2007年01月16日

祝!GG賞外国語映画賞受賞『硫黄島からの手紙』

皆さんもうニュースなどでご存知でしょうけれども、第64回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が15日に行われ、『硫黄島からの手紙』が見事に外国語映画賞を受賞しました!
GG謙.jpgいや〜おめでとうございます!!

謙さんと奥様の南果歩さんも嬉しそうですね・・
NHKの夜7時のニュースで私は初めて見ましたが、イーストウッド監督のコメントはいつものようにとても謙虚で好感の持てるものでした。謙さんへの賛辞も忘れませんしね・・。

作品としても『父親たちの星条旗』と共に素晴しい出来だった事は言うまでもありませんが、私としてはほんのちょっとだけ面識のある俳優さんが出演されていたというだけで、公開前から注目していた思い入れのある作品ですから感無量です。(関連記事はコチラ
尾崎さんも今頃喜んでいらっしゃることでしょう・・・

★受賞作品・受賞者一覧(映画部門のみ)
ヘレンミレン.jpgウィテカー.jpg

最優秀映画作品賞
ドラマ部門『バベル』
ミュージカル・コメディ部門『ドリームガールズ』

最優秀主演女優賞
ドラマ部門 ヘレン・ミレン『クイーン』
ミュージカル・コメディ部門 メリル・ストリープ『プラダを着た悪魔』

最優秀主演男優
ドラマ部門 フォレスト・ウィテカー『ザ・ラスト・キング・オブ・スコットランド』(原題)
ミュージカル・コメディ部門 サシャ・バロン・コーエン『ボラット』(原題)

最優秀助演女優賞
ジェニファー・ハドソン『ドリームガールズ』

最優秀助演男優賞
エディ・マーフィ『ドリームガールズ』

最優秀監督賞
マーティン・スコセッシ『ディパーテッド』

最優秀脚本賞
ピーター・モーガン『クィーン』

最優秀作曲賞
『The Painted Veil 五彩のヴェール』(原題)

最優秀歌曲賞
ザ・ソング・オブ・ザ・ハート(原題)『ハッピー フィート』

最優秀外国語作品賞
『硫黄島からの手紙』

ヘレン・ミレンはTV部門の方とW受賞だそうでさすがの貫禄ですね〜早く『クィーン』(4月GW公開)観たいですっ。メリルさんはコメディ部門でも取っちゃうのね!もういいでしょうに?(笑;) フォレスト・ウィテカーの主演男優賞も嬉しいですよね〜どの作品でも存在感のある印象的な演技には定評はありましたからね、積み重ねのご褒美受賞なのかな? オペラ志望だったという多才な方でもあるようです。 エディ・マーフィも違った意味でインパクトある俳優さんですが、今回は初めての受賞で嬉しいでしょう。 
作品賞の『バベル』(4月GW公開)も早く観たいですね〜カンヌでもヴェネチアでも大絶賛!何しろキャストの豪華さは涎もの。助演女優賞にノミネートされていた日本人女優の菊池凛子さんは惜しくも受賞は逃したようですが。
『ドリームガールズ』(2/17公開)は私らの年代には懐かしいダイアナ・ロスとシュープリームスをモデルにした流行の伝記物という事で、またかい?とちょっと食傷気味だけれど、ヒット曲がまた聞ける?との楽しみもあるので観て見たいとは思ってましたが、まさか受賞するとは。。

ミュージカル・コメディ部門の作品賞にもノミネートされ、主演のサシャ・バロン・コーエンが見事主演男優賞をゲットしてしまった『ボラット(Borat)』公式サイト!?ですが、カザフスタン国営放送のリポーターが「国益のためにアメリカに派遣されてきた」という設定での珍事オンパレード・ドキュメンタリーで、言わば「どっきりカメラ」風に彼を本物と思い込んだアメリカ市民の反応を楽しむ映画らしいんですが、今時タブーな女性差別、反ユダヤ主義発言パシパシ口にする辺鄙な土地から来た無知リポーター(という設定)が、最近自虐ムード漂う米国民にバカ受けしたらしく、大ヒット!(色々訴訟も起きてるようですが 汗)今回の受賞に至ったという大変興味深い作品です(爆)日本で公開されたら観たいexclamation
詳細な感想は、パリ在住の映画好き=nouilles-sauteesさんが、すでにご覧になって御自身のブログで紹介されてます♪興味ある方はコチラ


授賞式の模様は多分またBSで放送があると思いますが、詳細がわかりましたらまたお知らせしたいと思います。

★ゴールデン・グローブ賞公式サイト(USA)
★ドンテッチ映画情報 ゴールデン・グローブ賞詳細

ellendegeneres.jpgアカデミー賞もまた楽しみですね♪
ノミネート発表:1月23日(火)(現地時間)。
授賞式:2月25日(日)(日本時間26日午前9時より生放送WOWOWにて)

今年の司会はこの人→
Ellen Degeneres
この記事へのコメント
『硫黄島からの手紙』が受賞なんですね〜。嬉しいなぁ。
3月公開が待ち遠しいです(^^)
謙さん、喜びで顔がくしゃくしゃ!

