2007年05月01日

イタリア映画祭2007続報 座談会&サイン会

2007.イタリア映画祭 キムS.jpg2007.イタリア映画祭 005.jpg
ファンの一人ひとりに丁寧に握手とサインをするキム・ロッシ・スチュアート氏。 
28日からの3日間で7本鑑賞(「気ままに生きて」「新世界」「N‐私とナポレオン」「家族の友人」「カイマーノ」「わが人生最良の敵」「犯罪小説」)しました。今回は一般公開がまだ決まっていない作品ばかりですが、どれも個性的で監督の才能が感じられる素晴しい作品ばかりでしたわーい(嬉しい顔)

早く皆さんにご紹介したい気持ちははやれど、帰宅するとどっと疲れて・・ふらふら なかなか記事書けず、すびませんたらーっ(汗)

といいつつ、30日に行われた座談会とサイン会では、キム・ロッシ・スチュアート氏としっかと握手して貰い、サインを頂いてほんのちょっぴりですが会話も出来て、すっかり舞い上がってるワタクシ。。取り合えず写真だけでも大放出しちゃいます揺れるハート 真正面向いた写真が撮れないのは、その時点ですでに頭が真っ白で乙女状態になっていたのであります・・ぴかぴか(新しい)
2007.イタリア映画祭 008.jpg2007.イタリア映画祭 007.jpg2007.イタリア映画祭 jyakomo.jpg
左からジャスミン・トリンカ、エリオ・ジェルマーノ、ジャコモ・リッツォ
今回の来日は俳優4人の他、一般公開が決まっている作品2本「それでも生きる子供たち」「ミルコのひかり」の監督さん達と、ドキュメンタリー作品の「ヴィットリオ広場のオーケストラ」「プリモ・レーヴィの道」の監督さん達も座談会とサイン会にも出席されました。

ダヴィデ監督.jpg「プリモ〜」のダヴィデ・フェラーリオ監督は昨年公開の「トリノ、24時からの恋人たち」の監督さんでもあり、座談会の時にリップサービスかもしれませんが、「次回は日本で是非撮ってみたい」と仰っていらしたので、サインを頂く際に「是非、『東京、24時からの恋人たち』を撮って下さいね」とお願いしたら(暴挙)、
「それはいいアイデアだ!」と答えて下さったのが嬉しく、良い思い出になりましたね手(チョキ)

2007.イタリア映画祭 座談会S.jpg
出席された俳優さん、監督さんの紹介と司会進行を務められたのは、イタリア文学者で本映画祭では作品選定や、字幕の翻訳などご活躍の岡本太郎氏(左端)。
Q&Aではイタリア映画界の現状や、今回の作品の中での政治的メッセージの有無などなど、かなり高尚な話も出ましたが、現在のイタリアで日本映画の認知度?の質問に一人ひとりお答え頂いたのが楽しかったですね。小津や黒澤、北野ときて、宮崎アニメ。。まあ今のところ想像どおりの答えでしたが。
(キムに見惚れ、半分睡眠しつつだったので記憶が・・汗)
この記事へのコメント
イタリアには映画監督やスタッフとの
交流会の場がなかなかないんですよね。
素晴らしい機会に恵まれて本当によかったですね。
眠れましたか〜?^^

ロンドンでKevinに会ってお話して
握手してサイン貰って写真を一緒に撮って
舞い上がってしまった時のことを思い出します。

アタシも生キム見たい!
そしてあの細くて長いきれいな指に
あたしの短い指を絡めてみたいデス。
Posted by amore at 2007年05月01日 16:28
興奮して眠れませんでした〜
キム様素敵すぎでしたぁ
エスカレーターであがってくるところをビデオで撮影していたら「ciao」って手を振ってくれましたぁ
私も座談会の様子アップしました。
サイン会の様子は明日アップ予定です。
Posted by ひゅーのすけ at 2007年05月01日 21:25
髪型がベストの長さだったと思います。
結構、前髪が短かったり、ひげもさだったりする写真も多かったから不安だったけど、一番素敵な状態で日本に来てくれましたよね。ほんと、キムありがとー
Posted by マヤ at 2007年05月01日 22:45
お疲れさまでしたー。レポート楽しく拝読してます。
あとはラス1残すのみでしょうか。
しかし皆さん頑張って鑑賞されてますよね。尊敬。
あ、岡本さんは字幕監修ではなくご自身が翻訳なさってます。
映画祭自体ではプログラムにあったように作品の
選定とかアドバイザー的監修はしてるのかもですが。
Posted by mako at 2007年05月02日 00:16
★amore さん
そちらでは、あまりこういう機会が無いのですか?ちょっと寂しいですねー!ファンの方はそういう事はあまり期待してないんでしょうか。。
ハイ〜なんかまだぼぅーっとしております(笑)
あもーれさんのKevin様の事例を思い出しましたよ!!うふふ。

