2006年10月18日

『ブラック・ダリア』

アーロン・エッカート2本!のつもりが・・
ジョシュ・ハートネットにハート♥を射抜かれる・・さむっ

blackdalia.jpg

色合いが禁酒法時代の雰囲気ですが、(「アンタッチャブル」観すぎ?)
'47年に実際に起こった米国史上、最も有名で残酷な未解決猟奇殺人事件/ブラック・ダリア事件を元に書かれたJ.エルロイの小説を映画化。 
デ・パルマ節炸裂の本格派ハードボイルド(あれ?これも死語?)でした。

ブラックダリア.jpg『ブラック・ダリア』2006年/アメリカ
(原題:The Black Dahlia)
原作:「ブラック・ダリア」ジェイムズ・エルロイ
監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:ジョシュ・ハートネット/スカーレット・ヨハンソン/アーロン・エッカート/ヒラリー・スワンク
公式サイト
<Story>**************************
1947年、LA市内の空き地で、女性が腰部分を切断された惨殺死体で発見される事件が発生。その女性、エリザベス・ショート(ミア・カーシュナー)はハリウッドで女優になる夢を見ながら哀れな最期を遂げたのだと判明する。LA市警の刑事、バッキー(ジョシュ・ハートネット)とリー(アーロン・エッカート)はその捜査にあたるが……
(Yahoo映画より)
**********************************************
blackdalia2.jpgエルロイの“暗黒のL.A.4部作”の幕開けとなる第1作目だそうで、先に映画化された3作目「L.A.コンフィデンシャル」と共にロス市警の10年に及ぶ腐敗の歴史も描かれているため、正義感は何処へやら?「ワールドトレードセンター」でせっかく株があがった警察官も またひたすら地に落ちます(笑;)

残虐な暴力描写や目を覆わんばかりの惨殺死体も出てきますので、子供には当然見せたくない作品ですが、大人だって決して気持ちの良いもんじゃありませんから・・ふらふら で、登場人物も多いし、台詞での説明多しでかなり疲れ、ひたすら主演俳優二人をうっとりと観続けてやっと終りました(爆) あんまり良く意味がわからなーい!
例によって、原作も読まない上に前知識も入れずに鑑賞した頭の悪い私には、すべて理解をするには難しかったです(^^;)

とはいえ、魅せる場面は幾つもあって飽きる事はありませんー♪
ロス市警PRの為のボクシング試合で見せるジョシュとアーロンのファイト・シーンは素晴らしいですねー 完璧に作られた二人のボクサー仕様の体つきもお見事でしたし、カメラ・ワークも完璧でした! これだけでもこの映画を「観る価値あり」と言えるかも。

相棒の女(と思っている)を好きになってしまったバッキー(ジョシュ)の切なげな表情もたまりませんね〜♪ 最近大人の男の色気にだいぶ磨きが掛かってきたようで、デビュー当時から目をつけてきた甲斐があります(笑)
まだ20代ですのでこれからが楽しみですねぇ・・

ヒラリー・スワンクは今までの役柄とは180度違った役柄に果敢に挑戦したのはお見事でしたが、ジョシュを惑わすほどのぞくっとするような色気・・はあんまり感じなかったかな・・最近飛ぶ鳥落とす勢いのスカーレット・ヨハンソンも意外と今回はあまり色気を感じませんでした。
女性陣より 断然 男性陣の勝利ですなー
ブライアン監督が男を美しく描くのが上手いのかもしれませんね〜

posted by マダムS at 23:40| Comment(25) | TrackBack(18) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
公開初日に観てきました。
後半の展開がめまぐるしくて、疲れました。そして終わってしまいました。(笑)♪〜
ハートネットのセクシーさは?磨きがかかってきた証ですね?
今回のヨハンソンの妖艶さは、いまいちで残念でした。
Posted by Doll洋 at 2006年10月20日 16:42
ジョシュ見たさに行ってまいりましたが、
はっきり言って面白くなかったです(><)。
名前が覚えられない、なんとなく小難しい、
ヒラリースワンクが逞しく見えてしまい、ミステリアスな気持ちになれない・・
などなど。
しょうがないけどジョシュののっぺりした髪の分け方もイヤ〜!
Posted by なでしこ at 2006年10月20日 19:14
昨日お伺いしたときは作成中だったので、アップを楽しみにしておりました。

