2006年11月29日

『unknown アンノウン』

unknown.jpgいや〜これは面白かった!

お久しぶりの ジム・カヴィーゼルもお見事!
最後まで”善”か”悪”か?(笑) ワカリマセンでした〜
上映時間は たった85分!
○○セッシ監督も見習って欲しい・・(そこまで言うか?)

古びた廃棄工場の中で目覚めた「私は誰?ここは何処?」状態の5人!? 『SAW』みたいなスプラッターだったらどうしよう?と恐る恐る観に行ったら違いました(笑) 個性派曲者俳優を揃え、なかなか面白い心理サスペンスに仕上がっていましたねわーい(嬉しい顔)

unknown3.jpg『unknown』 2006年アメリカ
監督:サイモン・ブランド
出演:ジム・カヴィーゼル/グレッグ・キニア/バリー・ペッパー/ブリジット・モイナハン/ピーター・ストーメア

公式サイト

閉じ込められた密室。5人の男たちが自分が誰なのかもわからない状況で、あらゆる手がかりを集めつつ、お互いを探りあううちに落ちていた新聞の記事からこの中の2人は人質で、残りはそれを実行した誘拐犯らしいと判明。 そして、転がっていたボンベの説明書きから、このガスを吸い込んだ為に自分たちは一時的な記憶喪失に陥っている事だけわかる。 さていったい自分はどちらなのか? 誰が敵で、誰が味方なのか? そうこうするうちに外にいる犯人一味と思われる男から電話が・・「夕暮れまでにはそちらに戻る」と。 もし人質ならば始末される可能性は高いし、犯人でも混乱の責任をとらされる。疑心暗鬼になりながらも協力して脱出を試みるが・・。

短い時間でキュキュッと面白さを詰め込んだ感じ。
85分の間に「あれれっ!?」と思う事数回。 人質かと思えば犯人ぽいし。。 そのうちそれぞれが断片的に記憶を取り戻し、一人ずつどちら側なのかわかってくるのだけれど、最後までわからないのがジム!! あの深くて暗い眼差し(褒めてます)が私たちを迷わせるのですよ〜〜どちらなのかは観てのお楽しみに(笑)

不信感と連帯感の間で揺れ動き、助けたかと思うとぶちのめしたりと、生き残りをかけたサバイバルにこちらもハラハラ・・自分すら信じられない不安感・・その辺の心理描写はさすがの芸達者な役者さん達の熱演で魅せてくれます! 全員が服装などでは人質とも犯人とも判断出来ない格好なので(笑;)惑わされますが、ちょっとした行動の中にヒントが隠されていますので、推理しながらご覧になってみると良いと思います。



posted by マダムS at 19:13| Comment(15) | TrackBack(4) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわあ〜〜
カヴィ−ゼルとバリー・ペッパー・・
もうそれだけで観たいです!!!
Posted by キウイ at 2006年11月29日 22:42
稜 キウイさん
は〜い♪ そうなんですよ〜
あまり宣伝もしていないので、この映画の存在自体薄いんですが、結構面白かったですよ〜 
「メメント」系の面白さというのかしら・・
そちらでは福岡で12/9から公開かしら〜ご覧になれるといいですね!
Posted by マダムS at 2006年11月30日 12:11
こむばむわー
TB&コメントありがとうございました!
これ、面白かったですね。85分という短い尺で、これだけ凝縮できるのは「技あり」ですよねーん。
目新しさは皆無だという声もありますが、私はかなり楽しめました。も1回見たいですーん。
キャストが素晴らしすぃ。
Posted by 隣の評論家 at 2006年12月01日 22:03
稜 隣の評論家さん
こむにちはー♪
こちらこそお返事有難うゴザイマス
観ている方が少ないので寂しく思っていたところです(^^;)
キャストがね! 魅力的で!!
あまり期待せずに見たのが良かったかも。
Posted by マダムS at 2006年12月02日 10:02
10月に試写会で見てしまったので、まだ上映してたのねという感じです。(笑)

予測できない展開で、面白かったですよね。
ラストは、、およよ、そんな事思い出したくなかったかも?(爆)

低予算なのに、なかなかのキャストが集まった理由は↓
http://www.excite.co.jp/cinema/news/details?open_date_cal=20061105&news_id=49004707
Posted by MACHI at 2006年12月02日 13:28
稜 MACHIさん
うわ、試写会でしたか!
そうそう・・最後はおよよ。。。
思い出さなかったらどうなるんでしょ なんてね(爆)
そーでしたかー! ジムの働きでね♪
お金が集まってよかった良かった!
情報ありがとう〜!
Posted by マダムS at 2006年12月02日 19:23
ドモドモ−♪

>『SAW』みたいなスプラッターだったらどうしよう?
ウフフ、、廃工場のバッチさとか雰囲気が「ソウ」っぽい感じでしたものねー
でも、血飛沫とか残虐性は全く無くって、純粋なサスペンスでしたね。

