2007年05月13日

『恋愛睡眠のすすめ』

(原題:La Science des rêves)
恋愛睡眠.jpg
2006年フランス+イタリア
監督・脚本:ミシェル・ゴンドリー
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル/シャルロット・ゲンズブール/アラン・シャバ/ミュウ=ミュウ

今年のフランス映画祭で上映され、監督も来日されたというのに、日程が合わず鑑賞断念した作品! 一般公開されましたので遅ればせながら鑑賞ー♪

<Story>*******冴えない人生を送ってきたステファンは隣人のステファニーに恋をした。だが、あっさりフラれてしまい、夢の中で彼女と恋愛するようになる。いつしか思い込みの激しい彼は、次第に夢と現実がごちゃ混ぜになっていく。(映画祭公式サイトより)
******************************************
恋愛睡眠3.jpgミシェル・ゴンドリー監督の前作「エターナル・サンシャイン」もかなり好きな作品で、「マルコヴィッチの穴」とか「アダプテーション」など書いた共同脚本のチャーリー・カウフマンと2人してかなり個性的な本書く人同士組んだ、パワー全開の夢と現実がごっちゃになる不思議感覚がなんとも言えず可笑しくて、そのイマジネーションの豊かさにもう脱帽なんですけれども。 
今回は一人で脚本書いて監督したんですよねぇ!? 
途中までは期待通りもうほんと、絵本の中みたいな映画でしたかわいい

<ネタバレ含む感想です ご注意ください>
Q.jpgそう若くも無さそうなカップル(ゲンズブールも幾つかな?笑)だけど、想像力が2人とも並外れて豊か。。「何かクリエイティブな事」に関しては本当に気が合い、子供のようにおしゃべりしたり、何か作ってみたりしている内に彼はもう彼女に夢中。 夢中っていう字のとおり夢の中ですっかり恋人だものだから現実の世界で突拍子もない事をしてみたり言ってみたりしてしまう。 夢の中のセロハンの海と綿の雲、ダンボールの車、2人を乗せて走る布地の馬さん〜♪ ガエル君演じる青年の妄想癖が思いっきりピークに達し、観ているこちらもどっちがどっちか?(笑)

会社の仲間だの上司の会話の可笑しさも一級品exclamation
彼らさえも、青年の夢の中では敵になったり味方になったりで忙しく・・もうずっと笑いっぱなしでしたー。

でもそのまま幸せな気分で終われたら、思い切りロマンチックなラブコメだったと思ったところを、ラストの10分位の辺りから様子が一変。 彼氏と破局して(?)家に戻ってきた暗いママ(ミュウミュウ)に「父さんとメキシコに行っちゃってごめんね」と言いつつ(フランス人のママとメキシコ人のパパが多分彼が子供時代に離婚?)、彼女(ゲンズブール)への失恋の痛手に耐えられずパリのママのアパートを出て、再びメキシコに戻ろうとする青年のちょびっと暗い表情を見て、彼の抱えてる不安の原因の一旦が見えたように思えて急にしゅんとなってしまった。絵本のような話のままで終わって欲しかったと思うのはワガママでしょーか。。(^^;)

今回もチャーリー・カウフマンと共同で書いてたら、また違ったラストになってたかな?と思ったり・・
いや、ガエル君は期待どうり物凄く可愛いんですけどね・・わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗) ちょっとラストは「いい加減におし」と説教したくなるのでして・・パンチ
成長しないまま終わっちゃうっていうのはどうかなあ?たらーっ(汗)
上映後、後ろに座ってた女性同士2人連れが「結局何がいいたいんだか?わかんないよね!」と言ってるのが耳に入り、、同意したいようなしたくないような。。

posted by マダムS at 10:50| Comment(14) | TrackBack(8) | フランス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。経過はとってもよかったのだけれど、どうも私もラストのせいでイマイチ手放しでこの映画よかった〜と言えないのです。

あまりシナリオがないこの作品はああいう絵本の世界だからそこが逆に生きてるのですが、ああいう締めくくりになると何だったのか・・・という気になってしまいます。

まあガエルくんのPVのつもりで見ればよいのかもしれませんが、結構気に入った部分も多かったので、もう一捻りあれば・・・とちょっと残念です。
Posted by nouilles-sautees at 2007年05月14日 21:23
ああ〜〜そうそう、わたしもガエルがやってなかったら、あのラストは怒ったかも。(ガエルがやってればなんでもいいのか?)
ううむ、とおもいつつ、「ま、ガエルが可愛かったから許すか」などと席を立ちました。

