2007年03月20日

日本未配給作品3本〜フランス映画祭2007でD

映画祭のもう一つの楽しみ・・日本でまだ公開の見込みがたっていない作品を鑑賞出来ること手(チョキ) 評判が良ければもしかすると公開に至るかもしれませんし、もう一生見られないかも?しれないというふらふら そんな作品を3本鑑賞しました。

『暗黒街の男たち』
『心配しないで』
『逃げろ!いつか戻れ』

暗黒街のふたり1.jpg 『暗黒街の男たち』2005年フランス
(原題:Truands)
監督・脚本:フレデリック・シェンデルフェール
キャスト:ブノワ・マジメル、フィリップ・コルベール、ベアトリス・ダル

<選択理由>ブノワだ〜♪ ひゃ〜『ベティ・ブルー』のベアトリス・ダルだぁ〜というだけで、あとは監督も他の俳優さんも知らずに選んでます(笑;) 
 <感想>配給付いてないわりには邦題に「暗黒街の・・」なんて付けたりして、ドロン&ギャバンのフレンチノワールものを想像したりしまして。 先日鑑賞した「あるいは裏切りという名の犬」も複雑に絡み合う筋書きが面白かったですし。 しかし、今作品は全然違いました。元々あまりギャングやらチンピラものは得意なジャンルではないけれど、それでも抜けられない悪の世界に塗れながらも仲間同士の義理人情やら、惚れた女の為の自己犠牲だのそういうドラマが織り込まれているものなら たまに胸キュンものもあるのだけど、まったくそういうの無し!! ただただひたすら殺し合い、動物のような性欲を満たすだけ!!観ていて辛かったです〜。何度目をつむったことか・・。終了後にブノワと監督のティーチ・インが無ければ途中で帰ろうかと思いました。
暗黒街ブノワ.jpgブノワQA.jpg

心配しないで2.jpg『心配しないで』 2005年フランス
(原題:Je vais bien ne t'en fais pas)
監督:フィリップ・リオレ
脚本:フィリップ・リオレ、オリヴィエ・アダム
原作:オリヴィエ・アダム「Je vais bien ne t'en fais pas」
キャスト:メラニー・ロラン、カド・メラド、ジュリアン・ボワスリエ、
セザール賞2007作品賞、助演男優賞(カド・メラド)ノミネート。
<選択理由>監督が私の大好きな『灯台守の恋』を撮った方であったため。↓ フィリップ・リオレ監督
2007仏映画祭 ノワレ.jpg<感想>ある家族の喪失と再生を描いたもので、劇中歌がフランスで大ヒットしたそうです。 静かにじっとある家庭に起こった出来事を見つめるような演出は好みでした。 しかし、あまりにも期待しすぎちゃったせいでしょうか・・途中まで傑作?との思いがどうしても最後に明かされる秘密が、秘密にする必要があったのかどうかでひっかかってしまい(^^;)正直「手放しで良かった」とは言えなくなってしまったのが残念で・・。 ヒロインを演じた若い女優さんの体を張った拒食症の演技は素晴しかったですし、ラストの締めくくり方も良かったです。

逃げろ.jpg『逃げろ!いつか戻れ』2006年フランス
(原題:Pars vite et reviens tard)
監督:レジス・ヴァルニエ
原作:フレッド・ヴァルガス「Have Mercy on Us All」
キャスト:ジョゼ・ガルシア、ルカ・ベルヴォー、オリヴィエ・グルメ、マリー・ジラン

<選択理由>これも監督が私の生涯ベストテンの中に入る作品「イースト・ウエスト/遥かなる祖国」を撮った監督であるため。
<感想>パリを舞台に繰り広げられるサスペンス・アクションです。 アパルトマンの扉に逆になった数字の「4」が書かれた家の住人は助かり、書いていない家の住人は黒い遺体となって発見される恐怖! そして大道芸人(と言えるのかな?)の口を通して語られる意味深なメッセージとは!? 途中までは中世のペスト渦から続く呪いか!?という思わせぶりで、こちらも悪い頭をグリグリ回して考えるのが楽しいのですが、そのうち被害者に共通するものを調べるうちに実は・・みたいな・・「それなの?」みたいなオチでした。(ボキャ貧ですみません;) 終わってみれば前日観た「ストーン・カウンシル」と内容がごっちゃになりそう・・。ダメだ、やっぱり連荘鑑賞はキツイですわ。
2007仏映画祭 レジス.jpgレジスサイン.jpg
↑あこがれのレジス監督に握手して貰ってサイン頂いた思い出だけが残ったとさ。。(右上のいたずら書きみたいのがサインでふがく〜(落胆した顔)
posted by マダムS at 16:04| Comment(17) | TrackBack(5) | フランス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「暗黒街・・・」、ほんとラストもえ?それで?みたいな感じでしょ(笑)。
私は予告編からしてつまらないだろうことは十分承知していたのですが、ブノワが出るし・・・と無理に行きました。
まあ私の場合は上映期間が1ヶ月ほどあったしあれなんですが、貴重なフランス映画祭の数限りある作品の1つがこれって興ざめですよね。