フランスでは11月公開なんです。なのでどんなもんかなーと思ってて。

ジョシュは見たいのですが、なんだか難しそうですね。そうですか、前知識、できれば原作を読むべきなんですね。

まあでもとりあえず観に行く予定にしておきます。
Posted by nouilles-sautees at 2006年10月20日 22:23
マダムSさん、こんばんは。
デ・パルマ作品ということで期待してしまったのがいけなかったのでしょうか…
全然ダメでした。。(>_<)気持ち悪いし〜!
この話の軸になるのは
ヒラリースワンク役の女性と「ダリア」が似ているってとこにあると思うんですけど
2人が似てないんだもん、話にならないって!(笑)
一応ブログに感想を書いているからには
どんな映画でも良いところを探して、そこをオススメってことにしたいと思っているのですが
この映画に関してはオススメできる部分がありませんでした。
Posted by さくらこ at 2006年10月20日 22:26
Doll洋さん
おお〜初日鑑賞でしたか!
そうなんですよ〜後半畳み掛けるような決着の付け方で、なんだか三文刑事ドラマみたいになっちゃって(爆) 原作はどうなのかしらん?? ジョシュはイイ男に育ってきたのがウレシイです♪
ヨハンソン嬢はケバイお化粧のわりにちょっと子供っぽく見えて・・

なでしこさん
わっはっは、、名前が覚えられない!まったくですね〜♪ 
ん〜ヒラリーは惜しかった。。
反対にジョシュはセクシーだったじゃな〜い!? 脱いでも着ても・・
のっぺりヘア以外は今までよりは全然マシな(爆)髪型の時もあったではありませんか〜? DVDになったらもう一回観ないと話がわかってないです私。

nouilles-sauteesさん
お待たせしたワリには大した感想書けなくてごめんなさーい(笑;) 
そちらでは11月公開ですか!
男が作った男のための映画って感じで、決して女性向きではありませんがー 
私はとにかくアーロンとジョシュ観たさで飛んでったのですよ。(^^*)
先に原作読まれた方が置いてかれないで済むかもしれませんね〜 どうせ本当は未解決事件なので、フィクションなんだから・・爆
60年前の暗黒のロスって雰囲気は良く出来ていると思います。

さくらこ さん
おはようございまーす♪
そうなのよね〜 デ・パルマ節はキライじゃないので私も楽しみにしてたんですがー途中完全に置いてかれました!気持ちも良くないですよねー(笑)
そうか、やっぱりあの”似ている”ってとこがミソなんですね?←全然わかってない私。 似てないわよねー! 大爆
Posted by マダムS at 2006年10月21日 07:42
ドモドモ−♪
ワタクシ、わりと生温かく見守る方なんですけど、この映画の場合は、「・・・」でござりましたよ。フ・・・
40年代後半の米国のかほりはぷんぷん漂っていたんですけどねー
セピアがかった色調も良かったし。
今回、ヒラリー・スワンクは、何だかギスギスしていてあまり魅力を感じませんでしたね。汗
Posted by Puff at 2006年10月21日 17:24
Puffさん
コメントさんきゅうです〜♪
そうそう、時代の雰囲気がぷんぷん漂ってて引き込まれましたけど・・うっとり浸り過ぎて肝心の話の核心が見えなくなってしまいましたー汗;
ヒラリーさん頑張ってたんですけどね〜やっぱり一度ついたイメージを崩すのは大変ですね・・汗×2
Posted by マダムS at 2006年10月21日 23:31
こんばんわ〜
TB&コメントありがとうございました。
内容はさておき、あの時代の雰囲気は素晴らしく再現できていましたねー。本作では、女性の出番は少な目で、男性が素敵に描かれていましたね。ちょっと悪さしちゃう部分もありましたがー。
Posted by 隣の評論家 at 2006年10月22日 00:54
隣の評論家さん
おはようございます〜♪
>内容はさておき
あはは・・かなりダークで救いようない話でしたものね〜疲れますよね。
あの時代って終戦直後なのにアメリカってお洒落ですよね〜日本とえらい違いだなんて他の事考えちゃって・・笑
ジョシュの低音の声が好きなんです♪
Posted by マダムS at 2006年10月22日 08:37
こんばんわっ。

