2007年04月25日

『ハンニバル・ライジング』

衝撃的。
ハンニバル5.jpg
「復讐はまるで麻薬と同じ、気が付けば人を変えてしまうわ」
これは「スパイダーマン3」で、
伯母さんがピーターを心配して言う言葉ですが・・・

「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッドドラゴン」と続いて世に送り出されたおぞましき殺人鬼というのに、これほど人を惹き付けてきた張本人=ハンニバル・レクターの「何故?どうしてこうなったの?」の疑問に答える形で書き下ろされた本作は、正にピーターの伯母さんの心配をよそに、自分の中にある”悪”を制御出来なかった一人の人間の話になってました。
あ、混同してます?

njo.jpg『ハンニバル・ライジング』
2007年/イギリス・チェコ・フランス・イタリア
(原題:HANNIBAL RISING)
監督 : ピーター・ウェーバー
原作・脚本 : トマス・ハリス
出演 : ギャスパー・ウリエル 、 コン・リー 、 リス・エヴァンズ 、 ケヴィン・マクキッド
公式サイト
<Story>*******第二次大戦下のリトアニア。両親と妹を失ったハンニバルは孤児院へと送られるが脱走し、フランス/パリの叔父を尋ねるがすでに他界。叔母であるレディ・ムラサキに引き取られ医学生としての道を歩み始める・・・
叔母に対して次第に憧れと思慕を抱くようになっていたハンニバルは、ある日その叔母を侮辱した肉屋に殺意を抱く。そして・・
****************************************
njoQ.jpg海外サイトを見ると役名がLady Murasaki Shikibu exclamation&questionとなってるコン・リー。

 サイコ・サスペンス&刑事アクションの要素が濃かった前3作に比べて、今回は戦争における悲惨な体験によるトラウマでモンスターと化してしまった一人の青年の人間ドラマとも言えるのでしょうか? 私達はすでにこの青年が成長し、犯した犯罪の数々を目にしているワケですから、その原点を確認するという・・類まれなる経験をさせてもらいました。

 究極の怒りがもたらしたと言えるハンニバルの行動は確かに異常極まりないと言うのなら、その原因となった最初の出来事の当事者たちの行動もかなり異常であるんだけれども、リス・エヴァンスをキャスティングしてわざわざ憎憎しげにする必要があったんかな?という気もしないでもなく・・以降のハンニバルの行動を正当化する為の映画的映像に懲りすぎたきらいはあるような気がしてきました。(鑑賞中は素直に感情移入して観ていたんですが←涙まで出て・・自分)

 シリーズをずっと観て来た方には、細かい所で、後のレクターに繋がるエピソードが数箇所出てきて「これかあ!」とニヤリとしますよね。そんな部分も探して見て下さい。

 日本人であるというレディ・ムラサキ(コン・リー)は、鑑賞前は「?」だったんですが、観てみれば、まあ良かったんじゃないでしょうか。。近親相姦ギリギリ手前(と言っても血の繋がりは無いのでOKなんですが)の二人の関係もなかなかエロティックで、これはチャン・ツィイーには出来んだろうなどと思いつつ。 最近のコン・リーの国際的な活躍には目をみはりますね。 
ギャスパー君の怪演も見所の一つでしょう。。怖すぎ。

 ラストを観れば、続編は十分意識した作りでしょう? 
シリーズのファンとしては、それがちゃんと「レッド・ドラゴン」に繋がるように作って欲しいですな。「ハンニバル」のラストで日本?へ向かう飛行機に乗っているレクターの、その先とも繋がなくてはなりませんから、大変ですが、トマス・ハリスさん よろしく♪
posted by マダムS at 09:27| Comment(19) | TrackBack(17) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたくしもこれ観て参りました…。子供たちを夫に預けて(爆)。
マダムが記事を完成されたらTBに伺いますね〜。
Posted by 豆酢 at 2007年04月25日 15:02
こんばんは♪
ぬぬ、少なくとも「笑激的」じゃないのですねん?
テレビの予告でなんか路線が違うのかなと思ったりして
見ようかどうか迷ってるところでした。
レビュ〜楽しみにしてますです。
Posted by mako at 2007年04月25日 19:44
★豆酢さん
おお!ご覧になりましたか!
きゃ〜早く感想書かなければ!!!!
すみません、書き終えたら伺いますね(^^;)

