2006年11月23日

『007カジノロワイヤル』 東京国際シネシティフェスティバルにて

〓×〓〓〓〓〓〓??.jpg新宿歌舞伎町で開催されている東京国際シネシティフェスティバル(11/23〜11/26)のオープニング作品として、一般公開(12/1〜)より一足お先に鑑賞して参りました。

二度の暗殺を遂行することで、‘00’(ダブルオー)=‘殺しのライセンス’を取得する。ジェームズ・ボンドが、どのようにして007になったのか?そして、ボンドが愛した、運命の女とは?6代目ボンド役にダニエル・クレイグを迎え、シリーズ21作目にして初めて明かされる、007誕生の物語。(公式サイトより)


<辛口批評です!ダニエル・クレイグのファンの方と、これから楽しみにご覧になる予定の方は読まない方がいいかも (^^;)>

〓×〓〓〓〓〓〓.jpg『007カジノロワイヤル』 
2006年/イギリス・チェコ・ドイツ・アメリカ
監督:マーティン・キャンベル
出演:ダニエル・クレイグ/エヴァ・グリーン/マッツ・ミケルセン/ジュディ・デンチ/ジャンカルロ・ジャンニーニ /ジェフリー・ライト

ああ、ボンドよ! 
アナタはいつサイボーグ化したのでしょー!?
これじゃ人間じゃなーい!(笑)
「ボーン・アイデンティティ」のジェイソン・ボーンも真っ青ではありませぬか! がく〜(落胆した顔)
私にとってのジェームス・ボンドは永遠にショーン・コネリーで、ちょっと笑えるほどの最新秘密兵器をここぞという時に使いこなすのが楽しみのスパイ・アクション。 上げ膳食わぬは男の恥とばかりに美人と見ればすぐにくどくプレイボーイなのですが、スマートで品のある身のこなしはさすが紳士の国のスパイ・・ってことだった。

残念ながら、やはり新ボンド役/ダニエル・クレイグには 私は合格点はあげられない・・「何処が?」って質問へのお答えは差し控えさせて頂きます(笑)
それより何より007の誕生秘話のはずが、何故現代? 
携帯電話や小型のノーパソなど使用したら一辺に興ざめ。
テロリストの資金源を断つべく活躍する007に、最近物騒なイギリスの観客達は熱狂すると見込んでの脚本なのかしらん・・(ポール・ハギスも名前を連ねてますね)。 でもやっぱりそうなるとその時代その時代に合った(そもそもスパイものは冷戦時代に誕生した話であった)ボンド大活躍の半世紀に渡る歴史はどうなるのでしょうかあ? 
私、何か勘違いしてます?? 

アクション映画にそんな事いちいち考えてしまってはダメなんでしょうかしらね(^^;) でもせっかく大金をかけて作る作品なのですから、ちょっとしたこだわりは尊重してもらいたかったです。
私、何か勘違いしてます??

個人的には ロケ地にイタリアのコモ湖(多分)、ヴェネチアのサンマルコ広場やお馴染みの水路などが出てきたのは嬉しかった。
今回のボンド・ガール/エヴァ・グリーンは美しいのだけれど、ダニエル・クレイグのボンドだと父娘に見えてしまってダメでした。
こうしてみると、ショーン・コネリーも決して若くはないお年頃でのボンド役だったが、セクシーでいてチャーミングだったなと・・改めてその魅力を思い出す。