マダムはジョシュを堪能出来た様で何よりです。
スカ嬢も「マッチポイント」ほどのインパクトはありませんでしたねー。

映画は私は普通に楽しみました。
結構賛否両論ですよね。
Posted by Chocolate at 2006年10月22日 23:22
Chocolate さん
おはようございます♪
昨日から「〜星条旗」の記事に必死こいていたので、お返事遅れました(笑)
ジョシュ!大堪能ですわ〜♪ こんなに逞しく育ってくれて・・っていう母心か(爆)
そうそう、スカ嬢はどれみても最近同じに見えます。。
気持ち悪いシーン以外はレトロな雰囲気も堪能できたし、何より記事に書く気持ちになった作品でしたわ(書く気にもならない映画もあるから)
Posted by マダムS at 2006年10月23日 10:39
マダムったら、お寒いオヤジギャグ...(爆)

ルックスは可愛いジョシュちゃんだけど、演技力ではアーロンの方に目が行きますね。

ラストは小説と違うと聞いて、原作を読もうかなと思っております。
Posted by MACHI at 2006年10月23日 19:54
MACHIさん
あ、どうもありがとうございます!(爆)
ジョシュ君、これから演技力にも磨きをかけて頂きたく・・期待しとります。
ふぇ?ラスト違うんですか?犯人が違うのかしらん・・気になる〜読んだら結末教えて下さい(爆)
Posted by マダムS at 2006年10月24日 09:41
「ワールド・トレード・センター」で思いっきり泣いた後にこの映画を観たもんで途中すんごく眠くなっちゃいました。
お陰でややこしい話が余計にややこしくて、頭の中???だらけだったんですが・・・(恥)
スカ嬢は皆さんが仰るとおり普通〜って感じでしたね。
そしてヒラリー・スワンク、「ミリオンダラー〜」で付けた筋肉もすっかり落ちてスレンダーなボディーが素敵だったんですが、エリザベスのミア・カーシュナーにはぜんっぜん似てないと思いますぅ〜〜〜!!
Posted by nike at 2006年10月24日 20:54
nikeさん
わぉ! 2本目ではちょっとツライ映画かもしれませんねー!
ワタクシなんぞ頭が冴えてるはずの朝一で観ても「?」だったんですから、救いようがないですね ワハハ。
ぶぶ。。”似てる”っていうのがどうやら重要らしいですが、似てなかったので余計「?」だったのよきっと。。ね、ね、そう思うことにしましょう(笑)
Posted by マダムS at 2006年10月25日 01:07
こにゃちは

ダリアとヒラリー・スワンクはたしかに全く似てませんでしたね。黒い服着てるだけじゃんみたいな。
ちょっぴり期待もないわけじゃなかったけれど、やっぱカックンしてしまいました。
Posted by M. at 2006年10月26日 16:33
 M.さん
ばんは〜♪
予告編か何かで「ダリア」に瓜二つの女性がとかなんとかナレーションをヒラリーにかぶせてたけど、別の女だろうと思ってましたもん私(爆)
なんだか皆さん結構ボロク○なので、私のレスまでどんどん辛口になってきちゃった(笑)
Posted by マダムS at 2006年10月26日 19:46
こんにちわ♪
内容は置いといて、今回のジョシュはいつになくセクシーでしたね〜。
「シャンプー台のむこうに」のジョシュが今まで一番好きでしたが、セクシーなジョシュにもちょっとハマリそうです(笑)

アーロンは「サンキュー・スモーキング」観た後だったので、そっちのインパクトが強すぎて違和感がありました。
でも、マデリンとエリザベスの「似てる」という設定なのに全く似てない現実のほうが違和感は強かったですけどね。