★makoさん
こんばんはー
はは、「笑」ではなかったですよー!少なくとも私は。。(^^;)
きゃ〜早く書きます。。。
Posted by マダムS at 2007年04月26日 21:55
こちらにもお邪魔します。
海外サイトでは、コン・リーの役名がムラサキシキブになっているんですか?!
私は原作を読んだのですが、作者が日本文化に傾倒しているようで、やはり名前は紫式部からとったようですよ。

物語はちょっと復讐劇が強かったですが、ギャスパー君の魅力の虜になりました(笑)
彼の残忍な顔が良かったですぅ〜

Posted by 由香 at 2007年04月27日 11:13
TB発送しました(笑)。うまく届くといいんですが…。

マダムの感想は、この映画の鑑賞者の正直なところを代弁されていると思います。まあしょせんは娯楽作なわけですから…。しかしそれだけではなにか割り切れない部分もあることも事実。
ハリスさんの日本文化かぶれがいつまで続くかにも、このシリーズの、命運がかかっているような気が(^_^;)。
Posted by 豆酢 at 2007年04月27日 15:18
何と!紫式部ですか!
観ている最中は「ムラサキ?」「何だかお醤油みたいだな、トマス・ハリスは寿司好き?」などとくだらんことを思ったりしてました。テヘヘ

そーね、全シリーズを通して観る人にとっては、今回の映画は原点の確認でしたね。
>ハンニバルの行動を正当化する為の映画的映像に懲りすぎた
そーなんですよ、ワタクシも同じことを思いましたですヨ。
もうちょっとシンプルでも良かったかな、と思いまする。
異常気質になった彼の変化がもう少し丁寧に観たかったですね。
まあ、ギャスパーくんは目の保養になったし♪うふふ
リス・エヴァンスは結構好きな俳優さんなので、あああ・・・でありました。
Posted by Puff at 2007年04月27日 18:19
こんばんはー。
レディ・ムラサキって村崎さんぢゃないのか・・・。爆
いやいや、シリーズ知らないですから私はなんとも言いようがないのですけど、この作品に限っては○です。こういうお話に弱いのでございます。アナキン思い出したりして;ファントムも。爆
あー、ひとり暴言はいてます。さみしー・・・
Posted by シャーロット at 2007年04月27日 23:42
★豆酢さん
届きました!(笑)
そうなんですよね・・割り切れないですよね〜 というか怒りの感情に震えるというか溺れてしまうウリエル君・・じゃなくてハンニバルに思わず涙してしまったんですが、可哀想で。。 そういう気持ちとそんな事しちゃあかんという理性とのせめぎ合いで。。ウリウリ。。(意味不明;)
トマスさんが日本かぶれだなんて知りませんでしたよー! 剣道もかなりびっくりしましたが・・

