2007年05月04日

『犯罪小説』〜イタリア映画祭2007F

(原題:Romanzo criminale ) 2005年
2007.イタリア映画祭 014.jpg 
監督:ミケーレ・プラチド
出演:キム・ロッシ・スチュアート、ステファノ・アッコルシ、ジャスミン・トリンカ、リッカルド・スカマルチョ、エリオ・ジェルマーノ

70〜90年代にかけてイタリアで実際に起こった事件を絡め、チンピラたちのはかない夢物語を描き出す。06年ベルリン映画祭のコンペ部門に出品され、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で脚本賞など8部門を受賞した作品。(公式サイトより)

<Story>***********************
不良少年一味が成長してローマの裏社会を仕切るギャングとなり、次々と犯罪に手を染めていくが、仕事が大きくなるにつれ、小さな裏切りが大きく彼らの運命を左右し、恋人や家族との愛の狭間でもろくもその関係は崩れ去ってゆく・・。**********************************
犯罪小説1.jpg移民として海外へ出たイタリア人達が結束してマフィアになる話は、今までアメリカ映画に数多く登場して(しかも名作揃い)ここに紹介するまでもないけれども、本場イタリアでの実話ベースという事で興味深く鑑賞した。しかもキャストが豪華。
犯罪小説3.jpg現在イタリアで最も活躍する実力と人気を兼ね揃えた俳優達を眺めるのだけでも一見の価値あり!と聞いていたので、見逃すわけにはいきませんでした!(笑) 監督は「カイマーノ」にも出演していた個性派俳優ミケーレ・プラチド。現在日本でもブレイク中で今回来日を果たした「家の鍵」キム・ロッシ、 「輝ける青春」でマッテオの忘れ形見の青年役で出番が少ないながらも印象を残したリッカルド・スカマルチョ、障害を持った女性役を見事に演じたジャスミン・トリンカ。で、数人の方がイチオシされていたステファノ・アッコルシは渋めの刑事役でしたね〜♪ 娼婦役のアンナ・ムグラリスも素晴しかったです。

「夜よ、こんにちは」や「輝ける青春」で取り上げていた'78のモロ暗殺事件や、ボローニャ駅の爆破テロ事件など実際にあった事件と微妙に絡め、あるいは影響を受けながら、彼らの犯罪は続き結局は破綻していく様をメランコリックに描いている暗黒もの(ノワール)映画なのだけれど、主要メンバーの一人の恋愛と、刑事の淡い恋愛。そしてやはり幼馴染同士の連帯感が壊れる事に恐れ悲しむ彼らの姿が切なく、涙を誘うセンチメンタルなギャング映画だったと私は思うのだけど・・。

posted by マダムS at 10:33| Comment(6) | TrackBack(2) | イタリア映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ、これこれ、この映画です。私がキム〜と騒いだ映画は。

キムに限らず、おっしゃる通りほかの役者陣も見ごたえありましたよね〜。

ただ第一章があまりにも長かったので、え?これって何時間あるんだろ?って一瞬思いましたが(笑)。

そう、ほんとに切ないギャング映画でしたね。

わー、この映画のことも思い出せて嬉しかったです。
Posted by nouilles-sautees at 2007年05月05日 06:26
★nouilles-sautees さん
いやぁ〜 ほんと、役者さん達の熱い演技に見惚れておりましたけど、おっしゃる通り、途中でちょっと長い?とチラと思いましたです正直(^^;)
そちらではかなり以前に公開されたんでしょうか? 探しに伺いますねー♪


Posted by マダムS at 2007年05月05日 09:20
あー、これもまだまだ書けないですー。殴
私的にはキムさまに思い入れがないせいか、結構傍観していた感じでしたけれども、というのはニックネームと顔がイマイチよくわかってなかったんですよね〜
キムが「冷血」でしたっけ??んー・・・
もっと洒落た名前はないのかい?って思ってしまった。笑
センチメンタルなギャング映画でしたね。
私的にはブノアの「暗黒街…」の冷たさあるノワール作品と比較してしまったのですが、マダム的にはこの作品はつかみはOKだったでしょうね〜♪
お風呂に一緒に入った仲の二人(キム&ジャスミン)は絵になってました(笑)
Posted by シャーロット at 2007年05月07日 13:57
★シャーロットさん
こちらにも有難う〜♪
ニックネームと顔が「冷血」←キム以外はなかなか一致出来なかったですよねぇ 実は私もです(笑) 名前そのものが”冷たい”って意味の名前だったみたいです。プログラムみたら・・。他の人もそうだったかも。
私も最近のだったらブノワの思い出してましたが、昔のドロンとかギャバンのノワールものがこんな雰囲気あったな〜とか。
キム&ジャスミンのベタベタのワケがコレ観てわかりましたよねぇ?笑
Posted by マダムS at 2007年05月07日 16:20
はぉー、やっとひとつめかきました
確かにイタリアって全部マフィア?ってイメージがあるけど、これみるとまた微妙に違う人たちもいるんだって思いましたよね。ジャスミンが死ぬ意味がよくわからなかったのですが、わかりました??
Posted by マヤ at 2007年05月12日 23:48
★マヤさん
トラコメ有難うございます!
早速感想伺いに参りますね(^^)v
ジャスミンのあの最後は確かにあんなにド派手にする必要があったかどうかギモン?です(笑) 多分報復の意味もあったように思うんですががが。。
もう一回観たーーい!(汗)
Posted by マダムS at 2007年05月13日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

犯罪小説〜イタリア映画祭 その5
Excerpt: 不良少年たちの一味が成長してローマの裏社会を仕切るギャングとなり、次々と犯罪に手を染める・・・70〜90年代にかけてイタリアで実際に起こった事件を絡め、チンピラたちのはかない夢物語を描き出す。キム・ロ..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-05-07 23:09

『犯罪小説』Romanzo criminale
Excerpt: ここ2,3日で『犯罪小説』のDVDを観おわりました。やっぱり映画って2回みるとだいぶ理解が深まりますね。 1回目みたときより、2回目のほうがいい作品だなと思った。 とにかく役者さんたちの演技がみ..
Weblog: 私のイタリア映画紀行
Tracked: 2007-05-12 23:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。