2006年11月19日

『明日へのチケット』

年内多忙につき、簡単ゴメン!記事です。
????????〓??〓〓.jpg2005年 英/伊
エルマンノ・オルミ/アッバス・キアロスタミ/ケン・ローチ というカンヌ映画祭パルムドール受賞監督3人による奇跡のコラボレート作品。オムニバスではなく、一つの作品を3人が協力し合って撮ったというのが驚き。
イタリアを縦断する列車内で、3人(3組?)の乗客のそれぞれのチケットからイメージされた3つのエピソード・・。 
異性への心のときめきがもたらす思わぬ効果が幸せを感じた旅あり、我侭一杯で人に頼ってばかりの人生が間違っていた?と気づいた旅も。初めての外国旅行で、自分達より更に困っている人々の存在を認識した旅あり・・それらが見事にリレーされ、ハッピーな収束を迎える話。列車内だけが舞台なのにこんなにハラハラさせられるとは! さすがベテランの域。

posted by マダムS at 14:37| Comment(16) | TrackBack(9) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

『上海の伯爵夫人』

大好きなマーチャント&アイヴォリーのコンビが送り出す最後の作品。。エキゾチックな上海の空気と慎ましい大人な愛に酔いしれました。(真田広之さんの英語もお上手!)  
whitecountess4.jpg『上海の伯爵夫人』
2005年/イギリス・アメリカ・ドイツ・中国 
(原題:THE WHITE COUNTESS)
監督:ジェームズ・アイヴォリー「眺めのいい部屋」「日の名残り」
製作:イスマイール・マーチャント「眺めのいい部屋」「日の名残り」
脚本:カズオ・イシグロ「日の名残り」
撮影:クリストファー・ドイル「花様年華」「2046」
出演:レイフ・ファインズ/ナターシャ・リチャードソン/真田広之/ヴァネッサ・レッドグレイヴ/リン・レッドグレイヴ
公式サイト

続きを読む
posted by マダムS at 22:35| Comment(18) | TrackBack(8) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

『マッチポイント』

これは文句なく面白かった! ウディ・アレン式の”ラブ・サスペンス”
やっぱり情けない男を撮らせたら天下一ですよね〜パンチ

match_point.jpg『マッチポイント』(原題:Match Point)
2005年 イギリス
監督・脚本:ウディ・アレン
出演:ジョナサン・リース・メイヤーズ/スカーレット・ヨハンソン/マシュー・グード/エミリー・モーティマー/ブライアン・コックス
2006年第78回アカデミー賞 脚本賞ノミネート
2006年第63回ゴールデン・グローブ賞 4部門ノミネート
(作品賞/監督賞/脚本賞/助演女優賞)
公式サイト

続きを読む
posted by マダムS at 07:59| Comment(19) | TrackBack(33) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

『キンキーブーツ』

元気がもらえる”イギリス式コメディー”ぴかぴか(新しい)
お約束のハッピーエンドを安心して期待して下さい♪

kinkyboots.jpg『キンキーブーツ』
2006年 イギリス
2006年サンダンス映画祭オープニング作品
監督:ジュリアン・ジャロルド
脚本:ティム・ファース「カレンダー・ガール」
出演:ジョエル・エドガートン、キウェテル・イジョフォー、サラ=ジェーン・ボッツ、ユアン・フーパー、リンダ・バセット 他
公式サイト

続きを読む
posted by マダムS at 22:17| Comment(30) | TrackBack(29) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

『ローズ・イン・タイドランド』

この娘。。あまりに不憫で途中でやり切れなくなった。。
一応R-15指定が付いてはいるものの、夏休み期間中公開はまずくないですか?
ローズ.jpg


続きを読む
posted by マダムS at 11:34| Comment(16) | TrackBack(10) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

『ナイロビの蜂』

ナイロビの蜂.jpgああ・・あの『シティ・オブ・ゴッド』の監督だったんだと後から「なるほど」と思った。 映像のトーンがね、そうだし。 子供の表情を撮るのが上手いですねやっぱり。 随分前から散々公式HPを覗いては楽しみにしていたクセに、そういう基本情報が全然頭に入っておらず、アカデミー賞授賞式で大きなお腹のレイチェル・ワイズと「イングリッシュ・ペイシェント」を彷彿とさせるレイフ・ファインズの話というだけでワクワクと公開を待ち・・ソレッと初日鑑賞して参りました!
(鑑賞作品は自分の勘というか・・ほとんど動物的嗅覚で選ぶのです クンクン・・)

続きを読む
posted by マダムS at 20:17| Comment(21) | TrackBack(23) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

『リバティーン』

libertine.jpg〜ジョニー・デップ〜

この俳優が出ている作品なら取りあえず
どんなものでも観る(ジャンルを問わず)

彼は そういう信頼のおける
数少ない俳優の一人なのだけれど・・

醜悪な容貌・・性格破綻者・・
生まれ持った美しさを嫌うようにそういった汚れ役にわざわざ挑むのは、
何故なんだろう??・・トホホ。

続きを読む
posted by マダムS at 07:59| Comment(19) | TrackBack(11) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

『プライドと偏見』

pride.jpgジェイン・オースティンの『Pride and Prejudice』を同じ原作とする2本の映像化作品 『高慢と偏見』(邦題)
1940年のグリア・ガースン版と、1995年のイギリスBBCドラマのジェニファー・エール版を先に観てしまった私。 感想は1月10日付け記事こちら

いよいよ”大トリ”のキーラ・ナイトレイ版を地元のシネコンで鑑賞して参りました♪ 3通りの”エリザベス”と”ダーシー様” 軍配はいかに!?


続きを読む
posted by マダムS at 23:22| Comment(34) | TrackBack(37) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

『オリバー・ツイスト』〜東京国際映画祭2005で

oliver.jpgオリバー舞台挨拶.jpg
『オリバー・ツイスト』
監督:ロマン・ポランスキー
出演:バーニー・クラーク、ベン・キングズレー
2005年  英.チェコ.仏.伊
東京国際映画祭特別招待作品
於 渋谷Bunkamuraオーチャードホール
 

続きを読む
posted by マダムS at 08:08| Comment(36) | TrackBack(49) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

『ヴェラ・ドレイク』

vera.jpg先週の水曜日、公開終了間際にやっと滑り込みで観て参りました! 
先日ここでご紹介した2本の作品で、すっかりお気に入り監督になったマイク・リーの最新作。

公式サイト
続きを読む
posted by マダムS at 17:33| Comment(18) | TrackBack(16) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

マイク・リー2本 『秘密と嘘』、『人生は、時々晴れ』

マイクリー秘密と嘘.jpgマイクリー人生.jpg

久々に映画の感想を・・
最新作「ヴェラ・ドレイク」が現在公開中のイギリスの監督=マイク・リー。 主演のイメルダ・スタウントンが、今年のアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされ、「誰だろう?」「その演技を引き出す監督とは?」状態で注目しました。 そういえば、度々どなたかのお勧めだった監督の過去作品を見てみることに・・それぞれビデオとTV放送で鑑賞しました。

あらすじと感想はこちら
posted by マダムS at 20:02| Comment(26) | TrackBack(7) | イギリス/アイルランド映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。