ああ・・文句ばっかりになってしまいましたが、手に汗握るハラハラアクションは楽しめましたよ(どんな映画でも一つは良い所があるものだ) 
もしかして管理人は重大な勘違いをしているかもしれません・・
「だからそうじゃないでしょ!」とのご指摘ありましたらお願いします(笑)
posted by マダムS at 20:47| Comment(30) | TrackBack(28) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございま〜す
あちゃー、もしかしてDVDBOXセットが当たりますように…とか祈ってました?爆
なんだー知ってたら声かけたのにぃ〜
今、出先からなのでまた後でTBをつけに参りますねん♪これからオフサイドを見に朝日ホールです。
…いーえ、勘違いしてませぬよ〜やっぱりボンドはショーンが最高です。私なんて子供の名前につけようと考えた位でつから。爆
誕生秘話というわりには時代設定が現代ですからね。ちょっとファンにはピンときませんです…でもわたくし、ダニエルもファンでして。笑 実は同い年です…爆発
…って事はグリーン嬢の母かい?って悲しー
まあ、普通のボンドに戻ってくれて一安心でした。さすがブッ壊しは半端じゃなくて圧倒されました。ラストの建物はセットですかね?壊し方も難しそうです;
Posted by charlotte at 2006年11月24日 09:27
說charlotteさん
こんばんは〜♪ 
ひゃ〜ん!同じ会場にいらしたのねーっ!
DVD-BOX当たらないかな〜と思ってましたよ(爆) あの男性せっかく嬉しそうに舞台に上がろうと思ったのに用意してないなんて!お気の毒でしたわ。。
おっ 今日はフィルメックスですね!?いいなあ〜 いかにもシネフィルって感じでカッコ良いですわ♪
ごめんなさいね〜シャーロットさんはダニエルさんお好きだったのよね? ワタクシ散々にけなしてます(^^;) あらまあしかもタメ年ですか? す、すんません親子ほどなんてちょっと大げさだったかしらん(大汗;) いやちょっとダニエルさんが年より老けてみえる・・あっと、また言っちゃった(爆) でもあの驚異的な走りはさすが中距離の国!と思いましたわよ?長距離走が得意なアフリカ系をへばらせてましたから(^^)/
Posted by マダムS at 2006年11月24日 21:35
ボンド役はまずセクシーじゃないとダメですよね〜。先日ダニエル・クレイグの上半身裸の写真を見て、なかなかいい身体つきだし、演技力でカバーすれば結構化けたりしてとかすかに期待しておりましたが・・・。

まあ一応観に行ってみます。
Posted by nouilles-sautees at 2006年11月25日 00:57
こんにちわ。
なかなかの辛口批評拝読しました(笑)
私はマッツ・ミケルセン目当てで見に行ってるんで、正直ダニエル・クレイグには何も期待してませんでした。が、思ったよりよかったかも…あの鍛えられた筋肉、白いシャツにゆるんだタイ〜スーツフェチの私には良い目の保養でした(爆)たしかに007にふさわしいかというと、微妙ですね。でも慣れちゃうと違和感感じなくなるんだろうな。ピアーズ・ブロスナンが007になったとき「レミントンスティール、出世したじゃねーか!」と思いましたもん(笑)
また、遊びに来させていただきます。
Posted by Boh at 2006年11月25日 02:07
說nouilles-sauteesさん
こちらはダメ派でして(笑)「ホテル・スプレンディッド」「トゥーム・レーダー」あたりまでは良かったんですが、「ロード・トゥ・パーディション」あたりからどうも苦手感が・・今回それを払拭してくれるかと思ったらやっぱりダメでした(^^;)脱いだらどうか?というと余計ダメでした(爆)
観に行ってみて下さい〜やっぱり話題作ですから!! 
絶賛かもしれませんよ〜感想楽しみにしております♪

說Boh さん
こんにちは♪ 
TB&コメント有難うございました♪
マッツ・ミケルセンって、どこかで観たお顔と映画の途中ずっと思っていたんですが、改めて今調べてみましたら、あの「しあわせな孤独」の彼だったんですね〜北欧特有の神秘的な雰囲気を持った俳優さんですよねぇ・・そうでしたか〜Boh さんはファンでいらっしゃしましたか(^^)
ダニエルさんも、あのカジノでのスーツ姿はなかなか素敵でしたね^^
んん〜そうなんですよ、007に関しては先入観念どうしてもありまくりでして。。今まで俳優が変わってもあのキャラクターは結構定着してましたから。。
今回のクールなボンドがまた定着したら慣れるのかもしれませんね〜 