★Puffさん
そうなんですよ〜 「ムラサキぃ〜?なんじゃそれ」と思ってたら、海外サイトでそう書いてあったのでなるほどと。Puffさんはお醤油を思い浮かべたのね?(爆)
あのリス君の設定というか演出はちとやり過ぎですよね、本人のせいではないですよ、演出演出!(^^;;)
ギャスパー君のスーツ姿は決まってましたね^^女性が来るとサッと立ち上がるところなんぞ貴族だわ〜と思いましたわ(^^)
Posted by マダムS at 2007年04月28日 00:01
★シャーロットさん
きゃ!シャーロットさんの予想は”村崎さん”だったのね!?わはははは。
うーむ。このシリーズはご覧ではなかったのですねん? 単体として観たら?とかは、全然考えてもみなかったっす。
なるほど、アナキンにファントムね?彼らも復讐からダークサイドに落ちちゃったのでしたよねん・・スパイダーマンのピーターもそうならないように願いたいところです!!(だから違うって)
Posted by マダムS at 2007年04月28日 00:07
やっぱり〜ギャスパー君目当て半分での鑑賞でした。^^
復讐劇にしかできない事も分かるのですが、レクターの場合はソレだけではダメですよね・・・冷酷さや残虐さが天性のものでないと許せない気がしますし、面白くない。本当言うと遅筆だったトマスさんが映画にせっつかれてハンニバルやらこの作品やらで、レクター博士の謎を暴くなんてやめた方が良かったように思いますが・・・
でも、いいですぅ〜!今回はこんなに凄いギャスパー君が観れてそれだけで幸せ!彼は良かった。。。もうそれだけ・・(笑)
Posted by ラクサナ at 2007年05月01日 18:46
★ラクサナさん
そうなんですよね〜 見終わって落ち着いて考えてみると、なんだかなーって不満も残る本作でした。ある程度予想はしていたものの、リス・エヴァンスもってきちゃ、そりゃ怪しくなり過ぎで、”やり過ぎ”感が残っちゃいました。 私実はレクターは実はユダヤ人だったりして?とそこまで思ってたんですけどね〜それは違ったみたいで・・(^^;)
作家が映画にせっつかれるようでは、いい本は書けないかもしれませんねえ・・
Posted by マダムS at 2007年05月02日 10:33
こんばんは(^^)
スローペースでやっと鑑賞&記事あげました。
恐れていたほど怖さエグさはなく…というより、秘密の部屋?の兜や日本刀を観たあたりからちょっと笑いが…。というわけで私はちょっと(いや、かなり)茶化して観てしまいました(すみません〜)。
>ハンニバルの行動を正当化する為の
そうですよね、同じ体験したら誰も同じになるわけじゃなし、と思いました。でもエンタメエンタメ!と呪文を唱えて楽しんじゃいました(笑)。
>レクターは実はユダヤ人だったりして?
私もてっきりそうだと思ってました。プチ社会派かと…。違いましたね。
…ところでウリ君、微妙に恰幅がよくなってた気が…。最終的にそればかりが気になっていた私でした(苦笑)。
Posted by わかば at 2007年05月03日 22:27
★わかばさん
ご覧になりましたね!感想お待ちしておりました!!
むふふ。。わかばさんも「笑」激的の方でした?(爆)
剣道はまだしも、なんだかあんな部屋に大事そうに隠し持ってる和風アイテムが可笑しいと言えば、確かに可笑しい!(爆)
あー 私もどんどん突っ込みに回ってます・・(^^;)
そうなんですよね〜最初にリトアニアって聞いた時からもしかして「ユダヤ人?」って思ったんですが・・ ウリ君、すっかり大人の男の体つきになってますね(^^)なんだか成長を楽しみにしている小母さんの心境? レディ・ワカバなんちゃって?
Posted by マダムS at 2007年05月03日 23:29
うふふ、遅まきながら見てきました。
「ハンニバルがどうして殺人鬼になったのか?」という日本人の問いに答えて、この作品を作ったとか・・聞きました。
で、こちらで、レディ・ムラサキが紫式部とか・・聞いたので、それでは紫の上としては、絶対見たい気がムラムラと沸いて・・・。
私も涙が途中で流れたりして、感情移入して見てましたよっ!
あの惨すぎる戦争体験は人格も歪んだものになる事に対して、言葉にならない同情と涙ですが、でも、人を危めて良いものではないですねぇ・・・。
でも、あの美しいからこそ残忍さが目立つギャスパー君を見れて、満足!
まぁ〜、怖いもの見たさかしら?
Posted by 紫の上 at 2007年05月13日 16:50
★紫の上さん
あっ ご覧になりましたね!?怖いもの観たさ?(笑)
そうそう! 紫式部だなんて、トマスさんたら笑っちゃいますけど、原作は映画よりもっと日本人日本人してるらしいですね?レディ・ムラサキ。。(^^;) 紫の上さんとしては見ないわけには行きませんよね(笑)
ちょっと目を覆うようなおぞましきシーンもありましたけど、大丈夫でしたか?
まあでも、どんな理由があろうとも倫理的に許されない行為の正当化はいけないという、見ているコチラのジレンマに悩む作品ですよねぇ。。
ギャスパー君は良かったですが(^^;)
Posted by マダムS at 2007年05月13日 21:46
マダム様、こんにちわ!