「心配しないで」はカドの助演男優賞受賞記念にどこかでまた上映してくれるかと期待したんですが、結局だめでした・・・。またそのうち機会があれば必ず見たいと思います。

「逃げろ!・・・」もこちらでの評価がいまいちだったんですが、サスペンス、ホラーと聞くとどうも食指が動いてしまって観にいったんですが、ほんとにこれもえ?これだけ?ってストーリーで・・・。

でもマダムSさんは憧れの監督にサインをもらえてよかったですね!映画祭はこういうのがよいですよね〜。
Posted by nouilles-sautees at 2007年03月20日 23:07
こんばんは(^^)
私も『心配しないで』は似た感想です。私はかなり現実的に、それって隠し通せるの??て思ってしまいました。近所の人とか、学校とか…。全体のトーンや演出は好きでしたが(それゆえに残念度も大きいのだけれど)。『暗黒街〜』は、そうだったのですね(笑)お疲れ様です(^^)。『逃げろ!〜』は、どうも苦手なテーマだったので避けてしまいましたが、監督さんのサインよかったですね〜!!映画祭は、やっぱりそれですよね(^^)

『心配しないで』の劇中歌、『イカとクジラ』(はご覧になってないかしら?)の曲とちょっと似てる…と思ってしまった(音楽耳が弱くて、汗)
Posted by わかば at 2007年03月21日 00:00
遅くなりました。
色々お世話になっておきながらすみませんです。
ところで。なんかコメントし辛いのですが。汗
私的にはどれも良かったなあと思ったもので。多分映像と音楽主義だからかもしれません。あまり秘密が〜とか性描写が〜とかオチが〜とか考えてなかったかもです。笑
とりあえず、「心配しないで」の公開はあってもいいですよね〜。セザール賞作品賞のノミニーもされてることだし。
さて。
次はイタリア映画祭ですよっ!爆
たくさんご覧になられてお疲れのご様子ですから充電しておいてくださいませ♪
また引っ張りますー。笑
Posted by シャーロット at 2007年03月21日 15:15
★nouilles-sautees さん
「暗黒街」は元々不得意なジャンルではあるんですが、やっぱり生ブノワ見たさだけで出掛けたようなものなので(^^;)賛同頂けて嬉しいです(笑)
そうなんですよね、「逃げろ」もつまらないワケじゃないんですが、サスペンスにもう一つ+αで社会派チックなものを期待しちゃったもので・・拍子抜けしちゃって。
「心配〜」はDVD化されると良いですね^^ 
ハイ〜監督に会えたのは嬉しいですが、もちっとお洒落してきてよーと言いたいですが(笑;)

★わかばさん
そうなんですよね、娘が体に変調きたすほど心配してしまったのは「所在がわからない&理由がわからない」からだと思うのだけれど??(^^;) おっしゃるようにご近所とか学校などにもどのように?などと思ってしまいました・・。
「暗黒街」は私は生理的にもうダメ。。「逃げろ」はサスペンスは好きなので期待しちゃった分イマイチに感じてしまいましたー。
「イカとクジラ」観たかったのだけどーー見逃しちゃいました!残念っ!