ハリウッドが作った「火サス」として私の記憶には残りそうな作品でした。
Posted by エミ at 2006年10月29日 13:54
エミさん
>内容は置いといて、今回のジョシュはいつになくセクシー
まったくその通りでしたね(爆)
エミさんは「シャンプー台のむこうに」ですか〜♪かなりあれも可愛かったですよね〜 私は「ホワイトライズ」も好きですよ♪
うふふ。アーロンの方は私は「ダリア」→「サンキュー」でしたので、ちょうど爽やかなイメージが残って良かったです(笑)
>違和感&火サス
うわはは。。まったく仰るとおりですわ。
Posted by マダムS at 2006年10月29日 19:09
ようやくラゾーナ行ってきましたよ〜
広いし、中庭はあるしでいいですね!
で、見てきました。
みなさんは辛口の感想が多いんですね。
私はすごく好き!ではないけど、楽しめました。
ねっとりと濃密な空気感。
残酷な殺人と狂気。
けれどそれをロマンチックに変貌させているのはジョシュの人懐こい眼差しと暖かい存在感かな。
ニコルソンの「チャイナタウン」も髣髴させましたね。
40年代の魔界ロスアンジェルスを楽しみました♪
Posted by トラー at 2006年11月02日 13:09
 トラーさん
ひゃひゃ♪ ラゾーナ行かれましたか!
お天気の良い日は気分いいですよね〜あそこ。あら・・もしかして同じ日に行ってたかな?
うふふ・・なんだか私もついつられて辛口レスになってきてますが、決して楽しめなかったワケではないです〜♪ってグロいけどね(笑) 
そうそう、ジョシュ君のほんわかさが狂気の世界で少しだけ救いですかね。
なるほど「チャイナタウン」ですか!若かりしニコルソンのフサフサ頭だけが妙に印象に残ってますが。。あれもダークなロスでしたねぇ。。
Posted by マダムS at 2006年11月02日 19:21
デパルマ作品という事で観るのを楽しみにしておりましたわ。原作が「LAコンフィデンシャル」のエルロイだけあって「LA〜」の雰囲気そこかしこにありましたね。時代設定も一緒だし...ハリウッド女優好きなのかしらエルロイさん?
ヒラリーはどうも男顔なので「マリー・アントワネットの首飾り」の時もそいうでしたが、男惑わすには、彼女が男っぽいのて合わない感じ...「ボーイズ・ドント・クライ」のイメージがインパクト強すぎのかしら??
Posted by margot2005 at 2006年11月03日 19:57
margot2005 さん
あの時代の雰囲気が良く出てましたよね〜って私は知りませんけど。
「LA〜」の方も入り組んでてわかりずらい話ではありましたが、今回はもっとわかりませんでした(爆)
ヒラリーさん、一度ついたイメージを払拭するのは大変だな〜とお気の毒な気もしますがどうなんでしょう・・一生懸命ボディラインを女性らしくしたでしょうに。
Posted by マダムS at 2006年11月03日 21:52
こんにちは。
年末故にお忙しいそうですが、お身体には気をつけてくださいませ。

さて、昨日で終了とのことで、シネコンで一回上映していたので、駆け込み観賞をして参りました。ふ〜。
まさに画面もセピア色になっており、禁酒法時代のような退廃と倦怠の雰囲気が漂っていて、良かったですねっ!

でも、エロくて、グロくて、登場人物も一癖もふた癖もある人ばかり。まぁ〜、良くも集まったものです・・・。
その中ではジョッシュ君が爽やかだったかな・・。大人の男を演じられるように成長しました。でも時折見せる切ない表情には母性本能を刺激する感じでしたが・・・。
Posted by 紫の上 at 2006年11月19日 16:06
紫の上さん
有難うございます! 紫の上さんこそ急に寒くなってきましたから 腰などご自愛下さいませね(^^)b
うふふ。駆け込み鑑賞されましたか〜
そうそう!時代色の雰囲気たっぷりな濃い映像が良かったですよね♪ 「アンタッチャブル」の時代みたいでした。
凄惨なシーンも多くてちょっと疲れますが(汗;)
ジョシュ君、いい感じになってきましたよね〜30代後半の男盛りの頃が楽しみですわん♪
Posted by マダムS at 2006年11月19日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25716796

この記事へのトラックバック

ブラック・ダリア
Excerpt: 「ブラック・ダリア」見てきました。 昨日見た「サンキュー・スモーキング」に続き 今週はアーロン・エッカートweekです。 STORY:1947年LA市内の空き地で女性が腰部分を切断された 惨殺死体で..
Weblog: Chocolate Blog
Tracked: 2006-10-19 09:13

ブラック・ダリア
Excerpt:  アメリカ  サスペンス&ミステリー&犯罪  監督:ブライアン・デ・パルマ  出演:ジョシュ・ハートネット      アーロン・エッカート      スカーレット・ヨハンソン      ヒ..
Weblog: 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
Tracked: 2006-10-20 10:49

ブラック・ダリア
Excerpt: 原作は実際に起こった事件を元に書き上げたジェイムズ・エルロイの暗黒のLA4部作の第1作です。 J・エルロイと言えば「LAコンフィデンシャル」が有名ですよね。 この映画、全く異なるタイプの刑事2人が..
Weblog: 愛猫レオンとシネマな毎日
Tracked: 2006-10-20 23:52

