトが持ち上がる。目玉はフラダンスショー。盆踊りしか知らない炭鉱娘にフラダンスを教えるため、東京からダンス教師が呼び寄せられた。元花形ダンサーで気位の高いその女性は、最初は炭鉱や素人の炭鉱娘たちを馬鹿にするが、やがて少女たちのひたむきな熱意に、忘れかけていた情熱を再燃させる。ひとりひとり厳しい現実を抱えながらも、炭鉱娘たちは友情を支えに強く美しくフラダンスの真髄を体の中に染み込ませていく・・(公式サイトより)
***********************************************
フラガール4.jpgいや〜まさかこんなに泣かされるとは!もうやだ〜(悲しい顔)
久々の号泣です・・実話の強みですか。
”常磐ハワイアンセンター”の存在は知っていても、生憎訪れた事はありませんし、まして炭鉱町の人々のこんな熱い思いで誕生したとは、失礼ながらまったく知りませんでした。
しかも、娘たちのフラダンスが最初は見るに耐えない代物から 段々上達して最後はセンターのオープンで晴れ舞台〜♪っと、これだけなら見る前から容易に想像出来、ほとんど「スイング・ガールズ」のノリだろうとたかをくくっていたし、ほとんど前知識も無し&蒼井優ちゃんやしずちゃん達のダンスのレベルチェックはまったくしないで鑑賞に臨んだのがいけませんでした!(笑)期待をはるかに凌ぐ素晴らしい作品でした。

親の代から「お国のため」と石炭を掘ってきた男達の誇り、それを支える芯の強い女房とその娘たち・・時代が変わり、燃料としての石炭の需要が無くなり閉鎖を余儀なくされる炭鉱。その代替として発案されたハワイアンセンターは最初こそ彼らの理解を得る事が出来ないし、「女の裸踊り」位の認識しかないフラダンスなぞを娘達が踊るなんてとんでもないワケです。
そんなこんなの事情を映画は丁寧に描いて行きます。

ストーリーの良さ、それを上手く纏めた脚本の良さ。
それから目の覚めるような衣装から炭鉱町のくすんだような汚れ衣装まで担当した衣装さんと美術さんが素晴らしい。それからなんといっても撮影がいいです!ちょっとしたアングルが上手い!観客が見たいと思うものをきちんと見せてくれるのと、照明の具合もとても良く、特にソロのダンスシーンの美しさは息を呑むほどでしたね。

キャストの方も、教師役の松雪泰子さんって今まであまり好きな女優さんではなかったんですが、これで見直しましたね〜多分年度末の各映画賞に絡んでくるでしょう。 蒼井優ちゃんの可憐さと確かな演技力、そしてしずちゃんの予想以上の頑張りには驚きました正直。 二人も新人賞か?(優ちゃんはもうとってましたっけ?)

富司純子さんの母と優ちゃんの娘のエピソードはイギリス映画『リトル・ダンサー』を思い出しました。息子のバレエを絶対許さない父親が、踊っている我が子の姿を見て初めて心動かされ、以後はそっと応援に奔走するところ。同じ炭鉱町の話でしたしね。

それぞれのプロットがきちんとしていているからこそ、最後の全員での素晴らしいダンスシーンが生きてきますね〜苦労を乗り越えて頑張ってきた娘達の姿が見ている観客の私達にすら誇らしく思えてくるのです。娘達だけではなく、センターの南洋植物を北国の寒さから守ろうとする職員(元炭鉱夫)がプライドを捨てての土下座など見せてくれているからこそ、センターのオープンまで私達が嬉しくなるという具合。

そうそう、フラダンスの手の動きは手話と同じで全部意味があるんですね〜「とても悲しい」「貴方を愛してます」などなど・・柔らかく感情豊かな手の動きにも感動してしまいました。
久々に見ごたえのある邦画を見せてもらいましたよハートたち(複数ハート)
posted by マダムS at 19:00| Comment(39) | TrackBack(49) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜い!

こんばんは☆
この映画ほぉんと良かったです!なのでいろんな人のレビュー見てもかなり高評価なのがすごくウレシイのです☆
なんかね、すべて良かったです♪
こんなんだと思いませんでした!