僕も観てきてしまいました。TBおくりますぞ。

僕としては、ギャスパー君以外にこれといって見所なかったような凡作だったです。

大変不本意な鑑賞となりました。

ハンニバルってなーんかフツーの人間だったんだぁって思うと、スゲーつまんない存在に思えてしまいます。

ギャスパー君自体は「買い」なんですが、ハンニバルを演じる必要がなかった気がしました。ギャスパー君→ホプキンスとはならないでしょう。どー考えたって。。

まー、ギャスパー君は実際に人を食べそうな迫真の演技でした。でもハンニバルのイメージじゃないなぁ。

またしても、ネガティブなコメントでした。(苦笑)
Posted by shit_head at 2007年05月15日 11:27
★shit_head さん
こんにちは。
 >フツーの人間
あ、そうか〜なるほど、普通の人間だったですねー 復讐心で心が曲がってしまう普通の人間。。 レクター博士は普通じゃつまんないですよね そう言えば!!(笑)
だからなんとなく、腑に落ちなかったんですわね・・わかりましたおかげさまで。
ところで、やっぱり頬の肉って美味しいんでしょうか? 爆
Posted by マダムS at 2007年05月15日 22:06
見てきましたよ〜

>以降のハンニバルの行動を正当化する為の映画的映像に懲りすぎたきらいはあるような気がしてきました。

怖くてほとんど目をつぶっていたので(爆)そういわれればそんな気も・・・
(ストーリーは原作を読んだので、怖くない部分だけ目を開けてみてました)(つまりほとんど目をつぶっていた・・・)

コン・リー、今まで見た中で1番綺麗だと思いました!
Posted by jester at 2007年05月18日 08:49
★jesterさん
ご覧になりましたかー!
だめですよー ずっと目をつぶってたんじゃ〜〜(爆)
っと、「バベルの点滅シーン」全部目を瞑ってた私が言えませんよね〜(爆)
原作読まれたんですね?映画と違っている部分はいかがでしたでしょうか?感想伺いに参りますね。
Posted by マダムS at 2007年05月18日 19:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ハンニバル・ライジング
Excerpt: 映画鑑賞前に、原作を読了した。原作には、生意気にも、芝居がかった語り口調と残忍さ、心理描写の甘さ等を感じたが、映画となるといいのでは。。。と思い、公開を心待ちにしていた。なんたってギャスパー・ウリエル..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2007-04-27 11:09

ギャスパー・ウリエルの壮大なるプロモーション映画―「ハンニバル・ライジング」
Excerpt: 「ハンニバル・ライジング」(2007年) 監督:ピーター・ウェーバー 製作:ディノ・デ・ラウレンティス&マーサ・デ・ラウレンティス&タラク・ベン・アマール 原作:トマス・ハリス「..
Weblog: 豆酢館
Tracked: 2007-04-27 15:15

「ハンニバル・ライジング」
Excerpt: 公式サイト ワーナー・マイカル・シネマズ、公開6日目2回目です。 スクリーン2(279席)、15分前に到着。 男一人者多し、まあまあの入り。
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2007-04-27 18:08

ハンニバル・ライジング
Excerpt: トマス・ハリス原作の“ハンニバル・レクター”シリーズの「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」に続く映画化第4弾
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-04-27 23:39

ハンニバル・ライジング
Excerpt: トマス・ハリス原作の“ハンニバル・レクター”シリーズの4作目。 レクター博士の少年期から青年期を描き、ぶっ飛びレベルの残忍で知的な殺人鬼誕生の謎に迫ろうというもの。 今回はトマス・ハリスが脚本も手がけ..
Weblog: Welcome aboard!
Tracked: 2007-05-01 17:32