Posted by マダムS at 2006年11月25日 09:19
うお〜〜マダム、早い!
う〜〜ん、まだみてないのでネタばれ禁止のjesterはじっくり読めないけど、なんとなくだめでした?
私も実はマッツ・ミケルセン目当てで見に行こうかなと思ってます(キング・アーサーでトリスタンもやってました)。
007、前の役者さんのイメージが強いと結構辛そうですね〜
Posted by jester at 2006年11月25日 11:34
說jesterさん
はぁ〜い、お陰さまで(笑;) スパイもの大好きなワタクシ・・このテーマ曲も本来”血が騒ぐ”御馴染みテーマソングだもので・・。
うっ「キング・アーサー」にもマッツさん出ていましたか!? すいません気が付きませんでしたーー(^^;)
ん〜思い入れがある人ほど、頭を切り替えるのが大変そうです、今回の新ボンド。
Posted by マダムS at 2006年11月26日 10:56
こんにちわん
あらー辛口ですねー。わたしは予告で海からあがってきたダニエルが水色の海パンはいてたのをみて、あら一応レトロなオマージュ風の作りなのかしらんと思ったんですが、違うんですね。
心してみますわん。
ちなみにボンドといってわたしがぽわんと浮かべるのはショーン・コネリーの時は生まれてなかったので(すごいウソ)ロジャー・ムーアだったりします。
Posted by M. at 2006年11月26日 14:57
說 M.さん
こんばんわん〜♪
はいー! 海パン姿はショーン・コネリーの何だったかを私も思い出しました〜〜ついでにグラマーな(死語?)ボンド・ガールラクウェル・ウルチ・・古! 
あ、ハル・ベリーもでしたっけ♪ 笑
ロジャー・ムーアのボンドが一番本数多かったんでしたかしら? 
私も生まれてませんが(とんでもない大ウソ)、段々その頃からアクションがパワーアップ・・最近ドンドン節操が無くなってついにここまで来たかー!というのは私の独断と偏見に満ちた感想ですので、あまり参考にはならないかもしれませんよー笑;
Posted by マダムS at 2006年11月27日 00:48
こんにちわ!全体的には
とても楽しめたほうなんですけど辛口
意見、面白いです。
ツッコミ所も多い映画で、レビュー
頷きながら拝見させていただきました^^
何故に現代?確かにそうですね〜
昔映画化されたのは見事にめちゃくちゃ
なんで(笑)原作読んでみたくなりました
自分は「MI3」とかもそうなんですけど、こういう映画にPCとかが出てくると
もうなんでも出来てしまうのがいつも
気になってしまうほうなんですけど、
今回の解毒を遠隔操作でやる場面とか
ちょっと興ざめしてしまいました^^
TBさせていただきます!
Posted by kazupon at 2006年11月28日 20:44
說kazupon さん
こんばんは〜♪ようこそ!〜d(*⌒▽⌒*)b
TBとコメントも有難うゴザイマス♪
恥ずかしながら、大して良く知りもしないくせに言いたい放題書いておりますので、007のコアなファンの方には噴飯ものの記事かもしれませ〜ん(^^;)
>昔映画化されたのは見事にめちゃくちゃ
そ、そうでしたか? そうですね、原作で確かめたい気も。。
半世紀前には楽しめたはずの”夢のハイテク”だった数々の秘密兵器が、今では珍しくもないものになっていたりで面白みが無くなったので、ボンド自身に体を使ったアクションに回帰させたのかもしれませんが、でもそれがなんだかやり過ぎでどうも笑えてしまって(人型に穴のあく壁とか 爆)Mi3のトムちんより中距離走は早そうですし。。それを大真面目にやってるのが可笑しくて・・
機械オンチの私はあんなに早くホフマンのデスマスクが出来るのだから、解毒の遠隔操作も出来るのだと思いました(爆)
Posted by マダムS at 2006年11月28日 21:55
私はマダムのツッコミを念頭に置いて観たせいか、おかげさまでかなり気にいっちゃいました。(^^;
そうなると、マダムがおっしゃる笑いどころや疑問も、逆に楽しむ要素になっちゃったのかもしれませんね。(笑)
労働者階級なみの男臭さを発散するダニエル・クレイグのお猿さんアクションのボンド、やはり彼を好むかどうかで評価が違ってくる作品だとは思いましたが・・「これまでのものと同じじゃしょうがないだろう」という彼の意見には賛成です。^^
この作品は、若き未熟なボンドということで、許される部分も大きいので、今後どうなるかは、非常に気になるところですが・・・!
ということで、恐る恐るTBを貼らせて頂きました。(笑)
Posted by ラクサナ at 2006年11月30日 12:46
說ラクサナさん
同じ時間にお互いにコメント書き込みしてたようね〜(笑)ちょうどそちらにもTB送らせて頂いたところでした(^^)v
キャッ 先に読まれてからの鑑賞でしたか? ひゃ〜散々なレビューで申し訳ありませんでしたーと思ったらかえって気楽にご覧になれたのでしょうか?(笑)
「今までのどのボンドとも違う」と言ってた通り、確かに”違うボンド”が 好きになるかなれないかで、そうそう、この映画の評価は分かれるでしょうね〜〜
私、もうちょっと切ない恋愛を想像してたもので、ダニエルさんの鉄仮面の表情からは心震えるような切なさが沸き起こらなかったんですよ〜残念なことに。 クールな時はクールでいいんですが、ここぞと言う場面では泣き顔の一つも欲しかった・・と注文多し・・すいましぇ〜ん(^^;)
Posted by マダムS at 2006年11月30日 23:23
こんばんは♪
お久しぶりです。

