2004年11月09日

『隠し剣 鬼の爪』

kakusiken.bmp
2004年 日本
監督:山田洋次
出演:永瀬正敏/松たか子/吉岡秀隆/小澤征悦/田畑智子 /高島礼子/倍賞千恵子

隠し剣ってそういう事だったのねぇ〜! と胸のすく思いでした。
山田洋次監督の人情時代劇!寅さんを継ぐ新しい松竹の看板映画になるか!?

幕末、東北の小藩=海坂藩の平侍、宗蔵(永瀬正敏)は、母の生前に奉公に来ていた百姓の娘=きえ(松たか子)と、3年ぶりに町で偶然再会するが、大きな商家に嫁いで幸せに暮らしているとばかり思っていたきえの、痩せて寂しげな姿に心を痛める。 それから数ヶ月後、きえが病で伏せっていると聞いた宗蔵は嫁ぎ先に乗り込み、強引にきえを連れ帰る。 貧しく寂しい宗蔵の暮らしが、回復したきえの笑顔で明るい毎日に戻った時、藩を揺るがす大事件が起きる。 海坂藩の江戸屋敷で諜反が発覚し、首謀者の一人が藩の剣術指南役だった戸田寛斎の門下生、つまりかつての宗蔵の仲間だったのだ。

「たそがれ清兵衛」と同じ藤沢周平作品であり、時代の設定も舞台となる場所も同じ東北・・主人公は貧乏な平侍・・共通する部分が沢山あるので、柳の下のどじょうかな〜などと意地悪く思いつつ鑑賞してきたが・・
いやいや またまたすっかり心を洗われ・・見終わった後のあまりの清々しさにみんなに思わず薦めたくなる作品だった。
性格が温厚で弱い者に優しく、人を殺す為に剣を抜いた事もないような 一見目立たない(しかも貧乏なので見た目はボロボロで冴えない事おびただしい;)男がいざという時に目の覚めるような活躍をする・・これほど気持の良いものは無いですよね。
「たそがれ〜」の時もですが、女性の描き方も好感が持てます。 
利発だが決して奢らず控えめ・・でも卑屈ではなく凛としている・・。
同姓から見ても感じが良いです。 
たった一人の家来が清兵衛の時と同じ役者さんなのが笑える^^
安心して見れるハッピーエンドといい、このままシリーズ化して欲しいような路線でした。
posted by マダムS at 08:53| ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月23日

『誰も知らない』

誰も知らない
2004年日本
監督・脚本・編集 : 是枝裕和 
キャスト : 柳楽優弥 北浦 愛 木村飛影 清水萌々子 韓 英恵 YOU 寺島 進 タテタカコ
2004年カンヌ国際映画祭 最優秀男優賞最年少受賞(柳楽優弥)

<あらすじ>
東京都内のアパートに引っ越してきた仲の良い一組の親子・・。トランクに隠してきた2人を含めた4人の子供たちと母親は新しい住まいにウキウキしているが、やがてわずかなお金を残して母親は失踪してしまう・・「クリスマスまでには帰ってくる」と言い残して。
実は4人の子はそれぞれ父親が違う兄弟・・戸籍も持たず、学校も行っていない。
誰にも知られず・・子供たちだけの生活が始まる・・・。

<感想>
カメラがそこに無いかのように実に淡々と、無責任な大人による”育児放棄”の犠牲になったある”子供達だけの家庭”が崩壊していくさまを、無駄なセリフや音楽も無しで実に自然に描いています。
同じ年の子らの楽しそうな中学校生活をフェンスの外からじっと眺めつつ、淡々と毎日妹達の為に買い物に行くお兄ちゃん・・。 いなくなった母親の「外に出ちゃだめ!」という掟を忠実に守ろうとする弟たち・・。
途中で眠くなるかな?と思いましたが、全然! 段々と生活が苦しくなり、お兄ちゃんの焦燥感が出てくる頃から見ているこちらも胸がしめつけられるようで、「なんとかならないの?なんとかしてあげたいっ!」という焦燥感にかられるのでした。
クライマックスに流れるタテタカコさんの『宝石』が流れる頃はもう〜泣けて泣けて。 どうしてこんなことになってしまうのか? もう〜どう考えたって”あの人のせい”に決まってるんですが・・都会の孤独みたいなものも・・

