2008年04月28日

気になって仕方ない ジェームス・マカヴォイ

次回作は超能力を持った殺し屋
マカヴォイ6.jpg  
今、最も旬な男優=ジェームス・マカヴォイexclamation×2
 記事が3つ続きますが、それほど最近心を占めているってこと。
日本でも徐々に知名度が上がってきたらしく、ようやく最近日本語で読めるたらーっ(汗)紹介記事が増えてきたので、ちょっと纏めてみましたかわいい

★現在日本で公開が決まっている彼の出演作は次の2本
『ウォンテッド』(2008)  日本公開9月予定 (上記写真)
モーガン・フリーマン、アンジェリーナ・ジョリー共演
監督はロシア作品『ナイト・ウォッチ』のティムール・ベクマンベトフ
公式サイト(アメリカ版)
ロシア版予告編(マカヴォイの内面重視)→コチラ
日本語字幕付き予告編(MACHIさん有難うキスマーク)→コチラ

『ビカミング・ジェーン』 (2007) 2008年日本公開予定  
ジェーン・オースティンの若き日々を描いたアン・ハサウェイ主演の恋愛映画のようです。 
関連情報は→コチラ

どちらが先に公開になるか?解りませんがすっごく楽しみですねるんるん

マカヴォイ7.jpg役柄が変る度に別人か?と思うほど違った雰囲気になりますよね、個人的には眉間にシワを寄せた”苦悩顔”が好きだったりするんですが、「つぐない」の絵に描いたような誠実な青年顔も好きだったりします揺れるハート 最近少しづつ露出してきた彼のバイオグラフィーによると、幼い時に両親が離婚して厳格な祖父母に育てられたそうなので、そういった経験が、彼が醸し出す複雑で繊細な雰囲気を作る要因になっているのかもしれません。 演技力のある良い俳優って案外色んな意味で屈折したコンプレックスを抱えてる人が多いんじゃないかと常々思ってます。 本人も認めているように、背も低いし特別ハンサムってワケじゃないけど、今後堅実にキャリアを積んでいってダスティン・ホフマンみたいな俳優になったらいいんじゃないかと。
そういえば、この人もう結婚してたんですね〜あせあせ(飛び散る汗)

<バイオグラフィー>1979/04/21 
イギリス/スコットランド、グラスゴー生まれ
ロイヤル・スコティッシュ・アカデミーで演技を学び、1995年「The Near Room」(日本未公開)で映画デビュー。TVミニシリーズの「バンド・オブ・ブラザース」、「デューン 砂の惑星 II」などを経て、2005年の「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」で世界的に注目される存在に。そして「ラストキング・オブ・スコットランド」(06)では青年医師ニコラス・ギャリガンを熱演、イギリスやヨーロッパの各映画賞で称賛され、英国アカデミー賞ライジング・スター賞に輝いた。以降も「つぐない」など話題作に次々と出演し、若手実力派として有望視されている。また06年にTVドラマでの共演がきっかけとなった女優のアンヌ=マリー・ダフと結婚した。(allcinemaより)

<フィルモグラフィー>
『つぐない』 (2007)
『ラストキング・オブ・スコットランド 』(2006)
『ペネロピ』 (2006)
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』 (2005)
『ダンシング・インサイド/明日を生きる』 (2005 TVM)
『シェイクスピア21-マクベス』 (2005 TVM)
『ウィンブルドン』 (2004)
『デューン 砂の惑星 II 』(2003 TVM)  
『ザ・ブルー』 (2001)<未>
『バンド・オブ・ブラザース』 (2001 TVドラマミニシリーズ)

★『つぐない』の批評で最も感動した記事コチラ
ヴァラエティ誌のインタビュー動画コチラ

うーむ、『ペネロピ』を見逃したのが残念・・

それから先日の記事で「ナルニア国」のロバなんて言いましたが、正確にはフォーンでした(フォーンとは→コチラ
この記事へのコメント
マダム、日本語もありますわよん。
http://www.choose-your-destiny.jp/

わたくしのブログの、右にあるサイドバーのリストもたまにご覧になって、参考にしていただければ幸いでございますぅ。
Posted by MACHI at 2008年04月28日 08:10
うは〜 有難うございます!さっすがMACHIさん!リサーチのプロ!
早速、記事内にも紹介させて頂きました♪
まだまだワタクシの調べは甘いですねー(^^;)
はーい!今後はMACHIさんのブログの右側も注意してみる事に致しますねm(_ _)m
Posted by マダムS at 2008年04月28日 09:04
おお〜っ!コメント欄で絵文字が使えたら「は〜と」だとか「拍手」をしてますな。
マカヴォイってば結婚していましたか、いいですけどぉ。
しかし、本当、役柄によってまったくイメージが違いますよね。
「ナイト・ウォッチ」は劇場で見ましたが、映像も素晴らしかったですし、人間とは違う『異種』を化け物として描いておらず、個人的にはけっこう評価か高かった作品でした。
そうかぁ、マカヴォイ君が出演しますか。
そうすっと今年マカヴォイ君の出演作が目白押しってことなんですね。わ〜い!

