2008年05月01日

渋谷で「ルノワール」と「ラフマニノフ」

久々の東京遠征でするんるん
.ラフマニノフ8.jpg
お日和もよろしく・・駆け込み鑑賞のルノワール+ルノワール展と映画『ラフマニノフある愛の調べ』を楽しんできました。
芸術の初夏exclamation晴れ
続きを読む
タグ:アート
posted by マダムS at 09:21| Comment(11) | ロシア映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

『グラフィティ』〜東京国際映画祭で

都会青年と田舎町の交流を描いたユーモア漂うロシアン・エレジー。

グラフィティー2.jpg『グラフィティ』 2006年ロシア
監督・脚本:イーゴリ・アパシャン
アンドレイ・ノヴィコフ/ヴィクトル・ペレヴァーロフ/セルゲイ・ポタポフ/ラリーサ・グゼーエワ
ロシア版公式サイト

続きを読む
posted by マダムS at 11:46| Comment(10) | TrackBack(2) | ロシア映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

『太陽』 川崎チネチッタにて

話題のロシア映画を観て参りました。今月は”戦争を考える?”月間だなぁ・・
 
taiyo4.jpg『太陽』 (原題:Solnze(英題:The Sun))
2005年 ロシア/イタリア/フランス
第55回ベルリン国際映画祭コンペ部門出品
第13回サンクトペテルブルク映画祭グランプリ受賞
監督/脚本:アレクサンドル・ソクーロフ
キャスト: イッセイ尾形、佐野史郎、桃井かおり、ロバート・ドーソン

”現人神”と言われた昭和天皇の私的な部分を初めて描き、日本での公開は無理だろうと言われた今作品ですが、
海外での評価の高まりを受けて、ようやく公開の運びとなったようです。


続きを読む
posted by マダムS at 11:38| Comment(32) | TrackBack(26) | ロシア映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。