2006年11月09日

ジャ・ジャンクー監督 『世界』

年内多忙につき、簡単ゴメン!記事です。
Т??.jpg2005年日本、仏、中国  WOWOWで鑑賞
新作の「三峡好人」が先日のヴェネチア映画祭で、見事金獅子賞を勝ち取ったばかりのジャ・ジャンクー監督の作品を、初めて観ました。 北京郊外に実在するテーマパーク「世界公園」で働く若者達の悲喜こもごも。「北京の中で世界を見よう」だなんて売り文句の、世界の名所旧跡のミニチュアの中に毎日いながら、田舎から出稼ぎに来ている彼ら(ロシアからも)にとって、世界旅行なんて遠い夢。煌びやかな衣装で踊るダンサーのヒロインも心の中は空虚。映像があまりに美しいので最後のショックは大きく・・じくじくと心が痛む。やられた。


posted by マダムS at 13:13| Comment(8) | TrackBack(3) | アジア映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
御覧になりました?
中国の今が、少し見えてくる感じですよね!
あんなテーマパークがあるなんて、知らなかった!
Posted by キウイ at 2006年11月10日 01:40
沈 キウイさん
ちょうどWOWOWで放送があったので観れたの♪
急速に発展する都市部と田舎の格差が、建物だけでなく人の心にも歪をもたらさないといいんですが・・テーマ・パークに舞台を絞った監督の目のつけどころが凄い・・北京より全然規模の小さいのが淡路島にもありますね。
Posted by マダムS at 2006年11月10日 09:51
ジャンクー監督の作品に出てくる若者たちは誰も切ないですね。急速に変わりつつある中国人の若者をこんなふうに描いたのは、彼が初めてでしょう。
Posted by at 2006年11月11日 11:45
沈 雄さん
切なかったですね・・
私もこういった作品、大事に観て行きたいと思います。
「三峡好人」は私も東京フィルメックスのチケットは買い損ねましたので、一般公開を楽しみに待ちたいと思います。
Posted by マダムS at 2006年11月11日 17:50
この作品は映画館でみましたよ。
もうすぐ北京オリンピック、その影にあるものは??高度成長期の日本をみているようでした。(実際は良くしらないのですが)
貧しい農村から、布団をしょって来る風景は何故か近代化をめざしている中国には、不思議な光景でしたね・・・それにしても、携帯電話は日本より普及しているかも??
Posted by ずも母 at 2006年11月13日 20:36
沈 ずも母さん
あーっ!! そうかっ
この映画、確か誰か観ていたような・・と思ってたんですわ・・ずも母さんだ!(笑)
公開時に劇場鑑賞されてたんですねえ!
急激な変化について行けない現象は多かれ少なかれどの世界でもあるかもしれませんねぇ・・日本でもかつてそういうことがあったかもしれません。
携帯は普通電話が引けない人でも持てますからね。多いと思います。途中のアニメーションも効果的でしたね。
Posted by マダムS at 2006年11月13日 20:59
この作品、ああそうそうと思って自分で書いたレビューを探したんですが、どうやらブログを始める前に観たみたい・・・。つい最近のような気がしていたのですが。

あの「世界」の中で働いている人もそうですが、ああやってミニチュアのエッフェル塔の前で写真を撮ってる人々も、なんか悲しいものがありましたね。

きらびやかな世界の中で生きる人々の実生活・・・。実際に外国へ行ってしまう人を横目に見ながらも、自分では決してあの世界から出られなかったはずの人々の結末。

思い出すだけでもなんとも言えない気分になります。
Posted by nouilles-sautees at 2006年11月14日 00:44
沈 nouilles-sauteesさん
おお、そちらでは随分早い時期の公開でしたのね?
うんそうなんですよね、良く出来たミニチュアで人間がちゃんと上がれるエッフェル塔って凄いなと思いましたけど、やっぱりなんだか空しいですよね。。
結末がなんとも悲し過ぎで・・泣。
Posted by マダムS at 2006年11月14日 15:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『世界』のインサート・ショット
Excerpt: ジャ・ジャンクー監督の『世界』を見ていて、印象に残る2つのインサート・ショットが
Weblog: Days of Books, Films
Tracked: 2006-11-09 21:27

世界
Excerpt: 中国、北京郊外に実在するアミューズメントパーク「世界公園」でダンサーとして働く女性が主人公のお話です。 こんなラストでいいの?と突っ込みたくなりましたが、見てから1日たっても・・・今だに納得出来ませ..
Weblog: 愛猫レオンとシネマな毎日
Tracked: 2006-11-11 23:38

ジャ・ジャンクーの『世界』
Excerpt: 新文芸坐の"アジア映画の輝き"にて、ジャ・ジャンクー作品を鑑賞。『世界』 はおととしの公開時に観に行っているんだけど、レヴューを書いていなかったのでした。というのは、ちょっと寝てしまったこともあり・・..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-01-23 12:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。