2006年11月09日

『Oiビシクレッタ』

年内多忙につき、簡単ゴメン!記事です
oi.jpg2003年ブラジル
2005年のブラジル映画祭で上映。究極のロード・ムービーで”家族もの”。失業中のお父ちゃんが赤ん坊を含む家族7人を引き連れ、都会/リオデジャネイロめざし自転車でブラジル縦断3200キロしちゃう話。 自分じゃ働かないのに家長として完全に家族を統率する手腕は見事(笑)。 それに呆れつつもちゃんと従う子供や奥さんに、ブラジルの家父長制度の強さと深刻な失業問題など垣間見える秀作。
posted by マダムS at 12:26| Comment(6) | TrackBack(2) | 中南米映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お前がまず働けぇぇ!っていいたかったですー。<父
ともあれ、町の風景なども楽しめました。
人魚ちゃんスカートにも注目♪
Posted by かえる at 2006年11月10日 01:31
磊かえるさん
まったくですよねぇー!>父
やっぱりリオって大都会なのね?と感心。田舎のアメリカ人がニューヨークで一旗あげようっていう感覚に似てるのかな。
ふえっ 人魚ちゃんスカート? 気がつかなかったですぅぅ(^^;)見落とした模様。
Posted by マダムS at 2006年11月10日 09:44
どうして働かなくって、あんな威厳が保たれるんでしょうか?(笑)
>人魚ちゃんのスカート
そうそう、後姿になったとき、あのスカートが、ちゃんと尻尾になってるんですよね(笑)
Posted by キウイ at 2006年11月11日 00:03
磊キウイさん
ほんとですねぇ〜!信じられない!
今の日本では考えられない場景ですよね(笑)
ひゃ〜人魚ちゃんスカートにちゃんと気づかれてましたか!(@0@)/
Posted by マダムS at 2006年11月11日 17:32
マダム〜

>ブラジルの家父長制度の強さと深刻な失業問題など垣間見える秀作。

本当だよね。働け〜〜〜って感じ。(笑)
でもあの一家、みんなかわいくって好きだわー。
Posted by chocolate at 2006年11月13日 08:54
磊 chocolate さん
はあい〜
でしょう?みんなそう思うよね(笑)
奥さんはとってもチャーミングでしたねえ!
子供たちも可愛かった♪
Posted by マダムS at 2006年11月13日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27086989

この記事へのトラックバック

『Oi ビシクレッタ』
Excerpt: わくわくロードムービー。それもチャリ。 創作の物語というなら少し物足りない気もするのだけど、こんなリアルストーリーがあったことには多様な思いがよぎりって感慨深い。 ブラジル北部からリオデジャネ..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-11-10 01:28

Oi オイ・ビシクレッタ
Excerpt: 実話に基づくお話。 旅の出発点はブラジル北部のパライーバ州にある「世界の中心広場」 ここらか一家の無謀な旅の出発点。 この一家のパパ(微妙にダメ親父)は 職探しの為に妻と5人の子供(うち1人は赤ん坊..
Weblog: Chocolate Blog
Tracked: 2006-11-10 11:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。