Posted by Ruiji at 2008年04月28日 10:23
★Ruijiさん
絵文字使えないんですよぉ〜!スイマセ〜ン(^^;) 拍手だのハート付きのコメントって嬉しいと思うんですががが。
おお!「ナイト・ウォッチ」ご覧になってましたか! 以前に良い評判聞いていたので一度観てみようかと思った事があったんですがー、そのままになっておりやす。
Ruijiさんの評価も高いとあらば・・借りてこようかな〜
スクリーンで一年に何度もお目にかかれる俳優なんて少ないですよね〜それだけ売れっ子ってことですねん♪
Posted by マダムS at 2008年04月28日 17:03
遅くなりましたー。
きゃー、いいっすよねぇ、マカヴォイくん!!
ペネロピの時の前髪のあるお顔もまた好みでありました♪
ピアノ弾く姿がすんごくステキなのですよ!
わたし的には、ディエゴ・ルナ系の顔立ちに見え、共に好みー。
アクションバリバリな役っていうのも楽しみですねー。
(「ナイトウォッチ」はかなりお気に入りっす。)
マカヴォイくんの妻になった女優ったら、確か9歳位年上なんですよね。
年下の彼女とかなら、あきらめもつくというのにー。
(そういう問題では・・・)

ところで、マダムはイタリア映画祭ではたくさんご覧になる予定ですかー?
私は5本くらい観る予定なのですが、ラ・フォル・ジュルネにも行くために、残念ながら『対角に土星』は観られないのですよー。
というわけで、土星はまかせましたー。
Posted by かえる at 2008年04月28日 20:17
こんばんは。
こんなのもあります。
(私の名前をクリック!)
※へんなサイトではありません。
Posted by わかば at 2008年04月28日 21:55
★かえるさん
いらっしゃいまし♪
「ペネロピ」ではピアノ弾いてるの?DVDになったら必ず観ますわっ! アクションばりばりマカヴォイ君もまた新鮮ですよねー! 期待しませう!
そういえば、ルナ君系の顔でしょうかね 普段はそんな感じですね(笑) 役が入り込むと別人になるところがまたいいですー♪
うへ、やはり年上妻でしたか・・ま、いいですけど(笑)
ハイ〜♪ 伊映画祭は今年は一応予定では7本の予定ですががが・・体力が持つかどうか早くも心配であります(^^;)
了解「土星」はお任せ下さい。 あ、しゃろとさんに「トリノ君」も任されているのでした(笑)

★わかばさん
むふふ。。
なーんかまだ新婚ラブラブなんですね〜
お姉さんみたいと思ったら年上なんだ。生い立ちからいってそれもわかるような・・(^^;)
情報有難うゴザイマス♪
Posted by マダムS at 2008年04月29日 21:59
うわー、私にはジェラルド・バトラーにどうしても見えちゃうんですよぉ。爆
上の写真などクリソツ。って思うのは多分私だけー;・・・う。
グラスゴー出身俳優は無条件でお気に入り登録ですー。それにしても私も苦悩顔が特に好き。笑
・・・で、伊映画祭は今年も気合入ってますねー。そうそう、トリノ君は任せましたから。お願いしますよ。むふふ
来日とかしてくれたら、何が何でも見に行っちゃうけど…今年のゲストさん、ちっともチェックしてないのですが、どんな感じでせうかね・・・マダムとはお会いできそうにないのが残念;;ですが、お祭りですしたくさん堪能しましょうね
Posted by シャーロット at 2008年05月01日 20:31
★シャーロットさん
うひゃ〜 そう言えば。。マカヴォイ君!
もう一回りか二回り体が大きければ・・ジェラルド・バトラー様と兄弟といっても通用しますかしらん? 特にこの2枚の写真は似てますよねおひげとか。
スコットランド出身俳優はショーン・コネリーとかユアン・マクレガー?私も好きだわ〜グラスゴーっともっと範囲が狭くなると誰がいるんでしょう〜? ケン・ローチ監督などはマカヴォイ君使わないのかなぁ〜
はーい!イタリア映画祭!気合だけは入ってますが、体がついていけるかどうか(爆)
ゲストはそーねー・・ちょっと今年はお地味かしら(^^;)昨年のキムロッシのような人気俳優は今年は来ないので、私も開会式はパスしました(笑) 座談会は見るけどね。
シャーロットさんとはこれからもまた何処かのトイレでばったり!なんて大いにありそうよね(爆) その節はよろしく♪
Posted by マダムS at 2008年05月01日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。