じゃぁねぇ〜!←コレも良かったですよね☆
Posted by きらら at 2006年09月25日 21:06
劣 きららさん
うわ、たった今そちらに訪問してきたところですぅ〜〜!偶然同じ時間にお互いのブログに書き込んでいたようね♪(笑)
ほんとほんと、こんなんだと思いませんでしたよね!?
「じゃぁねぇ〜〜〜」って「さよなら」ってきっと言いたくなかったんでしょうね〜親友だものね 思い出すとまた泣ける・・
Posted by マダムS at 2006年09月25日 21:30
こんにちは、jamsession123goです。
何カ所かマダムSさんと同感の箇所あり、デス。
jamsession123goも何度も泣きました。

松雪泰子は見直しました。
この役は彼女にピッタリですね。
それから、富司純子の迫力!
彼女の周りだけ、オーラが飛び散ってましたね。
スチルを観ても、迫力が伝わってきます。
恐るべし大女優、富司純子さま。
Posted by jamsession123go at 2006年09月25日 22:07
ストーリー的には、これまた読めちゃう映画なのに、なんか良かったですね!!廃れゆく炭鉱町のこと、女性が自立していかなければならないこと。。などもしっかりと描かれていたからでしょう。ラストのダンスも圧巻。そうそう。松雪さんのソロも手先までしんなりときれいな動きで美しかったですね〜〜
Posted by Cartouche at 2006年09月25日 22:08
劣jamsession123goさん
おお、ご覧になっていらっしゃいましたか!本当にこんなに泣かされるとは思いのほかでしたけど、同調して頂けて嬉しいです♪
富司純子さんには感心しますね〜あんな重いリヤカー引っ張って!役者魂を感じますね、さすが大女優です。 役者さん達一人ひとりの気迫がそれぞれ相乗効果になって素晴らしい作品が出来上がったような印象受けましたね〜

劣Cartoucheさん
仰るとおりです! 実話で結果が知れてるものをどう表現するかが、監督や脚本の器量で決まると思うのですが、実に上手に出来上がってましたよね〜〜。そうそう、細かい所に手を抜いていないのが最後の感動に繋がりましたね。
フラダンスも見直しちゃいました♪
Posted by マダムS at 2006年09月26日 09:18
いや〜〜参りました・・・あんなに泣かされるなんて誰が予想したでしょう・・今年の邦画の中でも1番かもしれませんね。3ヶ月皆で特訓をしたようですが、それにしても、ラストのフラダンスのシーンでは、思わず拍手をしてしまう所でした。特にしずちゃんの使い方はすごい!!まるで初めての演技とは思えませんでした。もう1度見たい作品ですね〜〜♪
Posted by ずも母 at 2006年09月26日 21:10
こんばんは♪〜
皆さん絶賛ですね!
関心がなかったので、こちらを拝見しなければ見逃すところでした。ありがとう!
さっそく来週にでも見に行ってきます。
【常磐ハワイランド】は、子供達が小学生の頃、良く連れて行きました。写真がありますよ、懐かしいです!
ところで、富司純子さんが頑張っているようですね?今日観てきた【待合室】でも好演してました。もう一本観た【佐賀のがばいばあちゃん】も良かったです。
Posted by Doll洋 at 2006年09月26日 22:10
はーい、見てきましたよ〜
もう文句なしに最高でした。達成感、爽快感、この上なしでラストの舞台は迫力ありましたし、プロットがしっかりしてるから中だるみもなく、最後の最後まで楽しませてもらいました。フラダンスは「めんこい娘っこ」だけのものではないよ、とか、素人もがんばればここまで踊れるようになるんだよ、っていういい宣伝にもなっていると思います(^^)v
Posted by mei at 2006年09月26日 22:45
こんばんわっ。

マダム、私も見たわよ〜
もう最高に良かったね。
とても元気を貰った感じがしました。
昭和40年って色々な意味で
移り変わりの時だったのね〜
炭鉱がどんどん閉鎖され時代と共に人間も変わらなくちゃいけなくて、
その中で田舎娘たちは家族の為に地域の為に
フラを頑張る姿がすごくいいじゃないの〜
私も何度もホロリとしました。
しずちゃん、最高によかったねわん。♪
Posted by Chocolate at 2006年09月26日 22:52
こんばんは。
わたしも今年、「かもめ食堂」やらこの映画やら結構日本映画が心のやすらぎです。
日本の娘たちの夢っていいなあ。ほんとにいい映画でした。私もかなりのお気に入りです♪
Posted by foo at 2006年09月26日 23:12
劣ずも母さん
いや〜ほんと参りましたね!! あの「スイングガールズ」みたいに適当に笑えて肩こらないヤツ〜〜と思って観に行ったはずなのにぃ〜? タオルハンカチ必須でしたよねぇ・・ しずちゃんもほおんとに頑張ってましたね〜根性見せてもらいました。

劣Doll洋さん
大丈夫ですよ〜!だぶった分消しておきましたので〜♪ そうそう、私も基本的に洋画好きなので、邦画はどうしても後回しになりがちなんですが、これは早めに観て良かったです。多分これから大ヒットになる予感が。。 おお!常磐ハワイに行かれた事あるんですね!? お子さん達との楽しい思い出の場所なんですね(^^)写真載せて下さいな〜ブログに! 富樫さんリヤカー引いて頑張ってましたよ〜他の出演作も続いて公開されてるんですね!? 今年の主演女優賞行きそうですね。是非是非ご覧下さいね、感想お待ちしております♪