わたしね、、、マダムさまとは全然違う視点だと思うのだけど、でもこの作品ダメでした〜><
だからあんましいろんなところ遊びに行かないようにしようと思ったのだけど、
マダムさんの評価低いからついつい立ち寄ってしまいました☆
親子には笑えました!まだ38歳なんですよねー!?50歳には見えます!
Posted by きらら at 2006年12月02日 00:30
說きららさん
こんにちは♪ お久しぶりです!
>違う視点だけどダメ
>50歳には見える
うふふっ 興味津々できららさんの感想も伺いに参りますわね^^
感想は人それぞれで、絶賛されている方もいらっしゃいますものね〜〜
私の大好きな映画評論家の渡辺祥子さんも大絶賛で★5つですもんね、、、ショックで私の感性に自信が持てなくなってきました(爆)
Posted by マダムS at 2006年12月02日 10:08
マダム、私も見てきましたよ〜
それほど思い入れがないので、まああれはあれで新しいスパイ物、って感じでしたけど、ショーン・コネリーみたいなキュートさは、クレイグさんはないですね〜
イギリスのスパイというより、ナチのスパイみたい。(意味不明)
どっちにしろ、こういう系統の映画はあまり得意じゃないですけど、MI3のほうが楽しめた気がするのはなぜなのかしら・・・
Posted by jester at 2006年12月02日 10:33
說jesterさん
ご覧になりました〜?
初日鑑賞ですね!? うふふ・・
こういったアクションもの・・私も最近食傷気味ではあるんですが、
「ミッション・インポッシブル」と「007」だけはどうしても昔昔からの思い入れがあるもんですから、一生懸命観ちゃいますし、それだけに突っ込みどころもあるわけで・・。
そういうものがあまり無い方はこれはこれで楽しめるんだと思います〜確かに(笑)
ぐふ・・ダニエル氏に関してはもうこれは好みの問題なので、私は記事には遠慮して書いておりませーんがー・・jesterさんのお見立ても同感で御座います!(爆)
Posted by マダムS at 2006年12月02日 17:35
こんばんは、初めまして。
TBさせていただきました。

>私、何か勘違いしてます?? 

私も見に行くまで気がつきませんでした。
007シリーズは、実は第20作で一回終了していたことに。
21世紀のスパイは、サイボーグじゃなければ勤まらないのでしょうね。
Posted by starless at 2006年12月02日 20:58
S様、長らくご無沙汰しております。イングマルです。
こちらのブログはいつも拝見しておりますが、初めてコメントを書かせていただきます。

「カジノ・ロワイヤル」は私もシネシティ・フェスティバルで鑑賞しました。期待通りの素晴らしい出来栄えに未だ興奮が冷めやらず、頭の中を「ジェームズ・ボンドのテーマ」が流れ続けている状態です。あと2回は観に行きたいと思ってます。
コメントを拝見したところ、評価の基準と言うか007に求めているものが私とはまったく違うように感じました。

数々の“お約束事”が破られていることには正直ちょっと戸惑いましたが、作品の方向性は決して間違っていないと確信しています。
これまでも「女王陛下の007」や「ユア・アイズ・オンリー」のように原点回帰を謳った作品は見応えがありましたが、「カジノ〜」も御多分にもれずスリリングで骨太なスパイ映画に仕上がっています。
シリーズを重ねるうちに“遊び”の要素が増え続け、体脂肪が付きすぎてしまった感がありましたが、ダニエル・クレイグの引き締まった肉体のように贅肉を削ぎ落としてストイックなスパイ映画に生まれ変わりました。こんなボンド映画をずっと待っていたんです。

ダニエル・クレイグに関しては、現在ボンドを演じられる彼以上の役者がいるとはとても思えません。今から次回作が楽しみです。
やっぱり007はおもちゃ箱的なファミリー映画ではなく、大人のためのスパイ映画であって欲しいと強く願います。
Posted by ingemar at 2006年12月03日 21:39
說starless さん
こんばんは! はじめまして〜d(*⌒▽⌒*)b ようこそ♪
TBとコメントも有難うございます!
そうなんですよ〜 私にはどうしても生身の人間には見えませんでした(笑)
starless さんの感想も伺いに参りますね^^

