2008年05月04日

イタリア映画祭2008−A 『カラヴァッジョ』

天才画家の栄光と没落に彩られた波瀾万丈の人生。。
caravaggio_C.jpg
ジャパン・プレミア上映 
一般公開は当初の2008秋予定から延期になり2010年だそう。
(カラヴァッジョ没後400年に合わせて公開の為)
『カラヴァッジョ(Caravaggio)』
caravaggio7.jpg
2006年イタリア/フランス/スペイン/ドイツ
監督:アンジェロ・ロンゴーニ
撮影監督:ヴィットリオ・ストラーロ「ラスト・エンペラー」「地獄の黙示録」
出演:アレッシオ・ボーニ、ホルディ・モッラ、クレール・ケイム

 本名はミケランジェロ・メリージ(Michelangelo Merisi、1571〜1610年)、イタリア北部ミラノ近郊のカラヴァッジオという村で生まれ育った為に通称カラヴァッジオと呼ばれるようになり、一時はメディチ家のお抱えになるほどだった天才画家でありながら、その気性の荒さから何度も投獄、果ては殺人まで犯して最後はほとんど野垂れ死にのような形に・・という話は皆さんご存知の通りで、そのドラマティックな生涯(参考→コチラ)のゆえ、何度も映画化されているようだ。

デレクカラヴァッジョ2.jpg←'86製作のデレク・ジャーマン監督('94にHIVの為死去)作品『カラヴァッジオ』も参考の為にビデオ鑑賞したが、美術専攻出身らしく凝った耽美主義的な映像と同性愛を前面に出した演出に正直ちょっと引いてしまったたらーっ(汗)

 新作のカラヴァッジョは主演があのアレッシオ・ボーニで、撮影監督がベルトリッチ監督と長く仕事をしてきたヴィットリオ・ストラーロという事で、非常〜に楽しみにしていたが、大袈裟な音楽がちょっとうるさかった事を除けば、ほぼ期待どおりの出来。
caravaggio12.jpgモデルにポーズをとらせたまま絵筆を進める画家がそこにいて、そのモデルそのままがキャンバス上に描かれてる様は見事! 今作はそのボリュームの多さに堪能させて貰った。 天井に穴を開け、そこから差し込む光を絵の中に取り入れる・・光と影・・全体に深みを帯びたセピア色の映像にはまったくうっとり。
film_caravaggio_8.jpg
激情型の人だったようだから、アレッシオの青筋立てたキレぶりもそんなものだろうと思う。それにしても彼の美男ぶりが際立ってハートたち(複数ハート) 
一般公開が近づけばもうちょっとロケ地などの詳細がわかると思うのだけれど、フィレンツェのメディチ家ゆかりの宮殿などで実際ロケしたのかなぁ〜? 室内装飾なども超絶美しく!もう一度大きなスクリーンで鑑賞したーいexclamation

フィレンツェ宮殿.JPG
もしかして ココ? ↑(2006.7月筆者撮影)
ウフィッツィ美術館より臨むヴェッキオ宮殿とドゥーオモ
posted by マダムS at 17:00| Comment(8) | イタリア映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはりマダムもいらっしゃいましたのね。
わたくしも他に数本鑑賞し、後日up予定でございます。
Posted by MACHI at 2008年05月04日 17:10
★MACHIさん
おお! 
今年は作品鑑賞もされたのですねー!?
お仲間増えて嬉しい〜♪
今日最後の1本を寝坊のためキャンセルし(涙) 
今年は6本でわたくしは終わりでございます。
MACHIさんの感想も楽しみにしてますわ♪
Posted by マダムS at 2008年05月04日 18:45
アレッシオのカラヴァッジョ、これは2夜連続放映されたTVドラマなんです。そちらでは大スクリーンで放映されたのでしょうか?アレッシオの演技に期待したのですが…。TB欄が見当たらないので、こちらにリンクを貼り付けますね。http://kspacey.exblog.jp/7308074/
Posted by あもーれ at 2008年05月07日 04:30
★あもーれさん
ハーイ♪ ぼんじょるの〜♪
コメント有難うゴザイマス(^^)/
感想書き上げたら、あもーれさんの所にお邪魔しようと思ってました!(笑)
TBは現在休止中なんですよ〜ごめんなさいm(_ _)m
コメント下さった方のところへは必ずお邪魔させて貰いますのでお許しくださいね。
書いたら伺いまーす!!
Posted by マダムS at 2008年05月07日 07:36
マダムはどのへんで鑑賞されたのでしょうか。わたくし人の頭が視野に入るのが嫌で、この映画だけ最前列で見たので、絵も堪能できました。
やっと記事をUPいたしました。

3時間版も無料で見られますのよ。
記事を参照してくださいませ。
Posted by MACHI at 2008年05月09日 10:51
★MACHIさん
いや〜ん MACHIさんてば私の隣に座ってました?(爆)
私はゲストを期待して(ーー;)プレリザーブで最前列を取ってしまったのですよ!!椅子が悪くて腰は痛いし首も痛いしゴソゴソ動いていたのが私です(^^;) 
確かに絵は堪能出来ましたねえ♪
ハイ!そちらにも伺いますね^^
Posted by マダムS at 2008年05月09日 19:52
うっそー。
わたしは発売初日に買いました。
てっきりマダムは中央か後方区域の席かと思っておりました。
そばにビビアン・リー似の方はいらっしゃらなかったような。(爆)
スクリーンしか眼中になかったので、隣りに人がいたかどうかも覚えてない。(痴呆症?)
完売なのに最前列に空席があったのは、舞台挨拶用に買ったけど、挨拶がないので、その後、別の席を買った人がいたのでしょうかね。
Posted by MACHI at 2008年05月09日 23:05
★MACHIさん
今回は5作品券+2枚で、発売初日に買ったりすぐに座席の希望を予約入れたりしたものは、希望通りの”中央区域”で全部取れたんですよー。ただ「からヴぁ」だけはねーゲストを期待しちゃって”前方”にしたら(アホ)一番前のかぶり付き席になっちゃったのーーΣ( ̄ロ ̄lll) 昨年だったらね〜とほほ。
なるほど、チケット買いなおすなんていうお金持ちな人もいるかもしれませんね〜 映画を観るには最悪の席ですもん。。

オホホ・・裾の長いドレスでも着ていけば良かったですわね(爆)


Posted by マダムS at 2008年05月10日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。