↓映画検定合格おめでとうございます。
ケヴィねただったら1〜2級検定なんて
軽く頂けちゃうと思ってます。
Posted by amore at 2007年01月17日 04:59
amore さん
こんにちは〜♪
そちらでは3月公開ですかー!アカデミー賞後ですね^^多分オスカーの方も外国語映画賞の扱いになるんだと思いますが、楽しみですね。感想お待ちしておりますよ♪
検定お祝いコメント有難う!
うふ♪ケヴィ検定があったらアモーレさんは満点合格ですよね(^^)v
Posted by マダムS at 2007年01月17日 12:10
今晩はー☆
やはり「硫黄島〜」この受賞は嬉しいです♪
渡辺謙さん、すっかりハリウッドスターとして定着しましたよね。賞レースのニュースを見ていると、見たい作品が目白押しで日本上陸が待ち遠しいです。
南果歩さんの和装も素敵ですね(^^)
Posted by mei at 2007年01月17日 21:27
こんばんは(^^)マダム、詳報ありがとうございます♪
ちなみに、ヘレン・ミレンは、TVM部門で2作品でノミネートされていたようです。つまり映画と併せて3ノミネート、うち2受賞!すごいですよね@@
「デブラ・ウィンガーを探して」を観て以来、この年代の女優さんの活躍を見ると嬉しくてたまらない私です(^^)メリルさんも、ハリウッドは役が少ない、と漏らしたそうですし。
で、「Borat」は日本公開決定??この公式?すごいですね@@わざとダサダサにしてるんでしょうね〜。
私、これは絶対観ます(笑)。そして、大嫌いな作品か大好きな作品か、自分で見極めたい(笑)。どっちなのか、全く想像がつかないので、ものすごく興味を惹かれます〜。
果歩さんのお着物ステキですね〜。
Posted by わかば at 2007年01月17日 22:10
こんばんは。
うお、なんで南果歩がいるんだ?と少し立ち止まりましたが、謙さんてば再婚したんでしたっけ、そういえば。爆
ゴシップはかなりウトイのです;
「バベル」もそうですが「ザ・ラスト・キング・オブ・スコットランド」…が気になりますー。「クイーン」も。女王と王なんておもしろーい。爆
「硫黄島からの手紙」の受賞おめでとう!です。マダムも嬉しいでしょうねえ〜
Posted by シャーロット at 2007年01月17日 22:24
映画検定ダブル合格おめでとうございます!すいません、別記事の話題で(笑)。

「硫黄島からの手紙」の方が受賞したんですね。これは意外でした。でもこの作品が評価されたというのは、掛け値なしにうれしいですよね。謙さんもめっさうれしそうだし(笑)。

個人的には、「クィーン」大期待!大好きなへレン・ミレンと、フリアーズ監督のコラボといのがニクイ!お子様お断りの大人のための良作となっているような気がしますね。
Posted by 豆酢 at 2007年01月17日 22:34
meiさん
今晩はー☆
ほんとですねー「硫黄島」! この受賞は関係者すべて大喜びじゃないでしょうか〜他の作品も早く観たいですよね♪
「バベル」がオスカー発表のだいぶ後ですが、受賞したらひょっとしたら早まる可能性も?あるかもですね♪ 

わかばさん
いえいえ、大した詳報じゃないですが(笑)
「デブラ〜」観てますよ〜♪ 熟年女優の役が少なかったのは、数年前まではチープなラブコメばっかりだったから?なんてね(笑)でも今回のメリルの受賞対象になった「プラダ〜」はメリルの為の映画のようでしたから、ハリウッドも変わりつつあるのかもしれませんね。大人の鑑賞に堪えうる恋愛物ももっと作れば出番はまだまだありそうですし。でも「愛されるためにここにいる」をハリウッドリメイクするなんて言ったらフランス映画ファンから石が飛んできそうだわ(爆)
「Borat」は日本公開されたら絶対観ましょう!(爆)