悪趣味ですが、あのカレンダー欲しいかもです。
Posted by jester at 2007年05月14日 22:18
★nouilles-sautees さん
そうなんですよー。
私もほとんど95%位は好きなんですこの映画。。 
小道具のいちいち好きだし、登場人物の言う台詞もいちいち好きだなーと、途中まで目尻が下がって観てたんですが。。
なるほど >ガエル君のPV
うーん、そう思うことにしよう!(笑)

★jesterさん
そうなんですよー。
 >ううむ、とおもいつつ、「ま、ガエルが可愛かったから許すか」などと
まったくその通り。。(^^;)
わはは♪ あのブラック・ユーモアの極致みたいなカレンダーはほんと笑えます! ちょっと不謹慎? でもそれを笑い飛ばす逞しさが必要なのかも(笑)
Posted by マダムS at 2007年05月15日 08:16
こんにちはー。
我が家のステファン(あーぱー息子ども)に、カレンダー描かせようかなっと。
「我が家の喜劇カレンダー」爆
ああ、もう楽しいひと時でござりました。
私はラストなどもうどうでも良かったでっす。うひ
私の知らないガエル君の側面を堪能させていただきまっしたー。笑
シャルロットもシャーロットも読み方違うだけで同じじゃないっすか。殴
もう「なりきりすてふぁにー♪」(←誰かとめて)
Posted by シャーロット at 2007年05月15日 17:05
ぼんじゅーる。
エターナル・サンシャインもにわかにカワイイ作品でしたが、これはもうべらぼうにかわいかったですー。
人間っていうのは、そんなにいちいち成長するものだとは私は思っていないので、とことん情けないところがむしろラブリーだと思ったんですけれど・・・。ありゃ。
小ネタの連続を楽しむタイプの映画には、そもそもラストに輝かしい結びを期待していない私でしたし。
せっかくゴンドリーが初めて自伝的な脚本を書いたのだから、カウフマンだったなら・・・なんてことはおっしゃらないでおくんなまし。(笑)
マダムの息子さんにはステファンを反面教師として、朗らかに健全に生きてほしいですが、ステファン自身のことは大目にみてくださーい。
Posted by かえる at 2007年05月15日 18:48
こんばんはー
わたくしもガエルくんがかわいかったので最後までとても幸せでした。
ああやってぐーっすり眠れるというのは彼もちと大人になって夢の恋の世界と現実の恋の世界がちと逆転して近づく意図もあるのじゃないのかなと思ったり。
何てことを考えるのより先に、やーん、寝顔もかわいーっ!!!と萌え萌えだったんですけども。
にゃはは
Posted by mako at 2007年05月15日 19:43
ふむふむ、色んな意見が舞ってる作品ですね。そういう作品こそ観てこの討論会?に参加すべきなんでしょうが、マダムの記事拝見して、私は心置きなくスルーかなーと思ってしまいました(笑)いえ、マダムのせいにはしませんよ〜。DVDが出たら討論会に参加します(笑)。
Posted by わかば at 2007年05月15日 22:05
★シャーロットさん
きゃ〜シャルロット。。シャーロットー!ステファン〜ステファニー!(意味不明)
あの自然体が好きですわ^^
ガエル君、大人気ー♪ ラストなどどうでもいいです?はいはいわかりますたー(笑)
シャーロット宅「喜劇カレンダー」!!いいんじゃなかですかっ!?是非是非!出来たらブログで発表して下さいねっ♪

★かえるさん
ぼんじゅうる〜♪
ハイ〜ほんと、べらぼうに可愛かったですよね〜数々のファブリック小物っ&ガエル君。
いや〜失礼しました。。
監督の”自伝的な”脚本とは知りませんでした〜Σ( ̄ロ ̄lll)
夢見がちな少年が偉大な芸術家になったんですね!? 
そだそだ・・我が家の平凡な愚息たちとは違って天才は繊細な感覚で世界を捉えているのですねー(^^;)

★makoさん
あ、そうか。。 
あの最後のぐっすりスヤスヤは 初めて安心して熟睡出来たってことなんでしょうかね?
(わかっていない私。。キャー;)
さて、その後はどうなるんでしょうと、想像はふくらみますよね。^^
makoさんも萌え萌え?ぞっこんですなぁ〜(^^*)

★わかばさん
いえいえ、少々(沢山?)トウのたった私の偏ったレビューは決して参考にされませんように!!!笑 
もっと純粋に楽しまなければいけなかったのかもしれませんよ〜〜(^^;)
DVD鑑賞後には是非討論会にご参加を!(笑)