說ingemarさん
こちらこそご無沙汰しております!
昨年春の引越しやらのゴタゴタで連絡の方法がわからなくなってしまいまして・・(^^;) コメント嬉しいです♪
実は 007のお好きなイングマルさんの事ですから、絶対ミラノ座のどこかにいらっしゃるような気がしてました(笑)
で、私のおバカな記事にきっとするどい突っ込みを下さると思ってお待ちしておりました!!(爆)
やはり大絶賛でいらっしゃいますね〜!
多くの方が褒めていらっしゃいますし、私の尊敬する女性映画評論家の方も★5つ付けてますので、私の感性がおかしいのかもーしれませーん(汗)
スパイ映画の定義について議論するつもりはありませんし、少なくとも一昔前のと根底から違うのは世の中が変わったので仕方無いことだとは思います。後は主演俳優が好みか好みじゃないか(あのボデイがステキに見えるか否かも)の問題で、これも人それぞれの好みですからこれも仕方ないですよね〜わはは。 
私はまず、最初の追いかけっこで壁に人型の穴が開いたところからもうずっこけてしまったのが原因でずっと最後まで観る目が変わってしまいました。 
彼女をなぐさめるボンドも、切なさすら感じられませんでしたのでもう救いようないです お許しを。
懲りずにまた「ツッコミ」にいらして下さいませ〜♪お待ちしております(^^)v
Posted by マダムS at 2006年12月03日 23:59
はーい、見てきましたよ〜
マダムのレビューを読んでちょっとほっとしました。というのも「シリーズ最高傑作」って宣伝文句を見ましたけど、私にはそうは思えない・・・(^^;)
ダニエル・クレイグはがんばっていたと思うけど、今年を締めくくる大作としてはいささか寂しい気が致しました。
私も何か勘違いしてます?(笑)


Posted by mei at 2006年12月04日 01:26
說meiさん
はーい、ご覧になりましたか〜?(^^)v
うーん、賛否両論で面白いですぅ〜!
最高って言ったら、以前のボンドに失礼ですよねぇ。。と私も思いますが・・。
結局何を基準に”良し”とするかはそれぞれということで・・(^^;)
ダニエル氏は俳優としては、数々のバッシングにめげず相当な鍛錬をされて撮影に臨まれたでしょうから、その努力は賞賛されるべきなのでしょうね^^
Posted by マダムS at 2006年12月04日 19:51
私も見てきましたよっ!
マダムSさんのレビューを読んで、ボンドに、いや、ショーン・コネリーのボンドに対するとっても深い愛を感じました。
そうですねっ。ボンドと言えばショーン・コネリーです。紳士的で、お洒落で、女性達を虜にするボンド。
今回のクレイグのボンドを見たら、ビックリしますとも・・・。まるで正反対。
武骨で、冷酷で、クール。
でも、ハチャメチャながら、その中に感じられる繊細で傷つきやすい彼に対して、なんだか母性本能をくすぐらせられるような気が私はして、守ってやりたい・・・と見ているうちに思えるようになったんですよつ!
で、結構最後まで、入り込んで見てしまいましたデス。
あの金子みすゞさんの詩にあるように、
「みんなちがって、みんないい」かな・・・。

聞くところによると、あちらの映画雑誌には、ボンド俳優として、クレイグはショーン・コネリーに次ぐとか書いてあったそうです。なかなかコネリーを凌ぐ人は出てこないでしょう〜。

最近のCGを使った「007」シリーズはマンネリ化し、ジェイソン・ボーンの「ボーン・アイデンティティー」や「ボーン・スプレマシー」に人気を奪われてしまったそうですねぇ〜。
スパイ映画のの元祖・英国のボンドがアメリカのCIA工作員に対して、負けてはいられない、今回の新作は巻き返しを図ったのでしょう〜。
で、原点に戻るけど、でも新しい21世紀のボンド像を造りたかったのでは?と私の独断です(^^;