閉じ込められた全員が誰が犯人か被害者か分からないところも面白かったですー
全員、怪しく見えましたし。笑
ドカーンとした派手さは無かったけど、
手堅くサクサク丁寧に作ってありましたね。
あ、ワタクシは、バリー・ペッパーさん目当てもあって観に行きました☆ウフッ
Posted by Puff at 2006年12月02日 20:34
MACHIさんにオススメいただくまで、スプラッタホラーっぽいのかと思ってて、オススメいただいたあと出演者でジム・カヴィーゼルやバリー・ペッパーが出てるのを知ってソッコー見たくなった作品であります。
こうゆうサスペンスって面白いですよねー。見てる方もなかなか真実が分からなくて、いろいろと推理しながら見られますしね。(^_^)b
Posted by アンパンまん at 2006年12月03日 22:15
稜Puffさん
ソウなんですよ〜  あら?さむ・・
実は『SAW』のTだけ自宅で息子が観てたのを一緒に観ちゃったんですよね・・ぞぞっ!苦手ジャンルなのに・・(^^;)
だもので、恐る恐る観に行ったのでした(笑)
ほんと、全員怪しかったですよね^^
Puffさんは バリー・ペッパーお好きでしたものね♪ 
あの服装がね、みんな誰もお金持ちに見えませんよねー ずるーい! 笑

稜アンパンまんさん
そうそう、そうなんですよ〜
これは私も出演者聞いて「あらっ」と思ったのですよね・・。
ですよね〜観ながら色々推理出来る物は面白いです。
最近少なかったですよね?こういうの。
ジムには参りました! 笑;
Posted by マダムS at 2006年12月04日 00:13
マダム〜〜!
いって来ましたよ〜〜
行かなくちゃと思いつつうだうだしてたらマダムが「もう終わっちゃうよ」といってくださったので、あわてて次の日にいってきました璉
おもしろかったです〜〜 ありがとうございます!
ジムもバリーも素敵でしたわ〜〜♪
Posted by jester at 2006年12月09日 10:11
稜 jesterさん
きゃ〜行ってらっさいましたかー!
良かった♪
単にjesterさんの楽しい感想を聞きたかっただけなんですけれども(笑)
早速伺います!
Posted by マダムS at 2006年12月10日 08:06
マダム、オハヨーございます!^^
面白かったです〜!
コレ、いまだにジムさんが善なんか悪なのか判りません私。(^^;
人間の持つ二面性は最後になって観る者を苦しめる!?
『ディパーテッド』の後にご覧になったのなら、お口直しとしても楽しめる85分間だったでしょうね〜!^^
記憶を失うってことがあっても、性格までは変わらない人間、それ故にそれぞれの苦悩する姿が面白かったです。
『SAW』みたいなこういう設定、これからもいろいろなストーリーの変化で楽しめる作品ができそうですよね。
Posted by ラクサナ at 2006年12月18日 08:58
稜ラクサナさん
ひゃひゃ♪ ご覧になりましたねっ♪
驚愕のラスト数分・・ジムさんとブリジット奥様の不気味なアイコンタクト!! 腰が抜けそうな顔が印象的でしたがが・・映像に出てきた過去の記憶?そのまま信じていいんでしょうかね?あらら? ジムの持ってる根っこの部分はどうなのか?って考えると私も解らなくなりそうです(汗)
ソウなんですよね〜(っともう一度言ってみる・・)『SAW』の導入部分はソウいった意味で(しつこい)サスペンス映画史上に残る斬新さだったかも? 
Posted by マダムS at 2006年12月18日 09:38
いやあ〜〜やっと観れました〜
こちらには、こなかった作品なので、DVDを待ってたんですよ!
面白かったですね〜〜
最後、どうなるかは見る方におまかせって
感じなので、どれまたよしと!

バリーもジムも、俳優としてのこのスタンスが
いいじゃないですか?!
あまり上を目指さず、ここらで味を出し続けて欲しいわ!
Posted by キウイ at 2007年07月05日 22:19
★キウイさん
おおお!!! ご覧になりましたか!(嬉)
そだそだ・・DVDになったらもう一度観てラストの謎を確認しようと思っていたんでした!
まあ、色々考えられる結末かしら・・
そういうのも面白いですよね〜♪
バリー・ペッパーは「メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬」は ご覧になりました?あれも面白いですよん♪
ジムは最近では「デジャヴ」でしたね〜
二人共、個性的な脇役のままでいて欲しいですよね!!
Posted by マダムS at 2007年07月06日 00:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

unknown/アンノウン
Excerpt: 「unknown/アンノウン」UNKNOWN/製作:2006年、アメリカ 85分
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-12-01 21:59

「unknown 」
Excerpt: 公式サイト シネクイント、公開4日目初回です。 シネクイント(227席)、10:40に到着! 入場者数はほどほど、若人多しであります。
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-12-02 20:24

Unknown アンノウン
Excerpt: 早く見に行きたいな~と思いつつ、渋谷シネクイントって前に見た半券を持っていくと、1000円で見られるし、なんてけちなことを考えて、半券探し(もちろん出てきませんでした・・・・)をしてたら、こないだコメ..
Weblog: JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD
Tracked: 2006-12-09 09:59

unknown アンノウン
Excerpt: いや、なかなか評判どおり面白い設定の作品でした。 『SAW』を思わせる冒頭のお目覚めのシーン。 次には誰もが記憶を失っているという設定。 そして、自分は被害者なのか?加害者..
Weblog: Welcome aboard!
Tracked: 2006-12-18 09:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。