母親役のYOUがもうこれ以上ぴったりな配役は無いのでは?と思えるほどはまってます。
主演の柳楽君は タランティーノが惚れ込んだだけの事はありますね・・演技がどうこうという以前の魅力ですかね・・。 あの目にやられたんでしょう^^男の子の哀愁があの年で出ています。 優しいばかりではなく時折見せる少年らしい無邪気さと怒りの表情が本当に”素”にみえる! 
ラストは実際の事件とは少し違うそうで、賛否両論あるかもしれませんね・・

「誰も知らない」に寄せて
生まれてきて限りない青空に見つめられたから
きみたちは生きる
生まれてきて手をつなぐことを覚えたから
きみたちは寄り添う
生まれてきて失うことを知ったから
それでも明日はあると知ったから
きみたちは誰も知らない自分を生きる
ーーーーーーー谷川俊太郎 
posted by マダムS at 21:27| ☀| Comment(11) | TrackBack(2) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月18日

『深呼吸の必要』


監督:篠原哲雄
出演:香里奈/谷原章介/成宮寛貴/金子さやか/久遠さやか /長澤まさみ/大森南朋
テーマ曲:MY LITTLE LOVER 「深呼吸の必要」

<あらすじ>
沖縄のとある島、2月下旬とはいえ、容赦なく日差しが照りつける桟橋に5人の若い男女が降り立つ。
彼らはこの島の“きび刈り隊募集”告知に応募して来た者達で、互いに初対面。
滞在中、寝食を共にし、唯々ひたすらきび刈りに没頭。休みは週に1日。雨でも風でも作業は続き、納入期限の3月末までに派遣先の農家の畑のきびをすべて刈り取るのが仕事。
受入先の”平良家”では おじぃとおばぁが飛び切りの笑顔で迎えてくれた!
ここでの唯一のルールは一つ! 「言いたくない事は言わなくてもいい」
しかし、彼らはそれぞれに何か事情を抱えてこの島にやってきた様子・・。
慣れない労働と共同作業に戸惑う彼らは期限までにさとうきびを全部刈り取る事が出来るのだろうか!?

<感想>
若い人が見て感動する作品だろうと思って観に行ったら、さにあらず・・
ドツボにハマってしまってすっかり泣かされてしまった・・。
なんだか今の私を呼んでいたのかも。
「言いたくない事は言わなくていい」
誰しも言いたくないことはある。 聞かれたくない、穿り返されたくない・・。
余計な事は聞かないで思いっきり笑顔で「なんくるないさ〜」と言われると人間って弱いもんである。
自然とこちらからしゃべりたくなってしまうのだから不思議だ。
一生懸命頑張ろうという気になってしまうのだから不思議だ。
沖縄のどこまでも青い海と空だけが、何かを抱えた人達の心を開いてくれたのではないはず。 誰しもどんな自分でも受け入れてくれる人には弱いもんである。
そんな事をこの映画は教えてくれる。
無駄なセリフがないのがいい・・この子はどうしてここにいるのか? 無駄な説明も一切無い。
一生懸命 汗を流して働くうちに自然に芽生えた信頼と友情で本人が口を開くか、あるいはちょっとしたアクシデントでわかってしまうまで、見ている観客もゆっくり待たされる。
始めは全部刈るなんて到底無理に思われた広大なきび畑が、すこしづつ土が見えてくるのは快感である。 一生懸命よ〜しがんばろうという気になるよね・・達成感が目に見える仕事。
すべて終わった時・・彼らのまた元の生活に戻っていくであろうその姿を ラストは感傷に流されずにサラっと幕を引くのがまた心憎い!
あまり大袈裟な表現されてせっかくの感動がす〜と引いてしまう作品が多い中、これは本当に私好みで大好きなラストだった。

<篠原監督 舞台挨拶 6月17日最終上映後>
試写会でも初日でもないのに「監督の舞台挨拶あり」と、ぴあに書いてあったので、
早めに行って整理番号をもらっておいた。(ヨコハマシネマソサエティー)
スタッフがポスターやら椅子やらスピーカーやらをセットし・・
監督登場! 薄めのオレンジ色がとてもお洒落なアロハで恰幅の良い人だ。
ニコニコした顔がとても優しそう。
撮影の裏話、観客からの質問にも嫌な顔一つせず丁寧に答えていた。
家のシーンは宮古島、きび畑は沖永良部島だそうで、日焼けの具合が難しかったそう・・。そういえば、家のシーンはまだ日焼け前でいやにみんな色白だったなぁ(笑)
この映画を撮った監督=癒し系 ぴったりのお人柄で好感度抜群でした。
ただし来年以降は すっかり路線が変わるそうなのでお楽しみにとの事であった。
posted by マダムS at 19:11| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。