次回作もクレイグがボンドに出演することが決まったそうですが、
次回こそ正念場ですよねっ。
「007」ファンとしてはなま暖かく見守りたいと思います。

では「○○より愛をこめて」

Posted by 紫の上 at 2006年12月05日 00:46
說紫の上さん
こんにちは〜♪
そうでしたか〜!紫の上さんは母性本能までくすぐられたのですね〜?うふふ。。
私も「ホテル・スプレンディッド」や「トゥームレーダー」の時はクールでちょっと素敵かなと思ったんですがね・・(^^;) 
好みの問題ですからしょうがないですよねこればっかりは(笑)
製作者側は「本家がアメリカのサイボーグに負けるわけにはいかん!」と頑張ったんでしょうね〜ダニエルもそれに答えようと随分頑張ったのでしょうー。それは十分伝わってきますよ(^^)/
世間では評判も良いようですし、ダニエル支持者も多いようですから、是非次回も頑張って欲しいですよね^^
Posted by マダムS at 2006年12月05日 14:38
こんにちわっ。

マダムはダメだったんですねー。(笑)
私は元々好きな役者サンなのでOKでした。^_^
でもマダム同様「原点なのに現代?」と
ちょっと突っ込みいれつつ見てましたよん。

基本的に「007」は劇場では見ないんですけど、
ダニエルがボンドな限り劇場に通いたいと思いまーす。
次回も楽しみ〜〜
Posted by Chocolate at 2006年12月23日 11:52
說 Chocolateさん
こんにちは〜♪
おお、Chocoさんがこういった系をご覧になるとはちょっと意外?(笑)
私はですね〜 密かに期待していたんですよね、ボンドのその後の女性観を決定付ける切ない愛というキャッチが結構気に入っていたので・・んでも・・ダメでした〜
巷では評判良いみたいですし、ダニエルさんのファンの方も多いようなのであまり大きい声では言えませんが・・って書いてますが(爆)
Posted by マダムS at 2006年12月23日 22:33
こんにちわー。ようやく観に行って参りました。
>007の誕生秘話のはずが、何故現代?
コレは私も思いましたよーん。突っ込みどころ満載ではありましたよねーん。替わりに、誰が見ても楽しめる仕上がりでもあるのかもしれませんよねー
私は、全体的に楽しんだのですが。この手の作品は、もう少し短くサクッとまとめている方が好きでしたー。2時間半という尺は、内容によっては全く長さを感じない場合もありますが。本作は、長過ぎたかなー なんて。
Posted by 隣の評論家 at 2007年01月06日 18:27
說隣の評論家 さん
今晩は〜ん♪
うっふっふ。けなしてばっかりの記事にトラコメありがとう〜 書いたはいいが、自分から出かけていけない小心者で〜す!(爆) 
隣の評論家 さんは結構楽しめたのですね? 良かったじゃないですかー♪ 世間の評判は凄くいいですよね(^^;)
私だけへそ曲がりなのかもな。。ぼそっ
頭が固くなってるのかもしれましぇ〜ん(^^;)
Posted by マダムS at 2007年01月06日 21:48
マダム〜、遅くなりましたが 新年おめでとうございます♪
今年もいろいろと新作情報を仕入れさせて頂こうと思います、どうぞよろしくお願い致します。(^^ゞ)

私も暮れに息子と観に行きましたが マダムの辛口なお気持ちお察しします。
古くからボンドを愛されている方には やはり違和感があるかもしれませんね。
私はこのシリーズに全く愛着がないので(笑) とりあえずクレイグのボンドを観てみようという好奇心だけで観ました。
楽しかったわ〜〜(笑)
クレイグ、愛嬌のあるお顔で一生懸命アクションをこなしてがんばっているだけで 私はOKでした。

私が一番愛するボンドはディモシー・ダルトンのボンドです。
たった2回きりだったけど ホント素敵だったわ・・♡
Posted by カポ at 2007年01月09日 17:38
說カポさん
どうもどうも〜
こちらこそ今年もカポさんの”名作のご紹介”に期待しておりますわ!!どうぞよろしくお願いしますね♪
きゃ〜新ボンド!世間では大好評ですよね! なのでかなり肩身の狭い思いをしております(笑;) いえ、私も楽しんで観てはいたんですよ〜(言い訳言い訳;) 息子さんも喜ばれたことでしょうね^^
クレイグさん!頑張っていたし、確かに憎めないお方とは思いますです(^^;)
おお、カポさんのお気に入りはティモシー・ダルトンですか!! 残念ながら私は見逃してます〜すいません!でもお顔は存知てますよ^^男前ですよね♪
Posted by マダムS at 2007年01月09日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「 007/カジノロワイヤル 007/Casino Royale(2006) 」
Excerpt: 監督 : マーティン・キャンベル ..
Weblog: MoonDreamWorks★Fc2
Tracked: 2006-11-24 13:54

