2006年11月04日

最近おうちで観たもの・・9〜10月編

最近、自宅鑑賞した作品で印象に残ったものです揺れるハート

★カポーティ関連で・・
『ティファニーで朝食を』カポーティ原作と思いながら鑑賞、ラストの違いも確認。
『アラバマ物語』ハーパー・リー親子と、カポ君らしき隣の虚言癖の少年確認。
『グラス・ハープ』カポ原作。アラバマで過ごした少年時代を美しく脚色。繊細さが光るエドワード・ファーロングの美少年ぶりにさぞや草葉の陰から喜んでいるに違いないと・・。
『アニー・ホール』ウディとダイアンが公園で通行人ウォッチングの最中「そっくりさん」が横切る・・ニューヨーク〜♪
『54フィフティ★フォー』ライアン・フィリップが70年代ニューヨークに実在した伝説のディスコ「54」のウェイターに。カポらしき登場人物が数回映る。当時のセレブが集まる場所の雰囲気がとても良くわかった。

★アジア・・
『ふたつの時、ふたりの時間』ツァイ・ミンリャン監督
劇場で「楽日」を観てその作風にあんまりタマゲて観てみました。
『童年往時/時の流れ』ホウ・シャオシェン監督
ホウ監督の少年期自伝的ストーリー。父親、母親、そして祖母との死別・・そして初恋・・
『嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』
15歳のチャン・チェン観たさに・・何故?切な過ぎ。プレスリーの歌を英語で熱唱する童顔少年が微笑ましい・・
『アバウト・ラブ/関於愛』チェン・ボーリン〜♪

★ヨーロッパ
『隣の女』ドパルデュー&アルダン
『暗殺の森』ベルトリッチ
『待ち焦がれて』ジェーン・オースティン原作「説得」の映画化作品。「イルマーレ」でヒロイン/サンドラ・ブロックが読んでいた本〜♪周りの反対で別れた男女が8年の時を越え再び結ばれるまで。

★劇場で観たけどもう一度DVDで・・
『ホテル・ルワンダ』また同じところで泣けた。
『かもめ食堂』永久保存版♪
『ステイ』二度目で更に謎が解け、もっと泣けた。

★その他
『ロスト・ストーリー 〜現代の奇妙な物語』
ヒュー・ジャックマン、ジョシュ・ハートネット他豪華キャスト出演のショートムービー作品集みたいの。可もなく不可もなく・・
『メゾン・ド・ヒミコ』オダギリ・ジョー
映画好きばっかり集まる老人ホーム誰か作ってくれませんかね?
『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』ジム・キャリー
これは面白かったな・・ほとんどアドリブだったらしいジムの台詞がおかしすぎ。
『県庁の星』織田裕二
公務員らしさ炸裂の”県庁さん”の台詞が正に夫が言いそうな事で笑えた。
この記事へのコメント
こちらにもお邪魔します。
いっぱいご覧になってますね〜@_@
エドワード・ファーロングって名前に反応しちゃいました(^^)当時好きでしたね〜。こちらは知らない作品でした。観てみようかな〜。
「クーリンチェ〜」(エドワード・ヤン)まさか4時間あるとは思わず、気楽にチャレンジして途中で挫折(汗)時間あるときリベンジしますっ。
「隣の女」は公開当時(幼い頃?)観て、衝撃を受けた作品です。あれ以来恋愛観がおかしくなった私です(笑)
Posted by わかば at 2006年11月05日 23:37
チャン・チェンは今度キム・ギドク作品に出るらしいですぜ。きゃー
クーリンチェ少年殺人事件といえば、長年観たかったのにレンタルショップで見つからない作品の一つでした。ところが、2年ほど前にふと気づきました。『クーリンチェ少年殺人事件』というタイトルは見つからないけど、『嶺街少年殺人事件』ならあったじゃん!・・とようやく観ることができましたとさ。
『ブエノスアイレス』のチャンが好きですー。
Posted by かえる at 2006年11月06日 00:02
わかばさん
むふふ。ヒマ人なのがバレちゃいますね〜(^^;)
実際は1〜2ヶ月間でこの倍以上は観てますが、忘れてます(爆)
エド君、最近どうしているかしら〜一旦ダメになってから復帰して頑張っているようでしたが・・これは「ターミネーター」の直後の出演ですかしらね〜
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id84069/
「クーリンチェ〜」は物凄く映像の悪いビデオで観たのですけど泣けましたです。是非DVD化してもらって綺麗な映像でもう一回観たい作品ですわ。是非リベンジを!
「隣の女」若き日のドパルデューに衝撃(笑) うわ〜わかばさんの恋愛感にも衝撃を与えた?貴重な作品なのね?(笑)