劣meiさん
おーー meiさんもご覧になりましたかーー! 続々と絶賛の嵐ですね^^私も含めて皆さんあまり期待しないで観に行ったから余計に感動が大きかったのかもですよね。 ちょっとこの数年同じようなタイプの映画が続いたので「またかい?」って正直私もちょっぴーり思ってましたもん。 フラダンスもこれでまた愛好家が増えそうですね〜〜

劣Chocolateさん
おっ Choco さんもっっ!笑 「三丁目」に続いて”昭和もの”大ヒットの予感♪です。 それぞれの夢に向かってひたむきに頑張る少女たちが可愛かったですね〜〜 ホロホロどころか ワタクシ号泣でしたのよ。 しずちゃんも大絶賛だね〜皆。

劣fooさん
コメント有難うございます! 「かもめ食堂」も良かったですよねぇ〜今年の邦画の双璧かしら! DVD買っちゃうかも^^
Posted by マダムS at 2006年09月27日 00:23
マダム、私も見ました〜♪
「リトル・ダンサー」も実話ベースですが、
こちらの場合は、もう、背負うものが違いますよね〜。
そこに住む人々の生活がかかっていますから。
そんな、瀬戸際、ぎりぎりの、まさにデスパレートな女たちの姿が
余計に涙をさそうのでしょうね。
「我輩は主婦である」で大活躍だったあの女優さんにも会えて、私にとってはうれしいサプライズ。
蒼井優ちゃんは「花とアリス」では得意のバレエを披露してくれたけど、今度のフラも素晴らしかった!
シネ・カノンの映画、今年は特に当たっていますね♪
Posted by なでしこ at 2006年09月27日 01:59
劣 なでしこさん
おお!なでしこさんも観に行ったの?109かしらん♪
私は有楽町のシネカノンに乗り込みました(笑) あそこ一度も入ったことなかったのでちょうど良い機会だと思って。
そうなのそうなの、背負うものの差ですね〜正に!泣かされたのは・・。
「我輩は」って例のドラマね?あれにも出てたんですかー!大人計画って味のある役者さん揃えてますよね〜〜
ダンスのレベルも優ちゃん始めみんな賞賛に値しますね。
Posted by マダムS at 2006年09月27日 09:38
こんばんはー見てきましたよん
もう面白かったわー。
松雪さんの男湯乱闘なんて爆笑ものでしたね。

「リトルダンサー」「ブラス!」といった英国の炭坑モノも思い出しましたね
Posted by 更紗 at 2006年09月28日 18:44
劣更紗さん
今晩は〜♪
もうほんと面白かったですよねーー!
>男湯乱闘
撮影時、どーやって撮ったんでしょうね〜まんまだったのかしら!どうでもいいですが(笑)
そうそう!あの「リトルダンサー」のお父さんを思い出しましたよね〜〜
Posted by マダムS at 2006年09月28日 21:36
見てきました!
ストーリーももちろんですが、ダンスが素晴らしかったです。
フラダンスがこんなに奥が深くて、美しいものだとは・・・
フラに対する認識が変わりました。
映画館の大きなスクリーンで見られて良かった!
(実は今年になって50本目の劇場鑑賞作品!)
お薦めしてくださって「ありがとう」です。
Posted by junko at 2006年10月02日 19:16
こんばんは。TBとコメントをありがとうございました! 嬉しいです。(^^;)
おっしゃるように,「光」や「アングル」…よくできていましたね。緻密に計算されているというのか,ちゃんと観客の心理を意識していて。それでいて,嫌みがない。製作される方々は,みなさん意識されることなのだろうと思いますが,この映画は,とても丁寧に作られていたように思います。「際だった主役」の存在が,あまり感じられなかったのも印象をよくした理由のひとつです。
Posted by あかん隊 at 2006年10月02日 22:13
劣 junko さん
ご覧になりましたか!!嬉しい〜♪
わぁ〜記念すべき50本目の鑑賞作品に選んで頂いて光栄です!(私は製作者かっ!?笑)
私もですよ〜フラに対する認識変わりました! これでまたフラダンス習う人増えるんでしょうね^^
食わずキライしてて、誰かに強力おススメされて出会った素晴らしい作品って私も結構あるものですから〜♪ これからも是非お互い情報交換致しましょうねっ!