シャーロットさん
そうですよん♪ 南果歩さんは「ラストサムライ」のGG賞の時にこっそり付いていって、マスコミに「!?」とされたのが始まりだったんじゃなかったかしら・・笑。
私もゴシップはあまり得意じゃないですけど〜わはは。
「ザ・ラスト・キング・オブ・スコットランド」!! これも気になりますねーー!
本当だ!クィーンとキングが並んでますね(笑)
シャーロットさんはグラミー賞も気になっているのでは? 今月来月は日本内外で色々な賞関係で盛り上がりそうですね〜♪
Posted by マダムS at 2007年01月17日 23:00
豆酢さん
あ、お祝いコメント有難うございま〜す♪
これからも精進して”ちょっとプロ”を目指します なんちって♪
渡辺謙さん、めちゃくちゃ嬉しそうですよね♪ 「〜星条旗」の方よりこちらの「〜手紙」の方が米国で評価されたというのが、確かにちょっと意外な感じもしますよねぇ・・外国語で撮ったという特別な努力が認められたのでしょうかね・・
「クィーン」も本当に楽しみですよね♪「ヘンダーソン夫人の贈り物」も面白かったですしねっ!(^^)v
Posted by マダムS at 2007年01月17日 23:11
わ〜いマダム、GG賞!
菊池凛子さんは残念でしたけど、『硫黄島からの手紙』の受賞は本当に嬉しいですよね。尾崎さんの笑顔が浮かびますね。
ウィテカーさんとエディ・マーフィーの受賞も、何かシミジミと良かった気がします。ウィテカーさん、ますます鶴瓶師匠みたいに見えますが・・・(笑;)残虐行為で有名なアミン大統領やってるなんて思えない柔和さ!?
んで『ボラット』って凄いですね〜!
昨年、訴訟されまくりという記事を読んだ覚えがありますが、カザフスタンの村という設定で、実はルーマニアの貧困村で撮影してたとか何とか・・?
それが主演男優賞獲っちゃうなんて凄すぎ!もぉ〜私も観たいです!(^^;
Posted by ラクサナ at 2007年01月18日 00:14
ラクサナさん
オスカーの外国語映画賞も楽しみになってきましたよね^^
菊池凛子さん!とっても華のある女優さんですね!海外出ても目立つわぁ・・これからの人でしょうか。 ひゃっ ウィテカー誰かに似てると思ったら!つ、鶴瓶師匠だわっ クリソツっ♪(爆)映画の方も問題作でまた話題になりそうですねぇ。
話題沸騰!?『ボラット』〜♪
ルーマニアで撮影されたんですかぁ・・知らずに撮影された人や町なんか、みんな怒るでしょうねそりゃ・・(^^;) 観たいですよね(笑;)
Posted by マダムS at 2007年01月18日 09:14
私の記事をご紹介いただいてありがとうございました(照)。

「硫黄島・・・」、フランス公開は1月だと思ってたらまだ来月の話でちょっとがっかりしているnouilles-sauteesです。

個人的には菊地凛子さんの助演女優賞受賞を期待してたんですが、こっちはライバルにやられちゃいましたね・・・。ハドソンとは共に新人、同い年だそうですね。菊地さん、これからも世界の舞台でがんばってほしいです。

Posted by nouilles-sautees at 2007年01月18日 19:57
nouilles-sauteesさん
いえいえ、こちらこそ勝手にご紹介で申し訳ございません〜
お互いに時差公開の作品の感想交換、今後ともヨロシクお願いしますねー!♪
「硫黄島」はそちらでは2月ですかー、オスカー発表の前にご覧になれるかどうかギリギリですね^^
ハドソンは同い年?うーん、かなりの歌い手らしいですものねぇ・・でもライバルは沢山いた方が頑張るかもしれませんね〜これからを期待しましょう♪
Posted by マダムS at 2007年01月19日 06:55
「硫黄島からの手紙」がGG賞の「外国語映画賞」に輝いたのはとっても嬉しいですよねっ♪
そうそう、尾崎さんもきっと喜んでいることでしょう!!
「バベル」では役所広司さん、残念ながら受賞をのがした菊池凛子さん。
二宮君もアカデミー賞にノミネートされるかどうか?ですが、日本の俳優さん達が色々と関わっていて、嬉しいですよねぇ〜!
で、次のアカデミー賞ですが、「硫黄島〜〜」は今度はどの部門に選ばれるのでしょうか?
「外国語映画賞」には邦画の「フラガール」が出品されているし・・・。
もう、ヤキモキします〜〜〜!?
Posted by 紫の上 at 2007年01月20日 16:44
紫の上さん
一瞬、GG賞に”外国語映画賞”ってあったっけ?と思いました(恥;)が、あったんですね〜 ま、どんな賞でも日本の俳優さんが活躍した映画が認められるのは嬉しいですよね^^
アカデミー賞では、どんな結果になるでしょう?楽しみですよねぇ♪火曜日にノミネート発表ですね^^
ちなみに外国語映画賞部門で日本代表の「フラガール」は残念ながら最後に絞られた8本の中には漏れてしまったそうですので、もうそのタイトルを聞く事はなくなってしまいました!残念。
Posted by マダムS at 2007年01月20日 21:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。