かえるさん
きゃー! な、なんですと?
チャンチェンがキム・ギドク作品にっ!?
言葉はどうするんでしょー?まさかサイレントに?笑
「クーリンチェ」観れて良かったですね♪
ビデオ屋さんに口で言ってもダメなので、漢字にルビふって書いたメモを渡して探してもらいましたワタクシ(爆)
「ブエノスアイレス」にも出てましたっけ! 以前BBMなトニーとレスリーに途中挫折したまま・・今ならリベンジ出来るかも?頑張ってみようかな〜
Posted by マダムS at 2006年11月06日 10:08
こんばんは。

書き込みご無沙汰しておりました。
また再開です〜!
沢山ホーム鑑賞されているのですねぇ〜!
凄いです!刺激を受けます!
「カポーティ」は残念ながら、まだ未見ですが、あの「冷血」を書いた同じ人物が「テファーニーで朝食を」とか「グラス・ハーブ」もとはちょっと驚きですが、「グラス・ハーブ」は大分前に友達の薦めで見たので、細かい部分は忘れているけど、あのファーロングが本当に繊細な演技をしていましたよねぇ〜。そうかアラバマだったんだ・・・。
「アラバマ物語」は大好きな作品です!!
アメリカの良心と言われるグレゴリー・ペックの弁護士良かったし、子供達が可愛かった!

「隣の女」のドバルデユーもアルダンも若いし。「暗殺の森」は独特の雰囲気を持った作品でしたよねっ。あの「男と女」のジャン・ルイ・トランティニヤンががらっと変わった暗殺者を演じていたし、ドミニク・サンタも綺麗でした。

そうそう「レモーニー・スニケットの世にも不幸せな物語」は何の前知識もなしに見たけど、もうジム・キャリーの怪演は凄かったし、私も面白かったです!!
え?ほとんどアドリブでしたか?
凄い俳優さんです!
Posted by 紫の上 at 2006年11月06日 23:18
映画に行かない日は家で1〜2本ってホントだったんですね(≧▽≦)
私も最近『ホテル・ルワンダ』『かもめ食堂』『ステイ』なんかを見ました。
それぞれほんとに素晴らしかった〜。
なかなか映画館に行けず、かなり時差がありますけど、TBさせて下さいね(^^ゞ

『ロスト・ストーリー』って公開はされていないようですね。
私もビデオで見たんですけど、凄いキャストでしたよね。

それに『県庁の星』かぁ。
さすがマダム。
ジャンル問わないな〜〜〜(≧▽≦)
Posted by ゆーこ。 at 2006年11月07日 09:53
 紫の上 さん
は〜い、またどうぞよろしく♪ 私って何か一つ気に入った映画があると関連したものを観ないと気がすまない癖がありまして。。笑
「カポーティ」を観てからちょっとMyカポ・ブームでして、暫く関連本やら映画やら観まくりました。 彼の生い立ちなど知ると、彼の書いたものや映画になったものを見る視点が違ってきて興味深いです。
「隣の女」のドパルデューは細いっ(笑)
ちょっと昔のフランス映画やイタリア映画も引き続き少しずつ制覇していきたいと思ってるんです。
「レモニー〜」はDVDの特典映像でジムが自分で考えて創ってきたキャラの紹介もあったんですが、もう抱腹絶倒で・・ほんと才能豊かなんですねーびっくりですよ。





 ゆーこ。さん
Posted by マダムS at 2006年11月07日 18:52
あ、いかん・・途中で送信してしまった・・もう一回
 ゆーこ。さん
はーい、こんにちは〜〜
どうぞどうぞ!いつでも古い記事でもなんでもトラバとコメント大歓迎ですよ♪
私もDVD待ちの作品 沢山ありますし。
そうそう!『ロスト・ストーリー』ってビデオ屋さんでパッケージ見てびっくりしました有名俳優さん出てるのに、公開しなかったんだな〜って。 物語はビミョーでしたね(笑)
邦画はめったに見ないんですけど、「県庁の星」は夫が借りてきたんですよ〜なので見ました(笑)

Posted by マダムS at 2006年11月07日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。