2006年12月08日

俳優 尾崎英二郎さんからのメッセージ

ozakiwithsteve.jpg12月9日(土)より全国一斉公開されます クリント・イーストウッド監督作品『硫黄島からの手紙』 に、大久保中尉役でご出演されている
俳優/尾崎英二郎さんより 映画の公開に向けてのメッセージが届きましたので、ここに全文ご紹介させて頂きます。
↑イーストウッド組最高のカメラマン/スティーブ・カンパネッリ氏と 右側が尾崎さん (撮影スタジオにて)
**************************
Brilliant Days 常連の皆さま、こんにちは!
ご無沙汰しております。 お元気ですか!
Star Waggon 2.jpg

そして『父親たちの星条旗』鑑賞をきっかけにマダムSさんのブログを訪れている皆さま、はじめまして!
(写真:撮影所のトレーラーにて)

 今年、日米で最大の話題を呼んでいる「硫黄島2部作」の第2弾がついにベールを脱ぎます。
 〈 1945年2月19日、6万人の米国海兵隊部隊(後方支援10万)が日本の領土、東京都小笠原村の硫黄島に上陸を開始した。 迎え撃つ日本軍の兵力は2万2千。 「5日で落ちる」と米国指揮官が見込んだ島の攻略は、栗林中将率いる日本軍の驚くべき戦略によって思わぬ苦戦を強いられる。強い硫黄ガスと地熱の小島で、武器・燃料・食料の補給を早々に絶たれ、水の枯渇に耐えながら、日本兵たちは36日間戦い抜いた。彼らは極限の攻防の中で何を見、何を思ったのか… 〉

 太平洋戦争史上、最も壮絶なこの戦いを、皆さまご存知の通り、アカデミー賞受賞監督のクリント・イーストウッド(『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』)が描きます。共同製作にはスティーブン・スピルバーグ(『プライベート・ライアン』『シンドラーのリスト』)。 映画ファンにとっても、また、撮影に挑む俳優にとっても、夢のようなプロジェクトが実現しました。

大久保ライフル .jpg今年1月、『硫黄島からの手紙』に向けたオーディションが東京で開かれました。 「宣伝のためのキャスティングではなく、演技力と役柄にフィットするかで選ぶ」という監督のこだわりで選ばれた日本人俳優たちが誇りをかけて演じています。(写真:ライフル練習中)
渡辺謙さんや二宮和也くん、伊原剛志さん、加瀬亮くん、中村獅童さんらと共に、僕も日本からの出演陣として“大久保中尉”という主要な人物群の一翼を担っています。  

 4月、カリフォルニアのロケ地と、ワーナー・ブラザーズのスタジオでこの撮影を無事終えました。ハリウッドの映画史上初めて、全編日本語で演じられた意欲作です。

 一足お先に、11月15日のワールド・プレミア(於:日本武道館)の席で完成作品を目にしました。
日本本土への攻撃を1日でも遅らせるために、無駄に命を落とすことも許されず、最後まで凄惨な戦いに殉じた兵士達1人1人の“心”が丁寧に描写され、外国人監督が撮ったとは思えない深い作品に仕上がっています。 真っ暗な劇場の中で、生々しい描写と、指揮官や兵士たちの囁きや戦地のリアルな日常、激しい爆音の恐怖と戦争の虚しさを体感して下さい。 「こんな歴史があったのか…」と、クリントや彼のチーム、そして演じた僕らのメッセージを感じて頂けるはずです。

 皆さんにこの歴史的な作品をお届けする時が迫り、本当に心から誇りを抱いています。 どうぞご期待下さい!!
また、公開の際には映画の率直な感想をお聞かせ頂ければ幸いです。

『硫黄島からの手紙』大久保中尉役     尾崎英二郎より
**************************

★写真は 尾崎氏より直接提供して頂いたものです。
無断転載やコピーはご遠慮下さい。


<関連リンク>
★「硫黄島からの手紙」公式サイト→コチラ
★尾崎英二郎さん公認/ファン私設応援サイト→コチラ

尾崎さんとは、4年ほど前に英会話スクールの講師(尾崎さん)と生徒(私)というご縁で知り合って以来のお付き合いですが、得意の語学力を生かしハリウッドなどで益々ご活躍のご様子、こちらは遠い空から応援するだけでありました。 
『ラストサムライ』に続き、ハリウッド大作の『硫黄島からの手紙』にご出演が決まり、本当に公開を楽しみにしておりました。 
今後の益々のご活躍をお祈りしております♪ 

Brilliant Days  管理人      マダムS
ラベル:尾崎英二郎
この記事へのコメント
いや〜尾崎さん!
ご活躍されてますね〜!(嬉)
出演されるとマダムから伺って以来、本当に楽しみにしていた『硫黄島からの手紙』。
どうやら試写会は外しちゃったみたいですが、(^^;
公開されたら即刻観賞したいと思ってます。
尾崎さんをキャスティングされたイーストウッドの着眼点もさすがだと思います。
戦争がただ過去の惨事とだけは思えなくなっている昨今、この日本側からの視点で描かれた作品のメーッセージ、しかと受け止めたいと思います。
今日はコチラで地元のミニオフ会がありますが、きっとこの作品と尾崎さんの話題でもちきりになるかと思います。
マダム、お知らせ有難うございました!^^
Posted by ラクサナ at 2006年12月02日 10:25
>ラクサナさん
お?ミニオフですか!?
今頃盛り上がっていらっさるでしょうね^^
ラク様も試写会外れましたか・・私も(^^;)
公開まであと一週間、早く観たいですねぇ!
Posted by マダムS at 2006年12月02日 17:26
は〜い今日この話をラクサナさんから聞き遊びに来ました。娘にぜひ見せたいと思ってたこの映画に尾崎さんが出演されてるのですね〜尾崎さんのことはお話でしか知りませんが、がんばって頂きたいものですね〜
Posted by ゆーみん at 2006年12月03日 00:09
こんにちは♪
私も先日「父親たちの星条旗」を見てきて、「硫黄島からの手紙」も鑑賞予定です。