★シャーロットさん
いえいえ、とんでもないです。お世話なんてなんにもしてないですよー?
そうですかー!シャーロットさんは楽しまれたようで良かった♪ やっぱり安くないチケット代払っているのだから、それぞれ皆さん満足行けばそれで良しですよね〜♪
「心配〜」も公開されるといいですね^^
はいっっ! 次はイタリアです!!
ダウンしてる場合じゃないわ〜 頑張らねばっ(爆)
シャーロットさんの音楽的センスにいつも期待しておりますよん♪
Posted by マダムS at 2007年03月21日 18:29
こんばんは。
マダムSさんは結局7本ご覧になったのですかっ。
凄いですねぇ〜!感心!
そう、私もマダムと同じく「暗黒街の男たち」は生ブノワ・マジメル見たさに参加したけど、これが一般公開だったら、絶対見に行かない作品です〜。ラストもえ?これで終わり?状態でした。過激なシーンが多すぎて、息子と一緒だったので、彼の目を覆いたくなりましたよっ。笑。
昔のフレンチ・フイルム・ノワールの「地下室のメロディー」とか「暗黒街のふたり」とかはとても良かったのですが・・・。
「逃げろ!いつか戻れ」は友達は面白かったと言っていたので、安心しましたが・・・。
「暗黒街〜〜」よりはズーと良かったと思いました。比較対象作品があまりにも凄かったからかなぁ〜。主演俳優さんもちょっと魅力的だったし・・・。(友達も同意見)
あ、レジエ監督に握手、サインしてもらったのですかっ。
良いなぁ〜!!これだけでも、見た甲斐があったのでは?
Posted by 紫の上 at 2007年03月21日 23:05
『心配しないで』ごらんになったのですね〜
わたしも「マドモアゼル」「灯台守の恋」(なんでDVDでないの〜〜!)でリオレ監督に注目しているので、結構期待してます。でも過大な期待は映画の味をそこねますよね。ぐっと期待を抑えて見に行かなくては・・・
Posted by jester at 2007年03月22日 08:17
★紫の上さん
ハイ〜ちょっと張り切り過ぎで二日ほどダウンしてました(爆) 
「暗黒街〜」はこれほど”暗黒”なのも初めてみましたわ!どこも救いようがないというか・・Σ( ̄ロ ̄lll) 息子さんとご一緒ではさぞや目を覆いたくなったでしょうね!?息子さんの目も!! 気が付いたんですが、映画祭はR指定もなんもつかないんですねー! もうやり放題ー(笑)
「逃げろ〜」はちょっと心配していたんですが、お友達も満足して頂けたようで良かったです。主演俳優さんは普段はコメディ畑の方らしいですよ。シリアスな役も似合いますね^^
この際だからと監督に思い切って図々しくサインいただいてしまいました。でもなんだか子供のイタズラ書きみたいで??ですが(汗)