劣 あかん隊さん
そうそう、そうなんですよ・・
何気ないことのようで、その技術面の細やかな気遣いがこの作品を質の高いものにしているのでは?と思ってました。
登場人物の気持ちに無理なく寄り添えたってことも大きいですよね、全員が主役って感じで。
Posted by マダムS at 2006年10月02日 22:56
良かったですねぇ。お金をかけなくても、こんなに良質の作品が作れるんですね。
ラストの群舞と蒼井優さんのソロダンスは素晴らしかった!
今年観た77本の中で最高に感動しました。
Posted by 柴又の怪人 at 2006年10月03日 00:40
劣 柴又の怪人さん
こんにちは♪
随分沢山映画をご覧になっていらっしゃるのですね^^
この2,3年、邦画も豊作ですよね〜
CG使わなくても良い映画は出来ますね♪
コメント有難うございました〜d(*⌒▽⌒*)b
Posted by マダムS at 2006年10月03日 07:49
私も観てきました。良かったです〜♪♪
マダムSさんの感想を読まなかったら、見逃してしまう作品でした。
ありがとうございました(^^)
ラストの蒼井優さんの踊りとみんなの笑顔。。心にのこる作品になりそうです。

本当に、フラダンス習いたくなりますね〜。
Posted by Ako at 2006年10月04日 17:26
こんばんわ。
観て来ましたよ。ハッピーエンドとわかっていても、感動せずにはいられませんでした。
松雪さん、素敵でしたね。本作は、彼女の代表作となる事は間違いないし。演じるに当たり、ダンスのレッスンも含めて女優魂をかけて挑んだのではないかしら。そんな気合が感じられるパフォーマンスだったように思います。
個人的には。岸部一徳がキュートでした。
Posted by 隣の評論家 at 2006年10月04日 21:25
劣 Akoさん
わぁ〜感想お役に立ちましたでしょうか〜!?嬉しいです♪ 
私も観る前は「どうかな〜」と思ったんですが、なんとなく感が働いて・・呼んでたんです私を。。(笑)
ラストのダンスは感動せずにはいられませんね〜
フラダンス教室、申し込み殺到してるのではないかな?(笑)

劣 隣の評論家さん
おお!ご覧になりましたか!!
そうなんですよね〜結末はわかっていても、感動せずにはいられませんでした。
松雪さんに関しては、仰るとおり女優魂を感じる熱演でしたよね〜
そちらの感想も伺いに参りますね^^
Posted by マダムS at 2006年10月05日 19:20
天邪鬼なので、各ブログで絶賛されていると難癖つけたくなるタチなのですが(笑)、
この映画は素直に「見てヨカッタぁ」と思える映画でした。
スタッフと脚本と役者と音楽と演出のすべてが
幸福な出会いを果たした作品ですよね。
アカデミーで、ノミネートされてほしいなぁ。
Posted by ゆっこ at 2006年10月07日 16:38
劣 ゆっこさん
こんにちは! TBとコメント有難う♪
うふふ、それは私も同じですよ〜私も相当なアマノジャクですんで、もう少し観るのが遅れてたらあまりの反響の良さに引いてしまって危うくスルーする所でした!
今回はそうなる前に「なんとなく」始まったとたんに観てしまったもんですから(爆) 「見てヨカッタぁ」です!!
そうね、奇跡が起こってくれるといいですね^^
Posted by マダムS at 2006年10月07日 19:08
素直に見て良かったぁ〜と思える作品ですよねっ!
口コミでじわじわと評判が伝わって、鑑賞者が増えているみたいです!
私も前半は笑っているうちに、後半はハンカチが離せませんでした。
常磐ハワイアンセンター。なぜあそこでフラダンス?と疑問に思っていたけど、こういう事があったのねっ。でも、炭坑町再生にこれを考えた人は凄い・・と思いました。