Posted by マダムS at 2007年05月15日 23:03
>絵本の中みたいな映画
ホント、まさに絵本の中に居るような、そんな感じでしたね♪
この映画、ガエルくんだったからこそ!
なのはありますよねー
これが他の方だったら、何だか怪しいキモイ映画になったからかも知れません・・・・・汗
ガエルくんの、大人のような少年のような雰囲気がこの映画にピッタリ同化していたんですよね。
ゲンズブールはやっぱりお姉さんですよね・・・・・フ
Posted by Puff at 2007年05月16日 18:12
★Puffさん
そうなのよね〜 
ガエル&ゲンズプールの年齢不詳なキュートさがもうぴったり同化!でした!
他の配役は考えられませんよね〜?(爆)
ラストは子供を寝かしつける保母さんみたいでした>ゲンズブール (^^;)
あの一秒タイムマシンとかあったら楽しそうですよね〜一日中遊んでそうです私♪
Posted by マダムS at 2007年05月16日 22:12
私はね、正直途中寝てしまったので、
作品に対してあーだこーだ言えないんだけど、
映像は手作り感タップリでよかったよね。
CG全盛時代なのにその辺の感じは良かったなーって思いました。
ガエルかわいすぎー!
Posted by chocolate at 2007年05月20日 08:57
★chocolate さん
ひゃ〜寝てしまわれましたか!?
お疲れなのでは?(爆)
小物好きなchocoさんだものね! 手作り感たっぷりの映像は気に入って良かった良かった。。 クレイアニメっぽい世界でしたよね〜〜♪

Posted by マダムS at 2007年05月20日 12:45
こんにちわー。ようやくこの記事が見れました(笑)
トラブル解決して何よりですー♪
ガエル君がとってもかわいかったですね〜、
これ。雰囲気もとっても気に入りました。
ラストに関しては賛否両論あるみたいで。
はっきり終わってないからこの映画にイミが
ある、とアメリカ人の映画マニアは言ってましたが
私もその意見に一票な感じです。
でもやっぱりなんといってもガエルかな(笑)
最近メジャーになってちょっと哀しいですけど…。
Posted by minori at 2007年07月30日 10:29
★minori さん
あっ やっぱりブログの不具合でご迷惑かけちゃってたんですね?ごめんなさいねー! 多分もう大丈夫と思いますので、またよろしくお願いしますね♪
ガエル君は最近本当に人気者ですし、メジャーな俳優さんになってしまいましたね! でも本当にイイ奴っていう地のままの雰囲気がこの映画にも出てました。
ちょっと幼いような気もするけど(笑;)私も大好きな俳優さんです。
ラストは自分で考えるってタイプの作品も好きですよ♪
Posted by マダムS at 2007年07月31日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

恋愛睡眠のすすめ (LA SCIENCE DES REVES)
Excerpt: ガエルが可愛い!! ただただそれだけで、もう満足のわたくし。 前に友人と話していて「『モーターサイクル・ダイアリーズ』のガエル・ガルシア・ベルナルは大好きだけど、それ以外の彼の出た映画は、あんまり..
Weblog: JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD
Tracked: 2007-05-14 22:19

『恋愛睡眠のすすめ』
Excerpt: ららららぶりー。ワンダフルな空想力。 パリに引っ越してきたステファンは隣の部屋の住人ステファニーに出逢う。これはミシェル・ゴンドリー監督の個人的な物語なのだそう。ゴンドリー自身の体験や夢や妄想が..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-05-15 12:52

恋愛睡眠のすすめ
Excerpt: 夢よ、覚めないで〜♪
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-05-15 17:07

『恋愛睡眠のすすめ』
Excerpt: 原題:La Science des re^ves  (The Science of Sleep) 監督:ミシェル・ゴンドリー 2006年製作 恋愛睡眠のすすめ 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル..
Weblog: flicks review blog II
Tracked: 2007-05-16 10:23

「恋愛睡眠のすすめ」
Excerpt: 公式サイト シネマライズ、公開2週目2回目です。 シネマライズ2F(303席)、2回目は12:10開始、50分前に着いたのでとりあえず飯に。 平日の2回目ですがほどほどに入ってました。 ..
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2007-05-16 18:00

「恋愛睡眠のすすめ」 夢の中へ・・・
Excerpt: 夢・・・、最近はみていないですね。 もしかするとみているのかもしれないけれど、朝
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2007-07-16 13:09

『恋愛睡眠のすすめ』The science of sleep
Excerpt: I am your neighbor ... a liar ... by the way, do you have Zoé's number? カリスマ、演技力、知識、容姿そし..
Weblog: キマグレなヒトリゴト
Tracked: 2007-07-30 10:30

恋愛睡眠のすすめ
Excerpt:  やはり、このような映画を楽しむには私の頭は年をとりすぎたような感じがします。
Weblog: eclipse的な独り言
Tracked: 2007-10-14 19:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。