★jesterさん
こんにちは!
そうそう!あの「マドモアゼル」「灯台守の恋」の監督さんですよー♪ そうなんですよ!「マドモアゼル」はあるのに、「灯台守」はどうしてDVD出ないんでしょーっ!出たら絶対買おうと思っていたのに、他の沢山の劇場で観れなかった方におススメしたいのに!ですよねぇ〜 (泣)
「心配しないで」も とても演出は好みでしたよ。 jesterさんもきっと気に入られると思うのですが、一般公開されるといいですね〜・・。
Posted by マダムS at 2007年03月22日 09:10
はようございます。
短気集中型でご覧になったのですね。お疲れさまでした。皆様同じような感想お持ちですね。フランス映画祭はとりあえず自腹映画祭なので(なんのこっちゃ)投資した分の元はとれたらいいなと思ってましたが半々ぐらいかな。でも少なくとも「暗黒街〜」やら「逃げろ〜」あたりは公開されたとしても劇場にはおそらく見に行かない口の映画なのでこういう時でもないとスクリーンではみないだろうから、とりあえず経験値としてよしとしとこうという感じです。「心配しないで」はひねりがあるのかと思いきや淡々ストレートで終わってしまったのであら、と思わないでもないんですが、あのいい意味ぬるさが好きでした。お父さん、濃いケヴィン・スペーシーみたいだったし。
Posted by mako at 2007年03月22日 09:18
★makoさん
ばんわでございます。
お疲れさまでした〜。期間は短いですが、六本木とお台場で体が引き裂かれるようなプログラムでなかっただけマシでしょうかしら?お台場はもういりませんよねぇ?あとはもうちょっとチケット代を安くして欲しーーい!経験値(笑)ならば尚更〜(爆)以前は¥1000位だったような気がするのですが・・(^^;)と文句を並べてみました(笑;)
濃いケヴィン・スペイシー様は助演男優賞取ったのですね!
Posted by マダムS at 2007年03月22日 20:01
こんにちは。いきなりですが、マダムSさんは何者ですか?映画祭ってどうやったら観に行けるんですか?映画大好き人間の一人として、とても興味のある事です。(笑)
Posted by 蔵星 at 2007年03月23日 15:05
★蔵星さん
こんにちは。ワタクシが何者かですか!?
銀河系宇宙内太陽系惑星である地球に生息しております動物界・脊椎動物門・哺乳綱・霊長目・真猿亜目・狭鼻下目・ヒト上科・ヒト科・ヒト属・ヒト種に属する「人間」です。よろしくお願いします(笑)
映画祭は・・毎月何処かしらで開催されているようですよ。
http://www.jpnfilm.com/
↑ などでご自分のお住まいの地域で検索されてみたらいかがでしょうか?
チケットの買い方はそれぞれのHPに入手方法など書いてありますので読んでみて下さい。 当日会場で入手可能なものもあれば、人気作品などは「ぴあ」など利用されて前売り券を買っておかれるのが良いと思います。
「ぴあ」のHPでこれから開催される映画祭を確認も出来ますね。頑張って下さいね!
Posted by マダムS at 2007年03月23日 20:30
マダムSさん、ありがとうございます。参考にします。
Posted by 蔵星 at 2007年03月24日 17:25
★蔵星さん
どういたしまして!(^^)v
どこかの映画祭で良い作品にめぐり合えるといいですね♪
Posted by マダムS at 2007年03月25日 10:24
この会場はユーロスペースですね。
私ブノワのまん前最前列に座っていました(笑)
マダムさんと同じく、目をつぶるシーン。舞台挨拶はばっちりでしたが、この作品を観るのはかなり辛かったです。
フランス映画って「エグイ」ですね。
Posted by ひゅーのすけ at 2007年04月28日 22:19
★ひゅーのすけさん
こちらにもコメント有難う♪
そうです! こちらはユーロスペースです。
うわ〜最前列にいらっしゃったのですか?
ブノワのお顔もバッチリですねぇ!良い思い出になって良かったですね。
「暗黒街」は内容の方は私はダメでした〜エグイですねほんとに。フランス映画が全部というわけでは・・汗・・これは特別かな(笑)
Posted by マダムS at 2007年04月28日 23:26
『暗黒街の男たち』、「裏切りの闇で眠れ」で日本公開ですね。
試写会で見ました。

>終了後にブノワと監督のティーチ・インが無ければ途中で帰ろうかと思いました。

わかります。そういう映画でしたわ。
Posted by MACHI at 2008年02月22日 17:36
★MACHIさん
何処かでチラシを見た時に、なんだかブノワのヘアスタイルが似てるし妖怪ベアトリスがまた共演?Σ( ̄ロ ̄lll)とか思ったら、微妙にタイトルが違ったこの映画だったかー!という感じ(爆)
試写会でご覧になりましたか!!(^^;)
同じ感想で良かったですー(爆)
Posted by マダムS at 2008年02月22日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

フランス映画祭2007
Excerpt:  フランス映画祭で、『心配しないで』『フランドル』を観てきました。  公式サイト★『心配しないで』 フィリップ・リオレ監督  『灯台守の恋』の監督さんの新作で、今年のセザール賞でもいくつかの賞..
Weblog: working title -annex-
Tracked: 2007-03-20 23:49

心配しないで〜フランス映画祭 その4
Excerpt: オリヴィエ・アダムの同名小説から生まれた、愛情物語
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-03-21 15:23

逃げろ!いつか戻れ〜フランス映画祭 その3
Excerpt: フレンチミステリーの新旗手、フレッド・ヴァルカスの同名小説の映画化作品
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-03-21 15:25

暗黒街の男たち〜フランス映画祭にて その1
Excerpt: 今年のフランス映画祭、私は結局4本の鑑賞となりました。
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-03-21 15:26

フランス映画祭
Excerpt:  大阪では明日まで開催のようですが、東京・横浜方面は15日より昨日まで開催されていたフランス映画祭2007で5本作品をみました。横浜で開催時あわせてこんなに観たのは初めてかもしれません。どうしたのだ、..
Weblog: flicks review blog II
Tracked: 2007-03-22 09:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。