またフラダンスの手の動きに手話の意味があったことを知って、感激しました。
どのシーンも印象深いですが、あの駅のシーンは特に良くて、号泣してしまったです。
後、この作品のテーマ曲を作ったジェイク・シマブクロはハワイ出身の日系4世とかで、
見た感じは日本人ですが、テレビに出演したときは、英語の通訳が付いたけど、
彼の母方の先祖が福島在住だそうで、縁を感じたそうです。
Posted by 紫の上 at 2006年10月08日 18:37
劣紫の上さん
ですよね〜 まんまと泣かされてしまいました(笑)
「三丁目の夕日」の時のようにジワジワと広がってロングラン・ヒットになるのではないかしらね^^
私も誕生の経緯はこの映画のお陰で知ったわけで、まるで「プロジェクトX」のようだななどとも思いましたよ(笑)
駅でみんなが先生にフラで気持ちを伝えるシーン・・ほんと号泣でした。
私は恥ずかしながら ジェイクさんの事も知りませんでしたが、有名な方なんですね?そうですか〜福島のご先祖さまをお持ちだったんですか・・縁って不思議ですね。 コメントありがとう〜♪
Posted by マダムS at 2006年10月08日 20:10
こんにちはん。
フラメンコ派の私もフラダンスになびきましたー。
わたし的にも下半期TOPクラス号泣映画となりましたー。
笑えたところはそんなになかったんですが、とにかく涙が止まらずー。(前半も泣き)
椰子の木のエピソードも実話ベースだったんですねー。
Posted by かえる at 2006年10月09日 13:37
劣 かえるさん
おお、ご覧になりましたか!
フラメンコもいいですけど、フラダンスも素敵でしたねーー♪
そういえば、「前半笑いっぱなし」と書いたのは私も大げさだったかな〜と後で思いました(笑;) 笑うより断然泣きの割合の方が多かったですもん。
椰子の木の話もそうらしいですね〜そういうのすら泣けました。
Posted by マダムS at 2006年10月09日 20:43
こんばんは。
「実話の強み」というよりは、「どうぞ泣いてください…」という押し付けがましさをなくし、映画のつくりの王道をとって、「きちんと」作ってきたからじゃないかと思います。
笑いあり涙ありで観客の感情をうまく引っ張っていったからこそ、みんな自然に涙を流すことが出来たんじゃないかと。
いろいろな人のレビューで見ても「まさかこんなに泣けるとは」という節が多く見受けられますが、それが成功した証だと思いました。
もちろん、自分も2回観ても「涙そうそう」状態です。
Posted by 八ちゃん at 2006年10月10日 21:58
劣八ちゃんさん
こんばんは!こちらにもTB&コメント有難うございます♪
まあ!2回もご覧になったんですね!?
しかもまた”涙そうそう”状態とは!!素晴らしい♪ 最近の邦画、良い作品沢山ありますね〜その「涙そうそう」も実は観てみたいななんて思ってるんですが・・(^^)b
そうそう、奇をてらわず「きちん」と丁寧に作ってあるからこそ観客の心を動かすんでしょうね^^
Posted by マダムS at 2006年10月10日 23:09
すごいコメントの数ですね!
皆さんそれほど感動されたということですね〜
私も大阪に行ったついでに観てきたのですが(地元ではやってないんです・・・)ホント観て良かったです!
沢山の泣き所がありすぎて、その度に泣きながらうんざりもしていたのですが(苦笑)ラストのフラダンスシーンの迫力に参りました!
『リトルダンサー』のラストシーンのダンスは、散々引っ張った挙句に「え?それだけ!?」って感じだったので今回は満足です!
Posted by nike at 2006年10月12日 18:40
劣 nike さん
観ていらっしゃいましたね〜コメントありがとう〜♪
わぉ〜大阪でとはお疲れさまでした!!
ほんとにうんざりするほど泣けましたでしょう?(笑)
ラストのダンスシーンは 本当に主だった女優さんがちゃんと上手に踊っているので、更にその女優魂にも感動したのが大きいかしらね? ちゃんと見せ所はたっぷりと見せて観客を満足させる術を心得た監督さんですよね〜つくづく「エライっ」
Posted by マダムS at 2006年10月12日 21:36
マダムSさん、こんばんは〜

いやいや、泣きました〜〜〜
想定外の涙に、ハンカチを探しきれずしばらく泣きっぱなしで・・・(笑)
丁寧に描かれていて、フラガールたちのバックグラウンドも今の時代とは違うなと実感。ハワイアンセンターができるまでの物語として、町全体のものになっていたのがよかったです。
松雪泰子、いやあ〜〜〜かっこよかったな〜
Posted by リーチェン at 2006年10月12日 23:42
劣 リーチェンさん
やっぱり〜〜〜 (*゜▽゜)b
”想定外”だから余計なんですよねー!
そうなんですよ〜町ぐるみの起死回生の物語だからこその感動がありましたよね。背負うものが他とは違うという点がね。。一番泣き所でした。
松雪泰子さんも、かっこよかったですね〜ほんとに。男前でした(笑)
ダンスのスペシャリストでいらっしゃるリーチェンさんの感想が聞けて嬉しいです♪
そちらにも伺いますね^^
Posted by マダムS at 2006年10月13日 08:58
こんばんは。遅ればせながら観てきました。
言うべきことは、もうほとんど書き込まれておりますし、今さら私が語るべき言葉はないのですが(笑)、「李鳳宇のシネカノンは、素晴らしい!」とだけ書いておきます。
Posted by syunpo at 2006年10月13日 19:12
劣syunpo さん
おはようございます♪
沢山の方に口コミで広がって大ヒットになってますね〜昨年の「三丁目の夕日」現象のようで・・(笑)
いえいえ、遠慮せず語って下さいませね!良かったものは何度話をしても嬉しいものです〜。
シネカノンですが、韓国映画の素晴らしい作品を沢山配給しているところだな〜という認識しかありませんでした。 今は色んな事業を展開されているのでしょうか・・良い映画をこれからも作って欲しいですね〜応援して行きたいです。
TB&コメントありがとう御座いました♪
Posted by マダムS at 2006年10月14日 09:00
こんばんわー。
私も近いったら近いのに一度も行ったこと
のないハワイアンセンター、
ちょっと興味を持ちましたー。
オーストラリアでも日本ニュースみたい
なのによく載ってましたこの映画のこと。
話題に負けないくらい楽しませて
もらえました。松雪さんはこの役、当たり役でしたよね。

