2007年04月29日

ボンジョルノ! イタリア映画祭2007開幕!

2007.4月 024.jpg
今年で7回目を迎えるイタリア映画祭2007(Festival del Cinema Italiano)が連休初日の4月28日に開幕しましたexclamation
日本未公開の最新のイタリア映画12本と、今後一般公開が決まっている3本の作品のプレミア上映、そして今回の目玉! 昨年、マーチン・スコセッシ監督が音頭を取って、トリノ映画博物館が復元したイタリア無声映画史の金字塔と言われるカビリア [染色(一部彩色)版]」が上映。私も「カビリア」を含む8本を8日間の会期中に鑑賞予定でするんるん
伊映画祭開会式.jpg本日の初日には、開会式も開催。来日ゲストの紹介と挨拶がありました。
写真はクリックすると大きく見る事が出来ます。
左からステファノ・ヴィネルッソ監督『それでも生きる子供たちへ/イタリア編』、ジャスミン・トリンカ『犯罪小説』『カイマーノ』、キム・ロッシ・スチュアート『犯罪小説』『気ままに生きて』、ジャコモ・リッツォ『家族の友人』、エリオ・ジェルマーノ『新世界』、ダヴィデ・フェラーリオ監督『プリモ・レーヴィの道』、クリスティアーノ・ボルトーネ監督『ミルコのひかり』

キム・ロッシ・スチュアートexclamation 美しいだけでなく、演技力もあり、初監督作品の「気ままに生きて」の演出も素晴らしいものでした。

鑑賞作品の感想などは、明日より順次掲載予定です(つもり・・汗;)
この記事へのコメント
わ〜〜早速のレポート、ありがとうございます!
華やかな雰囲気を楽しまれたでしょうか?
作品のレビューも楽しみにしてますね♪
Posted by jester at 2007年04月29日 07:10
おおっ、遂に開幕されましたねっ!!
映画祭って、映画以外にも会場の臨場感を肌で感じたり、
雰囲気を味わえるのも醍醐味なんですよね。
・・・って、普段映画祭にあまり足を運ばないワタクシが言うのも何ですが。テヘヘ
映画祭に行けない分、マダムの記事で楽しみたいと思います〜〜〜♪
Posted by Puff at 2007年04月29日 09:14
開会式は行きませんでしたが、気ままに生きて(指定席買いました)の舞台挨拶で、わたくしも生キム見ましたー。
なんて、いい男なんざましょ。

左から5人目は、エリオ・ジェルマーノ。
今日、舞台挨拶で見ましたし、サインもらって、ツーショット写真撮ってきました。
Posted by MACHI at 2007年04月29日 16:25
★jesterさん
ハ〜イ♪ 昨日今日と5本楽しんで参りました。
どれも個性的で素晴らしい作品で私的には大当たりなので、早く感想を書いて皆さんにお伝えしたい気持ちはハヤるんですが・・取りあえず出かけた夜はどっと疲れ〜〜で、書けましぇんで(^^;)申し訳ないです。懲りずに覗いてみて下さいませね〜〜

★Puffさん
はーい、楽しみにしていたので嬉しくて♪
そうなんですよね、来日ゲストとの質疑応答の時間などは他のプレミア試写会などでは出来ないことと思いますので貴重な時間なんですよー。
Puffさんにもこのワクワク感など一度体験なさってみて欲しいな〜♪

★MACHIさん
おっ 珍しいじゃないですかーMACHIさんが指定券をお買いになるなんて!(笑)
生キム!!!!本当にな〜〜〜んていい男なんざましょ!!10頭身位じゃないですか?
あ、有難うございます! 私も今日ようやくわかりました。5人目の方(^^;)
私もサイン貰いましたよーー!写真までは撮らなかったです。次の上映が迫ってたので。
何気に昨日からMACHIさんと何度もすれ違ってる模様。。 
Posted by マダムS at 2007年04月29日 21:39
初日の2本鑑賞でもお疲れ気味の私。
生キムに興奮して眠れなかったし(笑)
明日も「犯罪小説」鑑賞、座談会、サイン会、気合入れます!!
Posted by ひゅーのすけ at 2007年04月29日 22:19
夫が家にいる日でなかったら、自由席で、早い番号の整理券を取って、舞台に近い席に座りたかったのです。
しかたなく、指定席を買いました。(笑)
今日は自由席で、二列目に座りました。

