2007年05月03日

『N‐私とナポレオン』〜イタリア映画祭2007B

(原題 : N - Io e Napoleone)2006年
ナポレオン.jpg
監督:パオロ・ヴィルツィ
出演:ダニエル・オートゥイユ、エリオ・ジェルマーノ、モニカ・ベルッチ、フランチェスカ・イナウディ

 ナポレオンの新解釈としてイタリアで話題を呼んだ小説『N』の映画化で、ナポレオンをフランスのダニエル・オートゥィユが、2人の男の間を揺れる男爵夫人をモニカ・ベルッチが演じる痛快な喜劇。第1回ローマ映画祭で喝采を浴びた作品。(公式サイトより)
<Story>***********************
1814年、エルバ島に流されたナポレオンは島民たちに熱烈な歓迎を受ける。しかしそれを快く思わない文学青年であり小学校の教師のマルティーノは、ひょんな事からナポレオンの書記の仕事を得、暗殺の機を狙う・・。
*************************************
ナポレオン2.jpgこれは楽しい作品でした! D・オートゥイユのなりきりぶりも楽しく、暗殺を企む青年役のエリオ・ジェルマーノ(ゲストとして来日)の純な若者らしいテンションの高さも好感度大。 ベルッチもその二人を手玉に取る妖艶な男爵夫人を好演。実際のエルバ島でのロケもありでイタリアの地中海側の風景も少しだが楽しめた。 ナポレオンが再びフランスへ戻るまでの10ヶ月間の島民達の騒動を興味深く鑑賞しつつ。。ナルシスト気味のナポレオン名言集としての楽しみもあり(笑)。毛嫌いしていたはずのナポレオンと身近で過ごす内に芽生える親近感に自らとまどう青年の姿も微笑ましかった。 当時活躍していたベートーベン(ナポレオンとの有名な逸話もあり)の曲をはじめ、使い所を心得たクラッシック曲が映画を盛り立てていたのも良かったですね(エンドロールは第九でした!笑)
posted by マダムS at 16:00| Comment(6) | TrackBack(1) | イタリア映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ブログにコメントありがとうございました^^
それにしてもすごい映画鑑賞本数、すごいですね。
今後の参考にさせてください。
「N−私とナポレオン」、楽しかったですよね。
ナポレオンの存在感とマルティーノ青年のみずみずしさが印象に残る佳作でした。
ラストの第九も良かった!
Posted by kaioko at 2007年05月04日 23:34
こんばんは。
先日はお疲れ様でした!
どうも疲れてしまって感想が書けませんー。さすがマダムですぅ。あと2本。いつになるかわかりませんが頑張りまする。
ところでこの作品は、ベトヴェンのおかげでだいぶ好印象。笑
まあ、ちょっと第9の4楽章を使ったラストはいかにもーって感じがしましたが;でも喜劇ならしっくりくるのかな〜
エルバ島でのロケは一部分、と確かおっしゃっていたようでした?が、後はどこで撮影されたって言ってましたっけ?忘れてしまった;
Posted by シャーロット at 2007年05月05日 01:10
これってイタリア映画祭だったのですね!?フランス映画だとばかり・・・。

ダニエル・オートゥイユ=ナポレオンというのがどうも受け付けなくて観なかったのですが、そうですか・・・楽しい映画だったのですか。

ナポレオンものは結構好きなので、やはり観るべきだったか・・・。
Posted by nouilles-sautees at 2007年05月05日 06:30
★kaioko さん
いらっしゃいませ!コメント有難うございます〜d(*⌒▽⌒*)b
いえいえ、、そんなに鑑賞数は多くないんですよ ポリポリ・・。
この映画、とっても楽しかったですよね♪
そうそう!あの青年の青臭さがまたカワイイのですよね。 音楽も盛り立ててました。

★シャーロットさん
お疲れさまです!(笑) シャーロットさんってば映画だけでなく、他の趣味も多いしその上お仕事に、家事育児ですから私の数倍忙しくていらっしゃるもの。疲れて当たり前。
音楽にクラシックを使ったのが良かったですよね。疎い私でも知っている曲が数曲ありまして楽しかったです。 第九を使うのはやっぱりベタですかね?(笑)私はなんだかウキウキしちゃって「続編が観たい!」なんて思いましたー!

★nouilles-sautees さん
「新世界」もこれも、ポスターだけ観たらフランス映画かと思いますよねぇ! オートゥイユが中心ですし。。笑
イタリア語とフランス語と両方駆使してなかなかの存在感でしたよ 当たり前か、ナポレオンですもんね(^^)
歴史ものと言うより主人公の青年の”青春もの”として観るのが正しい見方なんだと思います。
DVDなどでご覧になれるといいですね♪
Posted by マダムS at 2007年05月05日 09:37
DVDが出てますけど、「ナポレオンの愛人」なんてタイトルになってます。
日本でエリオ君の知名度がないせいかと思いますが、映画の内容と合ってないですよねえ。ぷんぷん。
Posted by MACHI at 2008年07月20日 20:06
★MACHIさん
きゃ! コメント頂いていたのに気が付かず、超亀レスで申し訳ありません!

なんですってー!?
ナポレオンのあいじん〜? 主役を間違ってますよねーーΣ( ̄ロ ̄lll)
多分パッケージのデザインもエリオ君は隅に追いやられているのでは?(ーー;)
もう1回観たかったので、DVD化は嬉しいニュースですが・・

Posted by マダムS at 2008年07月23日 08:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

N-私とナポレオン〜イタリア映画祭にて その2
Excerpt: 1814年、エルバ島に流されたナポレオンは島民たちに熱烈な歓迎を受ける。しかしそれを快く思わないマルティーノは、暗殺を企てた。 「イタリア映画祭2005」で絶賛された『カテリーナ、都会へ行く』のヴィ..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-05-05 01:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。