過去の記事でごめんなさいー。
TB失礼しますねー。
Posted by minori at 2007年07月23日 18:15
★minoriさん
こんにちは〜♪
過去記事へようこそ! コメント嬉しいですよ〜 (^^)/
ハワイアンセンターは今は名前が変わってまだ営業中だそうですが、地域おこしの成功例として今後も語り続けられていくのでしょうかしらね^^
松雪さんはこの役でちょっと見直しちゃいました! 輝いてましたよね^^
Posted by マダムS at 2007年07月24日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画〜フラガール
Excerpt:   「フラガール」公式サイトあやうくスルーしそうになった。。。!気づいてよかった。。。 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき..
Weblog: きららのきらきら生活
Tracked: 2006-09-25 21:03

*フラガール*
Excerpt: {{{      ***STORY***           2006年    日本 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市..
Weblog: Cartouche
Tracked: 2006-09-25 22:04

映画のご紹介(181) フラガール
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(181) フラガール-フラガールたちの「ひたむきさ」が観る者の心を打つ。 jamses..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-09-25 22:05

『フラガール』
Excerpt: 「いくぞ! フラガール!」 ハワイアンのメロディと、情熱的なフラダンスに、魅了されっ放しの約2時間。 身も心もすっかりハワイの気分です。(笑) 東北発の炭鉱娘のハワイ行き物語は、実に面白くて、嬉し..
Weblog: Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐
Tracked: 2006-09-25 22:46

『フラガール』鑑賞!
Excerpt: 『フラガール』鑑賞レビュー! 感動の映画化だっぺ!観てくんちぇ! フラ、踊っぺ! 人生には降りられない舞台がある…。 常磐ハワイアンセンター ★(現・スパリゾ..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-09-25 23:27

フラガール
Excerpt: 福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)にまつわる実話を基に描いた感動ドラマです。最高でした。 監督 李相日 脚本 李相日 、羽原大介 音楽 ..
Weblog: Prime time CINEMA
Tracked: 2006-09-26 22:48

フラガール
Excerpt: 労働者階級の炭鉱ものと言えばイギリス映画。 でも日本の炭鉱ものも中々面白いじゃない! 行くぞー、フラガール! 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。 “求む、ハワイアンダンサー”の 貼り紙を見せなが..
Weblog: Chocolate Blog
Tracked: 2006-09-26 22:49

今年の邦画ベストワン候補「フラガール」
Excerpt: 米アカデミー賞にも 日本代表として出品されますね。 そんなに期待せずに見たのに 今のところ今年の邦画ベスト1に 選出したい 「フラガール」が 9月23日より公開されます。 昭和40年 エネルギー..
Weblog: bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ
Tracked: 2006-09-26 23:57

涙と感動!フラガール♪
Excerpt:   涙が止まらない映画「フラガール」昭和40年石油の登場によって、閉鎖を迫れる炭鉱町。その北国の町を、常夏の国ハワイに変えようという起死回生の大プロジェクトが持ち上がった。目玉となるのはフラダンスショ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2006-09-27 15:18

フラガール
Excerpt: コメント無きTBは削除させて頂きます。 フラガールジェイク・シマブクロ サントラ ナレオ ソニーミュージックエンタテインメント 2006-08-23売り上げランキング : 95おすすめ平均 Am..
Weblog: cinema village
Tracked: 2006-09-28 18:39

感想/フラガール(試写&劇場)
Excerpt: 個人的にはここ数年でベスト。9月23日公開、李相日(リ・サンイル)監督最新作『フラガール』に涙止まらず。オレがチケット代出してでもみんなに観てほしい傑作なので、長いけど読んでくれろ。   フラガール..
Weblog: APRIL FOOLS
Tracked: 2006-09-29 02:31

フラガール
Excerpt: 今年、私の観た中で第1位に輝きました! 良いとは聞いていましたが、これほど感動できるとはっ! 脚本、監督、撮影監督、美術監督、音楽、もちろんキャストも含めて全てが最高だ! 特..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2006-09-30 14:53

映画「フラガール」
Excerpt: 映画『フラガール』を観に行った。 男女問わず年齢層問わず、人にオススメできる映
Weblog: いもロックフェスティバル
Tracked: 2006-09-30 18:29

『フラガール』
Excerpt: しづちゃん・優ちゃん・池津さん。 見てきましたw 良かった 期待していたより良い映画でしたよ〜 何度もうるうるさせられました。 内容がしっかりしている映画で、演出もキャストもバランスが良かったで..
Weblog: Antique
Tracked: 2006-09-30 20:20

フラガール
Excerpt:  日本  ドラマ  監督:李相日  出演:松雪泰子      豊川悦司      蒼井優      山崎静代 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり閉山が ..
Weblog: 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
Tracked: 2006-09-30 22:44