昨日から、知らずに接近遭遇しまくっているようですね。(爆)
Posted by MACHI at 2007年04月29日 22:30
こんばんはー。
今日はお疲れ様でした。
一日4本初体験。爆
さすがに疲れましたが、私的には今回は全部それぞれ面白かったので、本当に有意義だったのでした。
最後に見た「ミルコのひかり」はひとり号泣〜。いやー音と子供関連の作品にはただでさえゆるい涙腺がもう壊れますって。
ぜひ一般公開時に見てくださいね。拍手大喝采でした。
Posted by シャーロット at 2007年04月30日 00:08
いやいやキムさまの顔の小ささは握りこぶしくらいですね。あれで声が甲高かったらブーだけど、声もよかったし、映画もよかった。はぁー(ため息)
Posted by マヤ at 2007年04月30日 00:28
キムさま、来日してたとは!
『家の鍵』のDVDをレンタルしてきて、
キム・ロッシ・スチュアートの泣きの演技に感動したばかりです。
微妙な表情の変化が、イタリア人っぽくないというか、、、
一目惚れしちゃいましたっ。
Posted by Ruiji at 2007年04月30日 01:52
★ひゅーのすけさん
生キムに大興奮!でしたよねー
眠れなかったお気持ちわかりますー
今日の座談会も頑張りましょうね!!

★MACHIさん
むふふ。。大接近遭遇ですよね。
自由席で早くから並べば 指定席より前の位置に座れるんですねー 今日も自由席は凄いことになりそうだ・・

★シャーロットさん
4本鑑賞!お疲れ様でした!!!
ピアノからイタリア映画へと・・さっすがシャーロットさんです。
「ミルコ〜」は大決壊だったんですね?うわ〜ん、むちゃくちゃ後ろ髪引かれながらの帰宅だったんですよー 見れば良かった(大泣) 今日も頑張りましょー!

★マヤさん
キムの眩しさったらないですね!
で、監督作品も素晴しかった!!
私、大号泣でした。はぁーため息。

★Ruiji さん
「家の鍵」で キム様に開眼されましたでしょうか!嬉しいです。
彼は容姿だけでなく、演技も素晴しいです。
今回、彼の初監督作品をひっさげての来日ですが、その作品「気ままに生きて」も素晴しかったですよ♪ 多才な方なんですよね〜
Posted by マダムS at 2007年04月30日 09:31
お留守の所にお邪魔します。
マダムは8日間で8本ご覧になるのですかぁ〜。またまた凄いですねっ!
私は初日のみ出席ですが、でもあのキムさまのお姿を拝めたので、とっても感檄しました。
舞台に登場した途端に、思わず「すてき〜〜!!」と声を出してしまったです!
隣にいた友達はびっくりして、私を突っつきましたです・・・。
彼って背が高くて、顔も小さくて、バランスがとれていますよねっ!
スターになる要素を神様は与えているのですねぇ〜!
でも、演技力も兼ね備えているし、監督業もこなすし、天は「二物を与えない」と聞くが、2つどころか、3つも4つも与えているのですねっ!
「気ままに生きて」是非とも見たかったのですが、非常に残念です。
Posted by 紫の上 at 2007年04月30日 18:28
ぼなせーら。
噂のさわやかイケメンを私も本日拝見!マダムは今日は座談会までだったのでしょうか?それとも暗黒街の男たちみたいな犯罪小説もご覧になりまして?
私も全部で8本の予定でーす。
Posted by かえる at 2007年04月30日 21:41
★紫の上さん
こんばんは〜 ハイ〜すっかりイタリア映画の魅力に取り憑かれております♪
紫の上さんも開会式ご覧になれたのですよね?キム氏にも一目会えて良かったです!
思わず声も出ますよね(笑)
そうなんですよ〜 彼は二つも三つも兼ね備えてますね、素晴らしい!
「気ままに生きて」はもうDVD化されているんですが、レンタルはされてないと思いますし、購入するにもちょっと高価で・・(^^;)考え中ー。