★ひゅーのすけさん
うわぁ〜ビデオ撮影されたのですねー!
それは凄い!!一生のお宝フィルムですね。
イタリア映画祭はそういう点、あまりウルサイ事言わないのでいいですよね、写真撮影も全然OKですし。 そちらにまた伺いますね(^^)/

★マヤさん
髪型も自然で良かったですね〜前日みんなで飲みすぎちゃった感も出てて良かったです(笑)
なーんて、顔小さいんでしょっ・・

★makoさん
ハ〜イ お陰さまで楽しい3日間でした♪
後の作品たちも観たくて堪らないのですけど、日程的に無理。。残念ですー。
あ、岡本さんの件、ご指摘有難う御座いました!早速訂正致します!
作品の選定はとても成功したとおっしゃってました。
Posted by マダムS at 2007年05月02日 10:47
3日間で、7本鑑賞されたんですねぇ〜。
後は「カビリア」一本を残すのみとか。
お疲れ様でした。ゆっくりお休みください。
って、もう〜、キムさまにサイン・そして、握手なんて、もう羨ましすぎ〜〜!!
写真もばっちりと撮れたし・・・。
それに、彼と会話されたんですか?
え、イタリア語で?
勉強した甲斐がありましたよねっ!
Posted by 紫の上 at 2007年05月02日 15:56
★紫の上さん
ハイ〜 今回は目一杯走ってます(笑)
残すは「カビリア」のみです。
イタリア映画通目指してがんばりまふ。
キムと会話っていっても全然大したことじゃないです(爆) 会話とは言えないかも。。(^^;) ちぃっとだけイタリア語かじっただけではダメですね〜〜汗汗。
Posted by マダムS at 2007年05月03日 00:04
こんばんは。こちらにも。
>「是非、『東京、24時からの恋人たち』を撮って下さいね」
す、すごいわマダム…そんなに言葉通じるんですね。英語?伊語?そんな体験してみたいです〜。
今年は(去年も?)サイン会は座談会時のみだったのでしょうか?おととしは作品ごとにサイン会あったような気が。
何はともあれサイン会はいいですよね〜。
Posted by わかば at 2007年05月03日 22:37
★わかばさん
むふふ。。かなりいい加減な英語と伊語ちゃんぽんでも、相手がとても勘が良くて人の気持ちが理解出来る方なら通じるもんですわ(爆)
サイン会なるものは私も今年初めて参加しましたので、昨年まではどういう形態で行われていたのかわからないですー。
来年もまた好みのイケメン俳優など来日のあかつきには、またまた突撃したいですね〜わかばさんも是非ご一緒に!!笑
Posted by マダムS at 2007年05月03日 23:36
キムの笑顔が、忘れられません。
やっとサイン会UPしました。
Posted by MACHI at 2007年05月04日 15:02
★MACHIさん
キム氏はやはり礼儀正しく紳士でしたよね!
そちらにも伺います♪
Posted by マダムS at 2007年05月04日 17:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40506161

この記事へのトラックバック

イタリア映画祭その4@座談会
Excerpt: 座談会前の作品「わが人生最良の敵」のチケットを取れなかった私。座るのは諦めてた。 しか〜し!ラッキーな事に「親切なおじ様」に中央寄り2列目の席を譲っていただきました!!感謝感激!! [[attac..
Weblog: 楽しそうなコトにチャレンジ!ついでにヒュージャックマン勝手に研究
Tracked: 2007-05-01 21:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。