フラガール(20060929)
Excerpt: 泣けました。元々、涙もろいです。不思議なんですが、台詞には、さほど明確な表現が含
Weblog: cococo
Tracked: 2006-10-02 22:15

フラガール
Excerpt: 「フラガール」 製作:2006年、日本 120分 監督、脚本:李相日 出演:松雪
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-10-04 21:21

愛と勇気と感動のエンターテイメント・・・【フラガール】(2006年13本目)
Excerpt: うっ!ダメだ! キ・・キタ━━━━(T∀T)━━━━!! な・・涙が止まらない でも・・・オレだけじゃないよ。 場内の暗闇のあちこちから聞こえる。 グスン・グスンと鼻をならす音 どんなに辛く悲し..
Weblog: ON THE ROAD
Tracked: 2006-10-05 00:47

フラガール
Excerpt: 泣いて笑って、笑って泣いて...。最後まで楽しめる作品に仕上がっていました。 昭和40年。「もはや戦後ではない」という言葉が実感を持って語られるようになった頃の日本。それまで石炭に頼っていたエネ..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-10-05 08:00

フラガール
Excerpt: 感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-10-05 16:01

フラガール
Excerpt: (2006/日本)【劇場公開】 久々、劇場で号泣・・・それも清々しい涙。 「山をハワイにすれば、みんな幸せになれる!!」 それを信じて、女性たちは踊る。 前に向かって進む心意気。 「踊っぺ!」 ラス..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2006-10-05 22:03

映画「フラガール」を観た!
Excerpt: 福島県いわき市のJR湯本駅前に現れた、丸みを帯びたボンネットバスの話題、このブログでも1年半前に取り上げました。それが常磐交通自動車が、JR湯本駅と「スパリゾートハワイアンズ」の間の5キロ区間で走らせ..
Weblog: とんとん・にっき
Tracked: 2006-10-07 11:00

男前な女たち〜フラガール
Excerpt:  テーマが「笑いと涙と感動と青春と家族愛」という超ベタな設定ながら、制作者の意図どおりに気持ちよく笑って泣いてしまった。以前、『ゆれる』の西川監督が『キネ旬』のインタビュー記事で、「女性賛歌」の映画は..
Weblog: まったりインドア系
Tracked: 2006-10-07 15:58

「フラガール」
Excerpt: 間もなく公開される「フラガール」の試写。すばらしい感動作。昭和40年、エネルギー革命により炭坑閉鎖の危機が迫る福島県いわき市。そこでは、北国をハワイに変えようというプロジェクトが持ち上がっていた。その..
Weblog: やまたくの音吐朗々Diary
Tracked: 2006-10-08 12:51

フラガール
Excerpt: 監督:李相日  音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、寺島進 炭鉱の町福島県のいわき市。そこで東北に南国の楽園を!という働きかけは 閉山..
Weblog: BLACK&WHITE
Tracked: 2006-10-08 23:06

『フラガール』
Excerpt: 感動てんこ盛り。 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。「常磐ハワイアンセンター」のオープンのため、町の娘達はフラダンスをならう。踊るシネマは大好きっ。考えてみたらこのジャンル、邦画では意外と少な..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-10-09 13:26

「フラガール」 人を育てるということ
Excerpt: 先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2006-10-09 22:17

フラガール
Excerpt: 一部、ベタだ、ベタだ、という意見もあるだろうが、ベタでなければ映画ではない。「プロジェクトX」のようなドキュメンタリーになってしまうだろう。 映画だからこそ、笑いあり、涙ありでいいのだ。 スーパー..
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2006-10-10 21:55

★「フラガール」
Excerpt: ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-10-11 02:30

『フラガール』(06日本)
Excerpt: 祝アカデミー賞日本代表!ストレートど真ん中!私の好きな実話&ダンスで感動いっぱいのハートフルストーリーです。ジェイク・シマブクロのウクレレも必聴♪
Weblog: Happy Together
Tracked: 2006-10-12 23:24

映画『フラガール』
Excerpt:  これは、まさに「躍る=踊る」フィルムだ。  歴史的役割を終えつつある炭坑に見切りをつけ、女たちが躍り出る。男を支える、という役回りからも舞い降りる。教師のダンスを初めて間近に見た女たちの胸は躍り、..
Weblog: コラムニスト宣言
Tracked: 2006-10-13 19:03

フラガール
Excerpt: 消えゆく炭鉱の町の青春ドラマ、これまでにもいろいろと国を問わずに感動作を観てきた気がしますが・・・・ 日本にもあったんですね~実話からのこんなにイイお話が令 ってことで、映..
Weblog: Welcome aboard!
Tracked: 2006-10-16 00:19