「ブラック・ダリア」
Excerpt: 公式サイト シネマイクスピアリ、公開7日目初回です。 シアター12(361席)、10:30に到着。 R指定が付いているからか、若人のグループが多かったですよん。
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-10-21 17:17

ブラック・ダリア
Excerpt: 「ブラック・ダリア」 THE BLACK DAHLIA/製作:2006年、アメリ
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-10-22 00:49

ブラック・ダリア
Excerpt:  ヒラリー・スワンク。何だか男の人が女装しているように見えてきました。おかしい
Weblog: eclipse的な独り言
Tracked: 2006-10-22 13:27

ブラック・ダリア
Excerpt: 盛り上がらないストーリーに乗り切れず, 眠気を抱えたまま終わりを迎えてしまう微妙な映画・・・
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-10-24 12:23

ブラック・ダリア 2006-58
Excerpt: ブラック・ダリア」を観てきました〜♪ 腰から身体を両断され放置されるという猟奇殺人の現場近くに居合わせた、リー・ブランチャード(アーロン・エッカート)とバッキー・ブライカート(ジョシュ・ハートネ..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2006-10-26 07:29

ブラック・ダリア
Excerpt: 1947年に実際に起こった殺人事件を元に【L.A.コンフィデンシャル】(97年映画化)の作家ジェイムズ・エルロイの小説の映画化 彼の生い立ちが色濃く反映されたと言うこの作品は"L.Aノワー..
Weblog: Cinemermaid
Tracked: 2006-10-26 08:13

映画vol.92 『ブラックダリア』 *試写会
Excerpt:  『ブラックダリア』*試写会 ブラック・ダリア 監督:ブライアン・デパルマ 出演:ジョシュ・ハーネット(『シンシティ』) スカーレット・ヨハンソン(『..
Weblog: Cold in Summer
Tracked: 2006-10-26 11:27

『ブラック・ダリア』
Excerpt:  40年代のロスで発見された女優志望の女性の惨殺体。実際に起きた事件に着想を得てジェームズ・エルロイが書いた小説「ブラック・ダリア」を映画化した作品。  一応“エルロイ・フリーク”のつもりの..
Weblog: flicks review blog II
Tracked: 2006-10-26 17:08

ブラック・ダリア(ネタバレあり)
Excerpt: 今から12年ほど前に「FBI心理捜査官」なる一冊の本がブームになりました。 「犯罪心理学捜査官」とか「プロファイリング」と言った言葉が出始めて「アナザ・へヴン」のような番組が出来たほど、ブームに..
Weblog: エミの気紛れ日記
Tracked: 2006-10-29 02:30

「ブラック・ダリア」宣伝ほどのスキャンダラスな印象は薄い
Excerpt: 「ブラック・ダリア」★★★☆ ジョシュ・ハートネット 、ヒラリー・スワンク、スカーレット・ヨハンソン 主演 ブライアン・デ・パルマ 監督、2006年アメリカ 1947年の未解決事件をヒントに..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-10-29 11:07

『ブラック・ダリア』 (2006)/アメリカ
Excerpt: 1947年1月15日にハリウッド郊外で発見された、無名の娼婦、エリザベス・ショートの死体は、その犯行手口の残忍さから、「世界で一番有名な死体」と呼ばれる。映画になると、どうなるのか・・・?******..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2006-10-29 22:50

「ブラック・ダリア」
Excerpt: 「The Black Dahlia」2006 ドイツ/USA 監督はブライアン・デパルマ。デパルマの作品で、エロチシズム満載作品と言えば...ナンシー・アレンの「殺しのドレス/1980」、メラニー・..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2006-11-03 19:48

映画「ブラック・ダリア」
Excerpt: 原題:The Black Dahlia 1940年代後半、日本では戦後色も色濃い頃、へそのところで切断され、口は耳まで裂かれ内蔵はないぞの全裸女性死体、実在事件に着想の小説映画化 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-11-12 02:51

ブラック・ダリア
Excerpt: え~っと。。。 友人が絶対見たいと言うので見ました。。。 (うさぎはこの日キャナルで期間限定のアダムが見たかった) サスペンス系は苦手?なうさぎさんです。 必死で見たわ。。。 世界一有名な死..
Weblog: ちわわぱらだいす
Tracked: 2006-11-27 23:48

ブラック・ダリア−(映画:2007年79本目)−
Excerpt: 監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク 評価:70点 公式サイト (ネタバレあります) ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-07-17 00:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。