ハンニバル・ライジング
Excerpt: 「復讐は毒と同じ。人を醜くするのよ!」メイおばさんの話を聞いていてもきっとだめでしょうねぇ。おばさんがレディー・ムラサキだったばっかりに…って、違うかっ
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2007-05-02 17:05

映画「ハンニバル・ライジング」
Excerpt: 2007年30本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「真珠の耳飾りの少女」のピーター・ウェーバー監督作品。トマス・ハリス原作の“ハンニバル・レクター”シリーズの「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・..
Weblog: しょうちゃんの映画ブログ
Tracked: 2007-05-03 00:13

映画「ハンニバル・ライジング」
Excerpt: 映画「ハンニバル・ライジング」に関するトラックバックを募集しています。
Weblog: 映画専用トラックバックセンター
Tracked: 2007-05-03 00:14

ハンニバル・ライジング
Excerpt: Hannnibal Rising (2007/イギリス=チェコ=フランス=イタリア)【劇場公開】 監督 : ピーター・ウェーバー 出演 : ギャスパー・ウリエル/コン・リー/リス・エヴァンズ/ケビ..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2007-05-03 12:35

ハンニバル・ライジング
Excerpt: ハンニバル・ライジング (2007)  ピーター・ウェーバー監督 配給:東宝東和  まさかウリエル君の剣道着姿が観られるとは思ってませんでした…。  ご存知ハンニバル・レクター博士の若き日..
Weblog: working title -annex-
Tracked: 2007-05-03 22:20

ハンニバル・ライジング(-_-;)レクター博士“誕生”の秘密
Excerpt: アンソニー・ホプキンスが演じたレクター博士のシリーズ、第四弾「ハンニバル・ライジング」が遂に公開されたでも、アンソニー・ホプキンスは出演していないので、あしからず ハンニバル・レクターは、鬼才トマス..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2007-05-05 23:26

ハンニバル・ライジング (Hannibal Rising)
Excerpt: 監督 ピーター・ウェーバー 主演 ギャスパー・ウリエル 2007年 アメリカ/イギリス/フランス映画 121分 サスペンス 採点★ 観た映画の感想をサクっと書くことを目的にしていたサブタレも、いつの..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2007-05-06 22:05

ギャスパー君でもってるよね。 「ハンニバル・ライジング」
Excerpt: 遂に見てきましたよ。レクター誕生秘話っす。 んで、結論ですが、期待したよりフツーでした。 つーか、どっちかとゆーとダメなほうですね。 面白くないわけじゃないけど、まー別に観なくてもよかったかな..
Weblog: 年がら年中爆走するブログ!! 
Tracked: 2007-05-15 11:27

ハンニバル ライジング HANNIBAL RISING
Excerpt: 映画化が決まった頃から 「うぎゃああ~ ギャスパー君がハンニバル・レクター博士に!!」とここでも騒いでいたjesterですが、公開が近くなって、トレーラーを映画館で見るたびに、逃げ腰に。&#6..
Weblog: JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD
Tracked: 2007-05-18 08:52

ハンニバル・ライジング
Excerpt: 今回紹介する映画は現在公開中のハンニバル・レクターの原点を描いた映画でシリーズ第四弾のこれです。 ハンニバル・ライジング 観て来ました、ハンニバル・ライジング 今までのハンニバル・レ..
Weblog: 映画・DVD・映画館レビュー
Tracked: 2007-05-23 11:23

「ハンニバル・ライジング」美しい顔に飛び散る鮮血!
Excerpt: 「ハンニバル・ライジング」★★★☆ ギャスパー・ウリエル 、コン・リー 主演 ピーター・ウェーバー 監督、2007年、フランス 芸術を愛し、美食家、 驚くべき知能の高さと ..
Weblog: soramove
Tracked: 2007-06-02 23:01

★「ハンニバル・ライジング」
Excerpt: 観よう観ようと思って、タイミング的に後回しになってたサスペンスもの。 「ハンニバル・レクター」シリーズは、あまり詳しく知らないけど・・・ 誕生秘話なら、別物としても見れるし・・・。 今週末までの..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-06-06 03:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。