フラガール
Excerpt: <梅田シネ・リーブルにて> 2006年/日本 監督/李相日 ダンスものの映画って好き。目覚めたのは「愛と哀しみのボレロ」のジョルジュ・ドンだった。(ふる??)バレエって、軽やかなお嬢様なの踊り..
Weblog: シネ・ガラリーナ
Tracked: 2006-10-18 21:12

映画「フラガール」
Excerpt: 泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-10-22 02:53

フラガール 06年205本目
Excerpt: フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-10-24 02:49

『フラガール』@シネマスクエアとうきゅう
Excerpt: 公式サイト→http://www.hula-girl.jp/top.html 恥ずかしながら、先週土曜日の公開初日(23日)初回上映に駆けつけて参りました(汗)。有楽町シネカノンだったら舞台挨拶が付..
Weblog: 香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎
Tracked: 2006-10-27 04:31

フラガール
Excerpt: 全国一斉ロードショーより2週間送れて 先週の土曜より公開されているフラガール を
Weblog: いろいろと
Tracked: 2006-10-29 22:19

『フラガール』 (2006)/日本
Excerpt: すごい映画観てしまった。女は強い。・・・・・・真実の感動、真実の涙。これはまさしく、女の映画である。***********************『フラガール』 (2006)/日本<監督> 李相日(『..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2006-10-29 22:56

フラガール 〜泣いて笑って立ち上がれ〜
Excerpt: 遅ればせながら映画「フラガール」を見てきました。 有給とって休んでる間、ほぼ引きこもりだったワケですが、平日ならまあ空いてるし、映画でもと思って。 実はこの映画、頻繁にプロモーションしてた時はそれほ..
Weblog: 椿的濃縮タマシイ
Tracked: 2006-10-30 14:48

フラガール
Excerpt:  観る予定はありませんでしたが、評判がとてもよさそうなので観ることにしました。  舞台は40年前の炭坑の街磐城。斜陽の街で雇用を確保しをなん
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-11-03 21:27

フラガール
Excerpt: 「父親たちの星条旗 」の試写会を一緒に観に行った友人が この作品を観て常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)に 行きたくなったので一緒に行ってくれる人を探してる、とか。 私の..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-11-04 08:28

映画レビュー#39「フラガール」
Excerpt: 基本情報 「フラガール」(2006、日本) 監督:李相日(69、スクラップ・ヘブン、青~chong~) 脚本:李相日、羽原大介(ゲロッパ、パッチギ) 製作:李鳳宇 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:..
Weblog: Production Rif-Raf
Tracked: 2007-02-20 12:25

フラガール−(映画:2007年25本目)−
Excerpt: 監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子 評価:96点 公式サイト 先日、第30回日本アカデミー賞を受賞。 蒼井優は助演女優賞を受賞。 ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-02-24 22:06

フラガール <ネタバレあり>
Excerpt: 昭和40年の福井県いわき市でのお話。炭鉱の町で昔から 大人になったらみんな炭鉱で働く  みたいな考え。時代の流れと共に 炭鉱がどんどん閉鎖されていき、ここも例外やなくて解雇される従業員が山盛り。んでも..
Weblog: HAPPYMANIA
Tracked: 2007-06-15 05:48

フラガール&ベノワ
Excerpt: フラガールは内容が実際の話が元になってる昨年の邦画No.1だったけど 全体的に良くて最後の方のフラの所は泣く事は無かったけども凄く感動して 松雪泰子の先生に蒼井優と富司純子の親子なども凄く良く大満..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2007-06-27 20:56

『フラガール』一山一家炭鉱魂。
Excerpt: 繊細な指使いと意外にも激しいステップ。 音楽が心地いい実際あったストーリー。 ぽちっとプリーズ。 フラガール メモリアルBOX
Weblog: キマグレなヒトリゴト
Tracked: 2007-07-23 18:16

フラガール
Excerpt: まわりの評判が良かったので、ずーっと見たいなと思っていた作品でした。見てみると、評判通りなかなかグッド{/star/} かなーりベタな展開なんだけど、じーんと心に響くものがありました。(泣けるとまでは..
Weblog: Yuhiの読書日記+α
Tracked: 2007-07-25 00:34

フラガール/フラガール
Excerpt: 「フラガール」 に関する流行を追いかけよう!フラガール に関するいろんなものを集めてみました! フラガール に関する情報をゲットしよう! フラガール 関連のアイテム フラガール メモリアルB..
Weblog: 話題のキーワード
Tracked: 2007-10-07 00:56

女性の強さ フラガール と ドリームガールズ
Excerpt: 最近映画のことはあまり書きませんが、先日ダブルで見た映画がいずれも女性の強さ、女性の美しさを描いたものだったので、ついつい記事にしてしまいます。 まずは「フラガール」ですね。 これは昨年度の映..
Weblog: うちの猫(ナナ)知りませんか?
Tracked: 2009-03-22 03:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。