青い瞳の007 【007 カジノ・ロワイヤル】
Excerpt: 母国イギリスの熱狂的なファンからボイコットされてしまった新ジェームス・ボンド。
Weblog: 犬も歩けばBohにあたる!
Tracked: 2006-11-25 02:03

「007/カジノ・ロワイヤル」完成披露試写会。
Excerpt: 偉大なる父がこれまで作り上げてきた“大いなる幻影”を遂に打ち破り、その息子と娘が満を持して放った新たなるボンドシリーズの鮮やかな幕開け。文字通り“Everything Or Nothing”、不退..
Weblog: 酒井俊之のシネマラ攻略大図鑑
Tracked: 2006-11-26 14:46

007/カジノ・ロワイヤル
Excerpt: 67年の旧「カジノロワイヤル」を予習して観に行きましたが、 やっぱり全然違ってました・・・あれは何だったんだ!(笑) 共通点といったら「ルシッフル」という敵とカジノで カード対決するシー..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2006-11-28 20:39

007/カジノ・ロワイヤル
Excerpt: 試写会にて観賞。 公開は12月1日、今年最後の映画の日。縷 過去にある同名の映画化は、ピーター・セラーズ等がボンドを名乗るパロディ作品で、ズッコケタ覚えがありますが・・・ や..
Weblog: Welcome aboard!
Tracked: 2006-11-30 12:29

007/カジノ・ロワイヤル
Excerpt: 映画サービスデーの恩恵を受けることが出来ないが、一足先に楽しんじゃうのだ! 本年度劇場観賞150本目。 ただでさえかっこいいボンド映画。今までは単にアクションやラブロマンスに魅入られるだけだが、今..
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2006-12-01 05:43

映画〜007/カジノ・ロワイヤル
Excerpt:   「007/カジノ・ロワイヤル」公式サイト007シリーズは全くの初心者ですが、今話題の人『ダニエル・クレイグ』主演だし、評判も良さげだし、映画の日公開だしってことで観てみました♪英国諜報部に属する敏..
Weblog: きららのきらきら生活
Tracked: 2006-12-02 00:26

007 カジノ・ロワイヤル
Excerpt: 初日に見てまいりました、新しい007。 1日は映画の日、ということもあり、いつも空いている映画館なのに、結構お客さんが入ってました。 それも中年以上の男性が多くて、ボンドファンの層ってこういう感じな..
Weblog: JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD
Tracked: 2006-12-02 10:34

007/カジノ・ロワイヤル(2006)
Excerpt: シリーズ第21作 2006年 【007】ダニエル・クレイグ【 敵 】ル・シッフル(投資家)【主な舞台】バハマ??モンテネグロ??ヴェニス
Weblog: sailor's tale
Tracked: 2006-12-02 20:54

真・映画日記『007 カジノ・ロワイヤル』
Excerpt: 12月1日(金) 仕事はぼちぼち。 それよりも終業後の方が気になった。 キムタクの『武士の一分』を見るか? 007を見るか? 両方見るとなるとオールナイトだ。 そうなると体力的..
Weblog: CHEAP THRILL
Tracked: 2006-12-02 23:35

『007/カジノ・ロワイヤル』
Excerpt: 先日DVDショップを眺めたら、007アルティメット・コレクションBOX」という定価で\65,000もする品を発見しました。周囲もなんとなくジェームズ・ボンド復活を祝っているかのようです。 それを証..
Weblog: 映像と音は言葉にできないけれど
Tracked: 2006-12-03 20:43

007/カジノ・ロワイヤル
Excerpt: 《007/カジノ・ロワイヤル》 2006年 イギリス/チェコ/ドイツ/アメリカ
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2006-12-03 21:16

007/カジノロワイヤル鑑賞!
Excerpt: 『007/カジノロワイヤル』鑑賞レビュー! すべては007になるために── これは、007が誕生するまでの物語 007シリーズの第1作目のリメイク 最初の任務は、自..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-12-03 21:57

『007 カジノ・ロワイヤル』
Excerpt:  配役決定から賛否両論、というか「否」の評判のほうが多かったダニエル新ボンド。わたしも最初のポスターや予告ではなんだかなーと思っていたのですが ボンドさん自体は気分的にも設定的にも007じゃなく..
Weblog: flicks review blog II
Tracked: 2006-12-05 19:18