★かえるさん
ぼなせ〜ら!こめすたい? っと本日キム・ロッシと会話出来ましたですわ!むふふ。しっかと座談会後のサイン会に並んで来日ゲストすべてのサインと握手&カンタンな会話も出来て幸せ(@@*)
イタリア版「暗黒街の男たち」の「犯罪小説」もしっかーり鑑賞しましたの♪
おお!かえるさんも8本ですか!?
感想楽しみにしております(^^)v
Posted by マダムS at 2007年04月30日 23:36
マダム

↑上の記事を全て拝見させて頂きました。
すごいな〜〜〜精力的に通ったんですね。
私はこの連休中は忙しかったので、
マダムが見てない「星なき夜に」だけ見てきました。
イタリア映画だけど舞台は中国・・・
セルジョ・カステリット目当てです。♪
またレビュー書いたらTBさせていただきまーす。
Posted by chocolate at 2007年05月05日 08:08
★chocolate さん
なかなかそちらへ遊びに行けずにすびません! 
きゃ〜全部読んで頂けたなんて!恐縮です!
私はこの連休中はヒマでしたので・・(爆)
「星なき夜に」は あの高倉健さんの「単騎、千里を走る」状態なのかな〜?と気になりつつ、日程の関係で観れませんでした。
お?セルジョさんお好きでしたか?「赤いアモーレ」の男優さんですよね?
感想楽しみにしておりまする♪
Posted by マダムS at 2007年05月05日 09:59
一応、都内に住んでいて、フランス映画もイタリア映画も好きなのに、映画祭は行ったことないです。今回は連休中ということで、ダンナがいた・・というのが最高のネックですが、前もってチケットを買うというのもできないようです(笑)
記事を楽しみに読ませていただきます。
Posted by Cartouche at 2007年05月08日 21:46
★Cartoucheさん
都内にお住まいだなんて羨ましいです!
田舎住まいの私は普段の鬱憤を晴らすがごとく!(笑) 映画祭に通う・・といった感じですわ〜〜♪チケットを先に買っておくと覚悟が出来て行けるのかも。普通一週間以内に4回も都心に行くなんて考えられないことなんですよぉ。

イタリア映画祭の場合は 結構観客の年齢層も幅広く、老若男女で会場は熱気に包まれております。若い頃からマストロヤンニやソフィア・ローレンのファン?とおぼしき年配の男性なども多いので、男性も気後れせずにいらっしゃれると思いますので、来年は是非!ご主人様を巻き込んで参加されてみては!?(^^)v
Posted by マダムS at 2007年05月09日 12:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

イタリア映画祭その2@開会式
Excerpt: イタリア映画祭開会式。今回来日してくださった監督、俳優さん達です。 [[attached(1,center)]] [[attached(2,right)]]キム様は、ジャスミンさんと仲良しなのか、..
Weblog: 楽しそうなコトにチャレンジ!ついでにヒュージャックマン勝手に研究
Tracked: 2007-04-29 22:14

イタリア映画祭(その1)@気ままに生きてAnche libero va bene
Excerpt: 本日から始まった「イタリア映画祭2007」行ってまいりました! いきなりキム様狙いで「[http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oi..
Weblog: 楽しそうなコトにチャレンジ!ついでにヒュージャックマン勝手に研究
Tracked: 2007-04-29 22:16

イタリア映画祭でキム・ロッシ・スチュアート
Excerpt: キム・ロッシ・スチュアート様のお姿を拝見すべく イタリア映画祭2007 でギャングな映画 『犯罪小説』(Romanzo criminale)を観てきましたー。イタリア映画祭はスケジュールの関係上、去年..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-05-01 00:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。