尾崎さんもご出演なのですね!
心して見て来ます。

Posted by junko at 2006年12月03日 11:12
尾崎英二郎さんのメッセージ読ませて頂きました。
大久保中尉役なのですねっ。
観賞中、目を凝らして、一生懸命見させて頂きます〜!
「硫黄島からの手紙」上映開始が待ち遠しい!
ご紹介有り難う〜♪
Posted by 紫の上 at 2006年12月03日 18:37
公開されたら早速観賞に走りたいと思いますぅ。
でもでも、あまり尾崎さん探しにばかり気を取られてると、ストーリーに集中できなくなりそう...(汗)
Posted by アンパンまん at 2006年12月03日 22:06
>ゆーみんさん
>junkoさん
>紫の上さん
>アンパンまんさん

皆様、応援メッセージありがとうございます!
ワタクシが代わりにお礼をば・・(笑)
皆さま 楽しみに鑑賞致しましょうね〜〜♪
Posted by マダムS at 2006年12月04日 00:03
今晩はー★
マダムから尾崎さんのことを伺ったのは、「ラストサムライ」のころでしょうか?
ますますご活躍で何よりですね。
映画を見る楽しみが倍増しました(^^)v
Posted by mei at 2006年12月04日 01:17
マイ・イングリッシュ・ティーチャー!

尾崎さん、いい人だよね〜本当に。
素晴らしい役者さんだと思います。
そしてこうやってメッセージをくれたんですね。
私はこれからも尾崎さんを応援していきたいと思います。
マダムのお陰で素敵な俳優さんに出会えたことを感謝しています。
Posted by Chocolate at 2006年12月04日 13:09
>meiさん
>Chocolateさん

尾崎さん、きっと皆さんの応援メッセージに喜んでいらっしゃると思いますよ〜♪
人を大事にする方なので、こちらもつい応援したくなりますよね(^^)v
Posted by マダムS at 2006年12月04日 20:31
素晴らしいことです!
こうして海外で活躍される日本人の方々を見るにつけ、なにかこう前向きのパワーをいただけます。
「硫黄島〜」、イーストウッド監督が映画に込めたメッセージをしっかり受け取りながら、鑑賞させていただきたいと思います。
Posted by 豆酢 at 2006年12月05日 15:14
 以前に伺ったお知り合いの俳優さんはこちらの方だったのですねー。昨夜も「ニュース23」でイーストウッドのインタビューや渡辺謙さんが映画の登場人物ゆかりの地の高校を訪ねた座談会の模様など流れていましたが、イーストウッド監督や尾崎さんら俳優さんたちが一生懸命演じて伝えようとしたメッセージがより多くのひとに伝わるとよいなと心から願います。
今週末の公開が本当に楽しみですね。

Posted by mako(旧M.) at 2006年12月05日 18:02
>豆酢さん
そうなんですよね、彼の前向きな姿勢は素晴らしいといつも思っております。
語学の面でも日本人の思いを正確に伝えられる貴重な人材でいらっしゃるので、これから活躍の場は更に広がるだろうと思っております。

>makoさん
コメント有難うございます♪
そうなんです、ここにご紹介出来て私も光栄に思っております♪
おお、インタビュー見損ねました!
イーストウッドと日本人俳優の共同作業の結果を早く見たいです。
Posted by マダムS at 2006年12月06日 09:58
尾崎英二郎さん・・・失礼ながら初めてお名前を知りました。「ラスト・サムライ」にも出ていらしたんですね。

ご紹介いただいてありがとうございます。
豆酢さん同様、前向きのパワーをいただいた思いです。

これから是非応援させていただきますね。
「硫黄島・・・」、フランスでは来年の公開ですが、一つ楽しみができました。

尾崎さんの益々のご活躍、心よりお祈り申し上げます。
Posted by nouilles-sautees at 2006年12月06日 23:50
>nouilles-sautees さん
コメント有難うございます♪
「ラストサムライ」では”バトル・コア”と言って主役級の俳優さん達の最も近くで立ち回りを演じるサムライの一人を演じていらっしゃいました。
「硫黄島」は日本ではやはり全世界より一足早い公開です。フランスでも鑑賞出来るのですね〜♪是非ご覧下さいね^^
Posted by マダムS at 2006年12月07日 19:23
尾崎さんのメッセージをしっかり受け取りました。お正月に「父親〜」と「硫黄島〜」をちょっと重いけど2作見ようかと思っています。
そして又尾崎さんの映画の仕事とは違うひとなっこい笑顔を思い出しました
Posted by ずも母 at 2006年12月13日 19:59
>ずも母さん
うわ、お正月にこの2本はちょっと重いかもしれませんが・・(^^;)
是非ご家族で見て欲しいですね・・
尾崎さんのご活躍、嬉しいよね♪
Posted by マダムS at 2006年12月14日 10:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

硫黄島からの手紙…大久保中尉
Excerpt: 11月15日、日本武道館ワールド・プレミア試写会、 11月16日、監督クリント・イーストウッド、 NHKクローズアップ現代にインタビュー出演。 父親たちの星条旗が公開されてまだ一ヶ月も経っ..
Weblog: フランキンのノアノアな風をうけて FM熱海・湯河原
Tracked: 2006-12-06 01:54

「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人
Excerpt: クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
Weblog: 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
Tracked: 2006-12-10 22:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。