007 カジノ・ロワイヤル
Excerpt: 若きジェームズ・ポンドが007になるまでのお話です。原作はイアン・フレミング。 今回はシリーズ第21作目で、ボンドの原点に戻った映画だそうです。スマートで華やかなボンドではなく、タフな強さと心の迷い..
Weblog: 愛猫レオンとシネマな毎日
Tracked: 2006-12-06 00:52

今年100本目:「007/カジノロワイヤル」見てきました。
Excerpt:  今回で今年の目標を達成しました。パチパチパチ!今年100本達成です!(映画館、試写会のみカウント)
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-12-06 01:56

【劇場鑑賞135】007/カジノ・ロワイヤル(CASINO ROYALE)
Excerpt: 最初の任務は、自分の愛を殺すこと。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-12-06 22:26

『007 カジノ・ロワイヤル』はモノクロームで始まった
Excerpt: MGMのライオンとコロムビアの自由の女神、おなじみのオープニング・ロゴがモノク
Weblog: Days of Books, Films
Tracked: 2006-12-09 14:22

007/カジノ・ロワイヤル
Excerpt:  アメリカ&イギリス  アクション&サスペンス&アドベンチャー  監督:マーティン・キャンベル  出演:ダニエル・クレイグ      エヴァ・グリーン      マッツ・ミケルセン    ..
Weblog: 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
Tracked: 2006-12-10 12:37

★「007/カジノ・ロワイヤル(2006)」
Excerpt: 「007ダブルオーセブン」シリーズの最新作・・・見てきました。 主人公のジェームス・ポンドが交代して、ダニエル・クレイグに・・・。 しかも、1967年製作の同シリーズのリメイクだとか。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-12-11 00:41

007 カジノ・ロワイヤル
Excerpt: 満 足 度:★★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:マーティン・キャンベル キャスト:ダニエル・クレイグ 、       エヴァ・グリーン 、       マッツ・..
Weblog: ★試写会中毒★
Tracked: 2006-12-11 04:09

「007 / カジノ・ロワイヤル」を観ました。
Excerpt: 私は「007」シリーズに何の思い入れも無く、と言うより、むしろ苦手な方の映画だったので、映画館で観るのはこれが初めてでした。 だから、ボンド史上初の金髪で青い目の新ジェームズ・ボンド役に選ばれたダニ..
Weblog: Cinema Chips ブログ版
Tracked: 2006-12-13 14:06

007 カジノ・ロワイヤル
Excerpt: ストーリーはあえて説明しません。 だって「007」ですもの。(笑) 普段はこのシリーズ見ないんですけど、 ダニエル・クレイグが結構好きなので劇場まで行って参りました~ オープニングのシーンからすごく..
Weblog: Chocolate Blog
Tracked: 2006-12-23 11:50

007〜カジノ・ロワイヤル〜
Excerpt: 公開日が映画の日だなんて・・・親切っっ喜んで観に行ってから、もう時間が経ってしまい記憶が薄れてしまってるけど・・・まだ公開されているから、ま・いいかな【story】英国の秘密諜報機関MI6に加入したば..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2006-12-29 17:33

007/カジノ・ロワイヤル
Excerpt: 「007/カジノ・ロワイヤル」 CASINO ROYALE/製作:2006年、ア
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2007-01-06 18:22

007 カジノ・ロワイヤル
Excerpt: たまに頭を使わず楽しめる映画が観たくなります。 007シリーズはうってつけ。 そういえば一番最近のこのシリーズ観てませんでした。 DVDで鑑賞。 “00(ダブルオー)”取得の条件、暗殺の仕..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-06-14 03:31

007/カジノ・ロワイヤル
Excerpt: 「007」のジェームズ・ボンドの若き日を描いた作品。とは言っても、かつてのボンドとは年代設定が違い、若き日といっても冷戦時代を描いたものではなく、すっかり現代に置き換えられてました。新生ボンドの誕生と..
Weblog: Yuhiの読書日記+α
Tracked: 2007-08-31 01:35

「007カジノ・ロワイヤル」(2006)
Excerpt: 英国秘密情報部の諜報員ジェームズ・ボンドの縦横無尽な活躍を描くシリーズ21作目となるスパイ・アクション・ムービー「007カジノ・ロワイヤル」(2006年、米英独など、144分、コロンビア映画配給)。こ..
Weblog: シネマ・ワンダーランド
Tracked: 2010-02-14 21:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。